« 吟屋(長野市) | トップページ | 喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店(千葉県市川市) »

2008年1月 3日 (木)

麺家 うえだ(埼玉県新座市) 

【2】麺家 うえだ(埼玉県新座市) ⑤ 11:45
海老塩ワンタン麺 980円

昨年も新潟→千葉の帰省時に立ち寄った店。
長女も「あの親切なおばさんのいた店でしょ」と女主人の接客のすばらしさにより、記憶していた。

今回私が食べたのは「海老塩ワンタン麺」。200103ueda
あっさり系のスープに細めのストレート麺。
具は厚手のチャーシューにメンマ、焼き海苔、ネギ、そして餡がたっぷり入っていてパンパンのワンタン×数個。
この店ではいつもこってり系ばかり食べていて、あっさり系は今回が初めてだったのだが、あっさり系もイケるということで、店主の守備範囲の広さを認識。
価格的にはやや高めな気もしたのだが、あれだけ立派なワンタンが入っているのであれば、納得といったところ。

で、こちらは長女が食べた「つけ麺」750円。200103ueda2
本来つけダレは醤油or塩から選択するのだが、子どもが二人いたので、「分けて食べてね」ということで、両方のつけダレを出してくれた。
どちらも、チャーシュー等の具がゴロゴロ入っていてサービス満点だったが、私の口に合ったのは塩の方(醤油もおいしいけど)。
そして、茹で時間7~8分という平打ち気味の極太麺が出色で、そのまま食べてもおいしい。
「今年から麺を変えた」「本当は製麺室を造って自家製麺にしたかったのだが、結局製麺業者に色々と注文をつけて、特注麺をつくってもらった」等の解説を店主がしてくれた。

あと、こちらは次女が食べた「ミニ角煮丼」400円。200103ueda3
「ミニ」はつけなくてもよいのはないかと思われるほどのボリュームで、角煮がゴロゴロ。
他に青ネギ、メンマ、玉ねぎ、そして意表をついたところで豆腐も入っている。
この豆腐が全体として「濃い」構成になっている中で、よい「清涼剤」になっていると感じた。

さらに、サービスで子どもたちにジュースを出してくれたりと、昨年同様に子どもに対する気配りは並大抵のものではなかった。
味もボリュームも勿論高水準なのだが、接客という点では最高レベルといってよいのではないか。

埼玉県新座市東北2-12-7
月休  11:30-16:00  18:00-21:00(夜は土日祝のみ)

|

« 吟屋(長野市) | トップページ | 喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店(千葉県市川市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吟屋(長野市) | トップページ | 喜多方ラーメン坂内 小法師(こぼし)市川店(千葉県市川市) »