« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家

【31】越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 (新潟市中央区)⑲ 12:05
スパイシー伽麗らーめん 840円 + サービスライス

前回(H20.1.17)訪問時に気になった「スパイシー伽麗らーめん」目当てで訪問。
出てきたのはこちら。200130mujinzou
麺は太麺・細麺から選べるが、太麺好きなので、前者を選択。
スープは、程よい辛さのカレー味で、カレーが強すぎたり弱すぎたりすることな
く、カレーラーメンとして絶妙のバランスを保っているように感じた。
具は、鶏の唐揚げ×2と味玉半分、なると、ピーマン(緑・赤)、刻みトマト等。
一見、奇をてらっているように思われるトマトが意外とカレー味のスープに合っているし、基本的には苦手なピーマン(緑)の苦味も、むしろよいアクセントになっていると感じられた。
あと、カレー味の染みこんだ鶏唐揚げは、カレーラーメンの具としてはともかく、サービスライスのおかずとしておあつらえ向きということで、ライスがサービスになるランチタイムに特に真価を発揮する一杯と思われる。
ちなみに、麺に関しては、スープとの相性という点では、細麺の方が合っているような。

新潟市中央区女池上山1-5-15
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【30】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)(30) 12:10
和風らーめん 630円 + ぎょうざ(クーポンサービス)

200129goin昨年は22回も訪問したこの店だが、今年は本日が初めて。
これはこの店の携帯会員限定クーポンサービスの「反作用」(クーポンサービス目当てで訪問する習性が身についたため、クーポンサービスが無い期間には行く気が薄れる)もあると思われる<ぜいたくな話ではあるが。

新潟市(南区)大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

肉バンク by 昔食堂 なおじ

【29】肉バンク by 昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ④ 12:15
鬼濃厚ガツンつけ麺 750円

前回(H20.1.18)訪問時の情報から、そろそろ「醤油」を始めているはずということで訪問。
が、店主いわく「つけ麺の方がお勧め」とのことだったので、そちらに。200128nikubank

以前「なおじ」本店でもリスペクト(他店の模倣系)メニューとして「東京系つけ麺」を出していたが、まずなんといっても麺が違う。
多加水なので、つけダレの吸い込みはよくはないのが、かなり幅広の平打ち麺で、麺の表面積が広い点がそれを補っているように思われる。
そしてつけダレも、「東京系つけ麺」の時には、魚粉が別皿で供されて、完全に「別物」だったのだが、こちらも魚粉を多用してはいるものの、それが濃厚なつけダレと一体となっていて、より洗練されているように感じた。
具は麺の方に牛肉や白髪ネギ、そして変わったところでキクラゲ。
そして、つけダレに玉ネギが浮いているのは、濃厚なスープ・つけダレの相性という点で、私の好みに合うところ。
ちなみに、平べったい鉄製の急須?で出される熱々の割りスープは、透明度が高くて、かなり薄味。
このあたりは、濃厚なつけダレを濃厚な割りスープで割る「とみ田@松戸(千葉)」とは好対照だが、「口直し」としては、こちらのように薄めのスープで割った方が私の口には合う。

というわけで、「衝撃度」という点では「あえそば」に及びないが、東京の「TETSU」「とみ田」という人気店でつけめんを食べた直後であるにもかかわらず、十分満足できたのだから、たいしたもの。
新潟市中央区米山2-9-4
木休 11:00-14:30(ラーメン営業)

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

中華蕎麦 とみ田(千葉)

【28】中華蕎麦 とみ田(千葉・松戸駅) ①
つけそば(300g) 700円

以前は「大黒屋本舗」という名前で、昼は大勝軒系、夜は二郎系のラーメンを出していた店で、「大黒屋本舗」時代に夜の部には来たことがあった。
「とみ田」になってからは、大勝軒系のみになり、しかも大幅にパワーアップしているとのことで、携帯のラーメンサイトの人気投票でも2007年はぶっちぎりで№1。
行列は覚悟のうえで訪問したのだが、案の定17名待ち。
が、食べ始めまでに40分ということで、太麺で茹で時間がかかることやボリュームがあって食べるのに時間がかかることを考慮すれば、意外と回転はよい方かもしれない。

食べたのは「つけそば」。200125tomita
まず目をひくのが、表面が泡立ったつけダレ。
濃厚な豚骨&魚介系という点では、同じくつけ麺の行列店「六厘舎@大崎」が思い起こされるが、あちらは魚粉ザラザラでどちらかというと「粗い」感じがするのだが、こちらはこの泡立ちゆえに、実にまろやかな感じ。どちらがより私の口に合うかといえば後者。
具はチャーシュー、なると、焼き海苔、長ネギ等オーソドックスながらボリュームあり。
麺もオーソドックスなストレートの太麺ながら、モチモチしていて歯ごたえがあり、つけダレとの相性もバッチリで、300gというボリュームを全く感じさせない。
ちなみに、スープ割りも迫力満点で、割りスープを足した後の方がむしろ粘度は増しているのではないかと思われるぐらいねっとりしていて、しかも、刻みチャーシューが大量に投入されるので、具沢山。
ただし、つけ麺を食べた後の「口直し」としては、ちょっと重過ぎる気もしないでもないが。

