« 三四郎<東京> | トップページ | 燦燦斗(さんさんと)<東京> »

2008年11月 8日 (土)

麺屋 空<新潟>

【294】麺屋 空<新潟> ⑪
みそつけ 紅(こう) 850円

雑誌で見て長女がここの味噌ラーメンを食べたいと言った「おか田」という店に向かう。
13時過ぎの到着で、席は3つバラバラにあいているものの子ども2人連れだったので、並んだ席があくまで待つことに。
が、入店した時点で8割方のお客さんがまだ食べていない状態だったのでなかなか席があかなかったうえに、ダメ押しで、隣の2席が比較的早くあきそうな空席に後から入ってきた1人客を座らせてしまったので、これではいつになったら食べられるのかわからないということで、待つことを断念。
結局ほぼ向かいにある「空」へ。

私が食べたのは「みそつけ 紅(こう)」。
「濱家」とのコラボ企画第3弾だそうだ。
そういえば、前回(H20.4.25)来た時にもコラボをやっていた。
出てきたのはこちら。201108sora
自家製麺の太麺はツヤツヤしていておいしい。
そこに千切りのニンジンがからめてある。
「ニンジンが苦手な人(←私も該当)でも食べられる」というふれこみだったが、あまり食感面での存在感がなかったので、確かに。
つけダレは、最初甘みが気になって、苦手なタイプかと思ったのだが、どうやらよく混ざっていなかったようで(丼の側面に味噌がこびりついたりしていたし)、後半はなかなかおいしく感じられた。
具は刻みチャーシューにメンマ、水菜等。
そして、麺を食べ終えた後にサービスのおにぎりをつけダレに浸して食べたら、これがまた美味。
さらにスープ割りをお願いしたら、白ネギを浮かべてくれて、これがまた割った後のスープとマッチしていた。
個人的な好みからすれば、昨年の同時期(H19.10.2等参照)に出していた「みそつけ」の方が、余分な甘みも感じられず、好きだったが、こちらも十分に水準級。
ただし、水切りが甘くて麺の丼の底に水がいっぱい溜まっていたり、上述したようにつけダレがよく混ざっていなかったりと調理が雑な点は改善してもらいたいところ。

201108sora2そして、こちらは長女が食べた「みそ」730円。
スープ割り後の「みそつけ」のつけダレとは趣の異なるマイルドなスープで、こちらもなかなかのもの。
この店では私はほとんど「空麺(塩)」を食べていたのだが、「みそ」もアリだなと思った。

さらにこちらは次女が食べた週替わりの「まかない飯」230円。201108sora3
今週は「あんかけ」で、次女は、前半は快調に食べ進んでいたのだが、後半飽きがきたようだった。

新潟市江南区茜ヶ丘7-3
無休 11:00-15:00 17:00-22:00(日祝は通し)

|

« 三四郎<東京> | トップページ | 燦燦斗(さんさんと)<東京> »

コメント

つけめんてある程度、水気がないとゴワつくから水切りは甘くしてるんだよ

投稿: | 2008年11月16日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三四郎<東京> | トップページ | 燦燦斗(さんさんと)<東京> »