« 集来(東京)  | トップページ | 浦咲 »

2007年8月28日 (火)

黒味噌らーめん 初代 けいすけ(東京)

【240】黒味噌らーめん 初代 けいすけ(東京・本郷三丁目駅) ①
18:00
黒味噌ラーメン700円 + 特大穂先メンマ200円 + サービスライス

東京出張帰りにもう1軒ということで、インパクトのあるラーメンを求めてこの店に。
看板メニューの「黒味噌ラーメン」に加えて、穂先メンマ好きなのでつい手を出した「特大穂先メンマ」とサービスのライスを。

190828keisukeまず目をひくのが、木炭等により真っ黒なスープ。辛め(山椒等がメインらしい)&しょっぱめのスープで、食べているうちに味噌だかなんだかわからなくなってくるが、不思議と中毒性がある。
焦がした黒い何かが浮かんでいるので、「五行@西麻布(東京)」の焦がし味噌ラーメンを彷彿とさせる面もある。
麺については、新潟にはかつて木炭を練りこんで黒くした麺を使った味噌ラーメンを出す店があったが、こちらは麺は普通。
具は、生クリーム?(ビジュアル面の効果を狙ったもので、味的には存在感無し)をあしらったチャーシューに斜め切りの白ネギと糸唐辛子等。
中では、結構量がある糸唐辛子が辛さに追い討ちをかけている。
そしてスープには大量の炒めたひき肉とタマネギが。特に、ひき肉は辛め&しょっぱめのスープの中でよい「中和剤」になっていると思う。

それから、追加トッピングの「特大穂先メンマ」が抜群!写真には全容が入りきれないぐらい大きかったのだが、大きさよりも「メンマってこんなに柔らかい(柔らかくなる)のか?!」と思わせる仕上がりで、200円でも決して高くないと感じた。
最後に、サービスのライスをスープに浸して食べるとちょうどよい口直しに。

というわけで、好みの分かれる個性的な一杯ではあるが、私にとってはかなり病みつき度の高い一杯になりそう。

ちなみに、最初冷房のききにくい暑い場所で汗だくになって食べていたら、「涼しい場所に移られますか?」の一言が。「二代目(「二代目 けいすけ@高田馬場(東京))がどうのこうの」という雑談をしていたので、店主又は両店をまたにかけるベテラン店員さんならではの対応なのかもしれないが、ありがたい心配りだった。

文京区本郷5-25-17
日祝休 11:00-23:00

|

« 集来(東京)  | トップページ | 浦咲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集来(東京)  | トップページ | 浦咲 »