« 浄心家<愛知> | トップページ | 海神<東京> »

2008年11月29日 (土)

つけめん 四代目 けいすけ<東京>

【309】つけめん 四代目 けいすけ<東京>①
渡り蟹の滴 850円

「初代@本郷」の「黒味噌」、「二代目@高田馬場」の「海老そば」と次々にはっきりしたコンセプトで店舗展開を進めている「けいすけ」。
本駒込にできた「四代目」はつけめんの店で、昼と夜で異なる味を提供するとのこと。
本日は昼の部に訪問し、「渡り蟹の滴」という名のつけめんを。
麺の量はデフォルトで300gで、麺少なめにすればトッピングをサービスしてくれるとのことだが、デフォルトで。
出てきたのはこちら。2011294keisuke
まず麺は瓦状の独特の形状の器にのって出てくる。
3種の太さの平打ち麺が混ざっていて、同じ時間だけ茹でて、異なる食感を楽しむという趣向。太さが不揃いな手打ち麺の食感に通じるおもしろさ。
つけダレの方の器も一見普通だが、底の部分が空洞になっていて、そこに焼き石が入っているとのこと。それを知らずにお客さんが受け取って、底の部分に触れてしまうとたいへんということで、店員さんが「熱いので」と断って自らテーブルに置いてくれる。
で、つけダレだが、「二代目」の「海老そば」における海老ほどではないにせよ、やはり蟹が前面に出ていて、動物系は脇役という感じ。
具は刻んだチャーシュー・ネギとメンマ等。

そして、麺を食べ終わった後が、この店の第二の特徴。2011294keisuke2
スープ割りではなく、カリカリに揚げられたライスボールが登場し、これをつけダレに入れて崩して食べると中からカレーが登場して、つけダレにカレー風味が付加される仕組み。
(ちなみに、ライスボールは、オーダーしてから再加熱している(揚げてる?)ようなので、頼んでから出てくるまでに結構時間がかかる(これが回転を悪くしている要因になっているかも)ので、早めに頼んだ方がよいかもしれない。)

850円という価格はちょっと高めだが、ライスボール付きであることを考えれば許容範囲か。

夜の部は、現時点では伊勢海老をフィーチャーしたつけ麺のみ提供していて、将来的には蟹と海老を合わせたスープのラーメンを提供予定とのことなので、夜の部のつけ麺もラーメンもぜひ食べてみたい。

南北線本駒込駅1番出口1分
東京都文京区本駒込1-1-14
無休 11:00-15:00 18:00-22:00(スープ切れ終了)

|

« 浄心家<愛知> | トップページ | 海神<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浄心家<愛知> | トップページ | 海神<東京> »