« ぶしや(長岡市) | トップページ | 「家二郎」その1 »

2007年5月 2日 (水)

いち井(長岡市)

【113】いち井(長岡市) ④ 14:05
焼きあご塩700円 +味玉100円

「ぶしや」の後、少々時間つぶしをして「いち井」へ。
前回訪問時(H19.2.2)には14時過ぎには待ち客ゼロになっていたので、この時間ならと期待しつつも、それでも大行列していたら「飛雄馬」に向かう心づもりだったのだが、店外には数名しか待ち客がいなかったので、待つことに。
それでも、店内にも待合所があるので、トータルでは10名近い待ちだったらしく、結果的に食べ始めたのは約20分後。

この店の1番人気は「塩」のようで、カップラーメンになったのも「塩」なのだが、私が気に入っているのは「醤油」の方。
しかし、今日は1軒目で魚介系醤油を食べてきているので、再度「塩」を試してみることに。

190502ichiiで、「醤油」との比較だが、まずスープの色合いが、「醤油」は茶濁だったのに対して、「塩」は白っぽさが増す。
それから、具はチャーシュー、メンマ、水菜、白髪ネギが共通で、これに加えて、「醤油」の場合は毬麩と茎ワカメと焼きのりが、「塩」の場合はキクラゲが入る。

食べ終えての感想としては、まず具に関しては、前回(H19.2.2)も書いたのだが、特徴的な具(「醤油」の毬麩と茎ワカメ、「塩」のキクラゲ)はスープとの相性という点で必ずしも効果を上げているとは思われず、大差ない感じだが、しいていえば、品数の点で「醤油」の方が若干上か。
それから、スープに関しては、「醤油」の焼きアジダシも、「塩」の焼きあごダシもしっかり効いていてこれは甲乙つけがたい。
あとはタレに関して、醤油と塩どちらのベースがよいかという好みの問題になってくるかと思うが、個人的には醤油の方が好みに合う。
ただし、どちらもおいしいことには変わりはないので、今後も、この店の前後にどんなラーメンを食べたか(食べようとしているか)に応じて、「醤油」か「塩」かを選択することになりそう。

ちなみに、14:20頃にはのれんをおろしていたので、閉店前の比較的混んでいない時間帯狙いで行くにしても、多少の余裕はみて行く必要がありそう。

長岡市曙1-1-5
日・第1月休 11:30-14:30(土祝-15:00)
http://homepage3.nifty.com/ichii/

|

« ぶしや(長岡市) | トップページ | 「家二郎」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぶしや(長岡市) | トップページ | 「家二郎」その1 »