« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

麺や 来味

【91】麺や 来味(新潟市東区) ⑰ 17:50
海老らぁ麺ワンタンと味玉入り 950円

2ヶ月ぶりの訪問ということで、期間限定メニュー(今回の分は3・4月限定か)が入れ替わっていた。

190331raimi今回は「海老らぁ麺」。
これとは別に提供期間未定の新メニュー「油そば」も登場していたが、この1年期間限定メニューはほぼ全部チェックしてきているので、本日は「海老らぁ麺」(プラスワンタンと味玉)を選択。

店の能書きによれば、「甘エビを頭ごとすりつぶしたエキス+豚骨のスープに中細麺」とのこと。
確かに運ばれてきた時点で海老の香りがするし、一口啜った時点での感想も「エビッ!」という感じ。
しかしながら、次第に海老の香りが豚骨に埋没してしまい、例えば「二代目海老そば けいすけ@高田馬場(東京)」のように最後まで海老の香りが持続するわけではなかった。
具の方は、チャーシュー、岩のり(少々)、水菜?の茎部分、メンマ、なると、白ネギに追加トッピングの海老ワンタン(数個)と味玉。
この中で、この店独特の味付けがされた味玉はこのスープには合っていないように感じたが、海老がまるごと1尾入っているワンタンは○。

全体として、「もう一工夫あれば」という気がするできばえではあるが、それでも4月末までの提供期間内にもう一度食べたいと思わせるぐらいのレベル。

あと、「油そば」も気になるので、近日中の再訪は必至。

新潟市(東区)大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

万人家(まんにんや)紫竹山店

【90】万人家(まんにんや)紫竹山店(新潟市中央区) ⑥ 20:05
特製らーめん680円 + おにぎり(鮭)150円

久々に「我聞」に行ってみたのだが、ドアを開けたら入り口付近に人があふれていた(※新潟では夜行列している店は少ない)ので、断念して出ようとしたら、店員に「すぐ空きますから」と引き留められた。
が、しばらく待っても6,7人待ちの状況のままだったので、店を出て、近くの「万人家 紫竹山店」へ。

190330manninya「つけめん」にしようかと思っていたのだが、残念ながらメニューから消えていたので、いつもの「特製らーめん」に。

卓上に粒ニンニクは置いてあるもののつぶす器具が見当たらなかった(このあたりは手を抜かないでもらいたいものだが)ので、店員に言って持って来てもらい、ニンニクをつぶして投入。
私としては、味的には是非また食べたいというほどではないのだが、とにかく具沢山なので、これに加えておにぎりも食べると満腹できる。

ちなみに、卓上には10円のサービス価格のゆで玉子が置いてある。
「特製」だとゆで玉子が半分トッピングされるので、私は手を出さなかったが、ラーメンが運ばれてくるまでの間の「つなぎ」として食べているお客さんもいた。

新潟市(中央区)紫竹山3-10-6
無休 11:00-LO21:45

| | コメント (0)

塩館(しおかん)

【89】塩館(しおかん)(新潟市中央区)⑤ 12:20
岩塩チャーシューメン 800円 + 味付玉子 100円

190330shiokanいつもどおりの岩塩チャーシューメンに今日は味付玉子をトッピング。
以前別なラーメンに入っていた味付玉子は、塩系の味付けで、このスープにも合うと思っていたのだが、予想どおりスープとマッチしていた。
あと、今日はチャーシューが(結構大きめのものも含まれていたのに)5枚も入っていて、かなり得した気分。
次回は、プラス50円の野菜トッピングも考えたい。

新潟市(中央区)米山1-4-3
無休 11:00-15:00  17:30-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

竜胆(りんどう) 

【88】竜胆(りんどう) (新潟市東区)⑮ 18:40
磯汐らーめん700円 + 玉子かけごはん200円

4ヶ月ぶりの訪問。
メニューが少し変わっていた。
といっても、メニューの本を新調したり、一部のメニューのネーミングが変更された(あと一部メニューの値上げ)程度だが。

190329rindoその中で新メニュー(というか以前あったメニューが復活したらしい)の「磯汐らーめん」を。
まず、スープはこの店らしいしょっぱめのスープ。
麺はこの店自慢の太麺を選択(細麺も選択可)。
原則的には塩ラーメンには細麺の方が合うと思っているのだが、このしょっぱめのスープにはこれぐらい太い麺の方が合っていそう。
具は、あおさにチャーシュー、メンマ、ほうれんそう、なると、刻みネギ等。
全体としておいしく仕上がってはいたが、欲をいえば、あおさだけで「磯」っぽさ、「汐」っぽさを出すのではなく、スープにもっと魚介系を効かすなりしてくれればとも思う。

190329rindo2あと、玉子かけご飯は20円値上がりしたようだが、相変わらずタレがおいしくて○。

新潟市(東区)粟山4-33-1
月休 11:00-14:30  17:30-21:00

| | コメント (0)

新華拉麺

【87】新華拉麺(新潟市江南区) ③ 12:40
ワンタンメン 600円

亀田方面に所用があったので、この店に。

190329shinka入り口の食券販売機で、あわててワンタンメンの食券を買ってしまったが、前回はチャーシューもたっぷりの「チャーシューワンタンメン」で大満足したことを後になって思い出してちょっと後悔。
それでも、ワンタンはたくさん入っているし、「ちょっとおとなしめの青島ラーメン@長岡」風のスープもおいしかったので、味的には満足。

ただし、平日の昼時で他に客は一人しかいなかったのに、出てくるまでに20分近くかかるというのはいかがなものか。

ちなみに店のガラス窓には「新華園」と貼ってあった。
昔はそういう店名だったのか?

新潟市(江南区)亀田中島3-1-5
火休 11:00-15:00 17:30-23:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

あきんど

【86】あきんど(新潟市西区)⑧ 12:10
ちゃーしゅーめん こってり 800円

190328akindo今日は私が入店して時点で満員という盛況。
初訪が昨年の9月で、今日が8回目なので、月一を上回るペースで訪問していることになる。
何をオーダーするか一瞬迷ったが、こってり(醤油)→あっさり(醤油)→味噌という「ローテーション」で来ていたので、こってり(醤油)に。
やはりこの店のメニューはいずれもおいしい。

新潟市(西区)寺尾西2-2-3
火休 11:30-14:30

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

せたが屋 品川店(東京)

【85】せたが屋 品川店(東京・品川駅) ② 13:45
とりとネギの塩らーめん 800円

昨日一旦東京から新潟に戻ったものの、再度逆トンボ帰りで日帰りの東京出張。
今日は時間にもあまり余裕がなく、それほど遠くには寄り道できない状況だったので、品川のラーメン複合施設「品達ラーメン」に。
第1候補だった「せたが屋」を覗いたところ、空いている様子だったので、入店。
OPEN当初は、多少食事時間帯を外しても、どの店も行列していたものだが、類似施設の増加もあってか、客足はだいぶ落ち着いたようだ。
「魚郎」という「魚介系二郎」にも興味があったのだが、メニューから消えていたので、期間限定メニューの「とりとネギの塩らーめん」を。

190327setagaya出てきてまず目を引くのが、昆布を練りこんだというそばのような色合いの麺。食感もそばに似ているのだが、これが意外とやや濁った魚系の効いたスープに合っている。
そして具は、皮付きの蒸し鶏と白髪ネギ(白ネギを切った普通のものに加えて九条ネギ?を白髪ネギ状に切ったものも)、煮玉子と薬味として柚子。
この中では皮までホロホロになるぐらい柔らかく蒸してある鶏がおいしく、スープにも合っていた(本来鶏の皮は苦手なのだが)。

スープがちょっとしょっぱすぎるかなという面はあったものの、全体として、「さすがせたが屋」と思わせる仕上がりだった。

港区高輪3-26-20
無休 11:00-23:00(日曜除く)
公式HP http://www.shinatatsu.com/raumen/kaku_kumo.html

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

吉相 女池店

【84】吉相 女池店(新潟市中央区) ⑩ 15:50
らーめん こってり 560円 + 熟玉 100円

新潟のラーメン屋人気ランキングで常に1位を争っている人気店。
それだけに、行列度が高く、行列嫌いの私にとっては敷居が高い店となっている(それでも訪問回数が10回に達したのは、雑誌の企画物に釣られて並んだことが何回かあるため)。
本日の場合は、東京出張で正午頃用件が終わったので、昼食を我慢して新幹線に乗って新潟に向かい、わざわざすいていそうな時間帯を狙って訪問したもの。
でも、平日のこの時間帯でも10人以上の客が入っているのだから、「吉相」人気恐るべし。

190326kissouいつもどおり「こってり」をオーダー。
まず麺は中細のさほど特長の無いもの。
具は薄手の柔らかチャーシューに大量のもやしと青ネギ、焼き海苔。
そしてスープにはかなりの背脂が浮く。
もやしと背脂の相性がバッチリでやはりおいしい。
ただし、これも人気のチャーシューは柔らかすぎて、私としてはイマイチ。

190326kissou2それから、追加トッピングの「熟玉」。
メニュー表にも載っていない地味な扱いだが、ゼラチン状になったスープとともに別皿で供されて、途中でラーメンに投入すると、そのゼラチン状のスープとこれに含まれているあおさが元のスープに溶け出して、味が変化するという仕掛けがすばらしい。

普通の時間帯に行って、大行列を我慢してまで食べたいとは思わないが、並ばずにすむ時間帯であれば、時々行ってみたいと思うことがある店ではある。

新潟市(中央区)女池神明3-7-1
無休 11:00-21:30

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

シャリ(千葉県) 

【83】シャリ(市川市) ① 20:30 塩らーめん 600円

市川周辺で適当なラーメン屋を携帯で検索したところ、候補に上がったのが、家系の店とこの「シャリ」。
濃い系のラーメンが続いていたので、あっさり系のこちらを選択。

190325shari出てきたラーメンは、まず麺はあっさり系にしてはやや太め。
具は硬めのチャーシューに、煮玉子、焼き海苔、メンマ、白ネギ等。
スープは澄んだあっさり系だが、思いのほか、魚介系のダシが効いていた。

総合的には、インパクトのあるラーメンとはいえないが、じんわりとおいしいラーメンではあるので、わざわざ遠くから食べに行くことをお薦めするところまではいかないが、近くにあったら、あっさり系を食べたくなった時に訪れるであろうと思
われる。

千葉県市川市市川1-2-8
月休 12:30-15:00 18:00-24:00

| | コメント (0)

椿(東京)

【82】椿(東京・西新井駅) ② 11:15
油そば 600円 + チャーシュー丼 300円

前日に食べた「油そば」への欲求がおさえきれず、半日後にして再訪。
初めて訪問した店で感動してすぐ翌日に再訪したのは「あまのや@横浜」(ただし、こちらはその後店主の家庭の事情もあって閉店)以来である。
土曜の昼時ということもあって今日は行列ができていて、5人待ちだったが、着席前にオーダー(食券)を確認してあることもあって回転が早く、入店後10分強でまずチャーシュー丼が出てきた。

190325tsubakiで、まず「油そば」だが、連日同じような写真を載せても意味がないと思うので、今日は混ぜた後の写真を。
パッと見だとやや汚らしく映るかもしれないが、私としては、麺にタレがからんで、さらにところどころに魚粉がまぶされている有様を見ただけで、あの旨さがよみがえってくる。

190325tsubaki2それから、チャーシュー丼。
昨日絶賛した柔らかチャーシューがたっぷりに、味玉と白髪ネギが載り、そこに醤油ダレがかかる。さらに、お好みに応じてということで山椒が添えられる。

食べてみての感想としては、単品としてはもちろんおいしいのだが、チャーシュー、味玉という具が油そばとカブっているせいもあってか、油そばとセットで食べるとややクドく感じて、終盤は飽きを感じそうになる。そこで、山椒を加えると、また趣きが変わるので、結局最後までおいしく食べられたが。
ただし、油そばにはライスを添える方が合っているのかなという気もする。

いずれにしても、上京した時に是非訪れたい店の1つに仲間入り!

東京都足立区西新井栄町2-19-2
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

椿(東京)

【81】椿(東京・西新井駅) ① 17:15 油そば 600円

夕方の時点で松戸近辺にいたので、「とみ田@松戸」に行こうかとも思ったが、携帯のラーメンサイトでチェックしたところ、数十分規模の行列は必至の情勢。
それならばということで、西新井まで足を伸ばして、ネット上の大崎裕史氏の記事により興味を持っていた「椿」に向かった。

190324tsubakiオーダーしたのはその記事で推奨されていた「油そば」。
運ばれてきた段階では、麺の上に刻みチャーシュー、煮玉子、水菜、メンマ、焼き海苔、白ネギ等の具に加えて、「粉物」が2種(1つは魚粉、もう1つは白ゴマの入った黄色っぽいもの)とペースト状のタレ、さらに薬味として柚子も載っている。
そしてこれらの具やタレ等を混ぜ込んでみると、丼の底にも液体のタレが入っていることがわかる。
で、程ほどに混ぜたところで食べてみると・・・旨いっ!
完全に均等に混ざっているわけではないので、一口一口ビミョーに異なる印象で、まさに七変化の旨さ。
本来は苦手な柚子の風味さえもおいしく感じられた。

そして、ここまで触れていなかったが、この旨さが成り立つのも、タピオカ入りのコシのある極太麺の存在があってこそだろう。
また、具の方でも、分厚くて柔らかいチャーシューをほぐしたものが大量に入っていて、これで600円というのは、コストパフォーマンス的にも大満足。
これまでに食べた油そばの場合だと、飽きてきたところで変化を出すために酢やラー油を入れたりしたもの(この店でも卓上に用意はされている)だが、全く飽きを感じないままに完食。

今年食べたラーメンの中で&これまでに食べた油そばの中で明らかにMy№1の存在に。

立地的になかなか訪問しづらい店ではあるが、是非再訪してこの「油そば」を再食した。といいつつも、この店の一番人気メニューであるつけめんも気になるところではある。

東京都足立区西新井栄町2-19-2
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

魂麺 まつい(千葉県)

【80】魂麺 まつい(市川市)③ 22:30
魂つけめん 730円

↓で満腹したはずなのに、またお腹がすいてきたので、今夜2軒目に。

190323matsuiあっさりの「魂麺」、こってりの「太魂」、そして「つけめん」のいずれも評判が高いというようだが、今回は「つけめん」をチョイス。

まず麺だが、モチモチした感じのコシのある太麺で、好みのタイプ。
こちらの器に焼き海苔と水菜も入っている。
他に具としては、つけダレの方に刻みチャーシューと白ネギが。
以上のとおり具は至ってシンプル。
一方、つけダレの方は、茶濁というよりは黄土色っぽい色合いが目を惹く。
かなり濃厚な味わいで、これと太麺がうまくマッチしている。
最後にスープ割りをお願いしたら、あっさり(「魂麺」系)がよいかこってり(「太魂」系)がよいか聞かれたので、後者を選択。
濃厚なつけダレにさらにこってりが加わると、食後の締めとしてはちょっと重過ぎる感じになってしまって、飲み干すまでには至らず。こちらはあっさりを選択した方がよかったのかもしれない。

でも、全体としておおいに満足できたので、未食の「魂麺」も是非試したい。

千葉県市川市南八幡3-6-17-102
木休 11:30-14:00(土日祝は-15:00)  18:00-24:00(日祝は-23:00)

| | コメント (0)

凪(東京) 

【79】凪(東京・渋谷駅) ① 17:05
豚骨エボリューション 900円

本日から3/26まで東京出張。
携帯のラーメンサイト「ラーなび」の会員限定ラーメンを食べにこの店に。
なんだかんだいってこれで3ヶ月(3メニュー)連続この限定ラーメンを食べる機会に恵まれた。

17時前にのぞいたところ、通し営業のはずなのに「準備中」になっていたが、目的のメニューはいずれにしても17時からの提供なので、近辺で時間つぶしをしたうえで、再訪問。

190323nagi当然のことながら「豚骨エボリューション」をオーダー。
これは、超濃厚な豚骨ラーメンで、豚骨ラーメンの進化(evolution)形ということなのだろうが、これぐらいの濃さの豚骨スープ自体は「はっち@元住吉」や「うえだ@新座」あたりで食べたことがあるレベル。
しかし、工夫を凝らしているのはスープだけではない。
まず、具は炙りチャーシューやなると等の定番物に加えて茹でキャベツや筍、それに正体不明の揚げた薬味。
特に、揚げた薬味の苦味と茹でキャベツの芯の部分は、濃厚なスープの中でよいアクセントになっていた。
そして、途中から別皿で出てきた「凪七味」を投入すると、また違った味わいが楽しめた(辛いものはそれほど得意でないので、全部は投入しなかったが)。
最後に、デフォルトで付いてくるライスをおじや風(スープにライスを投入するのではなく、レンゲにライスを載せて、それをスープに浸して食べた)にして食べて、満腹に。

ちなみに、私が店にいた間のオーダーの半数以上がこれで、30分程度の間に5食以上出ていた。

渋谷区東1-3-1カミニート1F
日祝休 11:30-25:00
公式HP http://www.n-nagi.com/

| | コメント (0)

2007年3月22日 (木)

一兆

【78】一兆(新潟市西区) ⑦ 12:20 つけめん 700円

「小新ラーメンストリート」の店のいずれかに行くべく小新ICから北上。
が、「忍」「黒玄」「夷霧来(いむら)」「天下一品」が揃いも揃ってという感じですべて休み。
前日の水曜日が祝日だったので、一部の店は定休日がずれてこうなったのかもしれないが、これだけ競争が激しい地区で、定休日をずらすことで集客を図ろうという店はないのか?
なので、小新IC方面にUターンして「がんこ屋」に入ろうとしたが、ここは行列ありだったので、断念。
結局「一兆」に落ち着いた。

190322icchouこの店の場合「味噌」が1番人気のようだが、「つけめん」にした。
オーダーの段階であつもりか冷たい麺かとつけダレは辛くてよいかを確認される。
前者に関しては、よほどしっかりした麺でないと、あつもりにするとダレた感じになってしまうと私は思っているので、冷を選択。
後者に関しては、以前は聞かれなかったように記憶していたので、よほど辛くなったのかとも思ったが、とりあえず標準の辛い方を選択。

まず、麺だが、太麺で欲をいえばもう少しコシが欲しい感じ。
上に刻み海苔と白ゴマが載っているのは、同系列の「我聞」や「孔明」等と一緒。
つけダレの方には、チャーシュー、煮玉子、メンマ、白髪ネギ、青ネギ等。
つけダレ自体は唐辛子系の辛みを感じたが、辛過ぎる程ではなく、仮に辛さ抜きにしたら、物足りなく感じたものと思われる。
最後にスープ割りにしたが、飲み干すまでには至らず。

全体的な印象として、特に欠点は無いが、特筆すべき点もないといった感じではあったが、接客が良いので、今後も訪問するであろう。

新潟市(西区)小新西3-14-8
無休 11:00-23:00

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

クマちゃんラーメン

【77】クマちゃんラーメン(新潟市中央区)④ 24:30
唐揚げラーメン ?円

※いつもどおり飲み会後に同僚と立ち寄ったため、ラーメンの写真は無し

店に入ったら「もうスープの火を落しちゃったからちょっと時間がかかる」と言われたが、ビールを飲みつつ待つことに。

190320kumaその間のおつまみとしてサービスで出してくれたメンマがこちら。
なぜメンマの写真は撮ったのにラーメンの写真は撮らなかったのか?
酔っぱらっている時の行動というのは我ながら不可解???

新潟市(中央区)米山2-9-13
休? 11:00- 「クマちゃんラーメン」
    17:00-25:00? 「やきとり 雛」(ラーメンも提供)

| | コメント (0)

いっとうや

【76】いっとうや(新潟市西区) ⑩ 12:05
らーめん630円 + 穂先めんま 120円

新店の「忍」か「黒玄」のどちらかに行こうと思って、小新ICから寺尾方面に向かったのだが、いつも混んでいて昼に行くのは断念している「いっとうや」の駐車場が今日は空いていたので急遽この店に変更。

190320ittouyaめんまラーメンにするとプラス100円でデフォルトでも載っているマッチ箱状の巨大メンマが増えるのに対して、穂先メンマトッピングだとプラス120円で別皿で穂先メンマが付いてくるということで後者に。

穂先メンマは柔らかくてやはりおいしい。
らーめんの方はいつもどおり黒コショウを振って「青葉」っぽくして食べた(ちなみに実際の修行先は「春木屋@荻窪(東京)」とのこと)。

上述の2店に加えて「がんこ屋」「一兆」「天下一品」「玄」「夷霧来(いむら)」と競争がさらに激化している『小新ラーメンストリート』だが、私の好みでは、味的には「いっとうや」が断トツ。
今後も今日のようにすいていたら「いっとうや」に入り、混んでいたら周辺の他の店に行くというパターンでの訪問が増えそう。

新潟市(西区)小新西3-3-1
月休 11:00-15:00  17:00-21:00

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

中湾食房 玄

【75】中湾食房 玄(新潟市西区) ① 12:15
玄麺セット(玄ラーメン(醤油)+ハーフ炒飯+ウーロン茶)780円

他のBLOG(「新潟ラーメン日記」)で、「小新ラーメンストリート」にさらにラーメン屋の新店が相次いでできていると知り、行ってみた。
「忍」「黒玄」と並んでできたどちらかの店に行こうと思っていたのだが、どちらも店の前の駐車場が一杯だった(後で店の前以外にも駐車場があると知ったが)ので、断念。
そのまま真っ直ぐ北方向に進んで「夷霧来(いむら)」に行こうと思ったのだが、その手前でこの店を発見し、試しに入店してみることに。