個人的な好みでいえば、麺だけをとれば、昨日の「TETSU」の方が私は好きなのだが、つけダレがズバ抜けて秀逸なので、トータルで考えれば、行列の長さを考慮しても、こちらを選びたい。

松戸市松戸1339
水休 11:00-19:00(スープ切れ終了)

| | コメント (2)

○心(まごころ)厨房(東京) 

【27】○心(まごころ)厨房(東京・木場駅) ①
五味潮そば 750円

携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー目当てで初訪問。
で、こちらがその限定メニューの「五味潮そば」。200125magokoro
ベースとなる塩味(1)のスープに、ラー油(2)とマー油(3)が加わり、さらにネギの下にある味噌(4)を溶かし込んで味を変え、最後に別皿で供されるメンマの上に載った魚粉(5)でまた味を変えて5つの味を楽しむという趣向。
この趣向が見事に功を奏している。
これだけ様々な味を重ねていくと、普通は一つの味が突出してしまったり、一つぐらいあまり口に合わない味があったりするものだが、ラー油は辛すぎず、味噌も不思議と塩と調和するし、最後の魚粉もそれまでの4つの味に負けずに、それでいてでしゃばりすぎずということで、実に絶妙なバランスを保っている。
これまでに食べた携帯サイト会員限定メニューの中でも1,2を争うぐらい口に合ったので、できれば期間中にもう1回食べたいところなのだが(そうそう東京に行く機会があるわけではないので、無理っぽいが)。

ここまでスープのことばかり書いてきたが、麺ももっちりした太麺でおいしい(というかこの重層的なスープに負けずに存在感を出しているのだから、麺も只者ではない)。
具は白髪ネギ&焼き海苔、そして別皿でチャーシュー、小松菜、メンマwith魚粉。
レギュラーメニューも評判がよいようだし、私にとって行きにくい場所にはあるが、是非また訪問したい1軒に。

江東区東陽1-25-6
日祝休 11:00-23:00

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

黒味噌らーめん 初代 けいすけ 品川店(東京)

【26】黒味噌らーめん 初代 けいすけ 品川店(東京・品川駅) ①
黒味噌ラーメン 730円

「品達ラーメン」での2軒目は、本郷三丁目に本店がある「初代けいすけ」。
こちらは1人待ちだったのだが、回転があまり早くなくて、食べ始めまでに15分強の待ち。
本店にはなかった「ブラックカリーメン」にも心が動いたが、やはり本店で食べてH19.8.28)大満足だった「黒味噌ラーメン」に。
「黒味噌ラーメン」自体の価格が本店よりも30円高いうえに、本店ではサービスだったライスがこちらでは有料なので、実質的には100円以上の価格差。テナント料の関係でやむをえないのかもしれないが。

食べてみての感想としては、しょっぱい。。。
本店の「黒味噌」もしょっぱいことはしょっぱいのだが、その時のブログにも書いているとおり、大量に入っているひき肉がよい「中和剤」になっていたのに対して、こちらのはひき肉が明らかに少なくて、「中和」されず…
さらに、「口直し」のライスもサービスではなかったため、頼んでいなかったので、しょっぱい後味のままに店を出ることに。

という訳で、私としては、「初代けいすけ」の「黒味噌ラーメン」の本来のおいしさを味わうためには、本郷三丁目まで足を伸ばすべしと感じた。

| | コメント (0)

つけめん TETSU(てつ) 品川店(東京)

【25】つけめん TETSU(てつ) 品川店(東京・品川駅) ①
つけめん 750円

品川のラーメン複合施設「品達ラーメン」に、昨年12月に新たに出店した2店を目当てに訪問。
到着してみると、以前は大行列を誇っていた「なんつっ亭」は店外には行列は見当たらず、逆にお目当ての新店2店は行列あり。
まずは、千駄木に本店がある「TETSU(てつ)」の方に並ぶ。
6人待ちだったのだが、極太麺で茹で時間がかかるせいもあってか、食べ始めるまでに20分以上の待ち。
食べたのは、店名の冠にも表れているとおり看板メニューの「つけめん」。
出てきたのはこちら。200124testu_2
まず平打ち気味の極太麺が目をひく。
麺がおいしそうなつけ麺の場合、まずつけダレにつけずに麺を食べてみることが多いのだが、ここでもその例にならって一口。
やや硬めの茹で加減の極太麺の食感がすばらしく、思わず2本、3本とつけダレ無しで食べることに。
この麺の歯ごたえは、新潟だと「いなば@西区」を彷彿とさせる。
つけダレの方は、最近の東京ではトレンドと思われる濃厚な動物系+魚介系に魚粉。
具はチャーシューにメンマ、白ネギ等。
ちなみに、スープ割り時に焼き石を投入して熱くしてもらえるサービスもあり。

全体的な感想としては、麺がすばらしい!
つけダレは普通においしいという感じなので、あとは行列さえなければという感じか。
あと、前述した「いなば」でもそうなのだが、これぐらい歯ごたえのある麺ならば「あつもり」(「TETSU」の場合プラス10円になるのだが)にしても麺がダレる心配は無く、おいしく食べられるものと思われる。

港区高輪3-26-20「品達ラーメン」内
無休 11:00-23:00

| | コメント (2)

茉莉蔵(まりぞう)

【24】茉莉蔵(まりぞう)(新潟市中央区) ⑪ 12:20
醤油らーめん 630円

不定休なのと早仕舞いが多いので、何度もふられた結果、久々(約5ヶ月ぶり)の訪問に。
私の場合、この店では「味噌つけ麺」が定番なのだが、今日は久々に「醤油」を。200124marizou
「動物系と魚介系が調和したスープ」(メニューの記載より)に中太麺。
具はチャーシューにメンマ、なると、長ネギ、万能ネギ。
感想としては、「塩」を食べた時(H19.6.19)にも書いたのだが、スープがちょっとしょっぱいかなと。
ドロッとしていて濃厚なのはよいのだが。

新潟市中央区米山2-9-7
不定休 11:00-14:00(土日祝-15:00)  18:00-23:00(日祝は昼のみ) 早仕舞いあり

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

めん屋 いなば

【23】めん屋 いなば(新潟市西区)⑩ 12:15
濃厚和風とんこつラーメン650円

この店に行くときはいつもラーメンにするかつけ麺にするか迷うのだが、今日は久々にラーメンの方に。200123inaba
今日も7,8割のお客さんの入り。
これぐらい混んでいると、極太麺で茹で時間もかかるだけに出てくるまでに約15分。
接客のよさも考え合わせれば、許容範囲内の待ち時間ではあるのだが。

新潟市西区大野186-1
無休 11:30-15:00 17:30-22:00(金土-23:00)

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

新潟ラーメン なごみ

【22】新潟ラーメン なごみ(新潟市中央区) ④ 12:10
新潟ラーメン 550円 + ラー茶漬けセット 150円

今日はこの店のグランドメニューである「新潟ラーメン」に「ラー茶漬けセット」を付けてみた。
200122nagomi透明度の高いあっさり系のスープは、そのままでもおいしいのだが、卓上の醤油ダレを少々追加すると、より私好みの味に。

                                                                 

あと、「ラー茶漬けセット」はこちら。200122nagomi2
ライスに三つ葉、ワカメ、刻み海苔、白ゴマ、それにワサビが付いてきて、これに
ラーメンのスープを入れて食べるという趣向。
単なるライスではなく、ちょっと一工夫というのはこの店らしい。

ちなみに、後から隣に座ったお客さんがラーメンの写真を撮り、携帯でメモをとっていたので、どうやら「同好の士」だったようだ。

新潟市中央区東幸町15-26
木休 11:30-15:00 (土日祝11:30-21:00)

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

あきんど

【20】あきんど(新潟市西区)⑱ 12:10
味噌ちゃーしゅうめん 950円

寒い日は味噌ラーメンを食べたくなるということで、今日は「味噌ちゃーしゅう」に。200121akindo
ちなみに写真の一味唐辛子はデフォルトでかかっているものではなく、私がかけたもの。
多めに唐辛子をかけるとよいアクセントになって、よりいっそうおいしくなるように思う。

新潟市西区寺尾西2-2-3
火休 11:30-14:30

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

三咲屋

【19】三咲屋(新潟市東区) (29) 11:10
塩らーめん+半チャーハンセット 780円

例年だとそろそろ冬季限定のカレーラーメンを出している時期なので、それを期待して訪問したのだが、提供しておらず。
今年はやらないのか?

なので、いつものセットを注文。200120misakiya
ちなみに店を出る頃にはほぼ満席になっていたが、子ども連れのお客さんが多いのがこの店の特徴。
うちの子どもが新潟市内のラーメン屋で1番気に入っているのもこの店なので、子ども受けする味なのだろう。

新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

昔食堂 食事処 なおじ 白根店

【18】昔食堂 食事処 なおじ 白根店(新潟市南区)⑩ 19:45
なおじろう 油そば 大盛 819円

子ども連れで訪問。200119naoji
次女はいつもどおり「お子様ラーメンセット」だったが、長女は「油そば」を食べてみたいということだったので、麺の量400gの大盛にして私と分け合うことに。
が、2人で分け合っても多かった。
昨年(H19.8.12)本店の方で初めて食べた時には、1人で大盛をたいらげたものだが。
トシのため日々食欲が減衰しているせいもあるのかもしれないが、どうも白根店の方が脂が多めのような気がするのと、本店のように唐辛子等の辛み系調味料が卓上に置かれていないので、途中で味を変えることができず、後半飽きてくる面もありそう。
ちなみに長女の感想も「最初はおいしかったけど、飽きてきた。」

しかしながら、味見をした次女が「今度来たらこれを食べたい」と言っていたので、次回は3人で「油そば 大盛」か。
(昔懐かしい「一杯のかけそば」状態になってしまうが。。。)

新潟市南区上塩俵1761-2
無休 11:00-LO15:00 17:00-LO22:30(日祝11:00-LO21:30)

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

肉バンク by 昔食堂 なおじ

【17】肉バンク by 昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ③ 12:25
麺のための塩味合えそば 750円
新潟ラーメン博でも話題を呼び、カップラーメンの発売と同時に営業開始の「武吉兆(ぶきっちょう)」(「武蔵」「吉相(きっそう」「一兆」のコラボ店)に向かったものの店の外にまで10名規模の行列。
正直並んでまで食べたいというほどではなかったので、あきらめて笹出線を西下し、「肉バンク」へ。
メニューには「味噌」と「あえそば」と「醤油」と「つけ麺」の記載があるが、確認したところ、現在提供しているのは前二者で、来週後半ぐらいから「醤油」を始めようと思っているとのことだったので、前回(H20.1.8)食べて衝撃を受けた「あえそば」を再び。200118nikubank
わずか10日前に食べたばかりだというのに、その後も色々と試行錯誤を重ねているようで、まず器からして違う。
前回は普通の丼だったのが、中央部だけ底が深い不安定な形状の特殊な器に。
そして、トッピングも牛のかたまり肉から「なおじ」得意のカリカリチャーシューと牛スジ煮込み?に。
さらに前回はフライドオニオンだったのが、今回は焦げ焦げに揚げた何か(ぱっと見は煮干しでも揚げたのかと思ったが違っていた)に。
感想としては、とにかく麺がすばらしいので、今のままでも十分おいしい!もちろん、色々と手を加えてよりおいしくしようとしてくれているのはありがたい限りなのだが。

ちなみに、忘れてたのかサービスなのかわからないけど、写真を撮った後に味玉を半分載せてくれた。

新潟市中央区米山2-9-4
?休 11:00-14:30(ラーメン営業)

| | コメント (2)

2008年1月17日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家

【16】越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 (新潟市中央区)⑱ 12:10
温つけ麺 醤油味 中(255g) 840円

久々にこの店の野菜たっぷりのつけ麺を食べたくなって訪問。
「冬限定 スパイシー伽麗(かれー)らーめん」というのにもかなり興味を惹かれたが初志貫徹で「つけ麺」に。200117mujinzou
でも、「かれーらーめん」の方も、近いうちにランチタイムサービスのライス付きで試してみたい。
ちなみにこの「無尽蔵」は活発なチェーン展開により今では30店舗を超えているようだ。
チェーン店ではあっても、麺がこれだけしっかりしていれば、どの支店でもそれほど「外れ」をつかむことはないだろう。

新潟市中央区女池上山1-5-15
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

クマちゃんラーメン

【15】クマちゃんラーメン(新潟市中央区)⑨ 24:00?
コロッケラーメン(塩) ?円

※同僚といっしょだったため、写真撮影自粛
飲み会の締めで立ち寄る。
おやじさんと結構会話したように思うのだが、内容はほとんど覚えていない。。。

新潟市中央区米山2-9-13
休? 11:00- 「クマちゃんラーメン」
    17:00-25:00? 「やきとり 雛」(ラーメンも提供)

| | コメント (0)

浦咲

【14】浦咲(新潟市西区) (55) 12:05
特別潮らーめん 850円

200116urasakiここの「特別潮」はほぼ月一ペースでもうかれこれ20杯以上食べていると思うのだが、全く飽きがこないのだからすごい。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (3)

2008年1月15日 (火)

極一(ごくいち)

【13】極一(ごくいち)(新潟市中央区) ② 12:05
新潟地鶏極正油ラーメン 750円

今日はこの店のネックである駐車場があいていたので、久々に入店。200115gokuichi
食べたのは前回(H19.10.22)同様「極正油」。
このラーメンの最大の特徴であるあられ状のトッピング(あられに鰹節をまぶしたものという情報あり)はやはり存在感がある。
しかしながら、750円は高いという感想も前回と同様。

新潟市中央区愛宕3-10-4
無休 11:00-15:00 17:00-LO22:30(日祝はLO21:30)

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

めん屋 いなば

【12】めん屋 いなば(新潟市西区) ⑦ 11:40
濃厚和風とんこつつけめん 並(300g) あつもり 750円

子どもも結構気に入っていた「らのばR」が本日をもって閉店という残念なお知らせをネット上で見ていたのだが、その手前にある「いなば」の誘惑に勝てず、子ども連れでは初訪問。

200114inaba私は「つけめん あつもり」を食べ、次女は写真手前の「チャーシュー小丼」250円を。
「チャーシュー小丼」は、ボリューム的にはやや控えめなものの、具はチャーシューだけでなく、水菜、刻み海苔に加えて味玉も載っていてなかなか充実した一品。
次女は苦手な水菜を除いてあっさり完食。

あと、長女は「濃厚和風とんこつラーメン」を。
この濃厚なスープ&極太麺(ボリュームもラーメンとしては多めの200g)が子ども(小6)に受け入れられるのかやや不安な面もあったのだが、「おいしい」を連発しながら、あっさり完食。

ちなみに、私のつけダレをスープ割りしたものと「ラーメン」のスープを飲み比べてみたところ、明らかに「ラーメン」のスープの方が濃かった。
やはり、「ラーメン」のスープの濃厚さは、つけ麺のつけダレに近いレベルに達しているようだ。

新潟市西区大野186-1
無休 11:30-15:00 17:30-22:00(金土-23:00)

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

★H19総括

★H19総括

またまた遅ればせながらH19の総括を。
まずH19に食べた365杯をタイプ別に分類すると、
醤油 42%(42%)
塩  21%(23%)
つけ麺16%(24%)
その他 9%( 2%)
味噌  7%( 6%)
豚骨  5%( 3%) ( )書きはH18の数値
醤油の比率が昨年と全く同じで、塩もほぼ昨年並み。
つけ麺は横浜在住時のH16の34%から年々比率が低下してきているが、これは在京地区と比べて新潟は、つけ麺のおいしい店が少ないことが大きく影響しているように思う。
これに代わる形で「その他」が大きく増えているのは、「なおじ」と「来味」「夷霧来(いむら)」「椿@東京」等で複数回リピートした「油そば」の躍進による。

続いては2007下半期訪問回数BEST5をコメント付きで。
トップを独走していた「浦咲き」が3位に後退して、2店が並んでトップに。
①なおじ(本店+白根店+「肉バンク」) 14
上半期の2位からついにトップに。
「なおじろう」「なおじろう 油そば」という病みつき系2大メニューに加えて、様々な期間限定メニューも入れ替わり立ち代わりで提供されているので、今後も目が離せない。
①風の味 GOIN GOIN 14
こちらも上半期の同点2位から浮上。
「なおじ」は3店の合計回数なので、1店舗での回数となるとこちらが単独トップ。
「らーめん」「和風らーめん」「中田ブラック」という強力なレギュラーメニューに加えて冬季限定の「味噌」もあり、さらに店の携帯サイトの会員向けクーポンの誘引力もあって、今後も数多く足を運ぶものと思われる。

③浦咲 9
不動の首位と思われたが、3位に後退。
でも、着実に月1回以上のペースで訪問しており、今後も「特別潮」「焼きあご塩」の2大お気に入りメニュー目当てで、安定して通い続けるだろう。
④いなば 8
9月末OPEN、10/15初訪問でこの回数を稼いだのは驚異。
今のところ「濃厚和風とんこつ」のラーメンとつけ麺だけで、メニューの多様性はないことから、飽きにより頻度が落ちる可能性はあるものの、私にとっての2007新店IN新潟ナンバー1は間違いなくこの店。

5位も同回数で2店。
⑤あきんど 6
上半期も5位。
「あっさり」「こってり」そして「味噌」の3本柱で、安定して月一ペースで通っている。
⑤夷霧来(いむら) 6
「鰹つけ麺」や「ピリ辛油そば」等の期間限定メニューからレギュラー化されたメニューで回数を稼いだ。
今後の訪問回数の増減のカギを握るのはやはり期間限定メニューのできばえか?

続いて2007の年間訪問回数BEST5
こちらも昨年はぶっちぎりでトップだった「浦咲」を僅差でかわして2店が同回数で首位に。
①なおじ(本店+白根店+「肉バンク」) 22
①風の味 GOIN GOIN 22
「GOIN GOIN」はH18夏OPEN、「なおじ」も初訪がH18年6月ということで、2006の年間BEST5には入っていなかったものの、下半期だけでかなりの回数を稼いでいた。
そこに、「なおじ」については「なおじろう 油そば」の登場、「GOIN GOIN」については携帯クーポン効果が加わって、首位に浮上したものと思われ
る。
③浦咲 21
首位の座は譲ったものの、1回差であり、4位以下は大きく引き離しており、今後もこの「3強」が上位を占めて行くのか?
それとも「いなば」あたりが食い込んでくるのか?

4位は同回数で2店。
④あきんど 13
上半期・下半期ともに5位という安定性によりBEST5入り。
④塩館 13
上半期4位から下半期はBEST5の外に。
しかも、H20.1.10の訪問時に「当分の間休館」となっていたことから、今後がおおいに危ぶまれる。

ちなみに2006のBEST5の中で生き残ったのは、「浦咲」のみ。
他の4店の中では、「三咲屋」は依然として子どもたちの人気№1なので今後も安定して通うものと思われるが、他は、
「猪や」私のお気に入りメニューが次々に消えていっているのが。。。
「侍元(じげん)」年齢的に?しょぱさやチャーシューのボリュームに圧倒されるようになってきたのと混み具合がネックに。
「粋竜」原因は最終訪問時(H19年9月)に。

訪問回数は、立地(勤務先のある黒埼からのアクセス)や混雑具合にも左右される
ので、以上が私の好みの店ランキングと一致するわけではありませんが。

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

大勝軒 新潟店

【11】大勝軒 新潟店(新潟市中央区)⑤ 11:00
つけ麺 普通(300g) 650円 + 半チャーハン 250円

開店と同時に8割方席が埋まり、その後もほぼその状態をキープという繁盛ぶり。

200112taishoukenこの店ではいつも私が普通盛(300g)、長女が小盛(200g)を食べているのだが、特盛(500g)にすれば麺の量は一緒で価格は普通盛+小盛よりも500円も安い。
つけダレに具がゴロゴロ入っているので、ある程度の差は仕方がないのかもしれないが… とは思いつつも、これだけ差があると次回は特盛を分け合おうかと考えてしまう。
ちなみに、つけ麺を食べてもスープ割りを頼むお客さんは、うち以外にはほとんどいなかった。
風味と熱さが甦っておいしいと思うので、逃すのはもったいないと思うのだが(って余計なお世話か?)。

新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

あおやま 屯(たむろ)

【10】あおやま 屯(たむろ)(新潟市西区) ⑯ 12:10
らーめん650円

同僚を連れて訪問。

200111tamuro※写真は同僚が食べたメンマらーめん750円(らーめんプラス100円の割りにはたいしてメンマ多くないような。。。)

以前はデフォルトの「らーめん」は玉子無しで580円で、追加玉子(半分)が30円だったのに対して、デフォルトで玉子が半分入るようになった代わりに650円になっていたので、実質的に40円の値上げ。
味の面では以前と変わらずおいしいし、一緒に行った同僚(特に「豚つけ麺」を食べた方)も気に入ってはいたのだが、他店のように(他店同様に材料費高騰に伴う「値上げ」なのかどうかわからないが)事情を説明のうえで正々堂々と「値上げ」した方が印象はよいと思うのだが。。。
あと、気に入っていたサービスライス30円が消えていたのも残念。

新潟市西区青山1-1-29
火休 11:00-15:00 17:30-21:00LO(土日祝の夜は17:00-)

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

風の味 なんばんや

【9】風の味 なんばんや(新潟市中央区)⑥ 12:10
めんランチ(ホワイト+チャーシュー飯) 680円

「塩館(しおかん)」に向かったものの、「都合により当分の間休館します」との貼り紙が。
そこで、「青島食堂 けやき通り店」に足を伸ばしたものの、数名の空席待ち。
そこでそこで、さらに足を伸ばして「なんばんや」へ。
ここも私が座った時点で満席になる盛況。
けやき通りの西側区間(直接面していない店も含む)には、「三吉屋」「青島」「時計台」「なんばんや」「クマちゃん」「茉莉蔵(まりぞう)」「肉バンク」と有名店も含むレベルの高い店が集って激戦区となっているが、(すべての店というわけではないだろうが)なかなかの盛況のようだ。

200110nanban食べたのは前回(H19.11.22)食べて気に入った「ホワイト」+「チャーシュー飯」の「めんランチ」。
混んでいただけあって15分以上待ち、そして前回はあった糸唐辛子のトッピングが無くなっていた(ささやかなコスト削減?)点等に若干の不満は感じたものの、価格を考えれば満足はできる。

新潟市中央区米山2-2-9
水休 11:30-14:00 18:00-24:00(土・祝前日-26:00)

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

ぴかいち

【8】ぴかいち(新潟市江南区) ⑫ 12:20
ぴかいちめん 濃いめ 660円(クーポンで100円引きにより560円)

旧横越町方面に所用があったので、この店に向かう。
これまでのパターンだと、駐車場が一杯で入れないことが多かったのだが、今日は駐車場は1台分だけあいていて、逆に入店後に空席待ちに。
それでも食べ始めるまでに10分待ちというなかなかの回転のよさ。

食べたのは看板メニューの「ぴかいちめん」。200109pika1
背脂醤油ラーメンなのだが、ミンチ状の大粒の背脂を使用している点が最大の特色。
麺は太麺(といってもそれほど太くはないが)で、具はチャーシューに茹で玉子、メンマ、焼き海苔、白ネギ。
よくある背脂チャッチャ系だと食べているうちにスープに溶け出してきて、スープがくどくなることがあるが、これだと溶け出さないので、スープ自体はくどくならないという点ですぐれていると思う。
頻繁に食べたいとは思わないが、たまに食べたくなる一品。

ちなみに、この店も(私が知る限りでは、新潟市内では「三咲屋」に続く)小麦等の材料費の高騰により、今年から値上げをしていた。
わずか30円という小幅な値上げである点に店側のギリギリの経営努力がにじみ出ていると感じた。

新潟市江南区川根町4-14-20
金休 11:00-14:30 17:30-22:00

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

肉バンク by 昔食堂 なおじ

【7】肉バンク by 昔食堂 なおじ(新潟市中央区) ② 12:25
麺のための塩味合えそば 750円

「なごみ」に向かったものの、なんと1/8~10まで三連休。

そこで「肉バンク」に向かい、前回(H19.12.29)訪問時に気になっていた「合え(店の表記どおり)そば」を食べることに。
出てきたのはこちら。200108nikubanku
( )書きで油そばと記載されているが、油分はそれほどでもなく、確かに「あえそば」と呼んだほうがしっくりくる。
麺はこの店自慢の手延べ多加水ちぢれ麺で、途中まで普通にお湯で茹でた後、味付けのためにスープで煮込んでいるとのこと。
具は、牛肉にフライドオニオン、メンマ、白髪ネギ、そしてスープをゼラチン状に固めたもの。
さらに別皿で「お好みに応じてご使用ください」ということで、抹茶塩等4種の塩もついてくる。

感想としては、モロにストライクゾーン。
「麺のための」とあるとおり、麺のおいしさを素直に味わえるし、具のフライドオニオンもよいアクセントになっている。
ゼラチン状のスープは、「昨日まではスープを凍らせて載せていたが、溶けるのが早すぎたので、今日からゼラチンにしてみた」とのことで、溶け具合を確認された。
残念ながら、上に載せたままだとあまり溶けなかったが、底に沈めたら徐々に溶けてきてよい感じに。
4種の塩とあいまって、味の変化を楽しめるので、飽きがこない。
というわけで、ほぼ文句なしだったので、かなりハマリそう。
(一方で、未食のつけ麺等も試してみたいのだが。)

新潟市中央区米山2-9-4
?休 11:00-14:30(ラーメン営業)

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

丸木屋 坂井輪店

【6】丸木屋 坂井輪店(新潟市西区) ⑦ 12:05
チャーシューメン 700円

200107marukiyaこのところこの店では「変化球系」のメニューに「浮気」していたが、今日は王道の「チャーシューメン」を食べ、おいしさを改めて認識。
あっさり系でボリュームがやや少なめなせいもあるのかもしれないが、スープも含めて完食。


新潟市西区坂井東5-1-13-2
水休 11:30-15:00 17:30-20:00(スープ切れ終了)
公式HP:http://foodpia.geocities.jp/ramen_marukiya/index.html

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

飛雄馬(ひゅうま) 大山店(長岡市)

【5】飛雄馬(ひゅうま) 大山店(長岡市) ① 14:10
海物語(黒マー油) 800円

タウン誌「WEEK」で紹介されていた長岡の5つのラーメン屋さんのコラボ企画である粉」をテーマとしたラーメンの中で、1番興味をひかれたこの店の「海物語」を目当てに訪問。
食券方式で、しかもメニューが非常に多種多様なので、今回のように目的がはっきりしていなかったら、迷うことうけあい。
で、出てきた「海物語」はこちら。200106hyuuma
塩系のスープに黒マー油(白マー油も選択可)が浮かんでいて、麺は中太麺。
具は厚手のチャーシューにワカメ、ゆで玉子、メンマ、焼き海苔、斜め切りのネギ。そしてマー油に隠れて写真では見えにくいが、海老を練りこんで皮が赤みがかったワンタン(残念ながら私の舌ではあまり海老の風味は感じられなかったが)。
そこに大量の魚粉がふりかけられている。

感想としては、まず具の多彩さやボリューム(丼もかなり大きめだった)に圧倒された。
ただし、マー油に関しては、ビジュアル的に「黒」ではなく「白」が正解だったかなと少し後悔したのと、そもそもこのスープにマー油が必要かという点もやや疑問。
色々と手をかけて作ってくれているのはわかるが、全体的なバランスという面でちょっと惜しい気がした。

あと、長女は「味噌背脂」700円を食べたのだが、感想としては、「こってりし過ぎ」。
確かに大量の背脂に加えてバターも入り、こってり度はかなり高い。
それから少し味見をした私としては、かなりクセのある味噌を使っている点が気になった。

一方、次女が食べた「チャーマヨ丼」(マヨネーズ味)300円はこちら。200106hyuuma3
他にニンニク味等もあるようだが、このマヨネーズ味が、肉好き&マヨネーズ好きの次女の口にかなり合ったようで、大量のネギもものともせずにほぼ完食。

以上、色々と書いたが、全般的にボリュームがあるし、メニューも多彩なので、また行きたいと思わせる店ではある。

長岡市大山2-5-7
火休 11:00-14:30 17:00-22:00(土日祝11:00-21:00)

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

(新)だんちょうてー(千葉県市川市) 

【4】(新)だんちょうてー(千葉県市川市) ① 16:40
らーめん 濃口 650円 + 煮たまご 100円

以前は「かっぱ」という店名で、今はメニューを見ると「新」だんちょうてーになっているが、「かっぱ」時代から通して、基本的なコンセプトはあまり変わっていない(と思う)。
「かっぱ」時代には来たことがあって、それを通算すると、約3年ぶり・3度目の訪問となる。
携帯サイトで評判の高い味噌を食べてみたかったのだが、残念ながら売り切れ。
そこで、看板メニューの「らーめん 濃口」を。
出てきたのはこちら。200105danchoutei
もろに醤油色のスープだが、見た目ほどはしょっぱくないのは、醤油に含まれている塩分以外にはあまり塩を加えていないせいか。
このあたりは醤油に加えてコショウもきいていて見た目どおりにしょっぱい「富山ブラック」とはかなり違う。
そして麺は加水率が高い(多分)のか、あまり醤油色には染まらない。
具は、炙りチャーシューにほうれんそう、焼き海苔、刻みネギと追加トッピングの煮たまご。
この中では、醤油色のスープと並んでこの店の二大特徴と思われる炙りチャーシューがやはり目をひく。
扉を開けっ放しなのに、店に入ると焼肉屋のように、肉を炙る煙が立ち込めているぐらい。
私が食べた分は、ちょと「やり過ぎ」(炙り過ぎ)な感じで、焦げ気味ではあったが。。。

本八幡駅周辺には、この店に加えて「まつい」、そして駅からは少し遠いが「菜」とレベルの高い店が並んでいる。

千葉県市川市南八幡4-7-12
無休 11:30-25:00(金土-27:00)

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店(千葉県市川市)

【3】喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店(千葉県市川市) ① 15:00 
焼豚ラーメン 780円

市川駅ビル内の油そばで有名な「ぶぶか」の支店に向かう。
200104koboushiが、それがつぶれて喜多方ラーメンの有名店「坂内(ばんない)食堂」の姉妹店である「小法師(こぼし)」に代わっていたので、それで妥協。
チェーン店ながら、丼を覆いつくす10枚以上のチャーシューは圧巻だし、喜多方ラーメンらしい平打ち麺も○で、結構満足できる。

千葉県市川市市川1-1-1(市川シャポー内)
不定休(シャポーの閉店日に同じ) 11:00-23:00(日祝-22:00)

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

麺家 うえだ(埼玉県新座市) 

【2】麺家 うえだ(埼玉県新座市) ⑤ 11:45
海老塩ワンタン麺 980円

昨年も新潟→千葉の帰省時に立ち寄った店。
長女も「あの親切なおばさんのいた店でしょ」と女主人の接客のすばらしさにより、記憶していた。

今回私が食べたのは「海老塩ワンタン麺」。200103ueda
あっさり系のスープに細めのストレート麺。
具は厚手のチャーシューにメンマ、焼き海苔、ネギ、そして餡がたっぷり入っていてパンパンのワンタン×数個。
この店ではいつもこってり系ばかり食べていて、あっさり系は今回が初めてだったのだが、あっさり系もイケるということで、店主の守備範囲の広さを認識。
価格的にはやや高めな気もしたのだが、あれだけ立派なワンタンが入っているのであれば、納得といったところ。

で、こちらは長女が食べた「つけ麺」750円。200103ueda2
本来つけダレは醤油or塩から選択するのだが、子どもが二人いたので、「分けて食べてね」ということで、両方のつけダレを出してくれた。
どちらも、チャーシュー等の具がゴロゴロ入っていてサービス満点だったが、私の口に合ったのは塩の方(醤油もおいしいけど)。
そして、茹で時間7~8分という平打ち気味の極太麺が出色で、そのまま食べてもおいしい。
「今年から麺を変えた」「本当は製麺室を造って自家製麺にしたかったのだが、結局製麺業者に色々と注文をつけて、特注麺をつくってもらった」等の解説を店主がしてくれた。

あと、こちらは次女が食べた「ミニ角煮丼」400円。200103ueda3
「ミニ」はつけなくてもよいのはないかと思われるほどのボリュームで、角煮がゴロゴロ。
他に青ネギ、メンマ、玉ねぎ、そして意表をついたところで豆腐も入っている。
この豆腐が全体として「濃い」構成になっている中で、よい「清涼剤」になっていると感じた。

さらに、サービスで子どもたちにジュースを出してくれたりと、昨年同様に子どもに対する気配りは並大抵のものではなかった。
味もボリュームも勿論高水準なのだが、接客という点では最高レベルといってよいのではないか。

埼玉県新座市東北2-12-7
月休  11:30-16:00  18:00-21:00(夜は土日祝のみ)

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

吟屋(長野市)

(遅ればせながらですが)明けましておめでとうございます。
本年もよろしくご愛顧のほどをm(__)m

【1】吟屋(長野市)① 14:00
味噌ラーメン650円 + ニンニクチップ50円 + バター50円

年明け最初の一杯は昨年同様、帰省先の長野に妻子とともに。
本当は、携帯のラーメンサイトで人気が高い「ゆいが」に行きたかったのだが、まだ正月休み。
さらに、チャーシューがおいしい「大石家」(家系ではない)にも正月休みでふられて結局「吟屋」に行くことに。
開店当初に来たことがある嫁の評価は「イマイチ」だったのだが、携帯サイト上の「おいしくなった」との評判を信じて訪問。
当初は味噌専門だったのが、今では醤油も出すようになったようだが、やはり看板メニューの「味噌」に。
出てきたのはこちら。200102ginya
一見すると辛そうだが、見た目ほど辛くはなく、非常にマイルドなスープで、味噌系はあまり好きではない私としてもかなり高い評価を与えたくなる。
具はチャーシューに炒めたもやし、コーン、玉ねぎ、ひき肉と九条ネギ(最近このネギに変えたとのこと)。
そして追加トッピングのニンニクチップとバター。
バターはスープのマイルドさをさらに増すのに寄与していたし、ニンニクチップもよいアクセントになっていて、正解だったように思う。

嫁の評価も「確かにおいしくなった」、さらに長女も「これまでに食べた味噌ラーメンの中で1番」という高い評価だった。

長野市川中島町御厨971
火休 11:30-LO14:30 17:30-22:30

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »