« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

麺や 来味

【243】麺や 来味(新潟市東区) (24) 18:30
味噌らぁ麺750円 + ごはん150円
(クーポンで100円引き)

今日までの期間限定の「ハマグリの塩らぁ麺」をもう1度食べておきたいと思って訪れたのだが、既に売り切れ。
また(H19.8.18)別な店に行こうかとも思ったのだが、雑誌のクーポンによる100円引きにより気を取り直した。
で、期間限定メニューも含めた多彩なメニューに押されて未食だった「味噌らぁ麺」を試してみることに。
が、濃厚な味噌味のスープとたっぷりの背脂が調和せずに足を引っ張り合っているような感じで、私の受けた印象は「鈍重」。
この店の他のメニュー(特に期間限定と「油そば」)にはおおいに惹かれているので、私としては今後はそちらを選ぶだろう。
ちなみに、9月~の期間限定は「鰹と一等昆布の塩らぁ麺」。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

東光亭

【242】東光亭(新潟市中央区) ③ 12:10
チャーシューメン 610円 + 玉子 50円

190831toukouteiあまり冷房がきいていなさそうな店というイメージ(あくまでもイメージ)があって、真夏の間は2ヶ月弱足が向かなかったが、そろそろ行きたくなって訪問。
満席に近かったので、席の選択の余地はほとんどなかったが、涼しい席でよかった(席によって暑いor涼しいの差がありそう)。
あと、今日はちゃんと二黄卵だった。

新潟市中央区女池上山3-10-12
木休 営業時間不明

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

浦咲

【241】浦咲(新潟市西区) (47) 12:05
つけ麺(味噌)+チャむすび 960円

190829urasakiこの40円引きサービスもいつまでなのだろうかと思いつつ、前回(H19.7.20)に続いてこのセットを。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

黒味噌らーめん 初代 けいすけ(東京)

【240】黒味噌らーめん 初代 けいすけ(東京・本郷三丁目駅) ①
18:00
黒味噌ラーメン700円 + 特大穂先メンマ200円 + サービスライス

東京出張帰りにもう1軒ということで、インパクトのあるラーメンを求めてこの店に。
看板メニューの「黒味噌ラーメン」に加えて、穂先メンマ好きなのでつい手を出した「特大穂先メンマ」とサービスのライスを。

190828keisukeまず目をひくのが、木炭等により真っ黒なスープ。辛め(山椒等がメインらしい)&しょっぱめのスープで、食べているうちに味噌だかなんだかわからなくなってくるが、不思議と中毒性がある。
焦がした黒い何かが浮かんでいるので、「五行@西麻布(東京)」の焦がし味噌ラーメンを彷彿とさせる面もある。
麺については、新潟にはかつて木炭を練りこんで黒くした麺を使った味噌ラーメンを出す店があったが、こちらは麺は普通。
具は、生クリーム?(ビジュアル面の効果を狙ったもので、味的には存在感無し)をあしらったチャーシューに斜め切りの白ネギと糸唐辛子等。
中では、結構量がある糸唐辛子が辛さに追い討ちをかけている。
そしてスープには大量の炒めたひき肉とタマネギが。特に、ひき肉は辛め&しょっぱめのスープの中でよい「中和剤」になっていると思う。

それから、追加トッピングの「特大穂先メンマ」が抜群!写真には全容が入りきれないぐらい大きかったのだが、大きさよりも「メンマってこんなに柔らかい(柔らかくなる)のか?!」と思わせる仕上がりで、200円でも決して高くないと感じた。
最後に、サービスのライスをスープに浸して食べるとちょうどよい口直しに。

というわけで、好みの分かれる個性的な一杯ではあるが、私にとってはかなり病みつき度の高い一杯になりそう。

ちなみに、最初冷房のききにくい暑い場所で汗だくになって食べていたら、「涼しい場所に移られますか?」の一言が。「二代目(「二代目 けいすけ@高田馬場(東京))がどうのこうの」という雑談をしていたので、店主又は両店をまたにかけるベテラン店員さんならではの対応なのかもしれないが、ありがたい心配りだった。

文京区本郷5-25-17
日祝休 11:00-23:00

| | コメント (0)

集来(東京) 

【239】集来(東京・大門駅) ① 11:50
手打ちワンタンメン 700円

出張先である大門駅周辺のラーメン屋さんを「らーナビ」で検索。
行列店のようだが、早めの時間に入店できそうだったので、行ってみた。
この時刻でもほぼ満席だったが、ギリギリ座れた。

プラス30円の手打ち麺の方が断然評判がよいようなので、手打ちで「ワンタンメン」をオーダー。
※写真はブレてます。。。

190828syuuraiまず目をひくのが、かなり幅広で不ぞろいな手打ち麺。ピロピロした食感で、一瞬「ワンタンの皮の切れ端?」と思ったほど。
スープは際立った特長はない醤油味だが、麺が個性的なだけにスープの方はオーソドックスな方がよいのかもしれない。
あと、具はワンタン(たくさん)とチャーシュー、焼きのり、メンマ、なると、白ネギ等。
全体的な印象としては、先週(H19.8.21)の「牛乳屋食堂@会津若松」を思い起こさせる感じだった。麺のコシが抜群だった「牛乳屋」には一歩及ばないが。
あと、麺の食感がワンタンの皮の食感に似ているので、食べているうちにやや飽きてきた。手打ち麺にするのであれば、チャーシューメン等にした方がよかったのかもしれない。
でも、万人受けを狙っても十分商売が成り立ちそうなこの立地で、この個性的な麺というのは貴重だと思うし、店を出る頃には行列ができていたのもうなずける。

港区芝大門2-3-6
無休 11:00-15:00 17:00-20:00

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

沖縄ふるさと伝統料理 やんばる(東京)

【238】沖縄ふるさと伝統料理 やんばる(東京・新宿駅) ① 20:55
アーサそば 750円

冷やしラーメンはどうもお腹にたまらない(スープを飲み干してないせいもあるのだろうが)ようで、時間が経つとともに再度お腹がすいてきて、最近では珍しく、今夜3杯目に突入。
次は絶対温かいラーメンということで、「らーナビ」で検索した結果、ちょっと目先をかえて沖縄そばのこの店をチョイス。

190827yanbaru食べたのは「アーサそば」。
色は薄いが結構塩分の強いスープにうどんのような柔らかめの太麺。
具は厚めの豚肉(三枚肉?)にかまぼことたっぷりの万能ネギとここまでは典型的な沖縄そばと思われる構成。これに「アーサ」(=あおさ)がたっぷり入るのが「アーサそば」。
この「アーサ」がさっき海から取ってきたばかりではないかと思われるような天然度満点のしろもので、全体として実に海っぽい感じになった。
さらに後半、卓上にあった島唐辛子の調味料を投入すると、一気に味が引き締まった。

というわけで、今夜食べた3杯の中で1番私の口に合ったのは結局この店。

あと、入店してカウンター席に座ったら「何か機嫌にさわるようなことをしたのか?」と思うぐらいの勢いで、お冷やの入ったコップをドスンとカウンターに置かれた。他のお客さんに対しても同じ対応だったし、店を出るときの挨拶はちゃんとしていたので、悪気はないのだろうが、そういうもんだと知っていなければおの対応にはビビルことうけあい。

新宿区新宿3-22-1
無休 11:00-24:00

| | コメント (0)

柳麺 ちゃぶ屋(東京)

【237】柳麺 ちゃぶ屋(東京・護国寺駅) ⑤ 18:50
鶏節の冷やし鶏らぁ麺 900円

↓の「ぶらり」の冷やしが全くお腹にたまらなかったこともあって、速攻で連食。
こちらも携帯サイト「らーナビ」の会員限定・期間限定メニュー。

190827chabuya「ぶらり」同様の鶏の冷やしラーメンだが、「ぶらり」は具材も含めて鶏にこだわっていたのに対して、こちらで鶏が出てくるのはスープのみ。
「鶏節」という鰹節の鶏版みたいなやつからダシをとっているようで、まず麺(極細麺)とスープだけを味わってみると、一口めの段階ではダシが効いていて「おお!」という感じ。しかし食べ進むにつれて、そうめんを、タレを飲みながら食べているかのような違和感が。
そこで、別皿の大量の揚げエシャレットや万能ネギ、白ネギ等の具を投入。
またしばらくはおいしく食べられたが、やがて飽きが来たので、今度は途中で運ばれてきた温かい割りスープも投入。
割りスープにもっと量があれば(あるいは元の冷たいスープがもっと減った段階で投入していれば)温かくなったのかもしれないが、中途半端にぬるく薄くなったような感じで、結局スープを結構残してしまった。

ネット上では大絶賛されていて、スープ完食(飲)は当たり前といった様相のようだが、どうも冷たいラーメンは全般的に私の口には合わないようだ。これは、スープが冷たいとあまり脂を使えないためあっさりして物足りなく感じてしまうというような理屈の問題よりも、ラーメンのスープが冷たいこと自体にする違和感がどうしても払拭できないという感覚の問題なのかもしれない。
いくつかの有名店の評判の高い冷やしラーメンを食べた結果がこれなので、今後私が冷やしラーメンを食べる可能性は限りなく低くなったものと思われる。

ちなみに、別皿の具の3枚のチャーシューは、冷たいスープに入れてしまうとスープに変に脂が浮いてスープが台無しになるおそれがあるものと思われたので、単品で食べたところ、おいしかった。冷やしラーメンの具としては、豚を使うよりも「ぶらり」のように脂の少ない鶏を使う方が正解だと思うのだが。

それから、入店した時点では、先客1名という寂しい状態で、これは1番安いメニューでも900円という夜の部(昼の部とは味も値段も違う)の強気すぎる価格設定のせいかとも思ったのだが、その後続々とお客さんが来て私が店を出る頃には行列までできていたので、単にすいている時間帯に駆け込んだだけだったもよう。

文京区音羽1-17-16
火休 11:30-15:00(創業時の味)
      18:00-22:00(リニューアル後の味)

| | コメント (0)

ぶらり(東京)

【236】ぶらり(東京・日暮里駅) ① 17:40
三種鶏の親子冷やしそば 900円

携帯サイト「らーナビ」の会員限定・期間限定のメニューを。

190827burariよく冷えた四つ葉型の特徴的な器に入って出てくる。
鶏の効いたスープに、冷たいラーメンでは定番の細麺。
具は、2種の鶏チャーシューに鶏そぼろと半熟玉子(ここまでが「三種鶏の親子」ということか)、それに山クラゲ(「緑のメンマ」)、スプラウト(かいわれっぽいが辛くはない)、糸唐辛子に別皿で柚子コショウ。
半熟玉子を崩して溶け出すと味が変わるし、途中で柚子コショウを入れることによっても味が変わる。具も吟味されているし、よく工夫された一品といえそう。

ただし、私は冷たいラーメンとの相性が悪いらしく(詳しくは↑の「ちゃぶ屋」参照)、それほどおいしいとは思えなかったのも事実ではあるが。

荒川区東日暮里5-52-5
不定休 11:30-15:00 17:30-23:30
        土日祝11:30-22:00

| | コメント (0)

喜多方らーめん 会津坂下(東京)

【235】喜多方らーめん 会津坂下(東京・浜松町駅) ② 12:20
揚げネギラーメン 580円

前回(H19.2.15)は、「写真・店の掲載見送りレベル(=再訪・再食の可能性無し)」と書いたが、なんだかんだいって2回目の訪問ということで、今回は写真入りで紹介。

190827aidubange食べたのは「揚げネギラーメン」。
「喜多方ラーメン」と同料金なのは、揚げネギが入る分チャーシューが減るためのようで、他の具はもやし、キャベツ、にんじんと味噌ラーメンチック。
麺はあまり喜多方ラーメンぽくないし、醤油味のスープも至って平凡ではあるが、まずいというわけではないし、この地域でこの価格であれば、この近辺への出張時の昼食場所の1つには今後ともなりうる。

港区芝大門1-4-4
日祝休 11:00-23:00(土-15:00)
公式HP:http://www14.plala.or.jp/minidorara/index.html

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

椿(東京)

【234】椿(東京・西新井駅) ③ 20:35
油そば 600円

明日からの1泊2日の東京出張を控えて前夜に上京。
向かった先は、初訪でおおいに気に入って、H19.3.24,25の2日連続で訪れたこの店。
時間帯の問題もあるのだろうが、3月の時とはうって変わって10人以上の大行列で、並び始めてから食べ始めまでに30分以上。

190826tsubaki食べたのはもちろん「油そば」。
3度目ということで慣れが生じたのか、長すぎた待ち時間ゆえかわからないが、残念ながら3月ほどの感動は得られず。
おいしいのは間違いないので、次回行くとしたら、すいてる時間帯を見計らってか。

東京都足立区西新井栄町2-19-2
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

粋竜

【233】粋竜(新潟市西区) (31) 12:00
とりそば(塩)600円

190824suiryuu我が社の社員が複数組来ていて、「社員食堂」的な様相に。

新潟市西区善久627-1
無休 11:00-14:30 17:30-22:30LO(水は昼のみ)

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

極一(ごくいち)紫竹山店

【232】極一(ごくいち)紫竹山店(新潟市中央区) ⑩ 12:10 

煮玉子入りそば520円

近辺で所用があり、あまり食欲もなかったので、価格面から味的にもボリューム的にもあまり期待せずにこの店の「煮玉子入りそば」を(玉子の入らないデフォルトの「あっさり中華そば」だと420円)。

190823gokuichi具が小さめのチャーシューにメンマ、なると、九条ネギ?(+追加トッピングの煮玉子)と最小限なのは、価格的にやむをえないものとして、細麺・あっさり系醤油のスープを食べてみると期待以上のおいしさ。
コストパフォーマンスも考えれば、これなら再訪の価値あり。

※と思っていたら、9月に入ってからこの店の前を通ったところ、つぶれた(or移転した?)もよう。

新潟市中央区紫竹山1-14-20
火休 11:00-24:00

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

昔食堂 食事処 なおじ 白根店

【231】昔食堂 食事処 なおじ 白根店(新潟市南区)⑥ 20:25

なおじろう ニンニク増し 714円

家族旅行から戻り、夕食は新潟市内で外食することに。
嫁に希望を聞いたところ、「パパさえよかったらまたラーメンでも。」
ラヲタにこういうことを言ったら結果は見えている。。。
それでも子どもはラーメン以外も食べたかろうということで、定食メニューも充実しているこの店を選択。が、結局長女もラーメンを希望^_^;

「なおじろう」のボリュームを熟知している私はいつもどおり「並」にしたが、嫁は無謀にも一人で中盛り・野菜増しを食べると主張。

190822naoji_2説得の結果、嫁と長女の2人で分ける前提で中盛り・野菜増し976円をオーダー。
写真は取り分ける途中段階で撮ったものなので、暴力的なボリュームは伝わりにくいかもしれないが、結局2人でも食べ切れず・・・だから言ったのに。

新潟市南区上塩俵1761-2
無休 11:00-23:00

| | コメント (0)

三味(みみ)(宮城県仙台市)

【230】三味(みみ)(宮城県仙台市) ① 13:50
味玉塩ラーメン 840円

家族旅行2日目の昼食。
携帯のラーメンサイト「らーナビ」で検索した結果、この店をチョイス。
店主は「中村屋@高座渋谷(神奈川県)」で修行したとのこと。

私は「中村屋なら塩!」ということで味玉塩ラーメンを。

190822mimi鶏ベースのスープにチャーシュー、味玉半分、水菜、焼きのり、白髪ネギ等の具で、確かに「中村屋」を感じさせるものはある。
が、チャーシューを炙っていないことや平打ち麺、鶏油の不存在等「中村屋」の重要な特長が抜け落ちているのは残念な気がした。
他に「中村屋」っぽい店がない(と思われる)仙台でならやっていけそうだが、逆にデフォルトで788円という強気な価格は仙台で通用するのか?

あと、「中村屋」(接客はBEST)で接客は学んでこなかったのか?と思わせる店主の無愛想さ(挨拶皆無)も気になった。

190822mimi2ちなみに、嫁が食べた「三辛麺(塩)」892円はこちら。
「かんずりを使ったピリ辛スープ」とのことで、嫁は大絶賛。味見したところ、辛いのは苦手な私にとっても「おいしい!こっちにすればよかった」と思うようなレベルだった。

190822mimi3あと、こちらは子どもたちが食べた「つけ麺」893円。

                                                 

                                 

                                  

仙台市青葉区旭ヶ丘3-17-18
月休 11:30-14:30 17:30-20:30
   土日祝 11:30-15:00 17:00-20:00
公式HP:http://www.menya-mimi.com/

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

牛乳屋食堂

【228】牛乳屋食堂(福島県会津若松市) ① 12:45
Bセット(ラーメン 極太手打ち麺 + ミニソースかつ丼) 1,040円

今日から1泊2日の家族旅行for仙台。
昨年の家族旅行の時には途中で喜多方に立ち寄ったのだが、今年は少しだけ目先を変えて、ネットで探して是非行きたいと思っていたこの店に。
不便な場所にあるのだが、昼時ということもあって混んでいて、前に4名待ち。2階まであって席数も多いので、かなりの待ち時間を覚悟したが、並び始めてから食べ始めるまでの待ち時間は約15分。席数に応じて、厨房の能力もかなり高いようだ。

頼んだのは、ラーメン(中太麺と極太麺のうち後者を選定)とミニソースかつ丼のセット。

190821gyuunyuuyaまずラーメンだが、いかにも手打ちという感じのふぞろいな極太麺は、コシがあって抜群にうまい!これまでに食べた麺の中でも、少なくともBEST5には入る。
そして一見オーソドックスな醤油味のスープも、麺との相性もよいのか、知らず知らずのうちに飲み干してしまう勢い。
具は、チャーシューになると、メンマ、焼きのり、白ネギといった構成で、特筆すべきものはないが、麺とスープだけで、遠くてもまた食べに来たいと思わせるレベルで、家族も翌日「帰りにまたここのラーメン屋に行きたい」(実際は定休日のため不可)と言い出したほど。

ちなみに、ネット通販もしているようなので、ここのラーメンのように麺とスープに特長がある場合には、家でも店に近いレベルで再現きるものと思われることから、こちらの利用も考えたい。

なお、ソースかつ丼の方は、ソースが甘くて私の口にはあまり合わなかった。

福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343
水休 11:00-15:00 17:00-20:00
公式HP:http://www.gyunyuya.jp/

| | コメント (0)

2007年8月20日 (月)

あおやま 屯(たむろ)

【228】あおやま 屯(たむろ)(新潟市西区) ⑬ 12:05
らーめん580円 + 追加玉子(半分)30円 + サービスライス30円

190820tamuroこの店では、↑の組み合わせで食べるのが定着してきた。
トータル640円でおおいに満足できる。

新潟市西区青山1-1-29
火休 11:00-15:00 17:30-21:00LO(土日祝の夜は17:00-)

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

昔食堂 なおじ

【227】昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ⑳ 13:20
ハマグリの塩らぁ麺 700円

昨日「来味 大形店」の「ハマグリの塩らぁ麺」を食べ逃したことが尾を引いていて、でも昨日の理由(ハマグリの仕入れ)だと2日連続ふられるおそれもあるかと思い、「なおじ」の方の同名のコラボメニューを食べに。

190819naojiやはり「主役はホタテバター」という感じで、ホタテバターを食べるタイミングに気を使いつつも、おいしく食べた。

ちなみに、本店の2周年(まだそんなに新しい店だったとは!)と白根店&新発田店(国道7号沿いにできるもよう)の開店記念で、8/20-23の間は「なおじろう」300円サービスを本店でのみやるらしい(今さら書いても無意味だが)。

新潟市中央区上所3-1-28
木休 11:30-14:30(土は-15:30) 18:00-23:30LO(土は17:30-)
   日祝11:30-21:00LO※中休みしていることもあり

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

膳 丸山店

【226】膳 丸山店(新潟市江南区) ⑤ 18:25
自然塩らーめん 600円 + ちゃーしゅー飯 300円

「来味 大形店」に「ハマグリの塩らぁ麺」目当てで行ってみたのだが、「ハマグリの仕入れの都合により本日は休止」との貼り紙が。。。
これまでだったら、代わりに「油そば」あたりで手を打つところなのだが、今や「なおじ」の「なおじろう 油そば」の虜になり中なので、その気にもなれず、当初予定していた塩ラーメンにこだわって、少々遠いのを承知のうえでこの店に。

