« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

ぶらり<東京>

【207】ぶらり<東京> ③
魚つけめん 830円

飲み会が早めに終わったので、帰宅途中に22時前に訪問。
暑かったので、つけめんにすることに。
つけめんでも、「魚つけめん」「鶏白湯つけめん」「鴨つけめん」と種類があったが、飲んだ後なので「鶏白湯」は重いかなと思い、「魚つけめん」に。
出てきたのはこちら。200731burari
つけダレは、鶏白湯をベースに魚介系のスープを合わせたもののようで、流行っている魚粉で無理矢理魚介風味を高めた系統ではなく、バランスがとれている。
麺はツルツルの中太ストレート麺で、そのまま食べてもおいしかった。
具はチャーシュー、山クラゲ、白ネギ等。
締めのスープ割りも含めて、全体として、インパクトは無いものの、不満な点もなく、無難な一杯。
通勤系路上にあって、駅からも近く、しかも遅くまでやっていて、メニューも個性的な鶏白湯から本日の魚つけめんのような無難においしいものまでそろっているということで、今後も時々訪問することになりそう。

京浜東北線日暮里駅東口2分
東京都荒川区東日暮里5-52-5
日休 11:30-15:00 17:00-23:30 土祝11:30-22:00

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

つけ麺 達者<東京>

【206】つけ麺 達者<東京>①
鶏つけ麺 680円

夜、赤羽でラーメンを食べることに。
「ゆうひ屋」も考えたが、苦手なかいわれがどっさり入っているようなので、回避してこちらに。
先日(H20.7.10)の「糀や」の「饂麺(うーめん)」は、ラーメンのスープにうどんの麺だったが、こちらは(ほぼ)そばの麺にラーメンのつけダレのつけ麺。
麺はラーメン用の小麦も使っているといわなければ、見た目も食感も完全にそば。
つけダレは、つけ麺のつけダレ寄りではあるが、ラー油&コショウの辛さが前面に出ていて、私の口には合わず。
最後にスープ割りしてみたら辛さも薄れてダシの風味も感じられて、少し良くなったが。
食べてみての感想としては、そばの麺につけ麺のつけダレが合うかという問題以前に、辛いのは得意ではない私にとっては、ここの店のつけダレは口に合わず。
そばとラーメンの融合系は、以前「一二三(ひふみ)@吉祥寺(東京)」でも食べたことがあり、そちらの方が完成度としては高かったように思うが、それでもまた食べたいとは思わなかったので、そもそもこのような系統は私の口には合わないのかもしれないが。
あと、店が完全な立ち食いそば形式で、座り席が無く、しかも、カウンターが低いので、身長がある程度以上だと食べにくいし、つけ麺となると丼を持って食べることもできないし・・・というのもマイナス材料。

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

浦咲<新潟>

【205】浦咲<新潟> (64)
特別潮らーめん850円 + チャむすび210円

初めて子ども連れで土日に訪問。
私が食べたのはお気に入りメニューの一つである「特別潮」。
が、出てきた瞬間に、いつも入っている海老が入っていなくて「あれ?」
材料費高騰を値上げではなく、具を減らすことによって補ったのかな?と思いつつ、平日はいないお兄さん店員に「海老は入らなくなったの?」と確認したところ、「『潮』には入るけど『特別潮』には入らない」という明らかに怪しげなお答え。
当然納得できずに、いつもいる年配女性店員に再確認したところ、「入れ忘れてました。すぐにお持ちします。」
不慣れなのかもしれないが、テキトーなことを言ってごまかそうとするのはよくないゾ>お兄さん
しかも海老を持ってきたときにもお兄さんからは謝罪の言葉も無しということで、さらに印象悪化。
具の入れ忘れというミス自体はやむをえない(こんなに訪問していて初めてのことだったが)としても、その場合のフォローが大事なのに、そこで不誠実な対応をとるというはいかがなものか。
というわけでこれだけ気に入って通いつめてきた店なので、今日だけのことで行くのをやめようとは思わないが、店員教育はしっかりしてほしいものだ。
もっとも、一緒に行った子どもの評判が芳しくなかった(長女:つけめん 味噌味、次女:チャーハン)ので、新潟でのラーメン食べ歩きは、週末に子ども連れでというパターンが多くなりそうな私としては、訪問頻度が落ちるのは間違いないが。

※写真の掲載不掲載や営業時間・所在地等の店舗情報の掲載・不掲載の基準は原則と
して「はじめに」のとおりですが、今回のこの店に関しては、今日に限って不満大だったので、このような形にしました。

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

ばんかららーめん 池袋東口店<東京>

【204】ばんかららーめん 池袋東口店<東京>①
ばんかららーめん600円 + 秘蔵(葱油)50円

17時半頃、池袋から高速バスの乗る前の待ち時間に食べるべく「新がんこラーメン 総本家」に向かったのだが、残念ながら18時まで中休み。
そこで、急遽そのすぐ近くにあったこの店に入店。
池袋に本店があるチェーン店らしい。
食べたのは豚骨醤油の「ばんから」。
これにプラス50円で葱油が入る「秘蔵」にしてみた。
が、スープにラードの層があるうえに大量の背脂。
その背脂が溶け出してさらに脂分が増すうえに、葱油が追い討ち。
というわけで、麺やスープや具がどうのという以前に脂にやられてノックアウト。

| | コメント (0)

ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>

【203】ラァメン屋 69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE<神奈川>①
2号ラァメン700円 + 秋田比内地鶏味玉150円

※雰囲気に押されて写真撮影自粛(実際は了承を得れば撮影可のようですが)

ネット上で評判が高い一方で、色々と禁止事項が多くて敷居も高そうな店「69'N'ROLL(ろっくんろーる)ONE」を初訪問。
グランドメニューの「2号ラァメン」をオーダー。
私語禁止・子ども禁止・水飲み残し禁止・(食事中)読書禁止・携帯禁止と「べからず尽くし」(中には当然のこともあるが)で、店内には異様な静寂が。
店側が緊張感をもって作るのはよいことだと思うが、客側にまで緊張をしいるのはいかがなものか等と思いながら、待つこと15分(14時15分着で1人待ちだった)。
出てきたラーメンのスープを一口すすると…うまい!
比内地鶏だけでとったスープだとのことだが、それでここまで深みのある旨味を出せるとは。
調理しているのを見ていたところでは、まず丼の底に鶏油(ちーゆ)を投入し、さらに仕上げにも味見をしながら鶏油を追加ということで、鶏油が大きな役割を果たしていそうではあるが、もちろんそれだけではないだろう。
麺は柔らかめに茹でた細麺で、本来私の好みではないのだが、これもこのスープには合っている。
具はチャーシュー、メンマ、ネギに追加トッピングの味玉で、メンマが好みの穂先メンマであった点を除けば、それほど印象には残らなかったが、スープ(&麺)だけで大満足の一杯だった。
というわけで、食べる前の反感とは裏腹に、おおいに気に入ってしまった。
多数の素材を使った「3号」や期間限定もあるようだが、「2号」がこれだけ完璧だと他のメニューに手を出すのにはためらいを感じる。

小田急町田駅西口徒歩13分
神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7
無休 11:00-18:00(100食で終了)

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

神田 磯野<東京>

【202】神田 磯野<東京>①
磯野らー麺 1250円

今年4月OPENの新店らしい。
店主は「支那そばや」での修行経験があるとのこと。
食べたのは、「全部のせ」の「磯野らー麺」。
デフォルトの「らー麺」が780円で、トッピングも味玉が150円など強気な価格設定なので、全部のせだとこれぐらいの価格になるのもやむをえないところか。
出てきたのはこちら。200724isono
スープはWスープのあっさり・じんわり系。
麺はあっさり系のわりにはそれほど細くはないストレート麺。
具は海鮮ワンタン、チャーシュー、味玉、岩海苔、メンマ、白髪ネギ等。
中では海老等の餡がたっぷり入ったワンタンが秀逸。
全体として、インパクトはないが、まとまりのある、落ち着いて味わうことができる一杯だと思う。
あとは価格の問題。
素材にこだわっていると、これぐらいの価格になってしまうのかもしれないが、この価格だと頻繁に通う気にはなれない。
けれども、中身を考えれば、たまに行く分にはありかなと思われる。

銀座線神田駅4番出口徒歩5分
東京都千代田区神田須田町1-3
日休 11:30-20:00(土祝 -19:00,スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

らーめん 大 蕨店<埼玉>

【201】らーめん 大 蕨店<埼玉>①
らーめん600円 + 玉ネギ70円 + 魚粉50円

堀切に本店がある「二郎」系の店の支店。
「二郎」というと行列のイメージがあるが、ここは20時過ぎに訪れたところ、ギリギリですぐに座れた。
食べたのは「らーめん」で「野菜ニンニク」をコール。
出てきたのはこちら。200723dai
麺は「二郎」系らしい歯応えのある極太麺で、スープはかえしがきいていて濃いめ。
具も「二郎」系らしい肉塊が載っていて、もやし8割キャベツ2割ぐらいの野菜もたっぷり。
これに有料追加トッピングの玉ネギと魚粉が加わって、量的にも質的にも満足できる一杯だった。
欲をいえば、魚粉は別皿で出してもらえると、好きなタイミングで投入して味を変わられてよいと思うのだが。
でも、それほど混まないようだし、通勤経路上にある「二郎」系ということで、今後も訪問することがありそう。
できれば「油そば」も食べてみたいのだが、数量限定のようなので、夜だと厳しいか。

京浜東北線蕨駅東口徒歩3分
埼玉県川口市芝新町2-1
無休 11:30-25:00

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【200】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(40)
中田ブラック 770円

関東方面に単身赴任になって約20日。
週末に新潟に戻った時に行くラーメン屋は、どうしても新潟在住時によく通っていた店中心になって、なかなか新店開拓にまでは手が回らない。
というわけで、先日の「なおじⅡ」に続いて、本日は「GOIN GOIN」で「中田ブラック」を。200721goin
ちなみに、東京でも富山ブラックを出す店があるのか調べてみたところ、お台場のラーメン国技館の「いろは」という店で提供している…が、8月末までのようで。。。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>

【199】昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>⑫
昔醤油ラーメン630円

いつもは平日の12時過ぎに訪れて、「あえそば」ばかり食べていたのだが、土曜の夕方だと「あえそば」は売り切れになっていた(あるいは土日は元々出していない?)ので、久々にシンプルな「昔醤油」を。200719naoji
そして、これもいつもは具沢山の「特製」を食べていたのだが、今日はデフォルトで。
ちなみに、両者の相違は、「特製」にすると、牛スジ肉や焼き海苔が入り、味玉が半分から1個になるといった点のようだ。
それから、夜も盛況なのか、営業時間が延長されていた。

新潟市西区小新3-3-1
無休 11:10-25:00(日曜又は連休最終日は-22:00)

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

たまり家<新潟>

【198】たまり家<新潟>①
ワンタンメン800円

以前「なんばんや」だった場所にOPENした店。
昼はラーメン屋で、夜はラーメンも出す居酒屋という業態もOPEN当初の「なんばんや」と類似している。
23時50分に入店したのだが、金曜日ということもあって結構お客さんが入っていた。
居酒屋としてつまみも調理するかたわらでラーメンを調理していることもあってか、出てくるまでに約20分待ち。
食べたのは「ワンタンメン」。
出てきたのはこちら。200718tamariya
動物系と魚介系のWスープにさらに海老からとったダシも投入しているとのこと。
確かに味の面でも香りの面でも海老がはっきり出ている。
さらに、卓上の海老胡椒を投入することによって、「海老度」をより高めることもできる。
具は大きめのチャーシューに味玉、メンマ、万能ネギ、白ねぎ、そしてワンタン。ワンタンの餡は少量の肉だったが、ここまで海老にこだわるのであれば、海老ワンタンにしてもらえたらうれしかったのだが。
それから、残念だったのが麺。細めの縮れ麺だったのだが、ほとんどコシがなく、フニャフニャ。今日は茹で過ぎてしまったのかもしれないが、もう少しどうにかできないものか。
というわけで残念な点もあったものの、コンセプトはしっかりしているし、今後の改善に期待したいところ。

新潟市中央区米山2-2-9
不定休 11:30-14:30 18:00-LO25:30(日は昼のみ)

| | コメント (1)

2008年7月17日 (木)

麺や 庄の<東京>

【197】麺や 庄の<東京>②
極旨辛和麺730円+海老つけ卵100円+玄米茶魚介出汁100円

昨年(H19.6.11)訪問して限定メニューを食べたことはあるが、レギュラーメニューは今回が初めて。
とはいうものの、元々は限定メニューだったという「極旨辛和麺」をオーダー。
辛さは4段階から選べるが、辛いのは苦手な私は「辛さ控えめ」で。
18時50分着で、3人待ちだったのだが、丁寧な調理のため回転が遅いのは相変わらずのようで、食べ始めるまでに約20分。
出てきたのはこちら。200717shono
極太麺を使ったあえそばで、具は炙ったチャーシューに味玉、メンマ、水菜、白ネギ、刻み海苔、糸唐辛子、そしてベビースターラーメン。
ベビースターは「ジャンクガレッジ@埼玉」の専売特許かと思っていたが、こちらでも使っていて(どちらが先なのかは不明)、やはりあえそば系には実によくマッチする。
辛さも「控えめ」にしたおかげで、私にとってはほどよい加減。
麺も前回の感想は「麺が弱い」だったのだが、少なくともこの極太麺に関しては◎だった(他のメニューの麺が「改善」されたのかは不明)。
以上のようにデフォルトでもおいしかったのだが、この店のすごいのはここから。
まず、追加料金100円で「海老つけ卵」(他に「揚げネギつけ卵」もあり)を追加オーダー。
200717shono2なんとなく海老味の味玉を想像していたのだが、出てきたのは桜海老+卵黄。
すき焼きのようにこれに麺を浸して食べるのだが、この時点で味が一変。
さらに、追加料金100円で「玄米茶魚介出汁」も追加。
こちらはまず口直しに少し飲んだうえで、最後にタレの残った丼に投入して、スープ割り風に飲む。
少々上品過ぎて、「海老つけ卵」ほどの感動は覚えなかったが、結局飲み干した。
後半飽きてくるのがスープオフ系の宿命と思われる中で、最後まで楽しませてくれるのは見事!
というわけでぜひまた再訪して、今度は「揚げネギつけ卵」の方を試してみたいし、ラーメン・つけ麺等の他のメニューも食べてみたい。

南北線市ヶ谷駅7番出口2分
東京都新宿区市谷左内町1
日祝休 11:00-15:00 17:30-22:00(土は昼のみ)

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

そら<東京>

【196】そら<東京>②
しおらーめん650円 + 味玉100円 + 揚げネギ50円 + 干し貝柱のおむすび130円

約4年ぶりの訪問。
「しおらーめん」を。200716sora
麺は細打ち麺と平打ち麺から選べるが店の推奨に従って前者に。
淡い色のスープはあっさりながら魚介系のダシがきいていておいしい。
具はデフォルトだとチャーシュー、メンマ、水菜ということで、ちょっと淋しい気もするが、追加トッピングとして固茹での味玉とかなり焦げ焦げの揚げネギが入り、適度なボリュームに。
特に揚げネギは香ばしくてよいアクセントに。
全体として、おいしかったし、営業時間も長いので、飲み会後の帰宅途中等に立ち寄る機会が今後もありそう。
その時には、平打ち麺の方も試してみたい。
あと、「干し貝柱のおむすび」も130円というお手ごろ価格で満足できた。
ラーメンの価格が高騰してきている中で、これぐらいの価格のサイドメニューなら、手を出しやすいのだが。

銀座線神田駅1番出口4分
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00(土11:00-15:00)

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

ほん田<東京>

【195】ほん田<東京>②
濃厚豚骨魚介特製ラーメン 930円

前回(H20.7.7)初めて訪問してたいへん気に入ったので、さっそく再訪。
初訪から短期間で再訪というのはその店にハマる時のパターン。
今回は19時55分着で5人待ち、食べ始めるまでに15分待ちということで、前回ほどは待たずにすんだ。
食べたのは、「濃厚豚骨魚介特製ラーメン」。200715honda
スープはネーミングのとおり濃厚な豚骨と魚介のWスープ。
具はチャーシュー、味玉、白ネギ、メンマ、焼き海苔等は「香味鶏ダシ」と一緒(水菜は無し)だが、「香味鶏ダシ」の揚げネギ、鷹の爪に代わって辛味噌が入っているあたり、スープとの相性を考慮して、細かく差別化が図られている。
「香味鶏ダシ」同様こちらもスキのない完璧な一杯。
ただし、どちらが好みに合うかと問われたら、オリジナリティーという点で、今日のところは、僅差で「香味鶏ダシ」に軍配を上げたい。
こうなったら、是非近日中に訪れて、つけ麺も試してみたい。

京浜東北線東十条駅南口5分
東京都北区東十条1-22-6
水休 11:30-15:00 18:00-スープ切れまで

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

はやし<東京>

【194】はやし<東京> ③
味玉らーめん 800円

約3年ぶりの訪問。
「らーめん」「味玉らーめん」「ちゃーしゅーめん」のみというシンプルなメニュー構成の中から「味玉らーめん」を。200714hayashi
スープは魚介系のきいた和風のもので、麺は中太麺。
具はチャーシューに青ネギ、メンマ、そして味玉。
際立った特長はないものの、すべての面でまとまっており、評判どおり完成度が高い。
新潟でいえば「いっとうや」に近い方向性・水準か。
ちなみに入ったタイミングがよかった(13時15分入店)ようで、私は待たずに座れたが、その後数名規模の行列が。

東急田園都市線渋谷駅5番7分
東京都渋谷区道玄坂1-14-9
日祝休 11:30-15:30(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

ののや 新潟駅南店<新潟>

【193】ののや 新潟駅南店<新潟> ⑦
つけそば 大盛り 800円 + たまごごはん 200円

次女と二人で訪問。200712nonoya
つけそばは大盛りでも同料金なので、大盛りにしてもらって、子どもと分け合って食べた。
私はいつもどおりつけダレに卓上の魚粉コショウを多めに投入。
たまごごはんはいつもどおりタレがおいしかったし、合わせて1,000円で子どもと二人満足できたのでありがたい。

新潟市中央区米山6-8-4
不定休 11:30-22:00

| | コメント (0)

2008年7月11日 (金)

麺や 来味<新潟>

【192】麺や 来味<新潟> (34)
南蛮海老と地鶏のらぁ麺味玉入り 800円

新たな期間限定メニュー目当てで訪問。
今月の期間限定は、ラーメン博の時(H20.5.23)に「なおじ」「三吉屋」とのコラボで提供していた「南蛮海老と地鶏のらぁ麺」のリニューアル版。200711raimi
変更点としては、薄口醤油から濃口醤油に代えた(メニューの記載より)のと具の海老団子がなくなって海老が2尾に増えたこと。
食べてみての感想としては、おいしい!
ラーメン博の際にも私が食べた4杯の中で1番気に入っていたのだが、さらにシェイプアップされていたように思う。
スープの上層に大量の海老油が浮かんでいて、下手をすればくどくなりそうなのだが、油が上質なせいか、あるいはスープ及びタレとの相性がよいのか、この海老油が、このラーメンの最大の魅力となっている。
あと、味玉も味付けが濃いめなので、この店では付けないことが多いのだが、この強力なスープだとうまく調和しているように感じた。
というわけで、提供期間が7月末までの1ヶ月(通常の期間限定は2ヶ月なのに)なのが惜しまれる逸品。
※8月に再訪したところ、「好評につき」提供期間が8月末までに延期されてました。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

糀や(こうじや)<東京>

【191】糀や(こうじや)<東京> ①
饂麺(うーめん)700円 + 豚飯350円

すぐ近くにある「天照」と同じ経営者によるうどん屋とラーメン屋を融合した店。
19時50分着だったのだが、タイミングが悪かったらしく、3名待ちで、食べ始めるまでに25分待ち(その後は約20分にわたって後客ゼロだったのだが)。
食べたのは「饂麺(うーめん)」。200710koujiya
スープはラーメンのものだが、麺は「饂飩(うどん)」なのでこのネーミング。
うどんとラーメンの麺の基本的な相異は、かんすいを使っているか否かという点のようだが、実際には無かんすいのラーメンの麺もあるし、逆に燕三条系のような極太麺は「うどんのような」と評されることもあるように、うどんとラーメンのボーダーレス化みたいな状況もあるのかもしれないが、ここの「饂麺(うーめん)」は、確かに麺はうどんでスープはラーメン。
それでいて違和感を感じないのは、スープがそのように調整されているからか。
具は鶏のほぐしみや白ネギ、万能ネギ、焼き海苔、メンマ等。
鶏のほぐしみあたりは、ラーメンの具としては(うどんの具としても?)珍しいが、これも麺ともスープとも合っている。
というわけで、一見奇をてらったようにも見えるが、きちんとバランスのとれた一品。

あと、こちらはサイドメニューの豚飯。200710koujiya2
こちらは角切りの豚肉に白ネギ、万能ネギ、刻み海苔といった構成で、ゴマ油の風味がきいていて、なかなかおいしかった。

京成線堀切菖蒲園駅徒歩1分
東京都葛飾区堀切4-57-1
無休 11:30-14:30 17:00-23:00

| | コメント (0)

2008年7月 9日 (水)

ぶらり<東京>

【190】ぶらり<東京> ②
特選白湯らーめん930円 + 鶏ごはん110円

昨年(H19.8.27)期間限定メニューを食べに来たことがあるが、レギュラーメニューは今回が初めて。
というわけで、看板メニューであると思われる鶏白湯らーめんの特選を。
出てきたのはこちら。200709burari
黄色がかった白湯スープからは鶏のよい香りが立ち上る。
一口啜ってみると、濃厚な味わいながら、くどさはあまり感じない。
麺は細めのストレート麺。
具は鶏チャーシューに白髪ネギ、糸唐辛子とこの店の特色の一つである山クラゲ(「緑のメンマ」)。
鶏チャーシューはやはりスープに合っているし、山クラゲの食感もおもしろい。
というわけで、かなり気に入った。
遅くまで営業していることもあって、今後も訪問するのは必至。
あと、こちらはサイドメニューの「鶏ごはん」。
スープで炊き込んだということだが、ラーメンの濃厚な味わいに押されて、ちょっと薄味に感じられたので、結局スープに浸して食べた。
具も入っていないが、110円という価格からすれば、それでも納得できる。

京浜東北線日暮里駅東口2分
東京都荒川区東日暮里5-52-5
日休 11:30-15:00 17:00-23:30 土祝11:30-22:00

| | コメント (0)

2008年7月 7日 (月)

ほん田<東京>

【189】ほん田<東京>①
香味鶏ダシ特製ラーメン 900円

携帯のラーメンサイトで評判の高い今年オープンの店を訪問。
20時着で6人待ち。
食券を買ってから並ぶシステムとのことで、「香味鶏ダシ特製ラーメン」の食券を購入のうえ、並ぶ。
結局食べ始めるまでに30分待ち。
出てきたのはこちら。200707honda
まずスープはあっさりながらダシが効いている。
硬めに茹でられた細麺もスープとの相性はバッチリ。
具は3種のチャーシューに味玉、水菜、メンマ、焼きのり。
チャーシューは3種類ともおいしいし、味玉も半熟加減や味付けが絶妙。
そしてスープに浮かんでいる揚げネギや輪切りの鷹の爪もよいアクセントになっている。
というわけで、すべての面において全く文句無しで、スープも飲み干した。
行列覚悟でもまた行きたいと思うし、他のメニューも試してみたい。
ちなみに、最近の閉店時刻を聞いてみたところ、「スープをとる量を増やしたので、21時頃までやっていることが多いが、それより早く終わることもある」とのこと。

京浜東北線東十条駅南口5分
東京都北区東十条1-22-6
水休 11:30-15:00 18:00-スープ切れまで

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

手打ちラーメン たかの<埼玉>

【188】手打ちラーメン たかの<埼玉>①
ラーメン580円+揚げネギ150円+味玉100円

現在の居住地から自転車で訪問。
日曜日の夕方ということもあってか、家族連れで大賑わい。
揚げネギラーメンよりも「ラーメン+揚げネギ」の方がなぜか50円安いので、それ+味玉をオーダー。
出てきたのはこちら。200706takano
まず麺が、佐野ラーメンらしい、そして手打ちらしい不ぞろいな平打ち麺で、食感もよくて○。
スープは鶏メインのあっさりしたもので、これが麺をうまく引き立てている感じ。
具はチャーシューにメンマ、のり等と追加トッピングの揚げネギ、味玉。
揚げネギはプラス150円のわりにはそれほど存在感がなかった(50円ケチったせい?)が、味玉は味付けがスープとマッチしていてよかった。
全体として、際立った特長はないものの、欠点もなく、家から近いこともあって、時々食べたくなるものと思われる一杯だった。

東北本線浦和駅東口1.3km
埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8
月・第3火休 11:30-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0)

ジャンクガレッジ<埼玉>

【187】ジャンクガレッジ<埼玉>①
特製まぜそば 950円

東京・大崎のつけ麺で有名な行列店「六厘舎」のセカンドブランドのまぜそば専門店が大宮に移転したもの。
携帯のラーメンサイトでも大人気の店。
というわけで、行列覚悟で訪問したのだが、開店10分前到着で20人待ち、しかもボリュームがあるので回転が悪いせいか、食べ始めまでに1時間待ちとは。。。
大宮移転後はラーメンも提供しているものの、やはり名物の「まぜそば(特製)」の方を。
無料トッピングは、にんにく・辛め・課長(化学調味料)を指定(まぜそばの場合、野菜増しはできないとのこと)。
出てきたのはこちら。200706junk
具で覆われて見えないが麺は噛み応えのある極太麺。
具は、「肉」、卵黄、ベビースターラーメン、もやし、キャベツ、唐辛子マヨネーズ、フライドガーリック、花鰹など盛りだくさん。
中ではベビスターラーメンがいい味を出していた。
感想としては、(期待が大きすぎたせいもあるのかもしれないが)期待したほどでは。。。
もちろん、おいしいことはおいしかったので、1時間も待たされなければまた食べたいとは思うのだが、すいている時間を狙って遅めの時間に訪問すると、まぜそばが売り切れになっていることもあるようで。

東北本線東大宮駅西口徒歩9分
埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-47-4
未定 11:30-15:00 18:00-24:00

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

羅麺家 匠<埼玉>

【186】羅麺家 匠<埼玉>②
冷やたまつけめん 750円

3年ほど前に、もっと浦和駅の近くにあった頃訪問したことがある店。
その後、一旦春日部に移転し、再び浦和に戻ってきたようだ。
食べたのは新メニュー(期間限定?)の「冷やたまつけめん」。
濃厚とあっさりがあるが、前者を選択。
出てきたのはこちら。200705takumi
コシのあるストレートな太麺に、溶き卵がからめてある。
そのまま食べてもおいしかった。
つけダレには刻みチャーシュー、焼き海苔、白ネギ、メンマ等が入っていて他に薬味としてわさびとレモンも。
つけダレは結構魚介系の効いたオーソドックスなもので、これで「濃厚」なら「あっさり」だとやや物足りなかったかも?
途中でわさびや卓上の黒七味を入れて味を変えながら完食。
さらにスープ割りもしてもらった。
そのまま食べてもおいしかった麺が特に印象に残った。

東北本線浦和駅西口徒歩9分
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-12
日休 11:00-16:30(スープ終了時閉店)

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

大山(たいざん)神田店<東京>

【185】大山(たいざん)神田店<東京>①
エビ塩スパイシー神田デラックス 1100円

川崎店を初訪した際にたいへん気に入って、翌日も訪問した(H19.9.8-9)ことがある「大山(たいざん)」の支店が通勤経路である神田にもあると知ってかけつけた。
食べたのは「エビ塩スパイシー神田デラックス」、通称「神デラ」。この支店の名物らしい。麺は平打ち麺を選択し、ニンニク入りでお願いした。
出てきたのはこちら。200703taizan

桜海老のかき揚げをメインに、チャーシュー、味玉、焼き海苔、白髪ネギ、水菜など多彩な具。スープはネーミングのとおりスパイスがきいているが、辛いものが苦手な私でもおいしく食べられるレベル。
平打ち麺もこのスープに合っていたように思われる。
もちろん「主役」の海老も存在感たっぷりで、海老好きの私としてもおおいに満足できたのだが、海老とスパイスの相性という点ではちょっとどうかなという気も。

価格の高さもあいまって、次回は、海老の風味をストレートに味わえる「エビ塩デラックス」の方でよいかなと思った。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10
日休 11:00-15:00 17:00-22030 土祝11:00-20:00

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

八島<東京>

【184】八島<東京>⑤
エビ塩ワンタンメン 1050円

神田から移転する前に何度か訪問したことがある店に数年ぶりに訪問。
食べたのは「エビ塩ワンタンメン」。200702yashima
あっさりとした塩味のスープに細麺。
具はプリプリのエビがごっそり入ったワンタン×5個とチャーシュー、メンマ、焼き海苔、白ネギ等。
中では海老ワンタンが、餡のボリュームだけでなく、味付けもスープにマッチしていて秀逸。
これだけのものが5個も入っているのであれば、1000円を超える価格も致し方ない(しかもこの価格は、昨今の材料費高騰による値上げラッシュの中で値上げされた結果ではないものと記憶)ものと思われる。

銀座線日本橋駅B1出口徒歩5分
東京都中央区日本橋兜町16-1
日祝休 11:00-14:00 17:30-22:30 土(11:00-15:00)

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

旋(つむじ)<埼玉>

【183】旋(つむじ)<埼玉>①
特製中華そば 900円

夕方18時過ぎの訪問で先客3、後客1。
今年3月開店の新店とのこと。
「特製中華そば」とのこと。
出てきたのはこちら。200701sen
動物系・魚介系とも強力な濃厚スープに太麺。
具は厚さ1cm超の分厚いチャーシュー×2個と味玉1個、メンマ、水菜、焼き海苔。
スープが濃厚なだけでなく、チャーシューや味玉の味付けも濃いめで、さらにチャーシューも分厚いうえに脂身の比率が高くて、全体としてヘビーな一杯。
体調万全な時であれば「ごっつぁんです」になるのかもしれないが、その重さゆえにチャーシューは一部残してしまった。
それでも満足できるレベルではあったし、つけ麺の方も試してみたい。

京浜東北線北浦和駅西口徒歩10分
埼玉県さいたま市中央区新中里1-1-6
月休 11:30-15:00 18:00-22:00

| | コメント (0)

狼煙~NOROSHI~<埼玉>

【182】狼煙~NOROSHI~<埼玉> ②
まぜそば 650円

東京異動後、最初の店は、4月(H20.4.23)の出張時に訪問しておおいに気に入った「狼煙」に。
13時前の到着で3人待ちで食べ始めるまでに約20分待ち。
食べたのは、前回訪問時に気になっていた「まぜそば」。
中盛り(300g)でも同料金なのだが、それほど食欲がなかったので、普通盛り(それでも200g)に。
出てきたのはこちら。200701noroshi
極太でコシのある麺が主役の一品。
タレは、油そばではないのでそれほど油っこくはない。
具は塊状のチャーシューに卵黄、メンマ、玉ねぎ、白ネギ、桜海老、焼き海苔、そして魚粉。
非常に多彩ではあるのだが、最初によく混ぜすぎたせいか、後半は少々飽きてきた感じも。むしろそれほど混ぜずにムラのある状態で食べ進んだ方が、味の変化を楽しめたのかも?
それでも、主役の麺がしっかりしているだけに、おいしかった。
こうなると、海老風味の「辛つけ」やラーメンも試してみたくなる。

東武野田線北大宮駅徒歩10分
埼玉県さいたま市北区東大成町1-544
月・第2火休 11:30-15:30 16:30-20:30(土日祝11:15-20:00)

※今月(H20.7)からタイトル及び下段の記載方法を一部変更しました。
 下段の駅及び所要時間は、私が実際に利用した経路の場合であり、他にも手段がある場合があります。

| | コメント (0)

《ご挨拶》

本日(7/1)付けで東京に異動になりました。
ただし、新潟に家族を残しての単身赴任ですので、今後は東京(勤務地)・埼玉(居住地)・新潟(単身赴任元)を中心としてのラーメン食べ歩きをしたいと思っております。
(ブログのタイトルについては、リンクを張っていただいている方及び自分自身の手間^^;を考慮してこれまでどおりでいきます。)
単身赴任先ではインターネット環境を整えない予定なので、今後は週末(それも毎週とは限らない)にまとめて更新する形となってしまいますが、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »