« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>

【120】麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>⑥
津軽ざる 600円

日曜20時前の訪問で満席の盛況。
食べたのは「津軽ざる」。
麺の太さ・茹で加減・量を選べるが、細麺を普通茹でで400g(or200gor300g)でお願いした。
出てきたのはこちら。200905312002kirara
麺がざるに盛られ、あとはそばつゆに相当するものと薬味だけということで、本当にざるそばのような構成。
ただし、そばつゆに相当するものと一言で表現したが、これが、ジュレ状の冷えたスープ、醤油ダレ、もろみで構成されていて、スープだけ、あるいはもろみだけを麺にからめて食べたり、醤油ダレともろみ・スープを様々な配合で混ぜ合わせてつけダレにしたりと実に様々な味わい方ができる。
さらに薬味のネギ、わさび(好みにより付けてくれる)、生姜もあるので、具が無いことを物足りないと感じる暇(いとま)が全くないうちに400gの麺を完食。
今年は「つし馬」でもおいしい冷たいラーメンに出会った(「冷やし煮干しそば」H21.5.18参照)が、こちらも同じ煮干し系・津軽系ということで、この系統の冷やしは特に私の口に合うようだ。
というわけで、これから暑くなっていく中で、このメニューは、再食必至と思われる(といいつつ、この店では、メニューの多様さゆえに、同じメニューをリピートしたことは、これまではないのだが)。

武蔵野線東川口駅南口3分
埼玉県川口市戸塚2-24-4
第3火休 11:30-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 利休<東京>

【119】麺屋 利休<東京>①
醤油750円 + 味玉100円→クーポンサービス

「麺屋 武蔵」出身者が開いた店。
「醤油」を麺の量150gの並で(225gの中も同料金)。
200905311807rikyuuスープはかなり茶濁している魚介強めの豚骨魚介で、新潟でいえば「いっとうや」のような方向性。
そこにお茶を使った香味油が浮かんでいるのが、この店の大きな特色。
麺はやや平打ちの太麺。
具はチャーシュー、味玉(追加トッピング)、メンマ、のり、長ネギ、万能ネギと煎ったそば茶。
このそば茶もお茶の香味油とあいまって、よいアクセントになっている。
最近、「武蔵」系列の一部の店は、ワイルド過ぎて、私の舌に余る?ようになってきているが、この店は、店名にふさわしくお茶を活用することによって、上品にまとまっており、なかなか口に合った。

中央線国分寺駅北口4分
木休 11:30-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌ラーメン 北斗<東京>

【118】札幌ラーメン 北斗<東京>①
味噌ラーメン 580円

昨日の中山競馬場でのイベントラーメンとはうってかわって、ダービー観戦に行った府中競馬場で朝食として食べた通常店舗のラーメン。
が、麺は茹でおきと思われる(1分ぐらいで出てきたし)コシの無さ、スープは全くコク無し、具はほとんどがもやしと長ネギプラス微量のひき肉・玉ネギだけということで、とにかく「ほめどころ」の無いラーメンだった。
昨年はこの隣りの「一才」で食べてそれなりに満足して、「先日、他の競馬場の立ち食いラーメンに関しては不満を持ったところだが、ラーメン屋が軒を並べて競争しているのが功を奏したのか、こちらは満足できた。」と書いた(H20.6.1)のだが、全く功を奏していない店もあるようで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

【116・117】中山競馬場イベント<千葉>

【116・117】中山競馬場イベント<千葉>
日本ダービーのある週末に、場外馬券売り場としてOPENしている中山競馬場で開催されたラーメンイベント。
はんつ遠藤氏のプロデュースで、写真の5店が終結。200905301109nakayamarc
11時から開始というアナウンスだったが、10時半過ぎの到着で、既に始まっていた。
開始予定時刻前だったし、自然体では人が集まらない場所だし、雨も降っていたしということで、各店ともせいぜい2,3名待ちという状態だった。
5店の中で1番興味があったのが、九十九里にあって、通常だとなかなか行けない「BeeHive」。
次いで、立地・営業時間・行列等により私にとってハードルが高い「七彩(ななさい)」(H21.2.11参照)。
「ど・みそ」(H20.10.14等参照)と「魂麺」(H20.8.19等参照)も興味はあるのだが、私にとっては、比較的ハードルが低い店なので、今回は見送り。

①「七彩(ななさい)」喜多方ラーメン(醤油味)700円→600円(はんつ遠藤さん割引)
200905301043shichisaiシンプルながら旨み抜群の醤油味のスープに平打ち縮れ麺。
そして具は、チャーシューにメンマ、白ネギ。
ふだん店で出しているものと(ほぼ?)同等のクオリティーのラーメンを提供してくれているものと思われた。
よって、文句なし。

②「BeeHive」塩ラーメン ディープインパクト 780円→680円
200905301059be_hiveあっさり系の塩味のスープに、中細麺。
具は大判のチャーシューに水菜、メンマ、白髪ネギ、糸唐辛子。
これだけだとただの塩ラーメンになりかねないのだが、そこにすばらしいアクセントを加えているのが、トリュフ香油。
立地条件がよくない中で話題を呼ぶだけのセンスが感じとれた。

というわけで、ラーメン好きの競馬ファンである私にとっては願ったりかなったりのイベントだったのだが、単なる競馬おやじから見ると、価格面での不満もあったようで、「なんだよ最低でも700円かよ」と言い残して、わざわざ会場まで足を運びながら引き返した方も。。。
決して高くないと思うんのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>

【115】風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>②
油そば 750円

帰宅が遅くなったので、先週の初訪問に続いての訪問。
今回は写真撮影に成功。200905300055fuufuu
(デフォルトに卓上のラー油、胡椒、りんご酢をかけた状態です。)
有効期限半月の餃子無料券をGETしたので、近々にまた行きそう。

京浜東北線浦和駅西口3分
無休 11:00-26:00
公式HP  http://www.fufuramen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

めん屋 そら 曇天<東京>

【114】めん屋 そら 曇天<東京>①
つけめん 中盛り 800円 + のりのっけごはん 180円

「めん屋 そら@神田」(H20.12.25等参照)の2号店で、神田の方のクリアなスープに対して、こちらは濁りのあるスープということで「曇天」というのはなかなかセンスあるネーミング。
つけめんの方が売りのようなので、そちらを。200905281937donten
麺の量が選べるので、360gの中盛りで。
麺は太麺。
つけダレは、最近のトレンドからすると、それほど濃厚ではないタイプ。
具はチャーシュー、メンマ、なると、白ネギ等。
そして、この店の特長が卓上の魚粉。
鰯、鰹、鯖と3種類あって、それぞれ「これはつけ麺におすすめ」等の注釈もあったが、3種類を順次入れてみたところ、私の口に合ったのは鰯だった。他に柚子胡椒もあったし、あえて濃厚さをおさえて、魚粉や柚子胡椒によるカスタマイズの余地を残しているのではないかと思われた。
スープ割りもしてもらって、おおいに満足。
ラーメンの方も試してみたいと思った。
あと、「のりのっけごはん」の方は、「そら」の「岩のり飯」と同じもののようだった。こちらもコストパフォーマンスもよくて◎。

都営浅草線東日本橋駅B2出口1分
日祝休 11:30-15:00 17:30-22:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

ファミリーマート「鶏節の冷やし醤油らぁ麺」

【-】ファミリーマート「鶏節の冷やし醤油らぁ麺」 450円

200905280142chabuya_cファミリーマートで売っていたちゃぶ屋監修の冷やし麺。
味はそこそこだったが、この価格(>「日高屋」のラーメン)だったら、もうちょっと頑張ってほしい気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

