« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 麺匠 秀虎<埼玉> »

2008年11月10日 (月)

燦燦斗(さんさんと)<東京>

【295】燦燦斗(さんさんと)<東京>①
つけめん 中盛り 800円 + 味玉 100円

最近雑誌やテレビ等マスコミへの露出が多く、行列が長くなっていることを懸念しつつ、「ほん田」へ向かう。
10名ぐらいまでの行列なら並ぶつもりだったのだが、十数名の行列で、しかもグループ客が多くて回転も悪そうということで断念。
そこで、そのような場合に行くつもりだった「燦燦斗(さんさんと)」へ。
最寄駅は同じ東十条なのだが、反対側の出口なので、歩くこと7,8分。
到着してみると、こちらも3名待ちで、結局食べ始めるまでに20分強の待ち。
食べたのは「つけめん 中盛り(400g)+味玉」。
本当は並(300g)にしようと思っていたのだが、前のお客さんのオーダーにつられてついつい^^;
出てきたのはこちら。201110sansanto
麺が先に出てきたので、一口食べてみたところ、コシのある太麺で、つけダレ無しでもおいしくて、二口、三口と進む。
つけダレは豚骨魚介の最近では標準となったタイプながら、魚粉で無理矢理魚介風味を醸し出しているわけではない。
しかも、麺につけダレがよくからむのでかなり濃厚な味わい。
具は刻みチャーシューや白ネギ、メンマ、かいわれ等。
かいわれは本来クセのある味が苦手なのだが、つけダレの濃厚さにまぎれて、それほど存在を意識せずに食べてしまった。
追加トッピングの味玉は黄味があまり固まっていなくて、どちらかというと好きではないタイプだった。
400gともなると、さすがに「知らず知らずのうちに完食」というわけにはいかなかったが、途中で卓上の唐辛子を麺の方にふりかけて、徐々に味を変えつつ完食。
そして、麺を完食した頃には、つけダレは半分以下に減っていたが、これをスープ割りしてもらったところ、こちらもかなりおいしい。
量が少なくなっていたこともあって、スープも飲み干した。
というわけで、十分満足できたし、今日ぐらいの待ち時間ならギリギリ許容範囲なので、少なくとも、東十条に来て「ほん田」が混んでいた時の代替店として今後も来る機会はあるだろうと思いつつ店を出たところ、8名の行列に。これだけ並んでいると、食べ始めるまでに30分以上かかるだろうが、そこまで並んでまで食べたいかとなると。。。
こちらも雑誌で紹介されていたので、一過性の混雑であることを祈りたい。

京浜東北線東十条駅北口2分
東京都北区中十条3-16-15
火休 11:30-14:00 18:30-21:00(水は夜のみ)
   11:30-15:30(スープ切れ終了)

|

« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 麺匠 秀虎<埼玉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麺屋 空<新潟> | トップページ | 麺匠 秀虎<埼玉> »