店の外観が赤(臙脂色)で、さしづめ「赤玄」といったところなのだが、前述の「黒玄」と関係があるのかは不明。
店の中も「中華レストラン」といった感じで、客層も女性の団体客が中心。
メニュー構成も完全に中華料理屋のもので、単品のラーメンは無し。
その中でベーシックな「玄麺セット」をオーダー。

190319gen出てきたラーメンは一見「あっさり中華そば」風なのだが、結構脂が浮いていて麺も典型的なあっさり系のものほど細くはない。
具はチャーシュー、煮玉子、メンマ、白ネギ等のオーソドックスなものに加えて三つ葉(たぶん)が大量に入っているのが特徴的。

190319gen2後から出てきたハーフ炒飯もあっさりした感じに仕上がっていて、私にとっては味付け面でやや物足りなかった(せめて卓上にコショウでもあれば)が、小エビがふんだんに入っていたのは好印象。

全般的にあっさりした感じなのは、客層に合わせて女性客を意識したためなのかもしれない。
が、さらにウーロン茶(コーヒーも選択可)も付いて780円なら、コストパフォーマンス面で満足できる。

新潟市(西区)小針南17-4
無休 11:30-14:00 (日祝12:00-)
         18:00-LO23:30 (金土祝前-LO24:00)(日祝17:00-LO22:00)

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

東京とんこつラーメン 麺ちん

【74】東京とんこつラーメン 麺ちん(新潟市東区) ⑪ 11:10
ラーメン中盛り 650円 + 得 280円

昨年10回行った店なのだが、なぜか(明確な理由無し)足が遠のいていて、10月末以来約4ヶ月ぶりの訪問。
「東京とんこつラーメン」というのはとんこつ強めのとんこつ醤油系で、「屯ちん@池袋」で修行した方が開いた店なので、このような店名になっているもよう。

190318menchinデフォルトのラーメンは並(1玉)・中盛り(1.5玉)・大盛り(2玉)でも同料金で、今日は中盛りを選択。
トッピングは全種入りの「得」に。
炒めた白髪ネギにチャーシュー数枚、味玉、のり、メンマ、もやしと種類だけでなく量も豊富な具の中でもネギは味付けがスープとマッチしていて秀逸。
スープもとんこつ強めながら、程よく醤油がプラスされているので、とんこつはあまり好きではない私の口にも合うし、卓上のおろしニンニクを投入するとインパクトも増す。
麺もわりと太めで好みのタイプ。
という訳でここの「ラーメン」は全体として私の好みの構成になっているし、つけ麺もまた好みに合う。
さらに、2ヶ月程度?で更新される期間限定メニューもある(今回は嫌いな梅をフィーチャーしたラーメンだったので、パス)。

190318menchin2なお、一緒に行った娘がオーダーした三色おにぎりがこちら。
ゆかり・カレー・抹茶の3種セットで150円というのはお値打ちものだと思われる。

新潟市(東区)はなみずき3-1-27
火休 11:00-15:00 17:30-20:00

| | コメント (0)

2007年3月17日 (土)

ののや 新潟駅南店

【73】ののや 新潟駅南店(新潟市中央区) ③ 13:30
つけそば 大盛 800円 + たまごごはん 200円

昼過ぎだったのだが、5人待ちで、しかも子ども2人連れだったこともあって、着席までに15分、出てくるまでにさらに15分。
やはり回転の遅い店であるのは事実のようだ。
でも、接客はかなりよいので、なんとか我慢できた。

190317nonoya今日は、前回食べたいと思ったつけそばに。
大盛でも同料金とのことだったので、迷わず大盛に。
麺は太麺で、もやしが載っている。
さらに別皿でチャーシュー、メンマ、のり、白ネギ等。
以上の麺と具に関しては比較的オーソドックスで、悪くもないが、特筆すべき点もない感じ。
つけダレもデフォルトではやはりオーソドックスな醤油系なのだが、そこに卓上の「魚粉こしょう」を多めに投入すると、それなりに「魚介系つけ麺」ぽくなる。
できれば、つけダレ自体にもっと魚介風味が効いていればもっとよいのだが。
でも、最後に割りスープ(頃合いを見て自動的に出てくる)でつけダレを割ってほぼ飲み干したのが満足した証し。

ちなみに、たまごごはんは、削り節がよいアクセントになっていて今回もおいしかった。

190317nonoya2あと、次女がミニチャーハンを頼んだら間違えて一口餃子が出てきた。
結局、一口餃子も無料でどうぞと言ってくれたので、両方味見したところ、チャーハンはパサつき気味でイマイチだったが、餃子はジューシーでおいしかった。

それから、「塩」を食べた長女もかなり満足していたので、家から近いこともあって、今後子ども連れでよく行く店の一つになりそう。

なお、精算時に「おいしいチケット」なるサービス券を渡された。
集めた枚数に応じて1枚なら「ちびごはん」、10枚ならラーメン1杯無料になるというものなのだが、平日しか使えないので要注意。


新潟市(中央区)米山6-8-4
不定休 11:30-22:00

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店(東京)

【72】万世(まんせい)拉麺 霞が関店(東京・虎ノ門駅)⑩ 13:50
青ネギパーコーラーメン 880円

190316mansei「肉の万世(まんせい)」という肉屋の系列のラーメン屋。
以前の勤務先がすぐ近くだったので、10回以上(正確な回数は不明)訪問したことがあった。

東京出張の合間であまり時間がなかったのと懐かしさも手伝って、久々に再訪。

やわやわの麺に、薄味なのに化調たっぷり(と思われる)のスープには惹かれるものがないが、やはり売りはさすが肉屋の系列と思わせるパーコー(排骨)。見てのとおり揚げた豚肉で、脂身の少ない「特選」は特に美味っていうかミョーにスープに合う(今日は特選にする代わりに青ネギトッピングにしたが)。
他の具はキクラゲ、チンゲンサイ、メンマ等。

ラーメンとしての評価はあまり高いものではないが、近くにラーメン屋が少ないこともあって、勤務先次第では再訪可能性は高い。

千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1F
日祝休 11:00-LO20:30(土LO14:00)
公式HP
http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

極一(ごくいち)紫竹山店

【71】極一(ごくいち)紫竹山店(新潟市中央区) ⑨ 12:05
黒とんこつ650円 + チャーコロ150円

前回食べた「鯛塩」やお気に入りメニューの一つだった「焼きラーメン」がなくなって、代わりにあっさり中華そばが加わっていた。
以前からそうなのだが、かなりメニューの移り変わりの激しい店である。

190315gokuichiそんな中でずっと提供されてきている「黒とんこつ」を。
ラーメンのジャンルの中で、とんこつというのは基本的にあまり好みではないのだが、マー油(ニンニクの焦がして作った黒い油)入りとなると話は別。
欲をいえば、臭いぐらいの濃厚とんこつスープに、苦いぐらいマー油が入っている方が好みなのだが、この店の場合はややおとなしめのとんこつスープなので、マー油もそれほどギトギトではない。
具はチャーシューにこの店らしい菜の花?、キクラゲ、メンマ、もやし、白髪ネギ、フライドガーリックと多彩。
麺はとんこつにしてはやや太い方か。

以前はこの店の隣りにある新潟のとんこつラーメンの草分け的存在である「きんしゃい亭」の方によく行っていたのだが、なぜか(飽きがきた?)最近はたまにとんこつを食べたくなった時にはこちらを選んでいる。

なお、サイドメニューの「チャーコロ」はこちら。

190315gokuichi2チャーシュー入りのコロッケということでこのようなネーミングになっているのだが、思ったよりチャーシューが目立ってはいなかった。
が、付け合せのサラダ(野菜)も合わせてのコストパフォーマンスを考えれば、合格点。

新潟市(中央区)紫竹山1-14-20
火休 11:00-24:00

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

あきんど

【70】あきんど(新潟市西区)⑤ 12:10
みそちゃーしゅーめん 950円

190314akindo今日はこの店で初めて味噌ラーメンを試してみた。
まずスープは味噌だけで押すのではなく、ちゃんとダシも効いた深みのあるスープでおいしい。
具はチャーシュー6枚に、炒めたキャベツ・もやし・挽き肉でこれが実によくスープとなじんでいる。
さらに麺も「らーめん」(醤油)よりも太い(たぶん)モチッとした麺で、これまたスープにマッチしていておいしい。
という訳で、具・スープ・麺のいずれの点でも文句なし。

元々「らーめん」もあっさり・こってりともにおいしいと思っていたところに味噌ラーメンも加わって、この3品で「ローテーション」を組んで、週一ペースで来てもよいと思うぐらい。

ちなみに、今日は先客3、後客2だった。

新潟市(西区)寺尾西2-2-3
火休 11:30-14:30

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【69】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)⑩ 12:10
中田ブラック 730円

190313goin_2先週食べたばかりの「中田ブラック」を食べたくなってこの店に。
このような「極端な味」系は、やみつきになるか拒絶反応のどちらかになりやすいようだ。

黒いスープの見た目どおりのしょっぱさは前回と同じだが、今回改めて気づいたのが、結構な量の荒挽き黒コショウがふられていて、それが醤油のしょっぱさによい意味で「追い討ち」をかけている点。
それだけにライスの存在は必須で、大盛りにしたいぐらい。


新潟市(南区)大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

がんこ屋 本店

【68】がんこ屋 本店(新潟市西区)⑤ 12:05
汐留らーめん 850円

190312ganko先週やっていたテレビ(BSN)のラーメン番組で、以前日本テレビ系の企画で決勝まで残ったラーメンを3月末までの期間限定で復活させているとのことだったので、訪問。

まず、スープだが、メニューにも「海鮮だし」と書いてあるとおり、運ばれてきた時点で魚介系の香りが立つぐらいだしが効いていておいしい。
麺はさほど特長のない細麺だが、具はワンタン2個に、チャーシュー、エビ、メンマ、小松菜、長ネギと盛りだくさん。
しっかり味付けのされた餡(肉)の入ったワンタンと厚手でトロッとした食感なのに脂っこくないチャーシューがおいしかった。
価格はやや高い気もするが、スープまで飲み干したので、満足。

以前上記の日テレの企画で勝ち残って日テレ社屋に店を出している「汐留らーめん」(こちらは店名)を食べたが、魚臭すぎ&しょっぱすぎで全く口に合わなかったので、私ならこちらの「汐留らーめん」に軍配を上げるのだが。

店頭では期間限定の表示はしていなかったが、とりあえず3月中にもう1回食べておきたい。
そしてレギュラーメニューとしての復活を望みたい。

新潟市(西区)小新西3-15-1
火休? 11:00-22:00(日祝-21:00)
※店のHPhttp://www.gankoya.co.jp/には定休日の記載無し。

| | コメント (0)

2007年3月11日 (日)

らのばR

【67】らのばR(新潟市西区) ⑨ 11:15
Fセット(らーめん+ハーフぎょうざ+ミニチャーシュー丼) 900円

190311ranoba前回同様子ども2人連れで訪問。
次女はチャーハン狙いだったのだが、チャーハンはリニューアル中で休止していた。
また、前回(H19.2.4)紹介した平日の曜日変わりの割引は廃止されていた。
さらに、あっさりの中華そばがメニューに加わる等メニュー更新の過渡期的な状態だった。

「らのば」のあっさり系にも興味を惹かれたが、やはりいつもどおりこってりの方(「らーめん」)にした。
ちなみに、子ども用の方には前回同様チャーシューとのりが余分に入っていたので、これは定常的なサービスのようだ(今回は特に説明は無かったが。)
また、チャーシュー丼は、大判のチャーシュ1枚に加えて角切りチャーシューも入っていてボリューム的には満足できた(味の面ではチャーハンの方が好みだが)。

新潟市(西区)大野325-2
無休 11:00-21:00(火は-19:30)

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

昔食堂 なおじ

【66】昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ⑭ 11:30
なおじろう 中盛り 油・ニンニク増し 750円

190310naoji気に入って何度も通っている店なのだが、今日は苦言をいくつか。

①前回(H19.2.21)に続き今回も「2号・アキアゴトリパイタン」をやっていなかった。平日も土曜もやっていなくて、いったいいつやっているのか?

②オーダーしてから出てくるまでに20分以上。開店時刻に行ったつもりなのだが、どうやら早めに開店したらしく、先客が5名以上いたし、茹で時間がかかる「なおじろう」のオーダーが多かったので、やむをえない面もあるのだろうが、満席でもないのにこれだけ待たされると。。。

③油・ニンニク(特にニンニク)が、これでも「増し」たのかと思うぐらいで不足気味。昨年末出していた時には刻みたてのニンニクが気前よく入っていたのだが。今日は店主が接客をしていて、他の店員が調理していたせいもあるのかもしれないが、これは致命的。

④「なおじろう」には唐辛子が欠かせないと思っているのだが、カウンター上に配置されている調味料のうち一味唐辛子だけがなぜか間引きして配置されていて、完全に他のお客さんの前を遮断しなければ手が届かない状態だったが、これは不便。

だからといって「もう行かない」とは全く思わないぐらい、時々無性に食べたくなるのが、「なおじろう」の魔力なのだが。


新潟市(中央区)上所3-1-28
木休 11:30-14:30(土は-15:30) 18:00-23:30LO(土は17:30-)
   日祝11:30-21:00LO

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

あおやま 屯(たむろ)

【65】あおやま 屯(たむろ)(新潟市西区) ⑧ 12:05
らーめん 580円 + サービスライス 30円

190309tamuroらーめんも豚つけ麺も100円値下げしていた。
昨日つけ麺を食べたこともあって、今日はこの店では久々にらーめんの方を。
茶濁した魚介豚骨系のスープに中細麺。
ここまでは特筆すべき点はないが、具が小ぶりなものながらチャーシュー7,8枚にめんま、なると、青ネギ、白ネギと充実していて、これで500円台なのだから、コストパフォーマンスは抜群。

さらにサービスライスも一応刻みチャーシューが載っていて30円!
まずはチャーシューと一緒にライスを食べて、残ったライスはれんげに入れてスープに浸して食べた。スープがややしょっぱめなので、これもおいしい。
らーめん+サービスライスで610円なのだから満足度は高い。

新潟市(西区)青山1-1-29
火休 11:00-15:00 17:30-21:00LO(土日祝の夜は17:00-)

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

猪や

【64】猪や(新潟市中央区)(27) 12:10
にぼしつけめん730円 + 餃子(サービス券)

190308inoyaSioつけめんをオーダーしようとしたところ、店主に「にぼしつけめん」も出したと言われ、そちらをオーダー。
具は麺の方に半熟玉子ともやしと青ネギが載っていて、つけダレの方に刻みチャーシュー。
スープは思ったより煮干しが効いていなかったが、モチモチの太麺に合うほどよいしょっぱさで○。
最後にスープ割りしてもらって飲み干した。
相変わらずこの店の新メニューは私の口に合う。
店主にSioつけめんとどちらが好きか聞かれたので、「どっちもあり」と答えた。
今後よりいっそうオーダー時に迷いそう。

新潟市(中央区)信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-22:00(夏季-23:00)

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

塩館(しおかん)

【63】塩館(しおかん)(新潟市中央区)④ 12:10
岩塩チャーシューメン 800円

190307shiokan_1今回も期間限定の「テーマ塩ラーメン」は前回と一緒(「奥能登 揚げ浜塩ラーメン」)だったので、過去3回同様に「岩塩チャーシューメン」を。
相変わらずおいしかったが、今回は満席に近い状態で、オーダーから出てくるまでに15分近くかかった。
これ以上混んで待ち時間が長くなるようだとマイナス要素に。
あと、前回も書いていたのに忘れたが、次回は味玉をトッピングしたい。

新潟市(中央区)米山1-4-3
無休 11:00-15:00  17:30-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

クマちゃんラーメン

【62】クマちゃんラーメン(新潟市中央区)③ 23:00?
ハンバーグラーメン 540円

またまた、飲み会後に同僚と。
※なので写真撮影できず
今回はちょっとぜいたくをして?ハンバーグラーメンを。
ラーメンに何をトッピングしても意外と大丈夫なものなんですね。。。

新潟市(中央区)米山2-9-13
休? 11:00- 「クマちゃんラーメン」
    17:00- 「やきとり 雛」(ラーメンも提供)

| | コメント (0)

浦咲

【61】浦咲(新潟市西区) (38) 12:10
特別潮 850円

※同僚と一緒だったため写真自粛
今年5回目の訪問。
「特別潮」は好きなメニューなのだが、他にも好きなメニューがあるので、約2ヶ月ぶりのオーダーとなった。

新潟市(西区)浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【60】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)⑩ 12:15
中田ブラック 730円

190305goinまた「魚介辛味噌鳥豚骨らーめん」目当てで行ったのだが、期間限定(4/30まで)の新メニューが出ていたのでそれをオーダー。
「中田ブラック」というのは真っ黒な醤油味のスープでおなじみの「富山ブラック」系のラーメンで、店主の中田氏が富山出身なので、このネーミングをしているとのこと。
デフォルトでライスと割りスープがついてくる。
そして麺をライスに載せて食べつつ、割りスープでラーメンのスープを好みの濃さに薄めて食べるというのが店推奨の食べ方。
まずラーメンだが、トッピングはチャーシュー3枚にほうれんそう、刻みネギと至ってシンプル。
そしてスープは当然のことながら黒い。
「新福菜館@京都(H19.1.27)」も醤油で真っ黒なスープだが、あちらは見かけほどしょっぱくないのに対して、こちらは見かけどおりしょっぱく、デフォルトでかかってくる荒挽きコショウがそれを増幅している。
さらに、麺もスープを吸って黒ずんで来るのも「新福菜館」的。

190305goin2その麺をライスに載せて食べると確かにおいしいので、デフォルトでライスが付いてくるのは正解。
ただし、ライスが無くなると、ちょっとしょっぱすぎる感じになるので、そこで出番となるのが割りスープ。
「東横」のようにお湯に近い薄めのものではなく、こちらの割りスープは魚介系のダシがかなり効いている。
これをほぼ全量入れたら食べやすい(飲みやすい)スープになった。

かなり刺激的なラーメンながら、最初からライスと割りスープを付けることによって食べやすい構成になっているし、それで730円ならおおいに満足できる。
限定期間中に是非再食したい。

ちなみに、今日はまずお冷やを出すのを忘れられ、さらにラーメンとライスだけ出てきて、割りスープを出すのも忘れられた。
店員の数は足りているのだが、店員間の連携が悪いように感じた。
けれども、会計時にこれらの不手際を詫びてくれたので、店の印象の悪化は回避。

新潟市(南区)大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

三咲屋

【59】三咲屋(新潟市東区) (22) 11:10
豚カレーらーめん 750円 + 半チャーハン 200円

190303misakiya前回(H19.2.12)の感想は「1年前よりかなりおいしくなってはいたが、まだ改良の余地はあるように感じたので、さらに来年に期待。」だったのだが、なんだかんだいっても結構おいしかったので、豚カレーらーめんを再食。
これまでは基本的にカレーラーメンをおいしいと思ったことはなく、同じ店のカレーラーメンを再食するのは初(バージョンUP前も合わせるとこの店では3回目になるが)なので、現時点での私の好きなカレーラーメン№1はこの店のものということになる。

前回同様甘みとダシの効き具合に関してはちょっと注文があるが、辛さ加減については絶妙であると思えてきた。
あと、いつもどおりに半チャーハンを付けたが、このラーメンに関しては白いご飯の方が合うかも。

新潟市(東区)大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

健龍

【58】健龍(新潟市西区) ⑤ 12:05
本場 燕らーめん 750円

190302kenryuu新メニューの「本場 燕らーめん」を。
茹で時間8,9分の太麺が売り。
具は背脂系には必須の(と私が思っている)刻みタマネギに加えて、チャーシュー、メンマ、そしてこの店らしいワカメ等。
スープは背脂たっぷりで「それっぽい」見かけながら、やや脂っこいだけになっているきらいも。
もう少し煮干しを効かすなりして、脂っこい「だけ」にはならないようにしてもよいような。
でも、麺は太麺好きの私にとって満足できるものだったので、今後のスープの改善に期待したい。

新潟市(西区)小針3-26-19
水休 11:00-15:00 18:00-LO22:30

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

丸木屋 坂井輪店

【57】丸木屋 坂井輪店(新潟市西区) ② 12:15
ちゃーしゅーめん 700円

※同僚と一緒だったため、写真は自粛

同僚と一緒で計3名で訪問。
相席ながらギリギリ座れた。
その後もほぼ満席状態をキープしながらも行列には至らない絶妙の回転。
前回は「らーめん」にしたが、今回はボリュームを求めて「ちゃーしゅーめん」に。
チャーシューが特別においしいわけではないが、これでボリューム的にもより満足できた。
今後もすぐ近くの人気店「侍元(じげん)」としのぎを削っていくのだろう。

新潟市(西区)坂井東5-1-13-2
無休? 11:30-15:00 17:30-20:00(スープ切れ終了)
※店のHP(http://foodpia.geocities.jp/ramen_marukiya/index.html)では通し営業のようになっているが、実際には中休みありなので、注意。
逆にHPでは水曜定休になっているが、店頭(及び雑誌)では定休日の表示は見当たらず。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »