2018年9月 3日 (月)

SHINASOBA 颯々樹(ささき)<新潟>

(更新の進行が1年以上遅れとなっておりますが、順番を飛ばして、速報をアップしました。)

【??】SHINASOBA 颯々樹(ささき)<新潟>○

じゃがいものビシソワーズつけそば790円 + 味玉 (クーポンサービス)

何度か18時台での早じまいに遭遇していたのだが、本日は18時40分の到着で、無事営業中。

この店は、レギュラーメニューも十分においしくて、しかもコストパフォーマンスも高いのだが、夏季限定メニューの「じゃがいものビシソワーズつけそば」に興味を惹かれて、そちらを味玉付きで。

出てきたのはこちら。Rps20180903_1852

真っ白のベースに黄色い香味油を浮かべたつけダレや小分けされたプレートに整然と盛りつけられた具は、まず見栄えからして美しく、そしてラーメン離れしている。

まず、温かい鰹出汁に浸ったあつもりの太麺をそのまま食べてみると、味はもちろん香りも◎。

続いてつけダレ。
こちらは、ビシソワーズということで冷たい。
食感的には、じゃがいものモサッと感は無いものの確かに味はじゃがいも。
でも、スパイスや香味油、そして具の刻み玉ねぎなどが効果的で、薄味すぎることはなく、しっかりつけダレとして成り立っている。
また、冷たい系のラーメン・つけ麺で課題となる油は少ないものの、不思議と物足りなさは感じない。

そしてトッピングは味玉、フランスパン、カボチャ&アスパラガスの素揚げ、メンマ、角切りチャーシュー、モッツァレラチーズというラインナップ。
まずフランスパンだが、

で、まず目を惹くのがチーズ。だし醤油漬けということで、店の説明書きによると「つけダレにディップしてもよし、チーズをのせて食べるのもアリ」とのことだったので、一つずつ試してみたところ、確かにどちらも○。
特にチーズは、だし醤油に漬け込んだものなので、パンにのせても、そのまま食べても◎。
それからチャーシューは、冷えたままだと脂身部分がやや鼻についたので、温かいつけダレに浸してから食べたら解決。
そして、味玉はほんのりとした塩味。

以上の多彩な具を楽しみつつ、本線のつけ麺として、次第に鰹風味が増していくつけダレに麺を浸して食べつつ、でも時には麺をそのまま食べたりもしつつ、大満足で完食。

最後は、麺が浸っていた鰹出汁でスープ割り。
じゃがいも×鰹の相性がこんなに良いとは。

というわけで、あまりにおいしかったので、ぜひ再食したいと思って提供期間を確認したところ、9月末までとのことだった。

ただし、数量限定なので、夜の部だと売り切れの可能性もあるのだが、もう一つの限定メニュー「中華そば~アニマルフリースープ」(鰹節など数種の節+鶏油&ラードから採った乾物油)もあるし、そもそもレギュラーメニューもおいしいので、9月中の再訪必至。


新潟市東区新松崎2-3-9
火休 11:00-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

居酒屋ナカマチ<新潟>

(更新の進行が約10ヶ月遅れとなっておりますが、順番を飛ばして、新ネタをリアルタイムでアップしました。)

【??】居酒屋ナカマチ<新潟>①
肉竹 800円

「駅前楽天地」という飲み屋街にある居酒屋が、今月から昼のラーメン営業を始めたと知り、訪問。

この店は、元々、夜の部で長浜ラーメンを提供していたのだが、昼の部で提供されるのは竹岡式風ラーメン。

メニューは、肉無しの「竹岡式風ラーメン」700円と肉入りの「肉竹」800円の二択。

後者を選択して、出てきたのがこちら。Rps20180404_1215

竹岡式ラーメンは、「つたや@東京(池袋)」(H17、天ぷら屋の営業終了後に提供されていたが、終了)と「梅乃屋@東京(新橋)」(H24.2.2)で食べたことがあるのだが、こちらで提供されるのは、あくまでも竹岡式「風」ということで、チャーシューの煮汁×お湯×乾麺という基本形に対して、
・スープ:濁りもあり、味わい的にもチャーシューの煮汁
だけではないような(っていうか「肉」はチャーシューではなく、豚の薄切り肉なので、そもそも煮汁があるのか?)
・ミンチ状の背脂がたっぷり
・麺:平打ちの中細麺という形状から、乾麺ではなく、生麺ではないかと
と色々とアレンジが加えられている。

味的には、しょっぱさがかなり強くて、若干の甘みも。
それを大量の生玉ねぎと背脂ミンチが「中和」してくれる。
また、途中で丼の縁に添えられたおろし生姜を溶かし込むと、ややすっきりした味わいにシフトチェンジ。

具は、先述した豚の薄切り肉と生玉ねぎがいずれもたっぷりで、他に刻んだ茎ワカメ?も。

一番強く印象に残ったのがしょっぱさで、ライスがほしくなった。
でも、玉ねぎが合うラーメンというのは、好みのタイプ。
また、100円差でこれだけ肉が入るのであれば、明らかに「肉竹」の方がお薦め。


新潟市中央区弁天3-2-6(駅前楽天地内)
金土日祝休 12:00-14:00
※昼営業の定休日・営業時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

辛味噌亭 とうせんや<新潟>

【154】辛味噌亭 とうせんや<新潟>(28)
らーめんセット(塩+鮭チャーハン)680円 + バター50円 + 味玉(クーポンサービス)

クーポンサービスを餃子ではなく、半味玉にしてもらった以外は、前回(H29.5.30)と同じ組み合わせで(※写真省略)。


新潟市中央区東大通1-1-15
無休 11:00-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ラーカク家<新潟>

【153】ラーカク家<新潟>②
つけカク950円 + チャーシュー(クーポンサービス)

「ラーチャン」ならぬ「ラーカク」=ラーメン+角煮丼が基本コンセプトのこの店に、つけ麺+角煮丼の「つけカク」も登場したとの情報を得て訪問。

しかしながら、食券販売機には「つけカク」のボタンが見当たらなかった(単品のつけ麺はあり)ので、店員に尋ねたところ、現金で対応してくれた。ひょっとして裏メニュー?(そのわりにラーメン本に掲載されているが)

出てきた「つけカク」チャーシュー増しはこちら。Rps20170709_1110

つけダレは、キリッとした淡麗醤油味で、動物系オンリー
とのこと。
麺は、おそらくラーメンよりも太い丸太麺。
そして、具は、薄切りチャーシューとメンマ・もやし・青ネギ。
チャーシューは、デフォルトの倍以上入っているのではないかと思われるぐらいたっぷり。

逆に角煮丼は、角煮が一切れのっているだけで、ライスが余りそうだったので、具のチャーシューも流用。

最後に割りスープをおねがいしたら、丼になみなみと注がれて登場。

感想。
つけ麺+角煮丼というのは、なかなかお目にかかれない組み合わせだが、思った以上に満足できた。

※既に閉店(H30.10記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>

【152】麺作 赤シャモジ 新潟東店<新潟>⑧
特製濃熟醤油つけ麺(大盛)930円+ 餃子(クーポンサービス)

土曜の19時頃の訪問で、すぐに着席できたのだが、退出した7時半過ぎには10名以上の行列に。

食べたのは「特製濃熟醤油つけ麺」の大盛(並と同料金)とサービスの餃子。Rps20170708_1915_2


味の方はいつもどおり文句無しだったのが、残念だったのが接客。
この店は、いつもは接客もハイレベルなのだが、本日は珍しくぞんざいな女性店員に当たってしまった。
混雑のせいもあるのかもしれないが。


新潟市東区下場本町1-47
無休 11:00-23:30LO
公式HP http://kakunaka-t.com/#pagetop

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 空<新潟>

【151】麺屋 空<新潟>(28)
空麺ちゃーしゅう980円→880円(クーポンサービス) + おむすび(ランチタイムサービス)

本日のまかない飯がお気に入りの「チャキマヨ」だったら付けるつもりで訪問したのだが、残念ながら別なものだったので、パスしてその代わりにチャーシュー増しの「空麺ちゃーしゅう」と餃子とランチタイムサービスのおむすびを。

出てきたのはこちら。Rps20170708_1107

チャーシューはプラス200円で2→6枚になるのだが、これぐらいボリュームがあると、チャーシューのレモン風味がじわじわとスープにも影響を与えてくる。


新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-15:00 17:00-22:00(日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

和風とんこつ たまる屋<新潟>

【150】和風とんこつ たまる屋<新潟>⑪
たまるやラーメン690円→590円(クーポンサービス) + 岩のり100円 + 炒飯200円

「たまるやラーメン」岩のりトッピングと炒飯を。Rps20170707_1941


この店の炒飯は、実は初めてだったのだが、味は水準級で、このボリュームで200円ということでコスパは○。

今日の組み合わせだと、定価でも1000円未満に納まるところもよい。

新潟市中央区鳥屋野417
無休 11:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>

【149】越後秘蔵麺 無尽蔵 花園家<新潟>(63)
つけめん しろ胡麻味 896円→796円(クーポンサービス)

いつもの「つけめん しろ胡麻味」を太麺で。
※写真やコメントは、過去の記事(H27.3.5等)参照


新潟市中央区花園1-2-2コープシティ(ガレッソ)1F
無休 11:00-22:30LO
公式HP http://www.kitakata.co.jp/mujin/shop.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

麺屋 つるり 新潟小千谷流<新潟>

【148】麺屋 つるり 新潟小千谷流<新潟>①
醤油つけ麺 760円

出張途中の昼食時に訪問。
つけ麺がメインの店ということで、基本メニューの「醤油つけ麺」を。
※同行者ありのため写真撮影自粛

まず、全粒粉入りで、茶色がかった極太麺が、小麦感たっぷりですばらしい。
つけダレは、粘度は低く、濃さもほどほどの濃厚系で、土鍋に入ってグツグツの状態で提供される。
具は、角切りチャーシューやもやし、キクラゲなど。

麺×つけダレの基本要素だけでも十分においしいのだが、卓上の魚粉で魚介風味を上乗せしたり、柚子胡椒やニンニク山椒でアクセントをつけることも可能。

というわけでおおいに満足。
近くにあれば、リピートすること間違い無しのレベル。


小千谷市旭町2-8
不定休 11:30-14:00 17:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

CHINESE BAL KOHKI(こうき)<新潟>

【147】CHINESE BAL KOHKI(こうき)<新潟>①
海老香る中華そば 800円

勤務先から2,3分のところにある中華料理店。
ランチメニュー中のラーメン類は、「中華そば(にぼし醤油or塩)」「味噌」「担々麺」「麻婆湯麺」「煮干し白湯 などなかなか多様。
その中で私のお目当ては「海老香る中華そば」。

出てきたのはこちら。Rps20170703_1210

甘海老でとった出汁×赤い海老の香味油、さらに具にも2尾の有頭海老という海老三昧ぶりで、海老好きの私にとってはたまらない。
具は、他にチャーシュー(小ぶりながら数枚)、半味玉、メンマ、水菜、白ネギと充実。
この充実ぶりなら、800円という価格も許容範囲。

自然とスープが進んで8割くらいまで飲んだところで終了

他のメニューに目もくれずにリピートすることになりそうないっぱいだった。

※この時点では気に入っていたのだが、その後致命的なメニューの改悪(私から見て)があり、今後再訪の可能性は無いため、店舗情報省略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«よしざわ<新潟>