« 俺の空(東京) | トップページ | ラーメン 新橋店(東京) »

2007年2月15日 (木)

二代目 海老そば けいすけ(東京)

【43】二代目 海老そば けいすけ(東京・高田馬場駅) ① 19:00
海老そば 720円

「俺の空」の後、30分ほど立読み等で時間をつぶして、当初の目的だったこの店に。
店の造りもBGMもショットバーのような感じで、全くラーメン屋らしくない雰囲気。その甲斐あってか(たまたまかもしれないが)、客層も3分の1以上が女性(しかもカップルの片割れではなく、一人客や女性のみのグループも)。
そしてこの店のもう一つの特徴だと思ったのが店にたちこめる海老の香り。
店の雰囲気と香りの2点で、店に入った瞬間に一定のインパクトを与えることに成功している。

190215keisuke食べたのはもちろん「海老そば」。
そして、丼とレンゲもインパクトあり。
丼は傾いた半球状で、香りが逃げにくくする役目も果たしているよう。
一方、巨大レンゲは邪魔だし重いしで、あまり感心できなかった。

さらに、中身の方もオリジナリティーにあふれている。
麺こそ普通だが、海老ワンタン、鶏チャーシュー、山くらげ(ネットで調べて判明。食感からは「緑のメンマ」という感じ)、糸唐辛子、水菜、オレンジの皮等具は特徴的なものが多い。そして海老油の効果により最後まで海老の香りが尽きない。

後から考えてみると、特に気に入った具は無い(むしろ鶏チャーシューが皮付きだった点等はマイナス)し、海老も味ではなく香りに「やられた」という感じではあるが、連食の2軒目でありながらこれだけ一気に食べさせるというのは、相当な吸引力があってこそといえるだろう。

という訳で上京した際には是非訪れたい店の一つに仲間入り。

東京都新宿区高田馬場2-14-3三桂ビル1F
無休 11:00-LO23:00

|

« 俺の空(東京) | トップページ | ラーメン 新橋店(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俺の空(東京) | トップページ | ラーメン 新橋店(東京) »