« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

味濱家 新大前店

【87】味濱家 新大前店(新潟市西区) ⑨ 12:10
味濱家らーめん(極め) 太麺 麺固め 680円 + 焼きのり 100円
※保存するのを忘れたため、写真無し(H20.2.18参照)

ラーメン1杯無料のスタンプがたまったので「いなば」へ。
が、休みだった。
一応「不定休」となっているが、以前にも月曜日に休んでいたことがあったので、毎週ではないようだが、月曜日に休むことが多いもよう。

そこで、すぐ近くの「味濱家」へ。
前回(H20.2.18)同様に岩のりではなく焼きのりをトッピング。
やはり、厚みがあって、スープに浸っていてもあまり崩れない焼きのりがスープと合う。

一つ不満に思ったのが、以前まで卓上に置いてあったすりゴマ。
スープをマイルドにしてくれるので、いつも入れていたのだが、見当たらなかったので、経費削減で無くなったのかと思いきや、帰りに見ると他のテーブルやカウンターにはちゃんと置いてあった。
どうやら私が座った奥のカウンターにだけ置いていなかったようだが、こういう手抜きによる?不公平は、結構不愉快。

新潟市西区坂井719
不定休 11:00-25:00

| | コメント (0)

2008年3月29日 (土)

葵風(きっふう)

【86】葵風(きっふう)(新潟市東区)② 11:10
しょうゆちゃーしゅーめん750円→650円(クーポン割引)

前回(H20.2.16)チャーシューにボリューム面での物足りなさを感じたので、今日はチャーシューメンに。200329kifuu
まず、そのチャーシューだが丼の縁の半分を覆う大判のチャーシューが5枚以上ということでかなり満足できた。これで、デフォルトプラス150なら安いと思う。
あと、スープも魚介系のダシがかなり効いていて○。
よくをいえば、もう少しコクというか深みがあれば、文句無いのだが。
ただし、麺はかんすいを使っていないせいか、ちょっとコシが足りず、やや物足りない。
でも、接客もよいし、全体として満足できる一杯といえる。

新潟市東区柳ヶ丘5-19
木休 11:00-21:00

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

昔食堂 なおじ 小新店

【85】昔食堂 なおじ 小新店(新潟市西区)⑤ 12:10
特製白濃く味噌 850円

(この支店では)初めての「特製白濃く味噌」を。200328naoji
「肉BANK」の方で「鬼濃厚味噌ラーメン」を食べたことがある(H20.12.29)が、それとほぼ同じだった。
麺はピロピロの平打ち麺で、スープは白味噌ベースで結構な量の油が浮かんでいる。
具は牛スジ煮込みにチャーシュー、味玉、キクラゲ、キャベツ、もやし、白髪ネギ等。
スープに元々ラー油が浮かんでいるうえに、辛味噌も載っていて、溶かすとかなり辛くなりそうなものだが、スープの濃厚さと油がそれを打ち消す役割を果たすようで、辛いものが苦手な私にとってもちょうどよいアクセントに感じられるぐらい。
あと、この店の各メニュー(「特製」だけ?)に入っている牛スジ煮込みだが、スープとの相性という点では、味噌と一番合っているように思われた。
全体的な印象としては、「二郎の味噌版」といった感じで、かなり「ヘビー」な一杯。

これでこの店のメニューは基本的にひととおり食べた(「油そば」はこの支店では食べていないが)が、現時点での私の好みとしては、
「つけ麺」>「醤油」>「油そば」>「なおじろう」>「味噌」
といったところだが、いずれも僅差なので、体調や気候次第で順位は大きく変動しそう。
(ちなみに、この支店の券売機にあるものの、いつも売り切れになっている「あえそば」(H20.1.8&18の「肉BANK」の記事参照)があれば、それが第一位。)

新潟市西区小新3-3-1
?休 ?-?

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

麺や 来味

【84】麺や 来味(新潟市東区) (29) 18:25
貝柱とアジ煮干しの塩らぁ麺 700円 + 卵かけごはん 200円

前回(H20.3.24)「ゴン太つけ麺」に「浮気」して食べ逃した期間限定の「貝柱とアジ煮干しの塩らぁ麺」を食べに今週2度目の訪問。

200327raimiメニュー上の説明によると、「北海道産干し貝柱+アジ煮干+鶏」のダシで、タレはモンゴル岩塩ベースとのこと。
麺は「26番の極細麺」(太さ1ミリ強)。
そして、具はチャーシューに貝柱×3、岩のり、水菜、メンマ、白ネギ、糸唐辛子。
スープを一口すすっての感想は、あっさりしているが、魚介系のダシが効いていて、コクがあり、おいしい。
麺も、本来太麺好きなのだが、このスープに合うのはこのような極細麺だと思われる。
具も貝柱と岩のりがスープとの相性という点でも光っている。
というわけで、総合的に文句なし。
これまでのこの店の期間限定の中でも、お気に入り度はかなり上位で、極力スープは飲み干さないようにしている(健康のため)のだが、今日は思わず完飲。

あと、サイドメニューは前回同様「豚の煮込み丼(にこみとん)」にしようと思っていたのだが、今日は売り切れor休止だったようで、提供されていなかったので、「卵かけごはん」に。
こちらも普通においしいのだが、角切りの豚肉がゴロゴロの「豚の煮込み丼」と同価格という点で、割高感は否めない。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

茉莉蔵(まりぞう)

【83】茉莉蔵(まりぞう)(新潟市中央区) ⑬ 12:10
味噌つけめん 730円

先日訪問したもののほぼ満席で20分待ちと言われて断念したので、再訪。
今日も8割の入りで、出てくるまでに15分強の待ち。200327marizou
前回(H20.2.12)「ひき肉が減って単調になった」と書いたが、メニューの写真と見比べると、青ネギも減っているようで、これも単調さの一因になっていそう。
それでも、また食べたいと思わせる水準は維持しているのだが。

ちなみに、一時的に隆盛を誇ったけやき通り西側近辺のラーメン屋事情だが、「なんばんや」の閉店(移転?)、「塩館」の長期休館、「肉BANK」の昼(ラーメン)営業中止により、ちょっと寂しくなった。

新潟市中央区米山2-9-7
月休 11:00-14:00(土日祝-15:00)  18:00-23:00(日祝は昼のみ) 早仕舞いあり

| | コメント (0)

2008年3月26日 (水)

東光亭

【82】東光亭(新潟市中央区) ⑦ 12:05
チャーシューメン 610円 + 玉子 50円

「極一(ごくいち)」に向かったのだが、例によって駐車場が一杯。
この店に行こうとしても、駐車場不足で断念することの方が明らかに多い。

そこで、「東光亭」に向かい、いつもどおりのオーダー。200326toukoutei
チャーシューの端っこの味がよく染みてる部分が当たったので、私としてはラッキー。
ちなみに大きな玉子に関して別な客さんとおかみさんの間でやりとりが。
それによると、「このサイズの玉子はパック売りにすると高くなってしまうので、スーパー等には卸されていない。でも、仕入れ元の玉子屋に行けば、普通に店頭売りもしている。」とのこと。

新潟市中央区女池上山3-10-12
木休 営業時間不明

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

浦咲

【81】浦咲(新潟市西区) (58) 12:10
焼きあご塩らーめん 850円

200325urasaki今日はいつになく満席に近い盛況。
それでも10分弱で出てきた。
細麺で茹で時間がかからないという点も大きいのだろうが、提供時間の早さというのもこの店のプラス面の一つ。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

麺や 来味

【80】麺や 来味(新潟市東区) (28) 19:05
ゴン太つけ麺 800円→700円(クーポン割引) + 豚の煮込み丼(にこみとん) 200円

4月末までの期間限定の「貝柱とアジ煮干しの塩らぁ麺」目当てで訪れたのだが、ごく最近登場したと思われる提供期間未定・夜限定の新メニュー「ゴン太つけ麺」に惹かれてそちらをオーダー。
出てきたのはこちら。200324raimi
まず麺はメニュー上の記載によると、「太麺の4倍の太さ」ということで、確かに太い。茹で時間も10分近くかけていたように思われるが、それでも硬めの歯応えで、新潟市内だと「いなば@西区」を思い起こさせる。
つけダレは「鰹節の魚粉10倍の超カツオつけ汁」ということで、つけダレに浮かんだ海苔の上に盛られた魚粉の量は東京の行列店「六厘舎@大崎」をも凌駕するぐらい。ただし、「六厘舎」の方は、元々のつけダレ自体も濃厚な豚骨でドロドロ状態なので、魚粉だけが際立つわけではないのに対して、こちらは元のつけダレはそれほど濃厚でないので、魚粉が前面に出てくる。それに加えて甘みもあるので、好みの分かれる面もあるかもしれない。つけダレの甘みが苦手な私としては、甘みを魚粉でごまかしながら食べる感じに。

しかし。スープ割りの段階で評価が一変!
「つけダレに割りスープを入れるとジャリジャリしちゃうので」ということで、別容器で出される割りスープの方に、つけダレを適量入れて飲むように言われ、残っていたつけダレの6割程度(もうちょっと少なめでもよかったかも)を投入。
割りスープで割った段階で、不思議と甘さが気にならなくなり、実に美味な「鰹スープ」に。これまでに食べた(飲んだ)つけ麺のスープ割りの中でも、かなり上位にくるおいしさ。

というわけで、好みの極太麺に加えてスープ割りのすばらしさにより、(いつまで提供しているのかわからないが)是非とも再び食べたい一杯に。

200324raimi2あと、「豚の煮込み丼(にこみとん)」も、柔らかく煮込まれた豚肉、そして味付けも甘すぎずで、コストパフォーマンスも含めて○。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【79】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)(34) 12:15
らーめん 590円 + ギョウザ クーポンサービス

久々(H19.9.25以来)に「らーめん」を。200324goin
スープは「和風」と甲乙つけがたいし、価格は「和風」より40円安いのだが、「和風」には入っている好物の穂先メンマがこちらには入っていないのは少し淋しい。

ちなみに、会計時に「勤め先がお近くなんですか?」と聞かれたので、「それほどでもないけど、おいしいメニューがたくさんあるので」と回答。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

沖縄元気食堂 イオン新潟南SC店

【78】沖縄元気食堂 イオン新潟南SC店(新潟市江南区) ② 19:25
沖縄そば 299円

イオンにて「沖縄元気食堂」の「沖縄そば」を。200323okinawagenki
麺は湯掻くだけ、具も小さなチャーシューとかまぼこ×2、あとは万能ネギだけと最小限ながら、高級カップラーメン並みの価格なだけに文句はいえない。
というか、「こーれーぐーす」を店のお勧めの小さじ1杯より多めに入れると、スープが引き締まって、それなりのものに。
ボリューム的にこれだけでは満足できないが、フードコート内の他の店のメニューと組み合わせれば(今回もすき家の牛丼)満腹できるし、組み合わせても価格的にまだまだリーズナブルなのが強み。
ちなみに、開店当初はフードコート内の目新しい店にお客さんが集中していたが、オープンして数ヶ月経過して、結構お客さんが分散してきたように思う。

新潟市江南区イオン新潟南SC 3F
無休 9:00-22:00

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

いっとうや

【77】いっとうや(新潟市中央区) ⑱ 11:00
醤油600円 + 炊きこみちゃーしゅう丼100円

11時ジャストに到着したものの今日も2,3分遅れで開店。
ただ、今日は前回(H20.3.8)ほど並んでいなかったので、約15分で出てきた。
食べたのは前回に続いて「醤油」+「炊きこみちゃーしゅう丼」。200322ittouya
※メンマが苦手な長女からメンマをもらったので、写真の「醤油」はメンマが通常の2倍になってます。

まず、「醤油」だが、スープ・具・麺ともに非のうちどころなし。
特に、魚介系のダシの効いたスープと炙ったビッグサイズのチャーシューは絶品。
前回に続いて「かさね醤油」を食べた長女も新潟市内のラーメンで1番好きと大絶賛。

あと、「炊きこみちゃーしゅう丼」も私にとっては満足のいくもの(しかも安いし)だったが、子どもたちにとっては、ネギの青臭さが少々鼻についたようだ。

ちなみに、「雑誌のラーメンサイトでこの店のラーメンを評価したら」企画により、トッピング無料券をゲット。

新潟市中央区紫竹山3-5-23
?休 11:00-?

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

昔食堂 なおじ 小新店

【76】昔食堂 なおじ 小新店(新潟市西区)④ 12:10
特製ガツンつけ麺 870円

小新店では初めての「味噌」にするか迷った末に、再度「つけ麺」に。200321naoji
前回(H20.3.7)書いた水切りの甘さによる「丼の底の方の麺が水浸し」状態は今日は解消されていた。
あと、割りスープを全部入れたらちょっと薄すぎる感じに。
量的にも濃さ的にも、全部は入れない方がよいのかもしれない。
ちなみにこれまで気づかなかったが、店の外には東京の有名豚骨ラーメン店「なんでんかんでん」からの花輪も。どんなつながりがあるのだろうか?

新潟市西区小新3-3-1
?休 ?-?

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

恵比寿

【75】恵比寿(五泉市)② 11:00
チャーシューメン 750円

開店時刻である11:00ジャストに到着した時点で先客9名。
開店が数分遅れたこともあって、開店時には10人以上の行列に。
このあたりの状況は「いっとうや」(H20.3.8参照)によく似ている。
子どもたち2人はラーメン(550円)を一杯ずつオーダーし、私は「チャーシューメン」を。
200320ebisu2写真はチャーシューメン(写真手前)とラーメン(奥)を並べて撮ったもので、両者の差は、概ね、丼の縁に花びらのように盛られているチャーシュー(6枚)の分のようだ。
薄手ながら程よい硬さを保ったチャーシューはこれぐらい(チャシューメンだと10枚以上)あっても飽きがこないし、このチャーシューとスープの相性もよいようだ。
というわけで、私と長女はおおいに満足。

ただ、肉好きのはずの次女が麺はほぼ完食したものの、チャーシューを何枚も残していたので見てみると、大半が脂身のチャーシューばかり。
前述したように、トロトロに煮込んだチャーシューではないだけに、脂身だらけのチャーシューが何枚もあるとかなりキツい。
多少の当たり外れは付き物なのかもしれないが、極端な偏りが出ないような配慮もしてもらいたいところではある。

五泉市石倉201-25
月休 11:00-13:30

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

万勝(ばんしょう)

【74】万勝(ばんしょう)(新潟) ④ 19:10 マヨねぎらーめん 798
円 + 餃子 350円→サービス(クーポン)

ラーメン本のクーポンの餃子サービスに釣られたのと以前この店を訪れた時から気になっていた「マヨねぎらーめん」を試したかったのとで訪問。

出てきたのはこちら。200318banshou_2
麺やスープ自体はごく普通の醤油ラーメンなのだが、そこにマヨネーズで和えた大量の白ネギ(ともやし、半熟玉子等)が。
匂い的には最初からマヨネーズの香りが支配的なのだが、スープに直に投入しているわけではないので、味的には徐々にマヨネーズの風味が浸透してくる。
これ以上マヨネーズが強くなると、鼻につくおそれがあるが、うまい具合にバランスを保っている感じで、メニューにもあるとおり、「通」向けの一杯なのかもしれない。

新潟市東区はなみずき1-15-23
無休 11:30-22:00(土日-11:00)

| | コメント (0)

新潟ラーメン なごみ

【73】新潟ラーメン なごみ(新潟市中央区) ⑥ 12:10
わかめラーメン 600円→550円(クーポンサービス)

この店ではこれまで毎回異なるメニューを食べてきたが、(全部ではないが)ほぼひととおり食べたということで、これまで食べた中で1番気に入った「わかめラーメン」を。

200318nagomiわかめだけでなくかいわれも載って出てきたのが前回(H19.12.5)との相違点。
私自身かいわれは好きではないので、これ自体は「ありがた迷惑」だったのだが、日々メニューを改良していこうという姿勢は買える。

新潟市中央区東幸町15-26
木休 11:30-15:00 17:00-21:15(土日祝11:30-21:00)

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

【72】忍(新潟市西区)③ 12:15
岩のりらーめん 750円
「ままや」(元「黒玄」)に向かったものの、満席でしかも私が入店したのに気づいてさえもらえず。
そこで隣りの「忍」へ。
こちらも7,8割の入りで、今日見た限りでは、「黒玄」「忍」とラーメン専門店が2軒並んでいる状態から、前者がラーメンも出す定食屋「ままや」に業態転換したことによる「すみ分け」がうまくいったもよう。

食べたのは「岩のりらーめん」。200317shinobu
基本は「燕三条系」なのだが、麺がうどんのような極太麺ではなく細めの平打ち麺に、また、トッピングが玉ねぎでなく斜め切りの白ネギに代わる等少しマイナーチェンジが施されている。
麺は細いより太い方が、また、白ネギよりも玉ねぎの方が背脂の脂っこさの「中和剤」としては適しているように思われるので、このマイナーチャンジは私にとってはどちらかというとマイナス方向なのだが、大量の岩のりがそれに代わって、いや、それ以上に脂っこさを緩和する役目を立派に果たしている。この「燕三条系に岩のり」というのもこの店オリジナルではなく、私が知っている限りでは「潤@長岡」あたりが発祥ではないかと思われるが。

新潟市西区小針7-20-1
水休  11:00-14:30 18:00-21:00

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

三咲屋

【71】三咲屋(新潟市東区) (31) 11:10
正油らーめん+半チャーハンセット 730円

200315misakiya「塩」にはやや飽きてきた感ありということで、久々に「正油」を。
おいしいことはおいしいのだが、やはり店側も推している「塩」にはかなわないということで、今後もたまに食べるかも ぐらいの感じ。

200315misakiya2ちなみに、←のメニューのとおり、「正油」と「塩」はデフォルトだと50円差なのだが、チャーシューメンだと同価格。
さらに、こってりとあっさり(普通)の価格差も最大150円から最小50円ということで、なかなかビミョーな価格設定になっている。

新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

東横 紫竹山店

【70】東横 紫竹山店(新潟市中央区)⑦ 12:05
特製塩バターラーメン 810円 + 野菜餃子 (290円→クーポンサービス)

ラーメン本のクーポンが紫竹山店限定なので、この支店へ。
以前は気に入っていてよく食べていた「特製塩バターラーメン」を久々に(愛宕店でH18.12.27に食べて以来)オーダー。200314touyoko
まずスープ。バターがなければごく普通の塩ラーメンなのだが、バターが溶け出すとよい感じのしょっぱさ・油加減に。
ただ、以前愛宕店で食べた時には、バターは別皿で出てきたし、ひとまわり大きかったような気がするのだが、こちらは最初からスープに入って出てきた。
トッピングは「特製」ならではのサイズの大きい「豚肉」に加えて、メンマ、コーン、わかめ、もやし、刻みネギ。
ネギが、愛宕店では白髪ネギだったのが、こちらだと普通の刻みネギというのも支店の差なのか?マイナーチェンジしたのか?
全体として、「味噌」ほどの個性はないが、特に欠点はないし、コーンをすくいやすいように、レンゲに加えて穴あきスプーンも出してくれる心づかいなどは、レンゲすら出し惜しむような店もある中で、立派。

あと、クーポンでサービスの野菜餃子(ニンニクぬき)はこちら。200314touyoko2
特に注釈はなかったが、何かを練りこんだと思われる緑色の皮が個性的。

新潟市中央区紫竹山4-20-12
不定休 11:00-23:45(日祝-22:00)
公式HP http://www.week.co.jp/imode/itp/00012214/

| | コメント (0)

2008年3月13日 (木)

越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家

【69】越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 (新潟市中央区)(21) 12:30
温つけ麺 醤油味 中(255g) 840円

「味噌つけ麺」目当てで「茉莉蔵(まりぞう)」に向かったものの、ほぼ満席(空席1)で、しかも入店するなり「20分以上かかりますよ」と言われ、断念。
それでも、気持ちはすっかり「つけ麺」に傾いていたので、近辺で「つけ麺」を出していて、混んでなさそうな店を(頭の中で)検索。
「肉BANK」が営業していれば文句なしだったのだが、どうやら昼のラーメン屋営業はやめたもよう(元々昼は木曜定休だったが)。
「大勝軒」や「孔明」等は混んでいそうだしということで、結局たどり着いたのは「無尽蔵」。200313mujinzou
この店で1番多くオーダーしている「温つけ麺 醤油味」を食べて満足。
ちなみに、「スパイシー伽麗(かれー)らーめん」は冬季限定だっただけに終了していた。もう1回ぐらい食べたかったのに。来冬の復活希望。

新潟市中央区女池上山1-5-15
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

昔食堂 なおじ 小新店

【68】昔食堂 なおじ 小新店(新潟市西区)③ 12:15
なおじろう 720円

「夷霧来(いむら)」にするか迷いつつ前を通ったら、今日はかなり駐車場に余裕があったので、結局「なおじ」に。
これで3週連続の訪問。
初回(H20.2.28)の「さば節醤油」、2回目(H20.3.7)の「つけ麺」に続いて今日は「なおじろう」を。200312naoji
「なおじろう」を食べるのは、昨年末(H19.12.28)に白根店で食べて以来になるが、野菜の盛りをはじめとして、白根店のものとほぼ同様。
価格も白根店の714円に対して、こちらは食券自販機ということで端数を切り上げて720円という違いはあるもののほぼ同じ。
久々に食べて、「なおじろう」のおいしさを再認識といったところ。

新潟市西区小新3-3-1
?休 ?-?

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

風の味 らーめん GOIN GOIN

【67】風の味 らーめん GOIN GOIN(新潟市南区)(33) 12:10
中田ブラック 730円

200311goin期間限定の「味噌煮込み」は既に終了していた。
もう1回ぐらい食べたかったのにとちょっと後悔。
でも、この店には他にもお気に入りメニューがたくさん。
今回はその中で「中田ブラック」を選択。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

めん屋 いなば

【66】めん屋 いなば(新潟市西区)⑪ 12:15
濃厚和風とんこつラーメン650円

先月1回フラレた(H20.2.18)こともあって、H20.1.23以来1ヶ月半ぶりの訪問。
前回フラレたのも月曜日だったので、「今日は大丈夫か?」とおそるおそるの訪問だったが、今日は営業していた。「不定休」というのはこういった点でちょっとマイナスだと思うのだが。

食べたのは「ラーメン」の方。200310inaba
歯ごたえのある麺や濃厚極まりないスープは相変わらず健在。
スタンプがたまって次回はラーメンorつけ麺がタダなので、また行かなければ。

新潟市西区大野186-1
不定休 11:30-15:00 17:30-22:00(金土-23:00)

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

三吉屋 けやき通り店

【65】三吉屋 けやき通り店(新潟市中央区)⑥ 18:45
ラーメン 500円

飲み会待ちの空き時間に軽く腹ごしらえをということでこの店に。
この店ではいつもは「チャーシューメン」なのだが、あくまでも「軽く」ということで、今日は「ラーメン」に。200308sankichiya
結果的には、元々具の構成がシンプルなだけに、チャーシュー1枚では物足りないというか後半やや飽きが。
やはりこの店では「チャーシューメン」だなと思った。

新潟市中央区米山1-6-10
火・第3日休 11:00-15:00 17:00-21:30
(※「土日は通し営業」という貼り紙がしてあったかも)

| | コメント (0)

いっとうや

【64】いっとうや(新潟市中央区) ⑯ 11:00
醤油600円 + 穂先めんま100円 + 炊きこみちゃーしゅう丼100円

先週訪問したものの混雑により断念したので、「今日こそは」と開店時刻に訪問。
5分前に到着して、車の中で待っていたものの、2分前ぐらいから行列ができはじめたので我々(私+娘2名)も並ぶことに。
開店が少し遅れたこともあって結果的に開店時には10名以上の行列に。
入店した順番にかかわらず、店員がランダムにオーダーを聞いていくので、オーダーするまでにまた待たされて、結局入店してから出てくるまでに約25分。
このあたりは行列店の先輩である「吉相(きっそう)」の方式=開店前からお客さんにメニューを配ってオーダーを聞き、入店後、並んでいた順番にラーメンが出てくる=を見習って欲しいものである。

で、メニューだが、まず醤油系で2種あって、移転前のスープがベースになっているのが魚介+とんこつの「かさね醤油」で、魚介メインが「醤油」。他に「つけ麺」等も。

まず先に出てきたのが長女がオーダーした「かさね醤油」600円。200308ittouya2_2
基本的に移転前のラーメンがベースとなっているようだが、斜め切りの青ネギ(九条ネギ?)が載っていたり、チャーシューが帯状の長くてボリュームのあるものに代わっていたりとパワーアップしていて、それでいながら価格は移転前よりも30円ダウンというのは、このご時世において立派の一言。
中でも炙ってあってカリカリのチャーシューは長女に大好評で、スープも美味ということで、これまで新潟市内で1番好きと言っていた「三咲屋」を上回る評価。

そして、数分後に出てきたのが私がオーダーした「醤油」。200308ittouya_2
なんで「かさね醤油」と同時に頼んだのに出てくるのに時間差があるのかと思ったら麺の太さが違う(「かさね醤油」は中太麺だが、「醤油」は細麺)ため、ロットが異なるからのよう。
具も「かさね醤油」の斜め切りのネギに代えてほうれんそうを使っていたりして、スープとの相性をきちんと考えて構成しているもよう。
そしてスープだが、「かさね醤油」は茶濁しているのに対してこちらは濁りがない。醤油色をしてはいるが、醤油よりも魚介をより強く感じる。少し苦味を感じるぐらい魚介が効いているので、好みが分かれる面もあるのかもしれないが、私としてはストライクゾーン。

ちなみにこちらは追加トッピングの穂先メンマ100円と20食限定の「炊きこみちゃーしゅう丼」100円。200308ittouya3
特に「炊きこみちゃーしゅう丼」の方は、炙った角切りチャーシューがゴロゴロ載っていて、そこに斜め切りの青ネギや刻み海苔、そしてマヨネーズ&七味が加わって、味的にもボリューム的にも文句なしで、これで100円というのは完全にサービス価格だと思われる。

というわけで、行列への対応にまだ難はあるものの、各メニューともほぼ完璧で、長女の言うとおり「また並んででも食べたい店」だと思う。

新潟市中央区紫竹山3-5-23
?休 11:00-?

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

昔食堂 なおじ 小新店

【63】昔食堂 なおじ 小新店(新潟市西区)② 12:10
特製ガツンつけ麺 870円

今日は入り口付近で、店長さん(佐藤さん)ではなく「肉BANK」の方にいたお兄さんが仕切っていた。「肉BANK」の方の昼(ラーメン)営業はどうなったのだろうか?

食べたのは「特製ガツンつけ麺」。200307naoji
「肉BANK」の「鬼濃厚ガツンつけ麺」(H20.1.28参照)とほぼ同じで、平打ち麺に牛スジ煮込み、チャーシュー、キクラゲ、白髪ネギ、メンマ等のトッピングで、つけダレは魚粉(ていうか削り節の砕片も入ってる)でザラザラした濃厚なもので、そこに刻んだタマネギ等が浮かんでいる。
そして、鉄製の急須?で最初から割りスープがついてくるのも「肉BANK」と同様。
トッピングが「特製」だけあって価格に見合った満足を得られるものだったし、つけダレも好みのタイプで、最後のスープ割りもおいしいしということで、かなり高い評価なのだが、1つだけ難が。
麺の方の丼の底に水がたまっていて、底の方の麺は水浸し状態なので、終盤麺がダレるし、つけダレが冷める&薄まるという問題あり。
できれば水切りをしっかりするか、ザルで上げ底をしてこのような状態にならないようにしてもらえたらと。

新潟市西区小新3-3-1
?休 ?-?

| | コメント (2)

2008年3月 6日 (木)

猪や

【62】猪や(新潟市中央区)(38) 12:10
猪やBLACK600円 + 替え玉100円

一昨日のリベンジで再び「猪や」へ。
今日は先客は1名のみ。
しかし私が店を出る間際くらいから続々と後客が。
食べたのは「猪やBLACK」。200306inoya
やはりこの苦さクセになる。
そして、「麺が進む」スープなので、替え玉もオーダー。
ちなみに、店内には「3/13からメニューを一新」との貼り紙が。
でもこの「猪やBLACK」は是非是非残してほしい。

そして店を出るときの店主との会話。
店主「お客さんつけ麺好きでしたよね?」
私「はい」
店主「油そばは?」
私「もっと好きです」
店主「実は今、碧空麺舗(あおぞらめんぽ)@見附とのコラボでやろうとしてることがあるんですよ。4月に入ってから(日にち未定)になっちゃうと思うんだけど。」
実に楽しみ!

新潟市(中央区)信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

あきんど

【61】あきんど(新潟市西区)⑳ 12:15
ちゃーしゅーめん こってり 800円

※同僚と一緒のため写真撮影自粛
なぜか「こってり」は久しく食べていなかったことが判明。
なので、写真については前回「こってり」を食べたH19.6.18を参照してください。

新潟市西区寺尾西2-2-3
火休 11:30-14:30

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

浦咲

【60】浦咲(新潟市西区) (58) 12:15
特別潮らーめん 850円

「猪や」に向かったものの、店外にまで数名の待ち客ということで断念。
この繁盛ぶりはひょっとして「猪やブラック」効果?

200304urasakiというわけで、一本道で行けて、比較的近くにある「浦咲」へ。
こちらは混んでいて入れなかったことはないし、味的な面も含めてとにかく「裏切られることのない店」。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

一兆

【59】一兆(新潟市西区) ⑧ 12:05 
つけめん 700円

大崎(東京)のつけ麺で有名な行列店のリスペクト(「なおじ」風の表現)メニューと思われる期間限定の「大厘舎」目当てで訪れたものの、これはもう一つの支店限定だったのね。。。
とリサーチ不足を反省しつつ、それでもつけ麺に傾いた気持ちは不動ということで、つけ麺を冷やで。200303icchou
ほぼ1年ぶり(前回H19.3.22)に食べたのだが、印象はほとんど変わらず。
つけダレに甘み(苦手)は感じられず、ほどよい辛さだし、平打ち気味の太麺もそれなりに引き締まっていて(あつもりだとダレそう)、全体としてそつなくまとまっているのだが、欲をいえばワンポイント何か個性があればという感じ。
それから、スープ割りした後が前回の印象とは違って、意外と(失礼)おいしかった。
是非また行きたいと思うほどの吸引力は無いが、水準級の店ではあると思う。

新潟市西区小新西3-14-8
無休 11:00-23:00

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

我聞(がもん)

【58】我聞(がもん)(新潟市中央区) ⑨ 19:15
らーめん630円 + 炸(あげ)にんにく100円 + 半熟味玉50円 + 炙りチャーシュー丼250円
紫竹山方面に移転してきた「いっとうや」に向かったのだが、10名近い行列で断念。
近くの「我聞(がもん)」へ。
こちらも入店した時点ではすいていたが、店を出る頃には数名待ちの状態に。
この界隈も、紫鳥線沿いに「東横」「きんしゃい亭」「万人家」、少し北に向かえば「武蔵」「武吉兆(ぶきっちょう)」等人気店がしのぎを削る激戦区になってきた。

食べたのは「らーめん」。200301gamon
スープは魚介系強めのWスープということで、3年ほど前に関東方面から新潟に引っ越してきた当初は、向こうではやっている系のラーメンを食べられる店として重宝したものだ。
具はチャーシュー、メンマ、味玉半分、焼きのり、白髪ネギ、万能ネギがデフォルトで、これに揚げニンニクと味玉1個を追加トッピング。
揚げニンニクはスープとの相性という点でやや微妙だったが、味玉はコストパフォーマンス的にも○。あと、大きなチャーシューも程ほどの柔らかさで好みのタイプ。

あと、こちらは「炙りチャーシュー丼」。200301gamon2
チャーシューと白髪ネギ、万能ネギ、紅ショウガが載っている。
上述したようにチャーシューがおいしいので、こちらもおいしい。
昼時の100円というサービス価格なら文句なしだが、レギュラー価格の250円でも納得はできる。

今後は強力ライバル「いっとうや」とのかね合いが問題になるような気もするが、「いっとうや」の混雑状態が今後も継続されるようであれば、こちらに周ってくることもあろうかと。

新潟市中央区紫竹山3-3-30
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »