« 神田 磯野<東京> | トップページ | ばんかららーめん 池袋東口店<東京> »

2008年7月25日 (金)

ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>

【203】ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>①
2号ラァメン700円 + 秋田比内地鶏味玉150円

※雰囲気に押されて写真撮影自粛(実際は了承を得れば撮影可のようですが)

ネット上で評判が高い一方で、色々と禁止事項が多くて敷居も高そうな店「69'N'ROLL(ろっくんろーる)ONE」を初訪問。
グランドメニューの「2号ラァメン」をオーダー。
私語禁止・子ども禁止・水飲み残し禁止・(食事中)読書禁止・携帯禁止と「べからず尽くし」(中には当然のこともあるが)で、店内には異様な静寂が。
店側が緊張感をもって作るのはよいことだと思うが、客側にまで緊張をしいるのはいかがなものか等と思いながら、待つこと15分(14時15分着で1人待ちだった)。
出てきたラーメンのスープを一口すすると…うまい!
比内地鶏だけでとったスープだとのことだが、それでここまで深みのある旨味を出せるとは。
調理しているのを見ていたところでは、まず丼の底に鶏油(ちーゆ)を投入し、さらに仕上げにも味見をしながら鶏油を追加ということで、鶏油が大きな役割を果たしていそうではあるが、もちろんそれだけではないだろう。
麺は柔らかめに茹でた細麺で、本来私の好みではないのだが、これもこのスープには合っている。
具はチャーシュー、メンマ、ネギに追加トッピングの味玉で、メンマが好みの穂先メンマであった点を除けば、それほど印象には残らなかったが、スープ(&麺)だけで大満足の一杯だった。
というわけで、食べる前の反感とは裏腹に、おおいに気に入ってしまった。
多数の素材を使った「3号」や期間限定もあるようだが、「2号」がこれだけ完璧だと他のメニューに手を出すのにはためらいを感じる。

小田急町田駅西口徒歩13分
神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7
無休 11:00-18:00(100食で終了)

|

« 神田 磯野<東京> | トップページ | ばんかららーめん 池袋東口店<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田 磯野<東京> | トップページ | ばんかららーめん 池袋東口店<東京> »