190818zen_2「自然塩らーめん」はいつもどおり満足できた。
そして、今回初めてオーダーしたのが「ちゃーしゅー飯」。
チャーシューがゴロゴロ載っていて、その上に紅ショウガ、刻みのり、辛味噌?が。まずチャーシューのボリュームに圧倒されるし、味的にも満足できるものだったのだが、私の希望としては、チャーシュー半分でいいから200円で提供してもらえたらと。

新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

こだわりらーめん 勝吉(しょうきち)

【225】こだわりらーめん 勝吉(しょうきち)(新潟市南区) ① 12:20
ワンタンメン 550円

「なおじ 白根店」に向かったのだが、入り口付近でグループ客が複数待っていて、その交通整理もままならない状態のようだったので、何分待たされるかわからないと思い、断念。
そこで、「なおじ」と同一敷地内にある「勝吉」の方に初めて入ってみた。
メニューはシンプルなラーメン類に加えて、ラーメンと丼物のセットや定食等ご飯物も充実した印象。

オーソドックスな「醤油ラーメン」にしようかとも思ったが、結局同じ550円の「ワンタンメン」を選択。(なぜ同料金なのかというと、「醤油」だと何枚か入るチャーシューが「ワンタンメン」だと1枚に減って、その分ワンタンが入るもよう。)

で、こちらが「ワンタンメン」。
190817shoukichiまず、思い切り醤油色のスープは、「青島」のようにショウガが効いていたり、あるいは煮干が効いていたりというわけではなく至ってシンプル&あっさり。
具もワンタン数個の他にはチャーシュー1枚にメンマ、白ネギと最小限で、麺もやや細めのシンプルな麺。
以上のとおり店名のサブタイトル「こだわりらーめん」に関しては、どこにこだわっているのか?とツッコミたくなるのは事実。

以上のように書くとあまり評価していないように見えるかもしれないが、インパクトはないというだけでおいしくないというわけではないし、ワンタンの数量を考えるとコストパフォーマンスは◎、さらにセット物も充実している点も考え合わせると、少なくとも「なおじ 白根店」混雑時の代替として再訪する可能性は十分にある。

新潟市南区上塩俵1761-1
無休 11:00-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

猪や

【224】猪や(新潟市中央区)(32) 12:10
にぼしつけめん730円 + 猪や飯100円

190816inoya依然として「にぼしはどこに行った?」状態だが、それでもおいしい。
あと、H19.8.8分で、「暑い時にスープ割をすると最後に暑い思いをするので控えようかな」という趣旨のことを書いたが、この店の場合特に「スープ割で締めてなんぼのもの」と思うぐらいスープ割後もおいしいので、結局いつもどおりスープ割もしてもらった。

新潟市(中央区)信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-22:00(夏季-23:00)

| | コメント (0)

2007年8月15日 (水)

にしやま

【223】にしやま(新潟) ⑥ 14:15
岩のりらーめん 750円

※写真はかなりブレてます。ほぼ一面岩のりなので、これでも大体の感じはわかるとは思いますが。。。

190815nishiyamaお盆だし、「やってる店ならどこでもいいや」ぐらいのつもりで市内を徘徊した結果、この店に到達。
約1年半ぶりの訪問となったが、それでも6回目だし、この回数の外でも以前の新潟勤務時(数年前)にも何度も来ていたので、正味の訪問回数はゆうに10回を超えるものと思われる。

太麺に背脂ということで、方向性としては燕三条系なのだろうが、タマネギは入っておらず、背脂のインパクト以上に煮干が強烈というのが以前の印象だったのだが、どうもそれ(煮干)が弱まって、個性が薄れているように感じられる。
まあ、岩のりらーめんにすると、これでもかというぐらい岩のりが載って、それはそれで食べ応えのある一杯にはなるのだが。

それから、量と値段(学割あり)と立地の関係で、今でも学生には絶大な人気を誇っているようで、お盆の時期の中途半端な時間帯でもお客さんが10名以上(私以外はすべて学生)入っていた。

新潟市中央区学校町通3-484-1
月休 11:00-15:00  17:30-23:00(日祝-21:00)

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

昔食堂 なおじ

【222】昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ⑲ 13:50
なおじろう 油そば 並 650円

先日(H19.8.12)の予告どおり、さっそく「油そば」を再食したくなって訪問。
前回は欲張って大盛を頼んで、一杯一杯になったので、今回は並に。

190814naojiそれでも300gと普通の店の普通のラーメンの倍ぐらいはあるし、とにかく野菜が山盛りなので、見た目は「これでも並?」といった感じ。
ちなみに、一味唐辛子がかかっているのは、デフォルトではなく、卓上にあったものを私がかけたもの。前回は「油そばにはラー油」という常識にとらわれてラー油にしたが、やはり「二郎」系で辛味がほしければ一味というのは定番?のようだ。

それから、前回「二郎系で油そばを食べたことはなかった」と書いたが、なんとなくデジャブー感もあったので、よくよく記憶をたどってみたところ、「諭吉@代々木(東京)」という店で食べたことがあったことが判明。店名はそれっぽくないが、「コール」も含めてメニューやシステムは「二郎」そのものの店で、結構繁盛していたのだが、採算以外の「大人の事情」により短期間で閉店した私の中での「幻の名店」だった。

新潟市中央区上所3-1-28
木休 11:30-14:30(土は-15:30) 18:00-23:30LO(土は17:30-)
   日祝11:30-21:00LO※中休みしていることもあり

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

【221】忍(新潟市西区)② 12:20
つけ麺 750円

以前、店の前を通りかかった時に目についた「つけ麺始めました」の貼り紙に惹かれて訪問。
出てきた「つけ麺」はこちら。

190813shinobuまず麺は見た目の色合いも形状も手打ちそばっぽい感じで、それに大葉?(いかにも苦そうな感じだったのでよけて食べた)が載っている。
一方つけダレの方にはメンマ、刻みチャーシュー、岩のり、白ネギ、白ゴマ等が浮かんでいて、別皿で温泉玉子がつく。

感想としては、まず麺はモサモサしていてちょっと残念な感じ。かんすいや玉子をあまり使っていないので黄色っぽくなく、それゆえコシがあまりないのかなとも思うが、あくまでも素人考え。
そして、つけダレの方はやや甘み(苦手)も感じられるが、とりあえず許容範囲。ただ、燕三条系を売りにしている店なのだから、つけ麺の場合も背脂ギットリのつけダレにしてみても面白かったのに…とこれも素人考え。
つけダレに岩のりが入っていたり、別皿の温泉玉子(あまり合うとは思えないが)、そして特徴的な麺とかなり工夫を凝らそうとしてはいるようだが、残念ながら今ひとつ効果をあげていないような。。。
でも、もう一工夫すればという気もするので、再食の可能性も無しではない。

新潟市西区小針7-?-?
水休  11:00-14:30 18:00-21:00

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

昔食堂 なおじ

【220】昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ⑱ 12:45
なおじろう 油そば 大盛 650円

※携帯忘れたので、写真無し。まあ、見た目は「なおじろう」とほぼ一緒(スープがないだけ)だし、近日中にまたこのメニューを食べに来ると思います(→H19.8.14参照)。

ネットで「なおじろう」の汁無しバージョン=「油そば」が出たと知り、それ目当てで。
「清涼麺」というのも出ていたが、こちらは私の苦手な梅しそ風味だし、ボリューム的にも「油そば」の半分程度ということで、どちらかというと女性を意識したメニューか。

で、私は予定どおり「油そば」を大盛(並みと同料金)で。
出てきた「油そば」は、※にも書いたとおり、山盛りのキャベツ、もやしに背脂がふりそそがれていて、スープが無いという点を除けば、ビジュアル的には「なおじろう」とほぼ一緒。
普通の油そばだと、出てきた後にかきまぜてタレを麺になじませることになるのだが、そんな↑状態なので、かきまぜるのは困難。だが、あらかじめ野菜を山盛りにする前に十分麺にタレをからめてあるらしく、かきまぜずに食べ進んでいっても、問題ないというか十分においしい。
400gという麺のボリュームに圧倒されて最後は少し飽きがきたので、ラー油を入れて味を変えて完食。
あえて難をいえば、「肉」が極めて小さいもの2切れだけと淋しかった点ぐらいか。

「二郎」系で油そばを食べたことはなかったが、ジャンキーな味付けとこの麺の組み合わせは、まさに油そば向きで、一気に新潟の油そば(数は少ないが)でMyナンバー1に躍り出たので、近日中の再食は必至。

新潟市中央区上所3-1-28
木休 11:30-14:30(土は-15:30) 18:00-23:30LO(土は17:30-)
   日祝11:30-21:00LO※中休みしていることもあり

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

ぴかいち

【219】ぴかいち(新潟市江南区)⑪ 11:20
つけ麺 682円

この店では背脂ミンチプカプカの「ぴかいちめん」ばかり食べていたのだが、今日は暑かったこともあって初めて「つけ麺」を。
こちらもつけダレに背脂プカプカを期待していたのだが、残念ながら至って優しい味わいの和風のつけダレに細麺ということで、私の口には合わず。
私の場合、この店では「浮気」をせずに「ぴかいちめん」一筋でいくべきなようだ。

新潟市江南区川根町4-14-20
金休 11:00-14:30 17:30-22:00

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

小池横丁(三条市)

【218】小池横丁(三条市) ① 13:05
にんにく味噌ラーメン 800円 + ゆで玉子 無料

午後から休みだったので、少し足を伸ばして三条まで遠征。
この店の看板メニュー?と思われる「にんにく味噌ラーメン」を。

190810koike濃厚な味噌味のスープに、もやし、青ネギ、コーン等の野菜とチャーシュー。そしてなんといっても目を引くのが大量のフライドガーリック。
翌日が休みでなければなかなか食べる勇気が湧かない代物かもしれないが、濃厚味噌味と強烈ニンニクのタッグはやみつき度高し。
これでスープやニンニクに負けないような太麺だったらいうこと無しなのだが、麺がちょっと弱いのは残念。
でも、ゆで玉子の無料サービスもポイントが高いし、近くにあれば通いたくなる店かもしれない。

三条市下須頃字八枚田202-1
水休 11:00-21:30

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

麺や 来味

【217】麺や 来味(新潟市東区) (23) 18:55
油そば 並 650円 + 卵黄シングル 50円 + もやし 50円

前回(H19.5.25)までの反省に立って、今日は欲張らずに「並」で。

190809raimiトッピングも含めて、今日の組み合わせが私にとってはBESTなようで、非常に満足できた。

あとは、「油そば」の定番メニュー化を祈るのみ。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (3)

粋竜

【216】粋竜(新潟市西区) (30) 12:10
とりそば(塩)600円

「とりそば」。

190809suiryuu過去2回(H19.6.26&7.24)はあったプラスワンのトッピングが今回は無かった。残念。

新潟市西区善久627-1
無休 11:00-14:30 17:30-22:30LO(水は昼のみ)

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

茉莉蔵(まりぞう)

【215】茉莉蔵(まりぞう)(新潟市中央区) ⑩ 時刻不明
味噌つけめん 730円

※同僚と一緒のため写真撮影自粛

飲み会が比較的早く終わり、まだこの店が開いていたので、皆で立ち寄り、ビールを飲みながらつけめんを。

新潟市中央区米山2-9-7
不定休 11:00-14:00(土日祝-15:00)  18:00-23:00(日祝は昼のみ) 早仕舞いあり

| | コメント (0)

越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家

【214】越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 (新潟市中央区)⑯ 12:10
温つけ麺 醤油味 中盛り 840円

16回目という訪問回数が示すように以前は足繁く通っていたのだが、昨年の10月以来の訪問となった。これだけ間隔があいたのは、特に理由は無いのだが、しいていえば少し飽きがきたのか?
この店ではほぼ毎回オーダーしていた「温つけ麺 醤油味」を。

190808mujinzouまず最大の特徴は、無かんすいで「柿ポリフェノール」をつなぎに使ったという麺。かんすいを使っていないのにこれだけコシがあるとは「すごいぞ!柿ポリフェノール」といった感じ。
つけダレの方には、大きめに切った白ネギ、千切りのなると、白菜、青ネギ等の野菜中心の具が浮かんでいるが、肉系が乏しいのはやや物足りない。
でも、店の能書きどおりそのまま食べてもおいしい麺だけでも再食の価値十分。
最後にスープ割りをしてもらったのだが、せっかく涼しさを求めてつけ麺を食べても、最後に熱々のスープ割りを飲んでしまうと意味がない・・・ということに最近気づきつつあったりする。。。

新潟市中央区女池上山1-5-15
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

竜胆(りんどう) 

【213】竜胆(りんどう) (新潟市東区)⑱ 12:30
つけ麺 醤油味 750円

この近辺に所用があったので、2日前に続いてこの店に。
今日は「つけ麺 醤油味」に。

190807rindouちなみにこの店のつけ麺にはゴマ味もあるのだが、いつも無難な線で醤油味にしているが、1度はゴマ味の方も試してみたい。
麺はこの店自慢の太麺で、つけダレには三つ葉と刻みネギが浮かぶ。
具はチャーシューに玉子焼き、ほうれんそう、メンマ、なると。
つけダレはしょっぱさや辛さが立っていて、あまり風味を感じられず。
この店の麺ならばもっとおいしいつけ麺ができそうなのにちょっともったいない感じ。
それでも、また食べたいと思わせるレベルではあるのだが。

新潟市東区粟山4-33-1
月休 11:00-14:30  17:30-21:00

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

夷霧来(いむら)

【212】夷霧来(いむら)(新潟市西区) ⑭ 12:20
鰹つけ麺 700円 + 煮玉子100円→0円(サービスクーポン)

暑かったので、つけ麺を食べたいと思い、つけダレの甘さに目をつぶってこの店に。

190806imuraやはり花鰹のおかげで許容範囲ではあったが、甘さは鼻につく。
これも夏季限定で出している「冷やしたぬきらぁめん」も気になった。

新潟市西区寺尾朝日通16-20
無休 (11:00-24:00→)変更

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

竜胆(りんどう) 

【211】竜胆(りんどう) (新潟市東区)⑰ 19:20
ベジ味噌らーめん700円

「ベジ味噌らーめん」

190805rindou以前は「サッポロ味噌らーめん」という名前で出していたものと同じと思われる。
キャベツ、もやし、キクラゲ、ネギ等の野菜と刻みチャーシューを炒めたものが載った味噌ラーメン。
この店自慢のムチムチした太麺と濃い目の味噌味スープがよくマッチしている。

あと、こちらは娘が食べた半チャーハン(300円)とりんどうミックス(餃子・500円)。

190805rindou2半チャーハンの方は、パサパサした感じであまり娘の口に合わなかったようだが、餃子の方は、特製のタレがかかった「竜胆餃子」の方が特においしかった。
「らーめんとぎょうざの店 竜胆」と名乗っているだけあって、力が入っている。

新潟市東区粟山4-33-1
月休 11:00-14:30  17:30-21:00

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

★H19上半期総括

★H19上半期総括

たいへん遅ればせながらH19上半期(1月~6月)の総括を。
まずH19上半期に食べた176杯の内訳は、
醤油78 塩40 味噌12 豚骨10 つけ麺25 その他11
醤油が4割強で次いで塩というところまではH18と一緒だが、塩と並んでいたつけ麺が少ないのは季節的なもの(夏季を含まない)か。

続いてH19上半期訪問回数BEST5だが、

①浦咲 12
H18に続く1位。2位以下を大きく引き離しており、当分この地位は不動か?
「特別潮」「焼きあご塩」の「2トップ」に「つけ麺(味噌)」もお気に入りメニューの仲間入りを果たして、さらに選択肢が広がっている。

2位は8回で3店が並んだ。

②風の味 らーめん GOIN GOIN 8
開店して約1年の新店。
富山系の「中田ブラック」の登場により一気に訪問回数がUP。
気に入っていた「魚介辛味噌鳥豚骨らーめん」が無くなった(or季節限定?)のは残念だが、「和風」のおいしさも再認識したし、今後も訪問回数は上向き↑か。

②塩館 8
こちらも開店して半年強の新店。
塩ラーメン専門店ということで、メニューの幅が狭い中で健闘している。
近辺に「三吉屋」「青島」をはじめとするライバル店も多いが、この店だけが駐車場を備えているのもポイントが高い。

②昔食堂 なおじ(本店+白根店) 8
土日限定で本店に行っていたのだが、白根店の開店により平日にも行くようになって訪問回数UP。
「なおじろう」だけでなく、意欲的に期間限定メニュー等も続々とリリースしているので、目が離せない。

続いて、5位も並んで2店。

⑤あきんど 7
「あっさり」「こってり」「味噌」の3本柱がいずれもおいしいので、訪問回数が伸びている。
今後も飛躍的に訪問回数が増えることはないだろうが、安定して通い続けるものと思われる。

⑤来味(大形店) 7
2ヶ月交代の期間限定メニューがほぼ「外れ」なしなので、定期的に行きたくなるうえに、新潟では貴重な「油そば」も加わって(提供期間未定だが)、訪問回数がUP。

次いで訪問回数6回の店も3店あり、2位以下は大混戦の様相。
ちなみに、H18のBEST5と比較すると、2位以下はすべて入れ替わっており、別格の「浦咲」を除けば、やはり「飽き」による訪問頻度の低下は、不可避な面もあるようだ。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

六厘舎(東京)

【210】六厘舎(東京・大崎駅)② 15:25
つけめん750円 + 海老玉150円

 携帯サイト上の情報により、比較的すいているらしい営業時間後半の時間帯を狙って訪問。
 8人待ちだったが、11人(たぶん)が1ロットの総入れ替え制なので、1ロット待てばという状況だったものの、それでも食べ始めまでに30分。どうやら、回転が遅いのも大行列店になっている一つの要因のようだ。

 で、出てきたつけめんがこちら。

190803rokurin歯応え十分で、そのまま食べてもおいしい極太麺がまず◎。
 そして、つけダレの方も濃厚な豚骨に魚粉がたっぷり。でも、魚粉だけに頼らずに様々な濃厚な風味が合わさって、それでいて絶妙のバランスを保っているところがすごい。
 具の方は、刻んだチャーシューにネギ、メンマ、なると等。ネギの刻みが大きめなのは、濃いつけダレに負けないためか。
 あと、追加トッピングの海老玉はしっかり海老の味が染みこんでいておいしい。150円はちょっと高い気もするが。
 最後のスープ割りはそのまま全量を割ると濃すぎるor多すぎるので、半分ぐらいに減らしたうえで出してくれたので完飲したかったところなのだが、総入れ替え制ゆえのプレッシャーに負けて、少し残した。

 総合的な感想としては、おいしいことはおいしい。というか、味に関しては非の打ちどころなし。
 あとは、すいている(と思われる)時間帯でも30分待ちという待ち時間の長さ。同様のつけ麺の有名行列店@川越とどちらに並ぶかと言われたら、私の場合は迷わずこちらなのだが。

東京都品川区大崎3-14-10
火休 11:30-16:30(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【209】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)⑱ 12:15
味玉らーめん690円 + カレーライス(サービスクーポン)

この店の場合、「らーめん」は豚骨醤油で、「和風」は魚介系が効いている。
最近「和風」のおいしさを再認識したところではあるが、今日は元々気に入っていた「らーめん」の方を。

190802goin「らーめん」と「和風」の相異点だが、まず麺が「らーめん」の方が太くて、スープは上述したとおり。
具は、チャーシュー、ほうれんそうが共通で、「らーめん」だとこれにもやしと辛味噌が加わるのに対して、「和風」だと穂先メンマ、焼きのり、なるとが加わる。
比較すると、麺に関しては太麺好みの私としては「らーめん」の方が○だが、魚介系、そして穂先メンマという点でスープと具に関しては「和風」に軍配が。
というわけで、どちらも甲乙つけがたいし、さらに「中田ブラック」もあるので、今後も訪問頻度は上がりそう。

190802goin2ちなみに、店の携帯サイトの会員に配信されるクーポンで無料だったのがこちらのカレー。
これ(携帯クーポン)も訪問頻度UPの要因になりそう。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

浦咲

【208】浦咲(新潟市西区) (47) 12:10
特別潮らーめん 890円

いつもの店でMy定番メニューを。

190801urasakiとはいうものの、この店の場合、My定番メニューが複数あるので、実は2ヶ月ぶりだったりする。

◎BLOGを始めて半年以上経過し、同じ店の同じメニューを繰り返し食べるケースも増えてきているので、今後は、新店や新メニューは別として、それ以外の場合には、無理にコメントを付けずに、本日並みか場合によっては写真のみでコメント無しの日も出てくるかもしれません。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »