« 塩館(しおかん) | トップページ | 武吉兆(ぶきっちょう) »

2007年6月 8日 (金)

新潟ラーメン博(速報)

【-】新潟ラーメン博(速報)

本日から開催の第2回新潟ラーメン博に行ってきました。
午前・午後の2回行って、午前の部で「武吉兆(ぶきっちょう)」「なおじ」、午後の部で「ZunDouNoKai」「正広」のラーメンを食べたんですが、そのレポートは後ほど(後日?)ということで、とりあえずは混雑状況等の速報を。

190608rahaku0

こちらは午後4時の時点の状況で、このうち上段の4店は午後3時の時点で既に売り切れになっていた。

提供数が店によって違うかもしれないので、「早く売り切れる=人気が高い」とは限らないのかもしれないが、簡単に感想を述べると、

・「武吉兆(ぶきっちょう)」は人気№1の「吉相(きっそう)」を含む3店のコラボなので、人気を集めるのは当然で、OPEN直後の段階でも10人近い行列だった。同様なのが「ZunDouNoKai」(「いっとうや」&「侍元」&「一本気」)で、こちらも15時半頃には売り切れ(私はすべりこみセーフ)になった。

・「くじら軒」「一風堂」はネームバリューの高い県外店なので、さすがという感じ。

・意外な(失礼)健闘と思われるのが「ののや」だが、塩ラーメンが極端に少ない中で「えびしお」、しかも唯一のワンタンメンということで、提供しているメニューがよかったということもあるものと思われる。同様に「ノガミ」も知名度の割りに健闘していたが、これはパンフレットに掲載されているチャーシュー満載の写真が功を奏したものと思われる。

あと、全般的な感想(不満)としては、

○会場暑すぎ&テーブル汚すぎ(手がまわらないのなら台拭きぐらい置いておけばいいのに)。

○↑でも少しふれたように提供メニューに偏りが(塩が少ない)。県外店も半分が福岡で、私にとって魅力的な店は無かったし。

|

« 塩館(しおかん) | トップページ | 武吉兆(ぶきっちょう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塩館(しおかん) | トップページ | 武吉兆(ぶきっちょう) »