« さっぽろ 純連 IN 新潟伊勢丹大北海道展 | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 »

2008年5月 7日 (水)

越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家

【123】越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 (新潟市中央区)(22) 12:10
旨醤(うまいじゃん)めん 680円

つけ麺を食べようと思って行ったのだが、新メニューの「旨醤(うまいじゃん)めん」が出ていたので、それにとびつく。200507mujinzou
麺はこの店自慢の柿ポリフェノール入りの太麺で、これを「特製ダレ+焦がしにんにくオイル+煮干しオイル」にからめて食べる。
具はチャーシュー、味玉、メンマ、なると、青ネギ、もやし、刻みのりでマヨネーズも添えられている。
そして、スープもついてくる。
食べてみての第一印象として、先月「猪や」が期間限定で出していた「豚脂そば」を思い起こさせるのはマヨネーズの影響か。
でも、2種の「オイル」が入ってはいるものの、「豚脂そば」ほど脂っこくはない。
このようなスープレス麺の場合、麺がしっかりしていないと話にならないと思うのだが、その点でもこの店の無かんすいなのにコシがある太麺は、うってつけ。
さらに、こういった系統の場合、魚会系の風味を出そうとしたら、魚粉に頼ることが多いように思うが、煮干しオイルでそれをやっている点もおもしろい。
というわけで、ひょっとしたら期間限定なのかもしれないが、何度か食べたいと思う逸品だった。
この系統のメニューが大好きな私としては、新潟でこのようなメニューが徐々に増えてきているのは嬉しい限り。
是非定着してほしい&麺に自信がある他の店もチャレンジしてもらいたいものである。

ちなみに、最初から付いてくるスープはどのように使えばよかったのだろうか?
つけ麺の割りスープのように使うほどには、麺を食べ終わった後にタレは残らなかったので、私は、口直しとしてそのまま飲んだ&サービスのライスを浸して食べた。

新潟市中央区女池上山1-5-15
無休 11:00-22:00

|

« さっぽろ 純連 IN 新潟伊勢丹大北海道展 | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さっぽろ 純連 IN 新潟伊勢丹大北海道展 | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 女池家 »