トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

あおやま 屯(たむろ)

【336】あおやま 屯(たむろ)(新潟市西区) ⑤ 12:05
豚つけ麺(魚介醤油) 890円

181129tamuroこの店ももっと東の方にあったのが、こちらに移転してきて店名に「あおやま」を付加したもの。
味は基本的に移転前と同じだが、メニュー構成に関しては、「肉玉雲呑めん」がなくなって(移転後しばらくして一時的に復活したが、結局また消えた)、「伊勢頭の塩」が加わった。「伊勢頭の塩」には梅やかいわれ等私が嫌いな具が入っているようなので、私は手を出す気になれないが。

で、豚つけ麺の方は、890円という高めの価格設定だが、それに見合ってお釣りがくるぐらい大量の角切りの豚(「とんかつ1枚分」らしい)がゴロゴロ載っている。
つけダレはこれといった特長がないし、豚肉の甘めの味付けが食べているうちに鼻についてくるというマイナスもあるのだが、何よりも豚肉の多さで満足できる。最後にスープ割りをしてもらって飲み干すと満腹に。

新潟市(西区)青山1-1-29
火休 11:00-15:00 17:30-21:00LO(土日祝の夜は17:00-)

| | コメント (0)

2006年11月28日 (火)

らのばR

【335】らのばR(新潟市西区) ⑦ 12:30
らーめん600円 + 特製ミニチャーハン(サービス)

181128ranoba 元々亀田の方にあった「らのば」が店名に「R」(レボリューション)を付けてこちらに進出。その際亀田の方の店は休業してフランチャイズ経営者募集中の状態が続いているので、実質的には移転したようなもの。
味の方も基本的には変わっていない(相違点は後述)。

 らーめんは、店の能書きをそのまま引用すると「さんま節を中心としたとんこつ魚介系」で、要するに東京で流行ってるタイプのラーメン。亀田時代はスープの濃厚さが売りだったのだが、こちらに来てからはかなり薄めになったように思える(「R」開店当初よりは少し濃いめになった気もするが)。個人的には亀田時代のように濃厚な方が好みに合うのだが。卓上にらーめんダレが置いてあってタレの濃さは好みに合わせて調節できるので、亀田時代はタレも濃いめにして、スープとタレのぶつかり合いを楽しんでいたのだが、「R」の薄さでそれをやってしまうとタレが勝ちすぎてしまうので、「R」ではタレの追加は控えめにしている。

でも、太めの麺も好みに合うし、具もチャーシュー2枚(ただしかなり薄め)、メンマ、のり、青ネギとそつなくまとまっていて、全体としてはかなりレベルが高いと思う。

あと、チャーハンも味付けがしっかりしていてかなりおいしい。11月中はサービスで無料だったし。

新潟市(西区)大野325-2
無休 11:00-21:00(火は-19:30)

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

夷霧来(いむら)

【334】夷霧来(いむら)(新潟市西区) ⑨ 12:10
琥珀中華そば 550円 + 端っこチャーシュー 100円 + ライス150円

※撮り忘れのため写真なし

9月までは2種の月替りメニューのみで勝負していた店だが、10月から定番2種+月替り1種に。11月の月替りのあんかけ系は好みから外れるし、2系統の定番のうち「しろそば」は前回食べたので今回は「琥珀」の方に。
その名のとおり琥珀色の澄んだあっさりスープに細麺という構成のラーメン。
あっさりの割りに妙に味が濃く感じられるのはおそらく化調のせいではないかと思われ、それがやや鼻につくので、ラーメンのできとしては普通レベル。

しかし、数量限定の追加トッピング端っこチャーシューがすばらしい!文字どおりチャーシューの端っこ部分がゴロゴロ入っていて、しかも端っこゆえにタレがよくしみていて、ボリューム的にも味的にも◎。これで100円は安すぎる。

ただし、トッピングとしては多過ぎ&味濃過ぎなのでライスを付けて、これをおかずにご飯も食べるというのがお気に入りの食べ方。

新潟市(西区)寺尾朝日通16-20
無休 11:00-24:00

| | コメント (0)

2006年11月26日 (日)

火山

【333】火山(新潟市中央区) ② 11:05
石焼野菜しょうゆらーめん 714円

181126kazan 群馬発祥の「石焼らーめん」を売りにしたチェーン店。
熱した石鍋入りのらーめんを運んできて、客の前でスープを注ぐともうもうと湯気が立ち込める。それを取り皿に移して冷ましながら食べる。写真は数分たって湯気が落ち着いた時点のもの。

ベースとなっているラーメンはごくオーソドックスなように思われるが、「石焼きにすることに野菜の甘みが引き出される」(店の能書きより)のは事実だし、演出効果も抜群。最後に残ったスープ(蒸発してしまう分もあるので、ペース配分を考えて飲まないと足りなくなるおそれあり)にデフォルトで付いてくるライスを加えて雑炊にして食べると満腹になるということで、コストパフォーマンス的にも○。

熱いうえに雑炊まで食べるとかなり時間がかかることから、客の回転が悪く、昼飯時には大行列していることがしばしば。

新潟市(中央区)弁天橋通1-3-1
無休 11:00-25:00

| | コメント (0)

2006年11月24日 (金)

侍元(じげん)

【332】侍元(じげん)(新潟市西区)(22) 18:25
岩のりちゃっちゃ麺 700円

181124jigen_1太麺にチャーシュー、岩のり、メンマ、ほうれんそう、玉子、そしてたっぷりの刻みタマネギ等の豊富な具。そこに背脂ちゃっちゃというかなりパワフルな一杯。特に、厚さ1cm近くはあろうかと思われるチャーシューは、私が知っている限りでは、新潟では最強。これが3枚も載るチャーシューメンは私の胃には余る。
さらに、ボリュームだけではなくスープもかなり濃いめ、しょっぱめの味付けで、全体的に「若い人向け」という感じがするが、その中にあって、よい「箸休め」になっていると思われるのが刻みタマネギ。「背脂チャッチャにはタマネギが合う」というのが私の持論なだけに、それがたっぷり入っている点はおおいに評価できる。

ちなみに今年登場した「塩玉ちゃっちゃ」も双璧。
難点としては、昼時は行列することがある(特にマスコミに出た直後)点ぐらい。

新潟市(西区)坂井東4-15-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

猪や

【331】猪や(新潟市中央区)(22) 12:10
とんこつにぼしラーメン580円

181124inoya 9月に登場した新メニュー。
濃厚なとんこつに煮干しが効いたスープとムチムチの太麺が見事にマッチしている。具の方はチャーシューになると・青ネギのみというシンプルな構成で、その分リーズナブルな価格におさえられている。

顔を覚えられているので、このメニュー登場直後に食べた時には、店主にいつものと比べてどうかと聞かれ、「これだけとんこつが濃厚なのに、それに負けずに煮干しも効いているからすごい」と答えたところ、「煮干を効かせること自体は難しくないが、それで魚臭くならないように苦労した。」とのことだった。

同じく今年登場した「Sioつけ麺」もすばらしいできで、私にとっては今新潟で最も目が離せない店の1つ。

新潟市(中央区)信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-22:00(夏季-23:00)

| | コメント (0)

2006年11月23日 (木)

麺屋 黒船 新潟店

【330】麺屋 黒船 新潟店 (新潟市江南区)② 14:35
塩麺680 + チャーシュー小丼250

ちゃぶ屋@護国寺(東京)の店主プロデュースのフランチャイズ店。
前回は醤油をオーダーして、揚げネギをフィーチャーした新潟にはあまりないタイプのラーメンを久々に食べて満足したので、今回は塩を試した。
しかし、塩だとこの店最大の特長だと私が思っている揚げネギに代えて、あまり好きではない風味の黒緑色の小片(たぶんバジル?)が浮かんでいて、口に合わず。
さらに、サイドメニューの方も角切りのチャーシューは量的には満足できるだけ載っていたが、残念ながら冷え切っていたため、脂がきつく感じられてこちらも前回頼んだ豚トロ小丼の方がよかった。

という訳で今回オーダーした組合せも、一般論としては決してまずいとは思わないが、もっと私の好みに合う組合せがあるだけに、今回は写真無しとした。

新潟市(江南区)亀田旭町2-2-1
木休 11:00-15:00  18:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

竜胆(りんどう)

【329】竜胆(りんどう) (新潟市東区)⑭ 20:30
サッポロ味噌らーめん750円

181122rindou 結構空腹だったので、ご飯物も頼もうと思っていたのだが、残念ながらライス切れ。ここの玉子かけご飯はリーズナブルな価格(180円)ながらタレもおいしいのでお気に入りなだけに残念。

なので、ラーメンだけでお腹を満たすべく「サッポロ味噌」に。普通の味噌だと醤油や塩とあまり変わらない具なのだが、「サッポロ味噌」だともやし・コーン・キャベツ等の炒め野菜がたっぷりで満足できる。
あと、ここのコシのある太麺は味噌(又はつけ麺)に最も合っているように思われる。

新潟市(東区)粟山4-33-1
月休 11:00-14:30  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦咲

【328】浦咲(新潟市西区) (31) 12:05
特別潮 850円(クーポンで750円)

181122urasaki 雑誌「Komachi」の企画で期間限定で誕生したメニューがその後定番化されたもの。

3種のチャーシューに岩のり、エビ、メンマ、ネギ等とにかく具沢山でこの価格は安い!
しかも安いだけではなく、私の好みからすればやや薄めのスープが、これらの具によって味が深まってちょうどよいあんばいに。
「焼きアゴ塩」が登場するまでは毎回のようにこれを食べていた。

ちなみに、「クーポン」というのは7月に「浦咲」「竜胆(りんどう)」「麺ちん」「たかみち」の4店で合同企画をやった時の100円引きクーポン。本来利用期限は10月末までで、11月からは第2弾の合同企画を始める予定だったのだが、諸般の事情により第2弾の開始が遅れているため、それまでの間「浦咲」では引き続き利用可としてくれたもの。店の公式ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/urasaki/で知って使わせてもらってます。

新潟市(西区)浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

碧空麺舗(あおぞらめんぽ)(見附市)

【327】碧空麺舗(あおぞらめんぽ)(見附市) ① 13:25
つけそば 650円

181121aozora
いち井@長岡から新潟までの帰り道に立ち寄る。

つけダレや具は特筆すべきものではないと思ったが、麺が太めのプリプリした麺で好みにあった。

わざわざまた食べに行きたいと思うほどではなかったが、通りかかったらまた食べたいと思うレベル。

見附市今町5-30-30
水休 11:00-15:00  17:30-20:30(土日祝は通し)

| | コメント (0)

いち井(長岡市)

【326】いち井(長岡市) ② 11:20
塩700円 + 海老ワンタン200円

※保存ミスのため写真無し

休日出勤の代休だったので、平日の昼間にしか行けない店ということで、高速を使ってこの店に。
開店10分前に着いたのだが既に12人待ちで、結果的に食べ始めるまでに25分待ち。
前回来たときは夜営業もしていて、行列はそれほどでもなかったのだが、その後再び夜営業をやめたせいもあってか、行列度が大幅UPしていたのは残念。

で、ラーメンだが、前回は醤油の焼きあじダシに感動したので、今回は焼きアゴダシの塩を試してみた。
2回目だからなのか、前回よりも待たされたせいなのかは定かではないが、前回ほどの感動はなかったが、やはりしっかり焼きアゴの風味が感じられて、あっさり完食。
ただし、追加トッピングの海老ワンタンはわりと普通で、前回のみそ味玉(今回無くなっていた)の方がはるかによかった。

接客もすばらしいし、営業時間の短さとそれゆえの行列だけがネックなので、時間に余裕がある時に長岡を通りかかる機会があれば再訪するだろう。
そのときは塩よりも醤油か?

| | コメント (0)

2006年11月20日 (月)

岡村家

【325】岡村家(新潟市西区) ⑰ 12:10
鶏旨塩らーめん680円(クーポンで580円)

「家」とついているが、家系ではない。

「鶏旨塩らーめん」は出た当初と比べてスープが薄くなってしまったように思われる。やはり鶏白湯は濃厚でなければと思うのだが。

接客面でも不満が。支払い時に、クーポンによる100円引きでちょうど580円を用意していたのだが、まず680円払えと言われて仕方なく千円札で払ってお釣りをもらい、さらにクーポン分で100円バック・・・意味がわからない???

以前は携帯のラーメンサイトに推薦するぐらい気に入っていた店だったのだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

万人家(まんにんや)

【324】万人家(まんにんや)(新潟市中央区) ⑤ 11:05
特製らーめん680円 + 餃子サービス

181119manninnya 味については特筆すべきものではないと思うが、チャーシュー(3枚?)、岩のり、もやし、ゆで玉子、メンマ、糸唐辛子等どっさり具が載っていてこの価格ということでコストパフォーマンスが抜群!

新潟市(中央区)紫竹山3-10-6
無休 11:00-LO21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

雫(東京)

【322】雫(東京・福生駅)① 11:55
鶏と魚介の雫 650円 + 肉飯のパリパリ揚げ250円

181118shizuku
東京出張帰りに大幅に遠回りしてこの店に。

4人待ちだったが、食べ始めるまでに15分強だったので、ギリギリ許容範囲。
火木土が醤油味の「鶏と魚介の雫」で水金が塩味の「鶏の雫」ということで、前者を。
店に入った瞬間から強い海老の香りを感じたし、実際にスープを味わったらやはり海老が前面に出ていた。
ネット上の他のサイトの書き込みをみると必ずしも「海老」「海老」という感じではないようなので、日によって味に結構幅があるのか?
「鶏と魚介」というメニュー名からは少々離れているとは感じたが、私は海老好きなのでこれはこれでおいしくて、スープも完飲。
一方、具のほうは鶏チャーシューが特徴的だったが、これは鶏である必然性はあまり感じなかった。
あと、肉飯のパリパリ揚げの方は、らーめんと比べて特においしいとは感じず、価格的にも?

というわけで総合的には◎とはいいがたいし、私の行動範囲からすると遠すぎるうえに曜日限定メニューという制約もあるのだが、水金に訪問できる機会があれば1度は「鶏の雫」の方も試してみたい。

福生市福生1043-1
日月休  11:30-14:30 17:30-22:00 (土は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茉莉蔵(まりぞう)

【323】茉莉蔵(まりぞう)(新潟市中央区) ⑥ 21:40
味噌つけめん 730円

※携帯のバッテリー切れのため撮影できず。

濃厚な味噌味のつけダレに炒めたたっぷりのもやしと挽き肉。
さらにチャーシューもついてアクセントに糸唐辛子。
あまり新潟には無いタイプのソツなくまとまったそれでいて個性もあるつけ麺。

一緒に行った娘が食べたラーメンも濃厚な豚骨+魚介系のスープで、「今風」のおいしさ。
娘の感想も「スープとチャーシューがおいしかった。」

新潟市(中央区)米山2-9-7
不定休 11:00-14:00(土日祝-15:00)  18:00-23:00(日祝は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

SAIJO(東京)

【321】SAIJO<品達ラーメン>(東京・品川駅)① 18:00
伝説の塩ラーメン 750円

引き続き東京出張中の空き時間に、ラーメン複合施設の「品達ラーメン」に立ち寄り、入ったことがなかったこの店に。
味的にはまずくはなかったが、チャーシュー1枚(おおぶりではあったが)、メンマ、なると等のオーソドックスな具でこの価格というのは?
少なくとも100円は割高に思われたので、同じ施設の「せたが屋」や「くじら軒」等に行かなかったことをちょっと後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

チャーシュー家巧創房(東京)

【320】チャーシュー家巧創房(東京・大門駅)② 21:25
巧らーめん 680円

出張先の東京で飲み会後に。

チャーシューを炙ってあるのが特徴だが、それがスープの風味を邪魔しているように感じられた。
あと飲んだ後だったのに物足りないと思うぐらい麺の量が少なかったような。
しらふだったらまた印象が異なるのかもしれないが、また食べたいと思うほどでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

せたが屋(東京)

【319】せたが屋(東京・駒沢大学駅)⑥ 18:25
魚郎塩つけ麺 950円

181115setagaya_3 東京出張で夜空き時間ができた(つくった)ので、携帯サイトの超らーめんナビの会員限定でこの日まで「せたが屋」が限定メニューを出していることが判明したので、かけつけた。
3人待ちだったのだが、回転が遅く食べ始めるまでに25分待ち。
しかし、待った甲斐あり。

つけダレだけでなく麺にも背脂チャッチャでありながら、見かけほどしつこくないし、何よりも薬味類の多彩さは出色。
まずそのまま食べて、次に卵の黄身を溶かして、それからニンニク、柚子胡椒を加えて、さらに卓上の刻みタマネギや「ガツン汁」、「ガツンカレー」を加えていくいたびに味が変わっていき、300gの麺もあっという間に飽きることなく無くなって、もっと食べたいぐらい。
最後につけダレを半分に減らしてもらってスープ割り(柚子胡椒入れすぎないでよかった)で締めて大満足。

東京都世田谷区野沢2-1-2
火休 18:00-25:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

浦咲

【318】浦咲(新潟市西区) (30) 12:10
焼あご醤油らーめん 850円

181114urasaki_2

※写真は思い切りぶれてます。。。
1年半弱で30回目と最も多く通っている店。
年内の期間限定で登場した新メニューの「焼あご醤油」を。
以前からあった「焼きあご塩」同様に、焼きあごの風味がかなり強いにもかかわらず魚臭くはなっていない見事な仕上がりで、スープに関しては「塩」と甲乙つけがたい。
ただし、具の方が。。。
水菜とわかめ系(めかぶ?)がメインで他にエビ等。
わかめ系があまり好きでないせいもあるのだろうが、同価格の「焼きあご塩」や「特別潮」と比べると具の面でやや見劣りを感じてしまった。

新潟市(西区)浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【317】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)⑥ 12:15
味玉らーめん690円

181113goin_1

※写真は誤って小さいサイズで保存してしまったため、クリックしても大きくなりません。。。

豚骨醤油の「らーめん」と魚介の効いた「和風」の2系統あって、麺も使い分けているようだが、太めの麺や具の構成が好みに合う前者をオーダー。
麺と濃いめの豚骨醤油スープがマッチしているし、具の方もタマネギ(できればもう少し量があれば)や辛味噌(途中で溶くと味の変化が楽しめる)がよいアクセントになっている。
今年の夏のオープン当初よりも客の入りがよくなっているように思われる。

新潟市(南区)大通南5-1139-1水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

このブログの基本方針

私が食べ歩いたラーメンについて率直な感想を、特にまた食べたいと思うかに重きを置いて書いてます。

【重要】写真については、原則としてまた食べたいと思ったラーメンのみ掲載しています。
勝手に撮った写真を掲載してけなす(ほめない)というのは失礼にあたると思うので。
一方、写真が載っている店については、多少文句(注文)をつけていても総合的にはまた食べたいと思うレベルだったものとご理解ください。
ただし、撮り忘れや保存ミス等により、また食べたいと思ったラーメンでも写真が残っていない場合もあるので、その場合には写真不掲載の理由を注記します。

また、住所・営業時間等の情報もわかる範囲で掲載していますが、変更・誤りも多々あるかと思いますので、お気づきの点がありましたらご指摘ください。
(新潟市内の住所については、H19.4の区制導入に先行対応してあります。)
なお、また食べたいと思わなかった店については、これらの情報も省略しています。

ちなみに好きなラーメンのジャンルを並べると、
塩>つけ麺>醤油(特にとんこつ醤油)>豚骨=味噌>辛い系
なので、豚骨や味噌及び辛いラーメンについては評価(写真掲載の判断)が厳しめになっていると思います。
また、全般的に食べ物の好き嫌いがたいへん多く、ラーメンの具にありがちなものの中ではカイワレや梅等が苦手なので、これらが入っているラーメンに関しても評価が低くなっていると思います。
さらに、行列するのもあまり好きではないので、行列店に関しては「またこれだけ並んでも食べたいと思うか」という観点で評価しているので、ハードルが高くなっています。

なお、【】付きで今年何杯めのラーメンか、また、○数字又は()付き数字でその店に行ったのが何回目であるかを表示していますが、このブログ公開前からの通算なので、【317】から始まっています。

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

自己紹介

現在は新潟に在住の転勤族系サラリーマンです。

H14年に東京に転勤になった頃から通勤経路である東京・神奈川を中心にラーメンの食べ歩きを本格的に開始し、その後埼玉に転勤になったため、埼玉にも「縄張り」を拡げました。

H17年に新潟に転勤になってからは平日の昼飯はほぼ毎日ラーメンという感じで食べ歩いてきました。

今回(超遅)カメラ付き携帯に買い換えたのを機に、BLOG上でその記録を残していこうと思ってます。

なお、写メ導入以前の約4年分についても記録は残してあるので、いずれ公開できればと考えています。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年12月 »