« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

三咲屋<新潟>

【236】三咲屋<新潟> (33)
こってり正油らーめん+半チャーハンセット 880円

この店では私はあっさりの塩を食べることが多いのだが、今日は久々にこってりの正油を。200830misakiya
たっぷりの背脂により、スープがかなり甘い感じの口当たりになる。
具もあっさりの場合、チャーシュー、メンマ+焼き海苔、白ネギなのに対して、こってりだとチャーシュー、メンマ+もやし、青ネギとなる。特に、もやしは背脂たっぷりのスープと相性がよい(この辺は「吉相(きっそう)」なども同様だが)。
こってりとあっさりの価格差が150円もある(「正油」の場合)のは少々納得がいかない面はあるが、この店のこってりも捨てがたい。

新潟市東区大形本町3-1-75
火休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

なかじゅう亭<群馬>

【235】なかじゅう亭<群馬>①
味玉らーめん 780円

埼玉から新潟へ向かう途中でのラーメン屋訪問パート2。
高崎駅東口から歩いて7分ほどかかった。
「汐留らーめん@東京」の店主がプロデュースした店とのこと。
食べたのは「味玉らーめん」。
鶏白湯のスープに「まーらーちー油」(まー油&ラー油&鶏油)を浮かべてあるところがポイントらしい。
が、全体として油過多のスープで、「まーらーちー油」がアクセントになりきれていない(辛さは感じたが)ように感じた。
さらに、これだけこってりしたスープなのに麺は細麺というのも、私からすればマイナスに感じた。
というわけで、残念ながら再訪したいと思うほどの魅力は感じられず。
「汐留らーめん@東京」もあまり口に合わなかったし、どうもこの系統は私との相性が悪いようだ。

| | コメント (0)

支那そば 心麺<埼玉>

【234】支那そば 心麺<埼玉>①
塩ワンタンメン 950円

埼玉から新潟へ向かう途中でのラーメン屋訪問パート1。
「支那そばや」で修行経験がある方が店主とのこと。
名古屋コーチンの丸鶏や烏骨鶏、アゴ、ホタテでダシをとり、塩ダレには粟国の塩を使用とのことで、高級素材をふんだんに使っているあたり「支那そばや」出身らしい。その分デフォルトで800円という高い価格水準もこの系統らしいが。

200829shinmen透明度の高いスープをすすってみると、あっさりした上品な味わいながら、旨みが強くてさすがと思わせる。
麺は細麺で、あくまでもスープの引き立て役という感じ。
具はチャーシューとメンマ、揚げネギ、みじん切りのタマネギ、小松菜、そして肉ワンタン数個。
中では揚げネギとタマネギがよいアクセントに。
ワンタンは特筆すべきものではないと思ったが、プラス150円なら載せておこうかという気になる。

というわけで、総じて満足できる一杯ではあったが、あとはこの価格水準をどう見るかだろう。私としては、たまにしか行けない場所にあるので、これぐらいの価格でも許容範囲だが、普通に考えると、800円もとるのならせめて味玉ぐらい入れてほしいところではないかと。

高崎線北本駅東口6分
埼玉県北本市本宿1-22
水及び第1・3・5木休 11:00-14:30 18:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

天神屋<東京>

【233】天神屋<東京>⑧
特製つけ麺 900円

横浜在住時以来約3年半ぶりの訪問。
この間に秋葉原の方に支店?を出し、店主はそちらに移ったとのことなので、現状ではこちらが実質的には支店なのかもしれない。
訪問回数にも表れているように、以前はかなり気に入っていて、結構な頻度で訪問していた店で、特に気に入っていた「特製つけ麺」をオーダー。

出てきたのはこちら。200827tenjinya

つけダレは豚骨魚介系。麺はストレートな太麺。
具はチャーシュー、メンマ、味玉とつけダレに浮かんだネギ等。

今やこの系統で、魚粉どっさりだったり、極太麺を使ったりと、よりインパクトの強いものを出す店が増えているだけに、特別においしいとまでは思わなかったが、特に不満もなし。
最後にスープ割りもしてもらった。

銀座線末広町駅3番出口6分
東京都文京区湯島1-11-13
日祝休 11:30-21:00(土-15:00,スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

こくや 原田屋<愛知>

【232】こくや 原田屋<愛知>①
中華そば(塩) 730円

出張先の名古屋にて昼食時に。
食べたのは「中華そば」。
醤油か塩か選べるが後者を選択。
出てきたのはこちら。200825kokuyaharadaya
鶏&魚介のWスープは半透明で無化調だそうだが、見た目よりもダシが効いている。
麺は細麺で、具はチャーシュー、メンマ、味玉、焼き海苔、ネギと一通り入っている。中ではチャーシューがGOOD。
全体としてそつなく仕上がっていたので、今後の名古屋出張時に再訪する機会がありそう。

愛知県名古屋市中区栄3-2-115
日休 11:30-14:30 18:00-22:00

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

いっとうや<新潟>

【231】いっとうや<新潟>(21)
醤油 600円

200823ittouya埼玉に単身赴任する前に訪れて以来、約2ヶ月ぶりの訪問。
14時50分着で2人待ちという人気ぶりはさすが。
さらに、在京地区で食べ歩いてきたうえで比較してもこの店のラーメンはかなり上位に属することを改めて認識。
それでこの価格なのだから、頭が下がる。

新潟市中央区紫竹山3-5-23
無休 11:00-22:00

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

中華そば つし馬<東京>

【230】中華そば つし馬<東京>⑤
バリ煮干しそば750円 + みそおにぎり100円 + ゆで玉子50円

昨年(H19.11.16)携帯のラーメンサイトの会員限定・期間限定の「津軽濁だく煮干し」を食べて以来の訪問。
これがレギュラー化したらしい(完全にイコールではないかも?)という情報を得て再訪。
食べたのは「バリ煮干しそば」。200821tsushima
限定時とは名前も変わっていたが、スープも、「マニア向け」だった時と比べて苦みがおさえられて、その分しょっぱさがちょっと目立っていたように思う。
具はチャーシューにメンマ、白ネギ。
あと、ゆで玉子は、自分で殻をむかなければならない代わりに50円というのは好感がもてる。
感想としては、どうせ煮干を前面に出すのなら限定時ぐらい苦くしてもらった方が私の好みには合っていたかも。限定時とは違って万人受けを狙うとこれぐらいになるのかもしれないが。
私としては、この系統だと、味の面では「伊藤@王子神谷」、コストパフォーマンスの面では「遊@鶯谷」に軍配を上げたくなるが、近くに来た時にはまた食べようと思うレベルではある。

銀座線浅草駅1番出口1分
東京都台東区浅草1-1-8
無休 11:30-21:30(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

めん徳 二代目 つじ田 神田御茶ノ水店<東京>

【229】めん徳 二代目 つじ田 神田御茶ノ水店<東京>②
二代目らーめん950円

子ども連れで上野動物園に行った後に立ち寄る。
千代田線の根津駅から乗ったので、新御茶ノ水駅から向かったが、丸の内線淡路町
駅等の方が近い。
16時少し前という中途半端な時間ながら空席待ちという人気ぶり。
食べたのはいわゆる全部載せの「二代目らーめん」。200820tsujita
豚骨と魚介のWスープで、濃厚ながらバランスがとれている。
麺はスープの濃厚さに負けない太麺。
具はチャーシューと味玉、焼き海苔、メンマ、白ネギ。
途中で卓上の「黒七味」を入れると味が変わって最後まで飽きがこない。
全体としてかなりハイレベルな一杯。

あと、こちらは子どもが食べた「チャーシュー丼」320円。200820tsujita2
ほぐしチャーシューと白ネギを載せた後にバーナーで炙っているようで、チャーシューやネギに焦げ目がついているところが面白い。

通し営業ということで、麹町の本店よりは行きやすい点も○。

千代田線新御茶ノ水駅B3出口3分
東京都千代田区神田小川町1-4
不定休(日休の場合あり) 11:00-22:00(土祝11:00-21:00)(スープ終了時閉店)

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

魂麺<千葉>

【228】魂麺<千葉>④
魂麺600円 + 味玉100円

1年数ヶ月ぶりの訪問。
この間に店名から「まつい」が取れて、シンプルに「魂麺」という店名に。
前回(H19.3.23)食べてみたいと書いていた店名と同名のメニュー「魂麺」を。200819konmen
鶏白湯の「太魂」に対して、こちらは鶏清湯スープ。
これがシンプルながら実によく旨味が出ている。
「ほん田」「69'N' ROLL(ろっくんろーる)ONE」等でも鶏系のスープで感動しており、最近鶏系がマイブームに。
麺は細麺で、好みからは外れているが、スープとの相性という点では○。
具はチャーシュー、メンマ、ほうれんそう、焼き海苔と追加トッピングの味玉。
麺の魅力では「太魂」だが、スープだと「魂麺」の方が好みにあっており、甲乙つけがたい。
さらにつけ麺もおいしいし、期間限定メニューもありということで、近くにあれば通いたくなる店。

総武線本八幡駅南口徒歩3分
千葉県市川市南八幡3-6-17-102
無休 11:30-15:00  18:00-25:00(日祝は-23:00)
   (木は別メニューで18:00-スープ切れまで営業)

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

麺屋武蔵 武骨<東京>

【227】麺屋武蔵 武骨<東京>④
黒武骨らー麺750円 + 武ッ炊き飯210円

横浜在住時に訪れて以来、約3年ぶりの訪問。
御徒町駅等からの方が近いものと思われるが、定期券の関係で上野駅から。
19時15分着で5人待ち、食べ始めるまでに15分待ち。
食べたのは「黒武骨らー麺」。200818bukotsu
マー油で黒いスープはよくあるが、ここの黒はイカスミの黒。
かなり油っこく、そしてイカ臭い。
麺は太めで、具は厚めのチャーシューにメンマ、万能ネギ等。
全体的にパワフル・おおづくりな感じで、どちらかというと若い人向けか。

あと、「武ッ炊き飯」はこちら。200818bukotsu2
餡状のタレがかかった小さな角切りチャーシューと万能ネギが載っている。
ラーメンに入っているチャーシューの分厚さからすると、ちょっと期待はずれな面もあるが210円という価格からすればこんなものか。

トータルの感想としては、あまり長時間並んでまで食べたいと思うほどではないが、今日ぐらいだったら、ギリギリ許容範囲内。

銀座線上野駅5a出口3分
東京都台東区上野6-7-3
無休 11:30-21:00(スープ切れ終了・土日祝は昼のみ)

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

こうかいぼう<東京>

【226】こうかいぼう<東京>③
ちゃーしゅうごはんセット 850円

横浜在住時に訪れて以来、約4年ぶりの訪問。
11時40分着で約10人待ちで、食べ始めるまでに20分強だったので、回転はよい。
食べたのはラーメンとちゃーしゅうごはんのセット。
ラーメンはこちら。200816koukaibou
魚介の効いたWスープに麺は太めのストレート麺。
具はチャーシューと極太メンマ、焼き海苔、白ネギ。
かなり和風の度合いが強いラーメンで、おいしかった。
(過去の記録を読み返したところ、味玉が絶品だったようなので、トッピングしなかったことが悔やまれる。)

あと、こちらはセットのちゃーしゅうごはん。200816koukaibou2
ほぐしたチャーシューとちぎった海苔が載っている。
ラーメンとセットで850円というのは価格的にもリーズナブル。

そして、特筆すべきは接客のよさ。
夫婦2人で手際よく切り回しながら、あれだけ愛想よく接客できるのはすごい。

逆にイラっとさせられたのが隣の中年女性2人組の客。
行列になってるのに、食べ終わった後も居座ってしゃべっていたので、「KY」だなと思っていたら、「すごい。あんなに行列になってる。」との一言を発しながらもさらに居座る。「KY」以下ですな。

東西線門前仲町6番出口5分
東京都江東区深川2-13-10
水第1・3・5日休 11:00-15:00 17:30-18:30(スープ切れ終了・土日祝は昼のみ)

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

ほん田<東京>

【225】ほん田<東京>④
香味鶏ダシ特製ラーメン 900円

初訪問から1ヶ月強で4回目の訪問と完全にハマった。
今日は19時10分着で7人待ち、食べ始めるまでに20分強。

200815honda過去3回はそれぞれ異なるメニューを試してきたが、今回はその中で1番気に入った「香味鶏ダシ特製ラーメン」。
やはりスープ・麺・具のすべてにおいて文句無し!

京浜東北線東十条駅南口5分
東京都北区東十条1-22-6
水休 11:30-15:00 18:00-スープ切れまで

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

九州じゃんがら 神田西口店<東京>

【224】九州じゃんがら 神田西口店<東京>①
ぼんしゃん670円 + 味玉100円 + 角肉200円 + カピタン50円

※カピタンは後から追加したため、写真には写ってません。

「大山(たいざん)」に向かったものの、お盆休み。
そこで、途中にあった「九州じゃんがら」へ。
記録に残してラーメンを食べ歩くようになる前(5年以上前)には、秋葉原の本店や赤坂店によく行っていたが、この支店は初訪問。
食べたのは「ぼんしゃん」。200814jangara
鶏ガラ等も使ったスープの「じゃんがら」に対して、こちらは豚骨オンリーでこってり&クリーミー。
麺は九州ラーメンらしいストレートの細麺。
具はチャーシュー、千切りにしたキクラゲ、ネギ等に加えて追加トッピングの味玉と角肉。
この中では味付けも柔らかさも絶妙の角肉がすばらしい。
そして以前食べたときの記憶に照らして「何か足りない」と思い、「そういえば」ということで後から追加したのがカピタン(揚げニンニク)。
途中から追加したカピタンや卓上のゴマで味を変えつつ最後までおいしく食べた。
以前通っていた時ほどの感動はなかった(ラーメン屋全般の水準が上がったせいか)ものの、白濁豚骨はあまり好きではない私としては、この系統の中では上位の評価。

銀座線神田駅1番出口徒歩6分
東京都千代田区内神田2-11-8
土日祝休 11:00-23:00
公式HP:http://www.kyusyujangara.co.jp/index.html

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

覆麺<東京>

【223】覆麺<東京> ①
味玉覆麺 880円

今年7月OPENの新店。
店員さんが覆面を被って働いているということで、早くもネット上で注目を集めている。
しかも、店員さんは日本語がよくわからないという「設定」で、「アンガーラ」という言葉を多用する。
食べたのは「味玉覆麺」。200813fukumen
が、出てきたものを見ると味玉が無い。
普通に日本語で言っていいものかと思いつつも、おそるおそる「味玉が入ってないんですが」と申し出たところ、あっさり「設定」を度外視して「忘れてました。すみません。」と返された^^;
このあたり、意外と?礼儀正しい。
で、まずスープだが、貼り紙に「あっさりしてない」とある割には、スープ自体はどちらかといえばあっさり系の醤油味。
麺は細麺ながら量が多い(200g)ので、食べ応えあり。
具はチャーシューと大量の揚げネギ、味玉、もやし、メンマ、白ネギ。
中では揚げたての揚げネギが香ばしく、さらにその油分がスープを程よくこってり方面にシフトさせて秀逸。
というわけで、かなり満足できる一杯だった。
油そば(油覆麺)の方もぜひ試してみたい。

半蔵門線神保町A4出口2分
東京都千代田区神田神保町2-2
不定休 11:00-22:00(日祝-18:00)

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

ぶらり<東京>

【222】ぶらり<東京> ④
鴨つけめん 830円

前回(H20.7.31)同様、飲み会が早めに終わったので、帰宅途中に21時半頃訪問。
前回の「魚つけめん」に続いて今回は「鴨つけめん」を。
出てきたのはこちら。200811burari
つけダレは油は浮いているものの、基本的にあっさり系で甘みも感じられる。
具は鴨肉、山クラゲ、白ネギ等。
麺は「魚つけめん」同様の中太ストレート麺。
甘いつけダレは苦手なので、その点はマイナスだったが、とにかく麺がおいしいので、全体としてはいちおう○の評価にはなる。
これで約1ヶ月半で3回訪問し、毎回異なるメニューを試してみたが、現時点での私の好みは「鶏白湯」>「魚つけめん」>「鴨つけめん」。

京浜東北線日暮里駅東口2分
東京都荒川区東日暮里5-52-5
日休 11:30-15:00 17:00-23:30 土祝11:30-22:00

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

ジャンクガレッジ<埼玉>

【221】ジャンクガレッジ<埼玉>②
ラーメン 700円

19時15分着でちょうど1席だけあいていてすぐに着席。
その後行列になったので、タイミングがよかったもよう。
2回目なので、今日はラーメンの方に。
無料トッピングは全部=野菜・にんにく・辛め・あぶら・課長(化学調味料)をコール。
ちなみに前回訪問時には無かったチーズ(まぜそばのみ)の無料トッピングが追加になり、課長には「化学調味料」という注釈が加わっていた。

出てきたのはこちら。200810junk
要するに「二郎」。
野菜は量的にもなかなかのものだし、キャベツも結構入っている点もGOOD。
「あぶら」の追加により私にとってはちょっとくどかったのと野菜をある程度制覇して麺にたどりつくまでに時間を要したため、麺がのびてきていたこともあって、終盤は苦戦しながらもなんとか完食(スープ除く)。
感想としては、おいしい二郎系ではあったが、それならば他所でも食べられるので、この店に来たらやはり「まぜそば」(それも特製)の方に行きたくなる。

東北本線東大宮駅西口徒歩9分
埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-47-4
未定 11:30-15:00 18:00-24:00

| | コメント (0)

猪や<新潟>

【220】猪や<新潟>(44)
猪やBLACK600円 + 替え玉100円

200810inoya久々にたっぷりのマー油の苦みを味わいたくて、2ヶ月ぶりにこの店に。店主さんは私のことを覚えてくれていて、「久しぶりですね」と言われたので、事情(単身赴任)を説明。
在京地区にもこれくらいマー油たっぷりのとんこつラーメンもあるのかもしれないが、ここのBLACKで十分満足しているし、白濁とんこつはそれほど好きでないので、新潟に帰った時にたまにここで食べれば十分といった感じ。

新潟市中央区信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日は通しに)

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

麺や 来味<新潟>

【219】麺や 来味<新潟> (35)
名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺850円 + 豚の煮込み丼200円

不定期に提供している2種のメニューのうち、未食だった「名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺」についに遭遇。
出てきたのはこちら。200809raimi
動物系は名古屋コーチンのみ(他に青森産焼干子、真昆布等)でとったというスープに細麺、具はネギのみが載った状態で出てくる。
まずはその状態で味わってみると…スープが絶品!
そのまま完食・完飲しそうな勢いもあったのだが、せっかくなので、別皿の具(鶏チャーシュー、メンマ、水菜、鞠麩等)も加える。
具もスープの味わいを阻害することなく、あっという間に完食・完飲。
850円という価格は、これまでの限定メニューや他のメニューと比べても強気な設定だが、それだけの価値はあると感じた。

200809raimi2あと、量的に若干物足りない分については、コストパフォーマンスの高い「豚の煮込み丼」で補完。

ちなみに、新潟ではなかなか食べられないレベルの極太麺・魚粉たっぷりの「ゴン
太つけ麺」のメニューが消えていた。残念。。。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

味噌らーめん 南部<東京>

【218】味噌らーめん 南部<東京>①
にぼ味噌らーめん 750円

前島司氏の「せたが屋」グループの中で味噌をメインとする店。
13時30分入店で先客ゼロ(後客1)とこの系列にしてはすいている。
食べたのは「にぼ味噌らーめん」。200808nanbu
店名にもなっている「南部」鉄器の器に入って、熱々の状態で出てくる。
スープはネーミングのとおり煮干をきかせた味噌ラーメンという珍しいタイプ。
が、昨日もっと煮干が前面に出たラーメンを「遊」で食べていたこともあって、やはり煮干が味噌に押され気味でそれほどのインパクトは感じられず。
麺は中くらいの太さで、具はチャーシュー、焼きのり、青ネギ、ひき肉等。
今回は真夏の昼下がりのクソ暑い時期で、「鉄器で熱々」というコンセプト自体が不向きな環境だったので、寒い時に食べるとまた印象が変ってくるかもしれない。

東急東横線自由が丘北口5分
目黒区自由が丘1-23-2
木休 11:30-15:3 17:30-22:00
公式HP http://www.setaga-ya.com/shop/nanbu.html

| | コメント (0)

つけめん 102<埼玉>

【217】つけめん 102<埼玉>①
味玉つけめん 大盛り 850円

千駄木(東京)の有名店「TETSU(てつ)」の工場兼研究所的な位置づけの店とのこと。
千駄木の本店は未訪だが、品川の「品達ラーメン」内の支店にはいったことあり(H20.1.24)。
こちらの店もOPEN後間もないのに既に大人気ということで、行列覚悟で開店5分後に到着したところ、意外にも待ち無しで着席。
その後続々とお客さんが訪れ、店を出る頃には10人規模の行列になっていたが。
食べたのは「味玉つけめん」。
大盛り(300g)にしても同料金なので、大盛りに。
極太麺でしかもつけ麺なので茹で時間がかかる中で、10分強で出てきた。200808_102
まず、品川でも感動したのだが、コシのある極太麺が絶品。
そして、つけダレは動物系+魚介系の流行っているタイプのもの。
ここまでは品川同様なのだが、特筆すべきと思われるのが、無料の追加トッピング。
唐辛子、コショウ等の通常の調味料に加えて、揚げネギ、カレー粉、青のり、かつお粉増量が無料で、しかもかつお粉以外は卓上に置いてあるため、自在にカスタマイズ可能。
今回は、唐辛子、コショウに加えて、好みの揚げネギを序盤から投入し、カレー粉は大きく味が変わる可能性があるため、後半に遠慮気味に追加してみた。
最後に「TETSU(てつ)」名物の焼き石を投入のうえ、スープ割りまで完飲。
ちなみに、焼き石はおそるおそる投入するよりも一気に投入した方がはなないらしい(隣席の常連ぽいお客さんの講釈より)。
接客も含めて文句無しだったし、豊富なトッピングにも惹かれるので品川以上の好印象。

東北本線大宮駅西口7分
さいたま市大宮区桜木町2-446
月休 11:30-15:00頃(売り切れ終了)

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

麺処 遊<東京>

【216】麺処 遊<東京>①
中華そば600円 + 肉飯400円

強烈な煮干しスープで有名な秋田の「伊藤」。
そののれん分けが王子神谷(東京)の「伊藤」で、この「遊」はさらにその息子さんの店だとのこと。
にぎわっている立ち飲み屋さんの隣にあって、間口も狭いので、通り過ぎそうになった。
まず食券を購入したうえで入店。
食べたのは「中華そば」と「肉飯」。200807yuu
「伊藤」では「そば」だと具はネギのみだが、こちらは「中華そば」にもネギの他に分厚いチャーシューも入っている。
スープはやはり煮干しが効いているが、「伊藤」ほど強烈ではないと感じた。
麺は「伊藤」同様の細麺。
感想としては、「伊藤」レベルまで煮干しが強烈だと好みが分かれるところかもしれないが、こちらの方がより万人受けする感じ。
麺もパツンパツンしていておいしいし、チャーシューが入っている点もうれしい。
営業時間も「伊藤」より長く、駅からの距離も近いうことで、色々な意味で「敷居の低い伊藤」という感じか。
あと、「肉飯」はチャーシューがてんこ盛り。
個人的には、コショウがききすぎているように感じたのともう少しチャーシューが少なくてもよいからあと100円ぐらい安いと手を出しやすいのにとは思ったものの、この店で満腹になろうとしたら、やはり付けたくなりそう。
ちなみに、8/13~8/27の間長期休業とのことで、うらやましい限り。

京浜東北線鶯谷駅南口2分
東京都台東区根岸1-3-20
不定休 11:30-20:30頃(土日祝-18:30頃)

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

特一富屋<北海道>

【215】特一富屋<北海道>①
醤油ラーメン 700円

「北一」の後、もう一杯ぐらいいけそうな腹具合だったため、一人で「ラーメン横丁」へ。
旭川ラーメンの「特一富屋」に入店。
「ひぐま」など行列している店もある中で、ここは先客1名(後客ゼロ)という淋しい状態。
食べたのは「醤油ラーメン」。
スープは魚介系と鶏系から選べる中で、鶏系を選択。
酔っていたこともあって、最近ハマッている鶏系を選んだようだが、後で考えると、旭川ラーメンなら魚介系にした方がよかったのかも。
出てきたのはこちら。200805toku1_2
醤油ラーメンらしい色合いのスープで、表面にはラードの層で、麺は太め。
具はチャーシューとメンマ、斜め切りのネギ。
スープは少々甘みが感じられる点がやや気になったものの、熱々でおいしかったし、その他の面でも特筆すべき点はなかったものの、とりあえず満足。
ちなみに東京(あきる野)にも「特一富屋」があり、こちらも旭川ラーメンの店なので、何か関係があるのか?

札幌市中央区南5条西3丁目(ラーメン横丁)
無休 10:00-26:30

| | コメント (0)

北一 本店<北海道>

【214】北一 本店<北海道>①
特製味噌ラーメン 900円

※同行者がいたため写真撮影自粛
出張先の札幌にて飲み会後に目上の方のご案内により訪問。
本当は近くの人気店「けやき」に行ったのだが、大行列により断念してこちらに向かったもの。
本来食券制なのだが、6名ほどで食券販売機の前に群がっていたら、口頭注文でも可という柔軟な対応。
味の方は、「ホエー豚のラードが決め手」だそうだが、酔っ払っていたせいもあって、かなり味が濃かった印象しか残らず。

※味の記憶が定かでないため店の詳細情報は省略

| | コメント (0)

イレブンフーズ<東京>

【213】イレブンフーズ<東京>②
ラーメン 750円

基本的に取材拒否の店らしく、マスコミ等には露出していない(たぶん)。
数年前に訪れて以来、2度目の訪問。
ラーメンとチャーシューメンの2品のみの店で、前者をオーダー。
出てきたのはこちら。200805eleven
化調たっぷりのスープにやわやわの麺(今日はちょっと茹ですぎだったかも?)。
そこに大きな塊のチャーシュー、わかめ、キクラゲ、焼き海苔、玉ネギ等が載る。
と これだけ書くとあまりおいしそうには思われないかもしれないが、全体的なバランスがよいようで、不思議とおいしい。
スープがしょっぱめなせいか、化調の影響かは定かではないが、食後にやたらと喉がかわいたのもジャンキーな味ならでは。
精算は、カゴに勝手に入れていく(つり銭も自分で取る)原始的な「セルフ精算方式」。
でも、万札のお客さんが申し出たら、ちゃんと店側で対応していたが。

京浜急行新馬場駅北口8分
東京都品川区東品川1-34-23
日祝休 8:00-18:00(土-13:30)

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

ほん田<東京>

【212】ほん田<東京>③
特製濃厚豚骨魚介つけ麺(魚介) 930円

「ほん田」に向かうべく電車に乗っていたところ激しい雷雨が。
が、前向き思考の私としては、これで行列する人が減ってくれれば と思いつつ向かったところ、期待どおり、19時半着で前客3名というこの店としてはありえないと思われる状況。
3度目の訪問の今回は、「香味鶏ダシ特製ラーメン」「濃厚豚骨魚介特製ラーメン」に続いて、つけ麺を。
つけ麺は、券売機上ではノーマルと特製の2種のみだが、食券を渡すときに魚介or柚子から選択できるので、今回は前者に。
出てきたのはこちら。200804honda
つけダレのベースはその名のとおり「豚骨魚介ラーメン」の方と同系統の濃厚なもの。
麺は中太で、チャーシュー、味玉、かいわれ、刻み海苔等の具が載っている。
つけダレ、麺、具(嫌いなかいわれは取り除いたが)、さらに最後のスープ割りも含めて、特段の文句無しで満足。
これで3種のメニューを試してみたわけだが、今のところ、「香味鶏ダシ特製ラーメン」が1番口に合って、「濃厚豚骨魚介特製ラーメン」と「特製濃厚豚骨魚介つけ麺(魚介)」はほぼ同じくらい。
ただし、いずれにしても僅差だし、どれでもおいしいと思うので、その時の気分・気候・体調によって、何をオーダーするかは変わってくるものと思われる。

京浜東北線東十条駅南口5分
東京都北区東十条1-22-6
水休 11:30-15:00 18:00-スープ切れまで

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

手打ちラーメン たかの<埼玉>

【211】手打ちラーメン たかの<埼玉>②
ラーメン580円+チャーハンセット(半チャーハン+サラダ+つけもの)350円

日曜夕方に2度目の訪問。
17時35分着で先客ゼロだったので、今日はすいているなと思っていたのもつかの間、続々と家族連れのお客さんが訪れて18時前にはほぼ満席に。
今回食べたのはラーメン+チャーハンセット。200803takano
ラーメン=佐野ラーメンは、やはりスープと麺の相性がよくておいしい。
チャーハンセットは、チャーハンはごく普通だし、サラダ&つけものも付くとはいえ、それで350円というのは必ずしもコストパフォーマンス的にすぐれているとは思えないが、とりあえずお腹いっぱいにはなる。

東北本線浦和駅東口1.3km
埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8
月・第3火休 11:30-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

えんや<埼玉>

【210】えんや<埼玉> ①
らーめん700円 + ミニチャーシュー丼200円

本来の開店時刻であるはずの11時30分に到着したものの、未開店。
それでも、開店準備をしている気配はあったので、待っていたところ、7分遅れで開店。「お待たせしました」の一言ぐらいはあってもよいと思うのだが。
「らーめん」をオーダーして出てくるまでにさらに10分以上ということで、開店時時刻に到着した最初の客が食べ始めるまでに約20分というのはいただけない。
が、味の方では満足。200802enya
豚や魚は使わず鶏と野菜がメインの塩味(基本的に塩専門店)のスープはあっさりながらしっかりダシがきいていておいしい。
麺は平打ち気味でスープにマッチ。
具はチャーシュー、メンマ、焼き海苔、白ネギ等で特筆すべきものはないが、スープをうまく引き立てている。
というわけで、最近、清湯・白湯を問わず鶏系のスープに惹かれていることもあって、なかなか気に入った一杯となった。

200802enya2また、サイドメニューのミニチャーシュー丼も、わさびマヨネーズがよい働きをして美味。わさびマヨネーズとチャーシューの相性がよいことを認識。

京浜東北線北浦和駅西口徒歩5分
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-33-7
日休 11:30-15:00 17:30-21:00(スープ終了時閉店)

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

麺屋武蔵 武骨外伝

【209】麺屋武蔵 武骨外伝<東京> ①
温玉肉餡かけつけそば 1100円

「麺屋 武蔵」の系列店の一つ。
さすがに人気があるらしく、16時半という中途半端な時刻でも店内はほぼ満席。
食べたのは看板メニューと思われる「温玉肉餡かけつけそば」。
同料金で麺の量を増やせるので中盛り300gで。
出てきたものを見ると、麺の上に、温玉や水菜の他に衣をつけて揚げた豚肉に酢豚っぽい餡をかけたものが3枚。
大きさ・厚さともになかなかのもので、これが口に合えば大満足だったのだろうが、まずじかに1枚目を食べてみたところ甘酸っぱい味付けが全く口に合わず。
2枚目はつけダレに浸してみたところ、当然のことながらつけダレも甘酸っぱくなって、さらに口に合わず。
麺にもこの餡の味が移ってしまっていて、GIVE UP寸前だったのだが、中盛りにしてもらった手前、残すわけにはいかないということで、麺はなんとか完食。
豚肉は1枚半残したままで早々に退散。
私にとっての「元凶」は餡(口に合う人もいるのだろうが)だけで、麺自体はおいしかったし、接客もよかったので、餡の入らない他のメニューであれば、○だと思われるので、今回は写真掲載無し、店の詳細情報はありとした。

銀座線(ハチ公口方面)4分
東京都渋谷区道玄坂2-8-5
無休 11:30-21:30(スープ終了時閉店)

| | コメント (0)

すずらん<東京>

【208】すずらん<東京> ⑨
地養鶏チャーシュー麺 1100円

訪問回数にも表れているように、横浜在住時に、通勤系路上にあったこともあって、よく訪問していた店に約3年ぶり。
最も評判の高い金曜の昼30食限定の鶏白湯は、13時過ぎの到着では厳しいかとも思いつつ確認したところ、「まだある」とのことで、「地養鶏チャーシュー麺」をオーダー。
10人待ちだったので、食べ始めるまでに30分強。
出てきたのはこちら。200801suzuran
黄白色に濁ったスープは食べているうちにゼラチン膜が張ってくるぐらい濃厚で、香りもよい。
麺は、この店の数ある麺の中ではオーソドックスな中太ストレート麺。
具は、皮付きでパリッと焼き上げた甘い味付けの鶏肉が大量に載っていて、他にはメンマ、複数の種類のネギ。
感想としては、一口目のおいしさは衝撃的ともいえるものであったが、後半はスープも濃厚、鶏肉の味付けも濃いめということで少々飽きてきたので、必ずしも鶏チャーシュー麺にしなくてもよかったかも?
とはいうものの、この店の多種多様なメニューは健在のようなので、また色々なメニューを楽しみたいと言いたいところなのだが、気になるのが行列度。
今では、少なくとも昼は常時行列店になっているようだが、夜もそうなのだろうか。通っていた3,4年前の時点では、夜はほとんど行列無しで着席できたのだが。。。

銀座線(東口方面)5分
東京都渋谷区渋谷3-7-5
日祝休 11:30-16:00 17:30-23:00(スープ終了時閉店)

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »