2017年4月19日 (水)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【88】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(25)
つけ麺 魚介醤油(あつもり)750円 + 岩海苔100円 + 味玉(クーポンサービス)

つけ麺の魚介醤油味をあつもりで。Rps20170419_1251

つけ麺は、他の店では冷やもりにしてもらうことが多いのだが、この店の場合、冷やもり=細麺、あつもり=太麺なので、麺を基準にあつもりを選択している。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

和風とんこつ たまる屋<新潟>

【87】和風とんこつ たまる屋<新潟>⑨
春キャベツとアサリの汁なしラーメン880円→680円(クーポンサービス) + 炒飯280円

期間限定の「春キャベツとアサリの汁なしラーメン」を。Rps20170417_1920

スープの代わりに、あんかけそばの「餡」のようなとろみのある「餡」がたっぷり。そして、チーズもたっぷり。
具は、あさり・キャベツ・筍・グリンピース・玉ねぎ。
全体的におとなしめの味わいなので、最初は良かったのだが、後半飽きがきた。何かアクセントや味変化があれば、もっと良かったのだが。

あと、17時以降限定の炒飯は、味云々よりも、あまり熱々でなかった点が気になった。

ちなみに、「月刊にいがた」にまたもやだるまやグループ
がらみのトラブル(この店は被害者)が掲載されていた。
こういう記事を読むと、ますますだるまやグループの店(「吉相」「武蔵」「武吉兆」「青山製麺」「万人家」「一兆」「孔明」「大舎厘」「ダルマ食堂」)には、足が向かなくなる。


新潟市中央区鳥屋野417
無休 11:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

手仕事らぁめん 八<新潟>

【86】手仕事らぁめん 八<新潟>⑰
朝つけ麺セットA(生卵+小ライス)730円 + 肉ワンタン(クーポンサービス)

10時半の到着で、駐車場は半分程度埋まり、先客も10名近く。

食べたのは「朝つけ麺セットA」+ 肉ワンタン。Rps20170416_1030

ワンタン入りのつけ麺と卵かけご飯のセットとして、食べた。


新潟市中央区堀之内南1-1-17
無休 7:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

宗次(しゅうじ)<新潟>

【85】宗次(しゅうじ)<新潟>⑨
大人の汐わさびらーめん750円→500円(クーポンサービス) + ネギ塩ニンニク叉焼丼250円

「汐らーめん」にわさびが入った「大人の汐わさびらーめん」を初めて。Rps20170415_1111

わさびは、辛さ一辺倒にはならない程度にほどよくきいていて○。
お茶漬けをイメージさせる一杯で、ちょうど刻み海苔も入っているので、さらにあられも入れて、お茶漬けに寄せてみても面白そう。

また、3回連続付けた「ネギ塩ニンニク叉焼丼」は、やはり絶品。
※写真省略(2017.1.22等参照)


新潟市中央区万代島2529 ピアBandai内
不定休(ピアBandai休業日に同じ) 11:00-16:00LO 17:30-19:30LO 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

支那そば 大和 稲荷町本店<東京>

【84】支那そば 大和 稲荷町本店<東京>①
特製 白 1000円

東京出張時に「八雲@中目黒→池尻大橋(東京)」出身者の店を訪問。
場所的には、上野駅からでも徒歩10分弱のようだが、今回は時間の都合により、最寄駅の稲荷町から。
斜め向かいぐらいに「稲荷屋(2016.8.31参照)」がある。

「白」と「黒」の2系統(「白」と「黒」を混ぜた「ミックス」も)あり、ワンタンも肉と海老の2種類といったメニュー構成は、本家ゆずり。

今回私が食べたのは「特製 白」。Rps20170414_1258

「白」は白醤油を使用しているので、スープの透明度が高い。
また、特製ということで、ワンタンは、肉&海老が各3個で、これで1000円なら安いくらいだし、肉&海老ワンタン各2個入りの「ハーフ」900円と比べても、「特製」の方が、断然お得。
好みからすると、海老>肉なのだが、全部海老×6にすると、1100円になるし、飽きるおそれも?

なお、麺は中細麺で、具は他に赤く縁どられたチャーシュー×2と海苔・メンマ・青ネギ。

具が充実していることもあって、スープはほぼ完飲。

本家にひけをとらないおいしさで、東京出張時等に再訪の可能性大。


銀座線稲荷町駅1分
火休 11:30-15:30 17:00-21:00(スープ切れ終了、日祝11:30-17:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

やなぎ庵<新潟>

【83】やなぎ庵<新潟>②
カレーラーメン500円 + いなりずし60円

新潟駅構内の立ち食いそば屋。
この店でラーメンを食べたのは、2年以上前に一度きりなのだが、その後、そばは何度か。

今回は、初めての「カレーラーメン」を。
※写真撮り忘れ

通常の「ラーメン」にカレーのルーをのせたものと思われ、カレーの具としてニンジン・玉ねぎ・豚肉、そして他の具としてチャーシュー・白ネギが入っている。

いちおう、価格に見合う満足は得られた。


新潟駅万代口
無休 6:30-22:30(日祝-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【82】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(24)
らーめんセット(塩+鮭チャーハン)680円 + バター50円 + 餃子(クーポンサービス)

「らーめんセット」のチャーハンが鮭チャーハンだったので、セットを。
いつもどおり、ラーメンは「塩」で、バターをトッピング。
さらに、クーポンで餃子をサービスしてもらった。Rps20170412_1243

新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

ブタシャモジ<新潟>

【81】ブタシャモジ<新潟>③
ご馳走豚ソバ820円→720円(クーポンサービス) 0+ 味替玉150円

3度目の訪問にして、看板メニューの「豚ソバ」を初めて。
食べたのは、基本の「豚ソバ」に+200円で具沢山の「ご馳走豚ソバ」。
麺の硬さは、5段階中で2番目に硬い「バリカタ」でおねがいした。

出てきたのはこちら。Rps20170411_1932

スープは、博多系の白濁豚骨なのだが、泡立ててあるのが最大の特長で、これにより、実にマイルドな味わいとなっている。
麺は、もちろん極細ストレート麺で、「バリカタ」でちょうど好みの硬さだった。
具は、角煮・味玉・キクラゲ・青ネギ。
「豚ソバ」に味玉が加わるとともに、チャーシュー→角煮に置き換わっているようだ(あと、青ネギ&キクラゲ増量?)。
角煮も良かったのだが、「味替玉」まで加えると、定価だと1000円近くになってしまうのが、ネック。

そして、麺を食べ終えた時点で追加オーダーしたのが、「味替玉」。
今度は麺の硬さを「バリカタ」よりも柔らかい「カタ」でおねがいした。
※写真撮り忘れ

別皿で提供されたので、まずは、同様に白濁豚骨の店である「俺式@三越前他(東京)」を思い出して(2014.10.24&2013.1.15参照)、丼には投入せずに、別皿の方にスープと卓上のラー油・醤油ダレを投入して油そば風にして食べることを試みたのだが・・・それ用に「ラー醤(≒食べるラー油)」が用意されている「俺式」の場合とは違って、単なるラー油では役者不足。
そこで、素直に丼に投入して、普通の替え玉として食べることに。
でも、この段階で、替え玉にからめてあるマー油の風味が加わるので、今度は熊本風になって、2度楽しめる1杯となった。

なお、この店は毎回替え玉無料券をくれるので、無料券+マー油の追加トッピング(50円)という使い方も考えられる。


新潟市中央区女池上山1-12-10
無休 11:00-24:00LO
公式HP http://kakunaka-t.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

滋魂(じこん)<新潟>

【80】滋魂(じこん)<新潟>⑮
超絶煮干そば770円 + 味玉100円→クーポンサービス + 半のりめし200円

期間限定の「甘海老そば」も気になったのだが、味噌味ということで、海老風味がスープに負けてしまうのではないかという一抹の不安があったため(この店なら大丈夫だろうが)、見送って、「超絶煮干そば」+味玉と「半のりめし」を。Rps20170410_1858


まず、写真上の具の皿で丼に蓋をした状態で運ばれてきて、蓋=皿をはずすと、強烈な煮干しの香りが。
味の面で、煮干しを前面に出している店は他にもあるが、煮干しの香りを堪能させてくれるという点では、私の知る限りでは、新潟市内でも随一なのではないだろうか。

あと、「半のりめし」の方も、お手頃価格だし、おいしかった○


新潟市東区松崎1-1-28
不定休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

味濱家 新大前店<新潟>

【79】味濱家 新大前店<新潟>⑫
野菜のせラーメン 890円→680円(クーポンサービス)

210円引きのクーポンがあったので、その分、いつもとは違うトッピングをと思い、初めての「野菜のせラーメン」を太麺・かためで。

出てきたのはこちら。Rps20170409_1111

+210円のわりには、野菜のボリュームはそれほどでもなかったが、キャベツ率が高く、刻みチャーシューも入っているので、割高とは思われなかった。

新潟の他の家系では提供されている「キャベチャー」が無い代わりに、この店では「野菜のせ」で野菜を強化するのもアリだと思った。


新潟市西区坂井719
不定休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«高野<新潟>