« 神田 磯野<東京> | トップページ | 【253】創新麺庵 生粋<東京>⑪ »

2008年9月18日 (木)

麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>

【252】麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>①
喜楽々らーめん720円 + 卵かけ御飯280円

旧店名の「むさし坊」の時代から通して初めての訪問。
メニューが多彩なのだが、食券制なので、あまり迷っているわけにもいかず、グランドメニューの「喜楽々らーめん」に。
出てきたのはこちら。200918kirara
鶏白湯と魚介系のWスープとのことだが、鶏油が浮かんでいることもあって鶏の方を強く感じる。でも、鶏白湯のスープとしてはあっさりしていて、しかし旨みは強い見事なスープ。
麺の太さと茹で加減を指定できるので、まずは好みの太麺で茹で加減は普通にしてもらったのだが、これもスープとマッチ。
具も、鶏とは思えないぐらい柔らかい鶏チャーシュー、メンマの代わりの芋がしら(里芋の茎)、九条ネギのような青ネギ、フライドオニオンといずれもひとひねりしてあり、なおかつそれがスープによくなじんでいておいしい。
ということで、非常に完成度の高い一杯だと思った。

あと、280円という思い切った価格の「卵かけ御飯」はこちら。200918kirara2
3種の醤油から選べるのだが、よくわからなかったので、希少&お奨めっぽい生揚げ(きあげ)醤油を選択。
添えられていた削り節とラーメンと同種の青ネギも載せて食べると、さすがに上等な卵と醤油を使っているらしく、実に美味。
これまでに食べた卵かけごはんの中では、「ののや@新潟」のものと双璧。
というわけで、この価格でも、次回以降も手が出てしまうかも。

いずれにしても、他のメニューや期間限定メニューも評判が高いようなので、再訪は必至。
中でもつけ麺は、食後のスープ割り(普通のスープ割りではなく、「鶏蛋湯(ちーたんたん)」という卵スープ割り(有料))ともどもおおいに興味がわく。

武蔵野線東川口駅南口3分
埼玉県川口市戸塚2-24-4
第3火休 11:30-25:00

|

« 神田 磯野<東京> | トップページ | 【253】創新麺庵 生粋<東京>⑪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神田 磯野<東京> | トップページ | 【253】創新麺庵 生粋<東京>⑪ »