« 風の味 らーめん GOIN GOIN | トップページ | 浦咲 »

2008年3月24日 (月)

麺や 来味

【80】麺や 来味(新潟市東区) (28) 19:05
ゴン太つけ麺 800円→700円(クーポン割引) + 豚の煮込み丼(にこみとん) 200円

4月末までの期間限定の「貝柱とアジ煮干しの塩らぁ麺」目当てで訪れたのだが、ごく最近登場したと思われる提供期間未定・夜限定の新メニュー「ゴン太つけ麺」に惹かれてそちらをオーダー。
出てきたのはこちら。200324raimi
まず麺はメニュー上の記載によると、「太麺の4倍の太さ」ということで、確かに太い。茹で時間も10分近くかけていたように思われるが、それでも硬めの歯応えで、新潟市内だと「いなば@西区」を思い起こさせる。
つけダレは「鰹節の魚粉10倍の超カツオつけ汁」ということで、つけダレに浮かんだ海苔の上に盛られた魚粉の量は東京の行列店「六厘舎@大崎」をも凌駕するぐらい。ただし、「六厘舎」の方は、元々のつけダレ自体も濃厚な豚骨でドロドロ状態なので、魚粉だけが際立つわけではないのに対して、こちらは元のつけダレはそれほど濃厚でないので、魚粉が前面に出てくる。それに加えて甘みもあるので、好みの分かれる面もあるかもしれない。つけダレの甘みが苦手な私としては、甘みを魚粉でごまかしながら食べる感じに。

しかし。スープ割りの段階で評価が一変!
「つけダレに割りスープを入れるとジャリジャリしちゃうので」ということで、別容器で出される割りスープの方に、つけダレを適量入れて飲むように言われ、残っていたつけダレの6割程度(もうちょっと少なめでもよかったかも)を投入。
割りスープで割った段階で、不思議と甘さが気にならなくなり、実に美味な「鰹スープ」に。これまでに食べた(飲んだ)つけ麺のスープ割りの中でも、かなり上位にくるおいしさ。

というわけで、好みの極太麺に加えてスープ割りのすばらしさにより、(いつまで提供しているのかわからないが)是非とも再び食べたい一杯に。

200324raimi2あと、「豚の煮込み丼(にこみとん)」も、柔らかく煮込まれた豚肉、そして味付けも甘すぎずで、コストパフォーマンスも含めて○。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

|

« 風の味 らーめん GOIN GOIN | トップページ | 浦咲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風の味 らーめん GOIN GOIN | トップページ | 浦咲 »