« 麺屋 武蔵 鷹虎(東京) | トップページ | 昔食堂 なおじ »

2007年5月28日 (月)

味の横綱 ときめきラーメン万代島店

【131】味の横綱 ときめきラーメン万代島店(新潟市中央区) ① 13:05
白ラーメン 500円

二夜連続車中泊の東京遠征から午前5時過ぎに帰宅。
休養のため、休みをとっていたのだが、思いの外早く昼過ぎには復活したので、ラーメンを食べに外出。

とはいえ遠くまで行く気力はなかったので、近場の新店ということで、3店が新規オープン(うち1軒は看板メニューは変わったものの実質出戻り)した「ときめきラーメン万代島」へ。集客力が落ちて、閉店する店が相次いでいるという話は聞いていたのだが、よく3店も入ってくれたものだ。

で、いざ入ろうとすると、まず駐車場の案内が不親切で、駐車場の入り口を1回スルー。
ちょうど駐車場入り口に「ときめきラーメン万代島 直進」という看板が立っているのだが、これは歩行者向けで、車の場合にはこれに逆らってこの看板のところで左折しないと入り口を通過してしまう。
結局ロータリーをもう1周して駐車場に入ったところ、停まっている車の数は片手以上両手未満といった感じ。
一応昼休み時間は過ぎているとはいえ、平日だとこんなものなのか。
ときメッセでイベントがあって、大量の集客がある時に勝負をかけているのかもしれないが。

さらに、店舗棟の方に歩みを進めると、2店(新店も含む)は13時過ぎにして早くも「スープ切れにより閉店」。
「どんだけスープ用意しとんねん?」と思いつつも、新店の中で最も興味があった柏崎の有名店「味の横綱」は営業していたので、そこに入店。

さっぱり系の「白」とそれに黒醤油と油を加えたしょっぱい系の「黒」が基本メニューとのことだったが、よりベーシックな「白」を選択。

190528yokodunaで、出てきたラーメンだが、見た目のスープの色合いもそれほど薄くはないし、味もそれほどしょっぱくなくはなくて、ごくオーソドックスな醤油ラーメンといった感じ。
むしろこれよりもしょっぱい系を標榜する「黒」だとしょっぱすぎるのでは?という気もする。
あとは、具の方もチャーシューに焼きのり、なると、メンマ、白ネギというオーソドックスな構成ながら、500円でしっかりしたチャーシュー2枚というのは頑張っていると思った。

という訳で、インパクトはないもののコストパフォーマンスも考えると満足はできる。

ただし、「ときめきラーメン万代島」の展開を考えれば、現状では「あの店があるからまた行こうか」と思わせる店がないので、もっとインパクトがあって、吸引力のある核となる店の出店が望まれるところなのではないだろうか?

新潟市中央区(ときめきラーメン万代島)
無休 11:00-19:00

|

« 麺屋 武蔵 鷹虎(東京) | トップページ | 昔食堂 なおじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麺屋 武蔵 鷹虎(東京) | トップページ | 昔食堂 なおじ »