« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

麺屋 黒船 新潟店 <新潟>

【25】麺屋 黒船 新潟店 <新潟>④
醤油葱麺800円 + チャーシュー小丼150円

13時少し前に「大舎厘」に向かったところ、店外にまで行列が。
そこで、すぐ近くの「心一家」に向かったところ、そこも行列。
結局、フランチャイズで全国展開している「黒船 新潟店」に落ち着く。

20090131kurofune私が食べたのは「醤油葱麺」(写真右上)。
具は、どっさりの白ネギの他はチャーシュー、海苔、青ネギ。
というわけで、ほとんどネギの印象しか残らなかった。
やはりこの店では、揚げネギがフィーチャーされた王道の「醤油麺」が、私にとってはベストなのかもしれない。
あと、長女が食べた「塩麺」(小丼とセットで850円、写真左上)は、チャーシュー、味玉、メンマ、もやし、青ネギ等具がひととおり揃っていた。
それから、チャーシュー小丼は、サービス価格とはいえ、150円だとかなりお値打ち感あり。

新潟市江南区亀田旭町2-2-1
木休 11:00-15:00  18:00-22:00

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

青葉 大宮店<埼玉>

【24】青葉 大宮店<埼玉>⑤
特製つけ麺 900円

大宮駅近くのビルにあるラーメン複合施設「らーめん七福人」内にある店。
当初はその名のとおり、7店舗でスタートしたようだが、現在は一部歯抜けになっている。
その中で一番人気を誇っていると思われるのが、この店。
中野の行列店「青葉」の大宮支店である。
大宮経由で通勤していた頃には時々来ていたのだが、今回は約4年ぶりの訪問となった。
メニューは事実上「中華そば」と「つけ麺」の2種で、それぞれに具沢山の「特製」がある。
今回は「特製つけ麺」の方を。
出てきたのはこちら。20090130aoba
まず、ムチムチの太麺は、そのまま食べてもおいしい。
そして、つけダレは、さすが魚介&動物系の元祖と思わせる安定感。
具はチャーシュー、味玉半分、メンマ、なると、白ネギ等。
さらに、新たなサービスとして、別皿で供される「柚子唐辛子」が。
希望者に対してではなく、つけ麺をオーダーした客にはセットで出しているようだった。
これを、店の薦めに従って徐々につけダレに溶かしていくと、辛さ&爽やかさが増していく。
伝統ある店でありながら、このような新たな一工夫をしてくれるのはうれしい。
実は、携帯のラーメンサイト上で営業時間が間違っていた(20時終了になっていた)ので、時間的に訪問しづらかったのだが、22時近くまで営業しているのであれば、来やすい。

京浜東北線大宮駅東口(北)5分
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-75 REX大宮4F「らーめん七福人」内
無休 11:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

そら<東京>

【23】そら<東京>⑤
そらちゃっちゃ750円 + 岩のり飯小180円

あっさり系が売りのこの店としては異色のこってり系新メニュー「そらちゃっちゃ」を。
にんにくを入れるかどうか聞かれたので、入れてもらうことに。
出てきたのはこちら。20090127sora
醤油味のスープに背脂ちゃっちゃがしてあって、表面を背脂が覆っている。
麺は、普通のラーメンだと細麺か平打ち麺か選べるのだが、「ちゃっちゃ」の場合は平打ち麺限定のよう。
具は、キャベツ&もやしとチャーシュー、メンマ。
感想。こってり系のラーメンとしては、麺がちょっと弱いような。
あと、まずいわけではないのだが、こってり系を食べたいのであれば、別の店に行くような気もするので、このメニューを再食するかは微妙。

銀座線神田駅1番出口4分
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00(土11:00-15:00)

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

椿 せんげん台店<埼玉>

【22】椿 せんげん台店<埼玉> ①
油そば 700円

「油そば」をおおいに気に入って、初訪の翌日に再訪した(H19.3.24-25)「椿@西新井(東京)」のフランチャイズによる支店。
本店の方はその後、かなりの行列店になっているようだが、こちらは13時の到着でちょうど満席の状態で、食べ始めるまでに15分待ちですんだ。
メニュー構成は本店と(ほぼ?)一緒。
食べたのはやはり「油そば」。
出てきたのはこちら。20090125tsubaki
やはり、タピオカ入りの麺はコシがあっておいしいし、多彩なトッピング(特に粉系やペースト状のもの)によって味が七変化して最後まで飽きずに食べられる。フランチャイズながら、本店と同等のクオリティーを確保していると感じた。
ただし、一つだけ難があるとしたら、ネット上でも指摘されている居住性の悪さ。
椅子は高くて座りにくいうえに、カウンターとの高低差がありすぎて、しかも椅子が固定されているためにカウンターとの位置関係も調整不可ということで、食べているうちに腰が痛くなってきた。
とはいうものの、フランチャイズながら、本店と同等のクオリティーを確保しているものと思われるし、それで本店よりも混まない(あくまでも今日だけの印象だが)となれば、再訪可能性大。

東武伊勢崎線せんげん台駅西口6分
埼玉県越谷市千間台西3-1-17
火休 11:00-15:00 17:00-21:00(スープ切れまで)

| | コメント (0)

井之上屋<埼玉>

【21】井之上屋<埼玉> ①
全部のせ塩らぁ麺 950円

前日にハイレベルな2店で大満足して、ハードルが上がった状態での訪問。
ほぼ開店時刻に到着した時点で13名待ち。
開店が10分近く遅れたこともあって、結局食べ始めるまでに40分待ち。
ただし、食べ終えて帰る頃(12時半前)には行列はなくなっていて、逆に向かいの家系ラーメンの店の方に行列ができていた。
元々塩ラーメン専門でスタートしていることもあって、食べたのは「全部のせ塩らぁ麺」。
出てきたのはこちら。20090125inoueya
まずスープは鶏+魚介のWスープのようだが、特に鰹の香りが印象的だった。
麺は中細麺で、それほど特長があるわけではないが、スープとの相性はよいようだ。
具はチャーシュー、肉海老ワンタン、味玉、メンマ、水菜、焼き海苔等で、価格に見合うラインナップ。
昨日の「ぜんや」のような強烈な旨みや「一本気」のつくねのような突出した具があるわけではないが、全体としてバランスよくまとまった一杯という印象だった。
再度これだけ歩いたうえで40分待ってまで食べたいかとなるとビミョーだが、待ち時間に関しては、開店が遅れた分があるのと時間をずらせば短縮の余地はありそうなので、また往復で40分歩く気力が湧いた時には再訪もありそう。

東武野田線春日部駅西口18分
埼玉県春日部市大沼2-61
木休 11:30-14:00(土日祝-15:00)18:00-21:00(スープ切れまで)

| | コメント (0)

2009年1月24日 (土)

ぜんや<埼玉>

【20】ぜんや<埼玉> ②
チャーシューメン 900円

100食という数量限定のせいもあって大行列必至の塩ラーメンの名店。
以前は12時半頃に売り切れたこともあるとのことだが、最近は少なくとも14時頃までは大丈夫なようだ。
私が到着したのは、土曜の12時半頃で、20名以上の行列。
で、食べ始めるまでに1時間10分待ち。
普通、回転が悪い店の場合、茹で時間の長い麺を使用していたり、ボリュームが多かったり、メニューが多様すぎたりというわかりやすい理由があるケースが多いのだが、この店に関しては、そのいずれにも該当せず、丁寧に作っていることぐらいしか思い当たらない。
で、食べたのは「チャーシューメン」。20090124zenya_2
鶏や昆布等でダシをとったスープは透明で、油も少なくてあっさりしている。
が、びっくりするぐらいとにかく旨みが強い。
そして、中太でやや縮れた麺ももっちりしていて◎。
具もチャーシュー、メンマ、ほうれんそう、白ネギとシンプルながらいずれに関しても文句はなく、特にチャーシューは2種あって味付けも抜群。
というわけで、スープ・麺・具のすべてに関して、寸分の隙も無いできばえで、連食の2杯目であるにもかかわらず、スープを飲み干してもまだ足りないぐらいだった。
ただ、帰り(14時前)の時点でも行列の規模はほとんど変わらず、問題は行列だけという感が強まった。
以前訪問したときは、雪が降ったような寒い平日で、この時は10分待ちですんだので、悪天候ねらいで行くしかないのか?

武蔵野線新座駅南口6分
埼玉県新座市野火止4-9-8
火水休 11:30-(スープ切れまで)

| | コメント (0)

一本気<埼玉>

【19】一本気<埼玉> ③
比内鶏つみれそば(醤油)880円 + 醤油味玉120円

開店5分前の到着で1人待ち。
5分遅れの開店で、約10分後に入店し、食べ始めたのは11:40頃。
前回(H20.10.18)「つみれそば」のすばらしさを再認識したことによる再訪のため、当然のごとく「つみれそば」を。
ただし、前回は塩だったが、今回は醤油の方に。
出てきたのはこちら。20090124ippongi
つみれ20個弱にメンマ、ほうれんそうの海苔巻き、白ネギという具の構成は塩と同様だが、醤油の場合には別皿で柚子も付いてくる。
つみれとスープの単純な相性という点では「塩」だが、この柚子を途中で投入することによって、途中から爽やかさを付加できるという点で「醤油」にも魅力を感じて、結局甲乙つけがたい。
あと、「醤油味玉」は、ゆで加減・味付けとも絶妙で、さすがに醤油・塩と2種の味付けを用意しているだけのことはあると思った。
この店の場合、基本のスープや麺も水準級ではあるが、つみれや味玉という具の秀逸さによって魅力が飛躍的にUPしていると感じた。

東武東上線みずほ台駅西口8分
埼玉県富士見市西みずほ台3-11-10
水休 11:30- 18:00-(スープ切れまで)

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

らーめん 大 蕨店<埼玉>

【18】らーめん 大 蕨店<埼玉>③
塩600円 + 味玉70円 + 玉ネギ70円 + 魚粉50円

過去2回(H20.9.8等)「野菜増し」にしてボリュームに圧倒された経験をふまえて、今回は無料トッピングは「野菜ちょっと増し にんにく増し」で。
また、ネット上で「塩」の評判がよいようなので、今回は「塩」に。
出てきたのはこちら。20090123dai
まずスープだが、こってり系に塩は合わないというのがこれまでの私の印象だったのだが、「二郎」系の場合には、塩の方が醤油と比べて味が濃すぎない感じになって私の口に合うということがわかった。
そして、野菜の盛りは、「野菜増し」と比べると2/3程度。
これぐらいが今の私には適量のようだった。
というわけで本日の組み合わせは私にとってはベストといえる内容であったものと思われる。
それほど混んでいない「二郎」系ということで、今後も重宝しそう。

京浜東北線蕨駅東口徒歩3分
埼玉県川口市芝新町2-1
無休 11:30-25:00

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

なんつッ亭 弐<東京>

【17】なんつッ亭 弐<東京>②
カレーつけめん900円 + 半飯100円

「品達ラーメン」自体には、H20.1.24以来の訪問。
色々と迷った末に、「カレーつけめん」に釣られて「なんつッ亭 弐」を選択。
この店には3年半前に訪れて以来で、その時には行列ができていたうえに回転も悪く、食べ終えての感想も「並んでまで食べたいほどでは」だったのだが、本日は行列無し。
この施設自体の客足も一段落したし、「なんつッ亭」もその後支店数が増えてお客さんが分散したこともあるのだろう。
で、「カレーつけめん」はこちら。20090122nantsu2
つけダレは豚骨ベースで、そこにこの店自慢のマー油が浮かんでいる。
麺はやや縮れのある細麺で、そちらの方にカレー味のひき肉がたっぷり。
そして、つけダレの方に刻みチャーシュー、焼きのり、万能ネギ、もやし等の具が入っている。
まず、カレーはよけて、麺だけをつけダレに浸して食べ始める。
この段階では、当然のことながら、マー油の苦みが支配的。
その後、カレー味のひき肉をまじえて麺をつけダレに浸して食べ進むにつれて、つけダレが次第にカレー味に。
このように徐々につけダレの味を変化させていくアイデアは秀逸だと感じた。
また、私の好みでは、基本的にはつけ麺には太麺だと思っているのだが、このつけダレ、そしてひく肉との相性から、これの場合には細麺がベターだと思った。
そして、最後にスープ割りもできるのだが、カレー味に変化したつけダレには、間違いなくライスが合うと信じて、半飯を追加オーダー。
予想どおりベスト・マッチだった。
というわけで、細麺のつけ麺、そしてカレー味のつけ麺としては、これまでに食べた中でも1,2を争うおいしさだった。

このメニューは再食必至だし、この施設自体も、他にも「せたが屋」「けいすけ」「TETSU」等今日も迷った店が目白押しなので、帰宅途中にちょっと寄り道して立ち寄る機会が増えそう。

京浜東北線品川駅高輪口3分
東京都港区高輪3-26-20「品達ラーメン」内
無休 11:00-23:00

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>

【*16】昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>⑮
*後日、抜けに気づいた店を「15」として挿入したため、№が一つ飛んでます
白鬼濃く味噌らーめん720円 + 牛筋丼310円

この店で味噌を食べるのは、H20.3.28に「特製」の方を食べて以来。20090117naoji_3
「かなり脂っこくてパワフルな一杯」というのが、その時の印象だったのだが、脂っこさもパワフルさも今日はかなり控えめだったような気がする。
パワフルに関しては、今日は「特製」ではなかったので、具のボリュームが少なかった影響もあるのかもしれないが、より一般受けするようにマイナーチェンジがなされたのかもしれない。
ちなみに、このメニューは、「極一(ごくいち)」として出店している「ラーメン国技館@お台場(東京)」でも提供しているもよう。
あと、前回(H20.11.24)次女がオーダーしたのを味見して気に入った「牛筋丼」は、柔らかく煮込まれた牛筋が抜群で、新潟のラーメン屋のサイドメニューの中でもBEST3に入りそうなぐらい気に入った。
それから、いつもの帰り際の駄菓子一品サービスに加えて、日替わりサービスで本日は子どもたちに袋詰めのお菓子(200円以上分?)もサービス。これで子どもたちの満足度はさらにUP。

新潟市西区小新3-3-1
無休 11:10-25:00(日曜又は連休最終日は-22:00)

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

麺バカ息子<神奈川>

【13】麺バカ息子<神奈川>①
特製バカつけ麺 900円

携帯のラーメンサイトで、昨年開店の新店の中で人気№1を獲得した「玉(ぎょく)」に向かったのだが、この日はスープ切れにより夜営業はやっていなかったようで、ふられる。
結構そういう日があるようだが、こういう交通の便の悪い店でこれはこたえる。
ちなみに、行きは浜川崎駅から20分近くかけて歩いたのだが、帰りはすぐ近くのバス停「大島三丁目」からバスで川崎駅(東口10番乗り場から臨港バス22系統三井埠頭行き)に出た。
そこで、向かったのがこの店。
で、食べたのは「特製バカつけ麺」。
特製の場合は、無料で大盛り(350g)にできるとのことだったので、大盛りにしてもらった。
出てきたのはこちら。20090114menbaka_2
まずは茹で時間10分の極太麺と切っていない大判の焼き海苔が目をひく。
この大判の海苔というのは、「健龍@新潟」の「濃こく味噌らーめん」で見かけて以来だ。
つけダレはオーソドックスな豚骨&魚介のWスープで、そこにキャベツと玉ネギが浮かんでいる。
そして、麺の方にチャーシューと味玉。
やや魚介風味が不足しているように感じたので、卓上の魚粉も投入。
つけダレは少ししょっぱめな気もしたが、これだけの極太麺に負けないためにはこれぐらいでちょうどよいのかもしれない。
最後にスープ割りは「和風」と「豚骨」のうちから前者を選択。
見た目のインパクトだけでなく、味の方もしっかりしているというのが食べ終えての感想。
極太麺、キャベツ、玉ネギと私好みのファクターも多いし、家からは遠いものの、お気に入りの1軒に仲間入りしそう。
数量限定の「ドロドロつけ麺」というのも食べてみたい。

京浜東北線鶴見駅東口3分
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-15
木休 11:00-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

麺屋 はなび<愛知>

【12】麺屋 はなび<愛知>①
無化調塩マニア780円 + たまごかけご飯180円

出張先の名古屋にて。
平成20年8月OPENの新店ながら、既に携帯のラーメンサイト上でおおいに人気を集めている店。
地下鉄東山線高畑駅の3番出口から徒歩4分だった。
12時前の到着で9名待ちで食べ始めるまでに25分待ち。
客席(カウンター)と待ち席との間隔が狭く、待っている間も食べている間も居心地が悪いのはマイナス要素だった。
で、食べたのは「無化調塩マニア」。
別に無化調信者というわけではないし、初めての店なのでもっと標準的なメニューにしようかとも思ったのだが、次にいつ来られるかわからないので、思い切って選んでみた。
出てきたのはこちら。20090114hanabi_4
やや濁りのあるあっさり系のスープに細麺。
具は硬めのチャーシュー×2とメンマ、白ネギ、万能ネギ。
インパクトは無いものの、じんわりとおいしい一杯だった。

20090114hanabi2あと、こちらはたまごかけご飯。
チャーシューが入っている夜用のものとは異なるランチタイム用の廉価版のようで、ライスに生玉子とちぎった海苔、長ネギ、すりゴマ等が載っている。
これで180円なら納得。
全体的な感想としては、またこれだけ並んでまで食べたいかとなるとやや微妙だが、おいしいことはおいしかった。

愛知県名古屋市中川区高畑1-170
月・木休 11:30-14:00 18:00-21:00

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

らーめんダイニング ど♪みそ<東京>

【11】らーめんダイニング ど♪みそ<東京>③
味噌カレーらーめん1000円 + 半ライス50円

20090113domiso普通の「味噌」にするか「味噌カレー」にするか迷いつつ入店したのだが、前回(H20.11.25)は売り切れだったライスが今日はあったので、後者に。
ラーメン自体ももちろんおいしかったのだが、このスープとライスとの相性は想像以上だった。
次回訪問時も「味噌」にするか「味噌カレー」にするか迷うのは必至。

銀座線京橋駅3番出口2分
東京都中央区京橋3-4-3
無休 11:00-LO22:30(土11:00-21:00、日祝12:00-21:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0)

頤和園(いわえん)<東京>

【*15】頤和園(いわえん)<東京>②
四川坦々麺1,050円
*後日抜けに気づいたため、№は前後してます

※同僚と一緒のため写真撮影自粛
昨年末(H20.12.26)に続いて再度同じ同僚とこの店に。
この店の坦々麺であれば、辛いものがあまり得意ではない私でもおいしく食べられるということがわかってきたのだが、この店の辛さレベルはどの程度なのだろうか?
これが標準レベルなら、これまで見向きもしなかった他の店の坦々麺にも食指を伸ばす可能性あり。

銀座線虎ノ門駅11番出口2分
東京都千代田区霞ヶ関3-2-6東京倶楽部ビル3F
無休 11:00-LO14:30(土日祝-LO14:00) 17:30-LO22:00(土日祝-LO21:00)

| | コメント (0)

2009年1月12日 (月)

鶏麺(ちーめん) ばば<埼玉>

【10】鶏麺(ちーめん) ばば<埼玉>①
鶏麺(ちーめん) 800円

「秀虎@東大宮(埼玉)」(H20.11.12参照)出身者の店だとのこと。
「秀虎」は「むさし坊(現・喜楽々)」出身なので、「むさし坊系」の店ということになる(っていうかこの店の場所自体元々は「むさし坊」だったらしい)。
食べたのは、店名にもなっている「鶏麺(ちーめん)」。
出てきたのはこちら。20090112baba_3
一言で言えば、煮込んで卵でとじたラーメン。
具は鶏肉、鶏つくね、水菜、ニンニクの芽、玉ネギ。
おいしいことはおいしいし、冬場は温まるというメリットもあるのだが、なんとなくインスタントの袋麺を連想させるのは、卵でとじているからか?麺がちょっと弱いからか?
後半、少し味が単調に感じられたところで、添えられていたレモンを絞って入れたが、それでも足りずに卓上の塩昆布やフライドガーリックも投入。
最後にライスを投入して雑炊にしようかとも思ったのだが、スープにそこまでの「ひき」を感じられず。
店名にもなっているということで、少し期待が大きすぎたせいもあるのかもしれないが。
でも、一定の水準には達していたし、通勤系路上の駅から近いこともあって、再訪する可能性は大。

京浜東北線蕨駅東口4分
埼玉県蕨市塚越2-4-1
火休 11:00-14:30 17:30-23:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

大勝軒 新潟店<新潟>

【9】大勝軒 新潟店<新潟>⑩
つけ麺 中盛(400g) 730円

長女(中1)が新潟のつけ麺の中で1番気に入っているのがこの店のつけ麺ということで、子ども連れで訪問。
20090112taishouken_3長女は、ちょっと前までは小盛(200g)で満足していたが、最近は普通盛(300g)を平らげるようになった。
私は、それに対抗したわけではないが、今回は中盛(400g)に。
麺の方に卓上の唐辛子や胡椒をふりかけて、徐々に辛くしながら食べた。

新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

猪や<新潟>

【8】猪や<新潟>(45)
にぼしBLACK 700円

この店は、カウンターだけで椅子も高いので子ども連れだと訪問しづらい。
新潟に戻る週末は、子守をしていることが多いので、なかなかこの店を訪れる機会が無く、約4ヶ月ぶりの訪問となった。
この間に価格が50円上がっていたが、これはこの店のブログによると、麺の量を増量したためとのこと。
出てきたのはこちら。20090110inoya_2
ただし、うずらの味玉×2は卓上にあるフリートッピング。
うずらの味玉は好物で、自宅でラーメンを自作する時にもよく作っていたトッピングなので、これはうれしいサービス。
あと、店主のお話によると、1月下旬から、太麺を使ったつけ麺(つけダレは2種)を始めるとのことで、試作品の写メを見せてくれたが、なかなかおいしそうだったので、こちらにも期待。

新潟市中央区信濃町8-12 タケダビル1F
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日は通し?)

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

麺や 来味<新潟>

【7】麺や 来味<新潟> (38)
牛と鶏と豚の醤油らぁ麺830円 + 白ごはん150円

1月末までの期間限定の「牛と鶏と豚の醤油らぁ麺」目当てで訪問したところ、不定期提供の「名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺」もやっていたので、一瞬心がゆらいだが、1月中に再訪できるかどうか微妙だったので、今日は初志貫徹。
出てきたのはこちら。20090109raimi
牛の腱と筋、鶏ガラ、とんこつ等を使ったスープだとのこと。
この店の期間限定メニューは、魚介系メインのあっさり系の塩ラーメンが多いという印象がある中で、今回は動物系のフルコースでしかも醤油ラーメンということで、興味津々だったのだが、スープを啜ってみると、こってりとまではいかないものの、これまでの限定メニューの多数派と比べればかなりワイルドな味わい。
麺もスープに合わせて、細麺ではなく、平打ちストレート麺。
具も、牛すじ、チャーシュー(鶏&豚)と3種そろいぶみで、他に斜め切りの白ネギ、揚げネギ、糸唐辛子等。
トッピングの方にもネーミングが反映されているところが面白いだけでなく、最後まで飽きがこない。
後半、スープがややしょっぱく感じられてきたところで、ライスも食べ始める。サイドメニューの相場が安い新潟で単なるライスで150円というのはちょっと高いが、このスープには特にライスが合うと思った。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0)

RAMEN CIQUE(ちきゅう)<東京>

【6】RAMEN CIQUE(ちきゅう)<東京>①
塩らーめん700円 + 焼きトマト150円 + 白玉(塩味)100円

「AFURI(あふり)@恵比寿(東京)」出身者が開いたH20年2月OPENの店。
店名のネーミングやラーメン屋ぽくない店内の雰囲気に「AFURI」のセンスを感じるが、トッピングをはじめとしてラーメン自体には独自性も出している。
ちなみに、店内は面積が広いにもかかわらず、カウンター6席のみで、広々とした空間をあけた背後に待ち席ということで、非常に居心地がよい。
食べたのは「塩らーめん」に焼きトマトと白玉を追加トッピング。
出てきたのはこちら。210109chiq
まず濁りのないスープはあっさりしているが、旨みが強い。
麺は細麺であっさりスープとの相性がよい。
デフォルトの具は、チャーシュー、メンマ、焼きのり、ほうれんそう、白ネギ。
追加トッピングのうち、白玉(塩味の味玉)は味付けはよスープに合わせてあってよかったが、黄味がトロトロのあまり好きではないタイプ。
一方、珍しい焼きトマトは、酸味がスープに非常にマッチしていて◎。
途中で卓上の柚子胡椒を入れたところ、スープの絶妙なバランスを壊してしまったようで、デフォルトで十分おいしいのだから、余計なことはしなければよかったと少々後悔。
でも、結局スープも飲み干した。
この系統の店は、かなり私の口に合うようで、ここも遠いけれどまた来たい。
ちなみに、期間限定メニューもやっているようで、今は「渡り蟹とあん肝」だった。
あと、帰りは荻窪駅まで歩いたら10分弱かかった。

丸の内線南阿佐ヶ谷駅1番出口徒歩7分
東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-10-8
月・第4火休(祝日の場合翌日休)
11:30-14:00 18:30-22:00 (土日祝 11:00-15:00 18:00-22:00)
※休み・時間はH21.2.1以降のもの

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

大山(たいざん)神田店<東京>

【5】大山(たいざん)神田店<東京>⑤
えび塩デラックス 1,050円

210107taizan「えび塩デラックス」を平打ち麺、ニンニク入りで。
やはりこういう独自性の高いラーメンは時々食べたくなる。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10
日休 11:00-15:00 17:00-22030 土祝11:00-20:00

| | コメント (0)

2009年1月 6日 (火)

麺処 遊<東京>

【4】麺処 遊<東京>②
肉中華そば 750円

前回(H20.8.7)同様、「中華そば」+「肉飯」にするつもりで訪れたのだが、残念ながら「肉飯」は売り切れ。
そこで、「肉中華そば」にすることに。
出てきたのはこちら。210106yuu
「肉中華そば」にすると、肉厚のチャーシューが3枚になる。
煮干しの効いたスープはさすがだし、コシがあるわけではないが、硬めの食感の麺もスープに合っている。

京浜東北線鶯谷駅南口2分
東京都台東区根岸1-3-20
不定休 11:30-20:30頃(土日祝-18:30頃)

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

つけめん 四代目 けいすけ<東京>

【3】つけめん 四代目 けいすけ<東京>③
四代目らーめん 850円

19時過ぎの到着で2人待ちで、食べ始めるまでに15分待ち。
ほとんどの人が「伊勢海老の滴」を食べていたが、私は前回(H20.12.9)食べていたので、今回は「四代目らーめん」の方に。
出てきたのはこちら。210105_4keisuke_2
海老と蟹のWスープにさらに宗田節も加えた濃厚なスープに太麺。
具はチャーシュー、メンマ、焼きのり、なると、糸唐辛子、刻みネギ。
海老、蟹等の素材をふんだんに使って、それでいてまとまりのあるスープに仕上げているのはさすが。
ただし、最後は濃厚さゆえに、ライスでもあればよいのにという気分にはなったが。
この店では、これでラーメンと昼・夜の部のつけ麺を食べたがいずれも高水準。
あとは、今後人気を集めすぎて、来づらい店にならないことを祈るのみ。

南北線本駒込駅1番出口1分
東京都文京区本駒込1-1-14
無休 11:00-15:00 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

風の味 麺や 勝(しょう)<新潟>

【2】風の味 麺や 勝(しょう)<新潟> ③
漢(おとこ)のつけめん 850円

「GOIN GOIN」「猪や」と並ぶ「風の味」グループによる雑誌とのコラボ企画による限定メニュー目当てで訪問。
「男香るラーメン」というテーマに対して、提供しているメニューは「漢(おとこ)のつけめん」。210104shou
通常のつけ麺のつけダレをニンニク等でパワーUPし、具としても甘じょっぱく味付けをした揚げニンニク数片を載せてさらにパワーUPしている。
そして、具の主役となっているのが、「いっとうや」には及ばないものの、かなり長大なチャーシュー×2。
以前この店のレギュラーメニューのつけ麺を食べた時には、つけダレの甘さが気になった記憶があるが、今回はニンニクの風味が前面に出ていて、甘みはあまり気にならず、おいしかった。

210104shou2
あと、こちらは子どもたちが食べた「らーめん」630円&「カルビちゃーしゅう丼」250円。
長女は動物系&魚介系のWスープの「らーめん」を気に入ったようだし、次女が食べた「カルビちゃーしゅう丼」はコストパフォーマンス的にもなかなかのもの。
ちなみに、この店のすぐ近くに超人気店「吉相(きっそう)」という強力ライバルが存在しているのだが、こちらも満席に近いなかなかの盛況だった。

新潟市東区物見山3-2-5
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【1】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(44)
上腕二頭筋 850円

「いっとうや」の「八味八色(やつみやいろ)」(H20.12.22)同様、雑誌の企画によるクーポン所持者限定メニュー。
今回のテーマは「男香るラーメン」ということで、低カロリー高たんぱく質で、筋肉増強をめざすメニューだとのこと。
出てきたのはこちら。210102goin
動物系100%のスープに分離したように浮かんでいるのは牛乳。
具は「男」の文字が入った豆腐と辛み入りのメレンゲが目をひく。
他に鶏肉、もやし、メンマ、水菜、糸唐辛子等。
その中では、鶏肉もやし等は炒めて下味がつけてあるのでおいしい。

なかなか遊び心のある面白いメニューだとは思ったが、難を言うとすれば牛乳。見た目的にも味的にもマイナス材料だと感じた。

ちなみに、デザートとしてバナナも付いてきた。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

★H20総括

★H20総括

遅ればせながら(これを実際に書いているのは1/31)H20の総括を。
H20は6月までは新潟在住だったのだが、7月に東京に転勤になり単身赴任して埼玉(浦和)に住むことになった。
ラー食についても、6月までは新潟で昼食にラーメンを食べることが多かったのに対して、7月以降は、平日は東京・埼玉で夕食にラーメンを食べ、週末は新潟に戻って子ども連れで昼食にラーメンを食べるというパターンに。

そんな状況のもとでのH20の店別の訪問回数BEST5は以下のとおり。

①なおじ(本店+Ⅱ号+白根店+肉バンク) 20回
H19に続く1位で、「なおじⅡ号」単独でも14回ということで1位になる。
元々、東京の有名店を模した「リスペクトメニュー」で回数を稼いできた店だが、その頂点ともいえる「なおじろう」がレギュラー化され、各店で提供されるようになったのが大きい。新潟で「二郎」系を食べられる店としての存在価値は大きかった。
また、今ではⅡ号で前日までに予約した場合にのみ提供する(貼り紙をちらっと見ただけなので不正確かもしれない)幻のメニューとなってしまった「麺のための塩味あえそば」もかなり食べた。
以上が2大要因なので、H21もこの勢いが持続するとは言い切れない(1点目についても7月から「二郎」がたくさんある地域に住むようになったので)面もあるが、子どもたちも気に入ってきているというプラス材料もあるので、上位確保は必至か。

②風の味 GOIN GOIN 14回
昨年は「なおじ」と同点1位だったのだが、今年も単独の店としては、「なおじⅡ号」と並んで1位。
この店の場合、店の携帯サイトの会員になっているため、定期的に携帯による割引クーポンが送られてきている点が大きい。
もちろん、味の面でも、「中田ブラック」というキラーコンテンツに加えて、各種期間限定メニューや基本メニューの「らーめん」「和風らーめん」に至るまで粒ぞろいのメニューがそろっているからこそ足が向くのだが。
6月までの職場からは近かったのだが、新潟の住居からは遠いため、転勤になった7月以降は少し足が遠のくかと思われたのだが、子どもたちにも気に入られたこともあって、一定の訪問頻度をキープしている。

③来味(本店「中華の来味」+大形店「麺や 来味」) 12回
本店に行ったのは1回だけなので、実質的には大形店の活躍でランクイン。
特筆すべき点としては、大形店への11回の訪問で、実に9種のメニューを食べていること。
これは概ね2ヶ月に1品のペースでリリースされる期間限定メニューがいずれも外れが無いので、それ目当てで行っていることが大きい。
あと、不定期提供の地鶏系2メニューもおいしいので、「今日あたり提供していないか」という期待感から足が向いているという事情もある。
以上の2点はH21にも通じる話なので、引き続き通うことになるだろう。

④浦咲 11回
こちらは「来味」とは対照的にほぼ「特別潮」と「焼きあご塩」の2メニューでランクイン。
いずれもおいしいので、一定の周期で食べたくなるものとは思われるが、雑誌の企画に積極的にチャレンジしたり、新メニューの開発に余念がなかった一時期と比べると、最近はやや活気が無いようにも感じられる。
まあ、安定期に入ってきたということなのかもしれないが。

⑤いなば 10回
こちらは基本的に濃厚和風とんこつのラーメンとつけ麺の2種しかメニューが無い中でのランクイン。
極太麺と濃厚なスープ・つけダレのインパクトは捨てがたいものがあるし、東京にも店を出している(というか本店は東京)ので、そちらと合わせて回数を稼ぐかもしれない。

以上のとおり、BEST5はすべて新潟の店になったのは、上半期の貯金があったのと在京地区にはたくさんのラーメン屋があって、群雄割拠状態なので、特定の店が回数を重ねるのは難しいという事情によるものと思われる。

ちなみに、在京地区での上位は、

(1)ほん田 5回
私的には、H20開店の新店の中でぶっちぎりでナンバー1。
7~9月で5回行って、その後足が遠のいているのはマスコミへの露出が多くなって、行列がエライことになっているため。
行きたいのはやまやまなのだが、今後もこの行列がネックになりそう。

(1)ぶらり 5回
こちらは「ほん田」ほど混んでおらず、営業時間も長くて、行きやすい。
4種のメニューを食べていずれもおいしかった点でも○。

(3)大山(たいざん) 神田店 4回
4回中、2回は携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー目当てだったので、そういう意味では特殊事情あり。
ただし、川崎店で初めて食べた時おおいに感動した「エビ塩デラックス」は今後も時々食べたくなることだろう。

さて、H21はどんな店が上位に来るのだろうか?

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »