2018年4月 4日 (水)

居酒屋ナカマチ<新潟>

(更新の進行が約10ヶ月遅れとなっておりますが、順番を飛ばして、新ネタをリアルタイムでアップしました。)

【??】居酒屋ナカマチ<新潟>①
肉竹 800円

「駅前楽天地」という飲み屋街にある居酒屋が、今月から昼のラーメン営業を始めたと知り、訪問。

この店は、元々、夜の部で長浜ラーメンを提供していたのだが、昼の部で提供されるのは竹岡式風ラーメン。

メニューは、肉無しの「竹岡式風ラーメン」700円と肉入りの「肉竹」800円の二択。

後者を選択して、出てきたのがこちら。Rps20180404_1215

竹岡式ラーメンは、「つたや@東京(池袋)」(H17、天ぷら屋の営業終了後に提供されていたが、終了)と「梅乃屋@東京(新橋)」(H24.2.2)で食べたことがあるのだが、こちらで提供されるのは、あくまでも竹岡式「風」ということで、チャーシューの煮汁×お湯×乾麺という基本形に対して、
・スープ:濁りもあり、味わい的にもチャーシューの煮汁
だけではないような(っていうか「肉」はチャーシューではなく、豚の薄切り肉なので、そもそも煮汁があるのか?)
・ミンチ状の背脂がたっぷり
・麺:平打ちの中細麺という形状から、乾麺ではなく、生麺ではないかと
と色々とアレンジが加えられている。

味的には、しょっぱさがかなり強くて、若干の甘みも。
それを大量の生玉ねぎと背脂ミンチが「中和」してくれる。
また、途中で丼の縁に添えられたおろし生姜を溶かし込むと、ややすっきりした味わいにシフトチェンジ。

具は、先述した豚の薄切り肉と生玉ねぎがいずれもたっぷりで、他に刻んだ茎ワカメ?も。

一番強く印象に残ったのがしょっぱさで、ライスがほしくなった。
でも、玉ねぎが合うラーメンというのは、好みのタイプ。
また、100円差でこれだけ肉が入るのであれば、明らかに「肉竹」の方がお薦め。


新潟市中央区弁天3-2-6(駅前楽天地内)
金土日祝休 12:00-14:00
※昼営業の定休日・営業時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

手仕事らぁめん 八<新潟>

【132】手仕事らぁめん 八<新潟>⑱
朝つけ麺セットC(ミニ炙りチャーシュー丼)730円 

イベント後に家族連れで。
私が食べたのはつけ麺に「ミニ炙りチャーシュー丼」が付く「朝つけ麺セットC」。Rps20170610_1035

新潟市中央区堀之内南1-1-17
無休 7:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

嚆矢(こうし)<新潟>

【131】嚆矢(こうし)<新潟>①
鳥の唐揚げ野菜背油ラーメン 700円

移転した「茉莉蔵」の後に入った新店。
ラーメン屋ではなく、昼は定食類とご飯もの・ラーメンを提供し、夜は居酒屋営業(ラーメンもあり)となるようだ。

食べたのは「鳥の唐揚げ野菜背油ラーメン」。Rps20170609_1219


醤油味の清湯スープに背脂がびっしり、麺は太麺で、そこに鶏唐揚げがドカンと4個(これだけで200gあるらしい)。具は他にもやし・キャベツ・玉ねぎなどの野菜。

他のメニューを見ても、ドカ盛りが売りのようで、200円以上割安に感じる。

味に関しては、唐揚げはカリカリで食感がよかったのだが、背脂たっぷりのスープとの相性は疑問。揚げ物をトッピングするのだから、スープの方の油は控えめの方がよいのではないか?

でも、圧倒的なコストパフォーマンスの良さに惹かれて再訪する可能性大。


新潟市中央区米山2-9-7
不定休 11:00-13:30LO 18:00-23:30LO(日曜は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

さぶろう<新潟>

【130】さぶろう<新潟>③
濃厚肉煮干しそば850円 + 海苔50円

大量の煮干粉による強烈な煮干し風味が特長の個性的な「
煮干しそば」を提供する店。
たまに、訪問するラーメン屋の候補として浮かぶこともあるのだが、昼のみの営業でしかも不定休という営業時間面のハードルと行列(過去2回はいずれも休日の訪問で、20分以上の待ち時間だった)がネックとなり、1年半ぶりの訪問となった。

今回は、平日の13時台の訪問ということで、すいていた。

食べたのは「濃厚肉煮干しそば」で、海苔をトッピング。

出てきたのはこちら。Rps20170608_1330

スープを啜ってみると、煮干粉によるザラザラ感が以前よりも薄まった?というのが第一印象だったのだが、これは煮干粉が底に沈殿していたためで、スープを撹拌しながらorレンゲで煮干粉を掬い上げながら食べた方が、本品の真価が発揮されるように思われた。

あと、チャーシューは、ボリューム・柔らかさ・味のいずれも○で、これが2枚入る「濃厚肉煮干しそば」が、この店での私にとってのベストメニュー。

ちなみに、追加トッピングした海苔は、「あっても邪魔にはならない」程度の存在感だった。


新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
不定休 11:00-15:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【129】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(62)
つけめん しろ胡麻味 896円

期間限定は夏向けの冷やし系になっていたが、好みではないので、いつもの「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>

【128】手仕事らぁめん 八 新潟駅前店<新潟>(26)
濃厚煮干し中華 780円

「濃厚煮干し中華」を。
※写真・コメント省略(H29.2.23等参照)


新潟市中央区弁天3-1-20
日休 11:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

宗次(しゅうじ)<新潟>

【127】宗次(しゅうじ)<新潟>⑩
オニガシマ 800円→500円(クーポンサービス)

約1年ぶりに二郎インスパイア系の「オニガシマ」を。Rps20170604_1114

ゴワッとした太麺×クリアな醤油味&鰹出汁のスープが好相性。
また、肉系は、サイコロチャーシューがゴロゴロ入っている。

野菜の山の処理を終えた後半は、太麺×魚介系(煮干しではなく鰹だが)醤油味のスープ×背脂×岩海苔ということで、燕系寄りの趣きも。


新潟市中央区万代島2529 ピアBandai内
不定休(ピアBandai休業日に同じ) 11:00-16:00LO 17:30-19:30LO 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>

【126】煮干し中華そば 八ちゃんラーメン<新潟>⑨
中華そば 並 750円→500円(クーポンサービス) + スペシャル盛り200円 + 身入り(無料)

今回は「中華そば」を並で。
ワンコインで食べられるクーポンがあったので、その分トッピングを奮発して、いわゆる全部のせの「スペシャル盛り」で。
また、いつもどおり、無料サービスの「身入り(背脂精製に使用して脂の抜けた背脂)」も。

出てきたのはこちら。Rps20170603_1932

デフォルトのトッピングに、味玉が追加され、チャーシュー(鶏&豚各1→各2)・メンマ・海苔が増量されている。
チャーシューが10枚以上入っていた「肉中華そば」880円(H29.1.14等参照)には迫力負けするし、コストパフォーマンスでも及ばないが、バランス的にはこちらの方が上かも。

ただし、味玉に関しては、黄身が生寄りの好みからはずれたタイプだった。


新潟市東区上木戸1-11-1
無休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市玄<新潟>

【125】市玄<新潟>⑳
つけめん800円 + ネギライス350円→クーポンサービス)

「つけめん」を冷やもりで。
また、「炙りチャーシュー丼」or「ネギライス」が無料になるクーポンで後者を。

まず、「つけめん」。Rps20170603_1110

つけダレはシンプルな淡麗醤油味なのだが、たっぷりの岩海苔と背脂が浮かんでいて、好みの味わいに。
麺は太麺。
具は、麺の方には、チャーシュー・メンマ・小松菜・白髪ネギ。
この内容で800円というのは、私の感覚からすると、やや高め。

一方、写真右奥が「ネギライス」。
350円もする「ネギライス」の内容は?ということで以前から興味があったので、クーポンでサービスになるこの機会に食べてみたもの。
さすがにネギだけということはなく、刻みチャーシューも入っていたものの、昨日の「吉風」の「吉風丼」200円と大差の無い内容で、倍近い価格というのは、いかにも割高。


新潟市江南区茗荷谷711(新潟市中央卸売市場内)
日・祝・第2,4水休 8:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>

【124】吉風(きっぷう) 新大前店<新潟>⑨
味噌らーめん790円→490円(クーポンサービス) + 吉風丼200円

前回と同じく「味噌らーめん」+「吉風丼」を。Rps20170602_1920

※「吉風丼」写真省略

ちなみに、支店ごとに異なる期間限定メニューが提供されていて、こちら新大前店は「野菜味噌らーめん」、赤道店は「ニラ坦々麺」だった。
後者は、ひき肉たっぷりでおいしそうだったので、赤道店を訪問した際には、試してみたい。


新潟市西区坂井砂山3-11-14
無休 11:00-15:00 18:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«青島食堂 司菜 南万代店<新潟>