インディアン<東京>

【113】インディアン<東京>②
直球勝負!最高級カレーつけめん あつもり 850円

ラーメン&カレーライスで有名な店。
携帯のラーメンサイトの会員限定でこの両者を組み合わせたメニューを出しているとのことだったので、訪問。
あつもり、ひやもり、あえそばの3種があり、迷った末にあつもりで。
出てきたのはこちら。200905261617indean
普通のつけ麺とは違っていて、ラーメン+カレールー+ライス(写真無し)という構成。
ラーメンとして食べたり、麺をルーに浸してつけ麺ぽく食べたり、カレーライスとして食べたり、さらにライスをラーメンのスープに浸して食べたりと とにかく様々な味わい方ができる。
もちろん、ラーメン自体・カレー自体がおいしくなければ、魅力は半減なのだが、そこはさすが「インディアン」といったところ。
携帯サイトの会員限定メニューはどちらかというと新奇なメニューで予想外のおいしさを演出してくれることが多いのだが、こちらは文字どおりの「直球勝負」で予想を超えるおいしさをもたらしてくれた。
というわけで、期間限定で6月中旬には終わってしまうのはもったいない と思っていたところ、その後の情報によれば、好評につきレギュラーメニュー化して、今後も14時以降に提供するとのこと(^0_0^)
ちなみに、本来の最寄駅は東急池上線の蓮沼駅(1分)。

京浜東北線蒲田駅西口8分
日休 11:00-18:30(土-16:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

麺屋武蔵 神山(かんざん)<東京>

【112】麺屋武蔵 神山(かんざん)<東京> ①
神山らー麺 並 1000円

増殖を続けている「麺屋 武蔵」の系列店の一つ。
OPEN直後に訪れてふられて(H21.2.19)以来の訪問。
19時55分の到着で2名待ちとさすがに人気がある。
食べたのはいわゆる全部のせの「神山らー麺」。
大盛りでも同料金とのことだったが、具にボリュームがありそうだったので、並で。
まず麺は平打ち太麺で、これはさすが武蔵という感じ。
スープは油過多で、風味や旨みが封殺されているように感じた。
そして、具の目玉が、炙った大きな角煮×2。
が、焦げ目がついている程度ならよいのだが、一つは完全に焦げていて、カリカリというよりはガリガリという食感。しかも表面が硬くなっていて、後半は噛み疲れてきた。
他の具は味玉、メンマ、のり、白ネギ、青ネギ。
メンマも硬くて、味玉も硬茹で。
ただし、味玉はこれぐらいの硬さの方がスープに合っていそう。
全体的に粗削りな印象で、「肉食系」の若い人には向いているのかもしれないが、私の口には合わなかった。
他につけめん等もあるようだが、つけダレが甘い苦手なタイプのようだし、この店の近辺には「そら」「大山(たいざん)」をはじめとしてお気に入りの店が複数ある中で、わざわざ行列してまでこの店を再訪する可能性はかなり低そう。
「武骨外伝」の時には、写真無し・店の紹介有りにしたが、今回は店の紹介も無しに。
「武蔵」ブランドへの期待が大きすぎるのかもしれないが、最近の「武蔵」はどんどん私の好みから外れる方向に向かっているような気がする。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

東横 紫竹山店<新潟>

【111】東横 紫竹山店<新潟>⑩
特製野菜みそラーメン 970円

11時半の到着で20人待ちで、食べ始めるまでに40分近い待ち。
近くの小学校で運動会があって、昼食の特需があった(私もそのパターン)せいもあって、ここまで混んでいたのかもしれない。
20090523toyoko約1年ぶりの訪問で、この間に60円値上げされ、さらに無料だった背脂も有料化されており、コストパフォーマンス的にはかなりDOWN。
いい意味で濃すぎるスープは健在で、味的には満足できた。

新潟市中央区紫竹山4-20-12
不定休 11:00-23:45(日祝-22:00)
公式HP  http://www.week.co.jp/imode/itp/00012214/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>

【110】万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>⑪
特選ざる排骨麺 880円

20090522mansei暑い時期にこの店に来ると食べたくなるのが「ざる」。
脂身の少ない肉を使った排骨が載る「特選」の方で。
具ではレタスが珍しい(前からそうだったかは?)。
麺とつけダレにはあまり魅力を感じないが、肉屋の系列だけあって、排骨はさすが。

千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1F
無休 10:00-23:00(土日祝11:00-20:00)
公式HP
http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>

【109】風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>①
油そば 750円

関東から九州まで、フランチャイズ展開をひろげている店。
この支店は、今年3月OPEN。
とんこつ・醤油・味噌・坦々麺等ひととおり揃っているが、「マニア向け」となっていた「油そば」に。
太麺に、それほどギトギトではない油タレ。
具はチャーシューとメンマ、白ネギ、万能ネギ。
そこに、店の薦めに従って、酢やラー油をかけて食べる。
味的には特筆すべき点はないが、麺はそれなりだったし、深夜営業している店としては、それなりのレベルだと思った。
24時以降に帰宅途中でラーメンを食べたくなった場合、従来の「日高屋」と並ぶ候補になりそう。
ちなみに、最初に出てきた店員が高圧的で怖そうだったので、写メ自粛。。。
その後に接客してくれた女性店員は非常に愛想がよかったのだが。

京浜東北線浦和駅西口3分
無休 11:00-26:00
公式HP http://www.fufuramen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

麺徳<東京>

【108】麺徳<東京>③
豚入り味噌ラーメン850円 + バター50円

今回は、初訪問時と同様に「味噌」にして、さらに「バター」をトッピング。
20090520mentoku_2野菜はこれまでと同様に、私にとっての適量である「中盛り」に。
(ちなみに写真は、デフォルトの状態に、卓上の一味を加えたもの)
バターを加えたことによって、スープの一部分がマイルドになった気がするが、それほど大きくはないので、スープ全体の雰囲気を変えるのには力不足だった。
あと、この店の「豚」はやはりスープにマッチしているので、「豚入り」にしてこれぐらいの量は欲しいところ。

銀座線上野駅1番出口9分
東京都台東区東上野5-24-11
日祝休 11:00-14:30 17:00-22:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

重厚煮干中華そば 大ふく屋<東京>

【107】重厚煮干中華そば 大ふく屋<東京>②
和み中華そば750円 + 豚骨ミニカレー200円

昨年12月の赤羽店OPENを皮切りに、十条・川口・草加と東京都北部及び埼玉県で増殖を続ける「大ふく屋」。
その分、行列が解消されてもよさそうなものだが、19時20分過ぎの到着で2名待ちで、食べ始めるまでに20分待ち。店を出た20時過ぎには空席があるぐらいになったのだが。
前回(H21.1.15)は看板メニューである「重厚中華そば」の名前どおりの重厚さに圧倒されたので、今回は新メニューの「和み中華そば」を。
20090519daifukuya鶏ガラ・煮干し・昆布等でとったスープに縮れ細麺という構成のあっさり系のラーメンは「和み」という名がふさわしい感じ。
具はチャーシューに味玉半分、メンマ、ほうれんそう、なると、のり、刻みネギと多彩で、コストパフォーマンス的にも満足できる。
麺と具をたいらげた後に、豚骨ミニカレーを食べ始めてみたら、カレーとの相性もよいスープで。
というわけで、私としては「重厚中華そば」よりも「和み中華そば」の方が口に合った。
こうなると重厚ではない方の「中華そば」の方も食べてみたい。

京浜東北線赤羽駅北改札東口2分
東京都北区赤羽1-18-4
月休 11:30-15:00 17:30-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

中華そば つし馬<東京>

【106】中華そば つし馬<東京>⑥
冷やし煮干しそば 800円 + みそおにぎり100円

前回(H20.8.21)同様、「バリ煮干しそば」目当てで訪問したのだが、5~9月の期間限定の「冷やし煮干しそば」が出ていた。
これまで、冷たいラーメンに関してはよい印象を持ったことは少ないのだが、暑かったこともあって、試してみることに。
20090518tsushima出てきたスープは、よく冷えていて、醤油と煮干しが前面に出たわかりやすい味わい。
具の方も、チャーシューとメンマ、白ネギと至ってシンプルだが、チャーシューの脂身部分もいやな感じにかたまってはおらず、食べやすい。
これまでに食べた冷たいラーメンの中では、私としては、かなり気に入ったし、食べ終わったら、身体が芯まで冷えていたので、暑い時期にはまた食べたくなるかも。

あと、みそおにぎりは、100円でシャケ入りでおいしかった。

銀座線浅草駅1番出口1分
東京都台東区浅草1-1-8
無休 11:30-21:30(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和<東京>

【105】昭和<東京>①
昭和特盛り 1000円

「真好味(しんほうみ)」というラーメン&粥で有名だった店の後にできた店。
珍しい食券無しの前金制。
いわゆる全部のせの「昭和特盛り」を。
が、オーダーした後に、大盛り・煮玉子をサービスしていることが判明。
チャーシュー1枚増量(実際には他の具も増量されていたのだろうが)でプラス220円だったのに近い感じで、かなり損した気分。
せめて「特盛り」オーダー時にサービスについて説明してくれればよかったのだが。20090518shouwa
でも、味の方は満足できた。
豚・鶏の動物系と昆布等でとったスープは、薄い色合いながら、じんわりくるおいしさで、飲み干した。
具は、チャーシュー2枚と、煮玉子、もやし、メンマ、青ネギ等。
中では、噛みごたえがあって、脂身の少ないチャーシューがよかった。
帰りは日本橋駅まで歩いたら、8分(D1出口)かかった。

日比谷線茅場町駅2番出口2分
土日祝休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了、夜の部営業不詳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

カップラーメン「いち井」

【-】カップラーメン「いち井」 298円
20090517ichii_cサークルKサンクス限定カップラーメンで今度は「いち井@長岡(新潟)」(店についてはH19.9.26等参照)。
「焼あじ醤油」とのことだが、そう言われなければわからないし、カップラーメンでその店らしさを出すのは、やはり至難の業なのだろう。
具の中では茎ワカメが、カップラーメンの具としては珍しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ののや 新潟駅南店<新潟>

【104】ののや 新潟駅南店<新潟>⑧
つけそば 800円

11時半過ぎの入店で、ほぼ満席だったこともあって、食べ始めるまでに20分近くの待ち。
20090517nonoya食べたのは「つけそば」。
以前は卓上に魚粉コショウがあったのが無くなっていた。
魚粉コショウがあってこそのこの店のつけそばだと思っていただけに、かなり残念。

20090517nonoya2そして、こちらは長女が食べた「みそ」700円。
あと、新トッピングの海老ワンタンにはちょっと興味がわいた。

新潟市中央区米山6-8-4
不定休 11:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

大宮 門ぱち<埼玉>

【103】大宮 門ぱち<埼玉> ②
和えそば780円 + 半ライス100円 + チャーシュー サービス

20090515mon8先週(H21.5.8)の初訪に続いての訪問。
スタンプカードでチャーシューをサービスしてもらった。
ライスは最後によい「口直し」になったので、やはり付けて正解だった。

京浜東北線大宮駅東口(北)5分
無休 11:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

日高屋 浦和東口店 <埼玉>

【102】日高屋 浦和東口店 <埼玉>③
生わかめラーメン 490円

20090514hidakayaコストパフォーマンスのすぐれた「生わかめラーメン」を。

東北本線浦和駅東口30秒
埼玉県さいたま市浦和区東仲町11-1石毛ビル
無休 11:00-LO26:00(日祝は-LO25:30)
公式HP http://www.hiday.co.jp/man/core/index5.html#hidaka1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

海と大地のらあめん ひろや<埼玉>

【101】海と大地のらあめん ひろや<埼玉>①
ひろやらーめん全部のせ1050円 + 半ライス クーポンサービス

渡り蟹、帆立貝柱、地鶏ガラ、鹿児島豚骨を使ったという魚介豚骨スープの店。
20090513hitroyaよくいえばバランスのとれたスープなのだが、せっかく蟹や帆立を使っているのだから、もう少しこれらを引き立たせてもよいのではという気もした。
そして、「ワサビを入れると海の味わいに、ガーリックチップを入れると大地の味わいに」という貼り紙に従って、順次両者を入れてみたところ、「海」を感じたかどうかはともかくとして、ワサビの方はなかなかよい感じにスープを変化させてくれた。
あと、具は、全部のせだけあって、チャーシュー、味玉、焼のり、岩のり、メンマ、白髪ネギ、青ネギ、糸唐辛子と盛りだくさん。
白髪ネギは多すぎで、メンマは妙に甘い味付けが鼻についたが。

京浜東北線西川口駅西口2分
月休 11:00-15:00 18:00-24:00(日祝11:00-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

TOKYO味噌らーめんA.O.<東京>

【100】TOKYO味噌らーめんA.O.<東京>②
支那そば(醤油)味玉入り 790円

12時過ぎの到着で、オフィス群の一角にあるレストラン街の中という好立地にもかかわらず、行列無し。
高めの料金設定(今回食べた支那そばはそうでもないが)が影響しているのか?
店名にも入っているぐらい味噌ラーメン押しの店のようだが、あえて「支那そば(醤油)」の方を試してみることに。
20090512tokyoao 鶏・昆布・煮干しでダシをとったというスープは、醤油加減も絶妙でうまい!
低温調理したチャーシューもしっとりしていておいしいし、細切りメンマもスープに合っている。そして、大きな玉子を使った味玉は黄身がゼラチン状になっていて、すばらしい仕上がり。

というわけで、私の好みからすれば、断然「味噌」より「支那そば」ということになった。
今回は醤油にしたが、塩の方もぜひ食べてみたいと思った。

銀座線三越前駅B5出口5分
東京都千代田区大手町2-6-2
日祝休 11:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

てんくう<東京>

【99】てんくう<東京> ③
醤油わんたん麺780円 + 炙りチャーシューごはん350円

初めて「醤油」の方を。20090511tenkuu
スープは「塩」同様おいしかったし、わんたんもプリッとしていておいしかったのだが、この店の特長の一つだと思っている油揚げが入っていなかったのはちょっと残念。
「醤油」には入らないのか?「わんたん麺」だと入らないのか?油揚げを入れるのをやめてしまったのか?

銀座線稲荷町駅3番出口3分
東京都台東区松が谷1-3-15
日祝第2火休 11:30-15:00 17:30-21:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

いっとうや<新潟>

【98】いっとうや<新潟>(23)
醤油 600円 + 炊き込みちゃーしゅー丼 100円

20090509ittouya味・価格ともに、サイドメニューも含めて、全く文句なし!

新潟市中央区紫竹山3-5-23
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

大宮 門ぱち<埼玉>

【97】大宮 門ぱち<埼玉> ①
和えそば 780円

タピオカ入りの太麺が売りの店。
20090508mon8タピオカで思い出されるのは、「椿@西新井、せんげん台」(H19.3.24等)だが、あれほどではないにせよ、やはりプリプリした麺は歯応えがあって◎。
具はほぐし肉に卵黄、揚げネギ、メンマ、青ネギ、三つ葉とツボを得た構成。
さらに卓上には柚子七味と揚げネギが置いてあって、味の変化も楽しめるのだが、それが不要なぐらい濃いめの味付け。
具の量の多さともあいまって、麺を大盛りにするかライスを付ければよかったと後から思った。
なお、スタンプカードをもらったので、次回から毎回チャーシューサービス&スタンプ10個でラーメン1杯無料に。

京浜東北線大宮駅東口(北)5分
無休 11:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大宮 門ぱち<埼玉>

【97】大宮 門ぱち<埼玉> ①
和えそば 780円

タピオカ入りの太麺が売りの店。
20090508mon8タピオカで思い出されるのは、「椿@西新井、せんげん台」(H19.3.24等)だが、あれほどではないにせよ、やはりプリプリした麺は歯応えがあって◎。
具はほぐし肉に卵黄、揚げネギ、メンマ、青ネギ、三つ葉とツボを得た構成。
さらに卓上には柚子七味と揚げネギが置いてあって、味の変化も楽しめるのだが、それが不要なぐらい濃いめの味付け。
具の量の多さともあいまって、麺を大盛りにするかライスを付ければよかったと後から思った。
なお、スタンプカードをもらったので、次回から毎回チャーシューサービス&スタンプ10個でラーメン1杯無料に。

京浜東北線大宮駅東口(北)5分
無休 11:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

二代目 つじ田 味噌の章<東京>

【96】二代目 つじ田 味噌の章<東京> ①
玉子入り味噌らーめん 900円

「つじ田」(神田御茶ノ水店についてH20.8.20等参照)が味噌専門店を出したというので訪問。
都営新宿線小川町駅の方が近いようだが、定期券の都合で神田駅から。
20時過ぎの着で3名待ちだったのだが、食べ始めるまでに20分近くの待ち と回転が悪いのは「つじ田」共通の特徴かも。。。
食べたのは「玉子入り味噌らーめん」。20090507tsujita_miso
札幌ラーメンに、「龍上海@山形」風に青のりを加えた味噌ラーメン。
新潟でも青のり入り味噌ラーメンは、「ちゃーしゅうや武蔵」(H20.2.5)や「風の味 GOIN GOIN」(H19.1.29)等でも他べたことがあるが、これらは、ベースとなるスープがあっさりめの味噌味だったので、青のりも存在感があったが、札幌ラーメンと組み合わせると影が薄かった。
粉末状の青のりよりも、原型に近いあおさのりの方が存在感が出るのでは?と思った。
あと、麺は中細だったが、もっと太ければ・・・とも思った。
とはいうものの、もやし、玉ネギ等の炒めた野菜がたっぷり載っていて、食べ応えはあったので、途中で卓上の一味やにんにくで変化をつけつつ、完食。
「つじ田」ということで、必要以上に大きな期待をいだかなければ、十分満足できるレベルと思われる。

銀座線神田駅6番3分
無休 11:00-22:00(土日-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

町田汁場 しおらーめん 進化<東京>

【95】町田汁場 しおらーめん 進化<東京> ①
煮干塩  700円

小田急線での遠征ついでにもう1軒。
「ひるがお」(せたが屋系)出身者による塩ラーメン専門店。
こちらも10名規模の行列ができていて、食べ始めるまでに40分弱とやや回転は悪い方。
鶏ベースの「塩」もあったが、「煮干塩」の方に。20090506shinka
こちらは5種の煮干しや宗田節、利尻昆布とげんこつでダシをとっているとのことで、魚介の風味と塩ダレの加減が絶妙だった。
具はチャーシューにメンマ、青ネギ、そして紫玉ネギ。
そして、卓上には調味料が無い代わりに、丼の縁に白(西洋)ワサビが添えられていた。
紫玉ネギと白ワサビという特徴的な2つが特にスープに合っていた。
というわけで全体的に大満足。
「中村屋」に続いての塩ラーメンだったが、遜色ないどころか、こちらの方が私の好みからすれば一歩リード。
「塩」の方もぜひ食べてみたくなった。

小田急線町田駅東口12分
月休 11:00-15:00 18:00-21:00(日祝11:00-18:00スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村屋<神奈川>

【94】中村屋<神奈川> ⑥
あじ玉らーめん塩880円 + 真空平打ち麺50円

高座渋谷(神奈川県大和市)にあった頃には、神奈川県に住んでいたこともあって、H16年9月までの間に、大行列にもめげずに5回訪問。
その後、海老名に移転してからは初めての訪問になる。
その後人気は衰えていないのか?と思いつつ訪れたところ、連休の最終日ということもあって、雨天にもかかわらず、開店10分前の到着で、20人以上の行列で、食べ始めるまでに1時間近くの待ち。中村屋 依然としておそるべし!
20090506nakamuraya食べたのは高座渋谷時代に気に入っていた、塩に平打ち麺の組み合わせ。
追随者やこの店出身者等の店も増えてきた中、突出しておいしいわけではないが、インパクトはなくてもじんわりとくるおいしさは健在。
あとは、この行列と立地をどうみるかだろう。
埼玉在住・東京勤務の私としては、「HEY-ZO@新三河島」、「三四郎@新御茶ノ水他」、「番@川口」あたりで妥協しそう。。。

小田急線海老名駅7分
水休 11:00-14:30 18:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

GOGO宝来軒<新潟>

【93】GOGO宝来軒<新潟>②
俺のジャンク+ 900円

「俺のジャンク+」を。20090504gogoh
あえそばの系統で、300gある平打ち気味の太麺に、醤油ダレと2種のオイル。
具は角切りチャーシューに温泉玉子、メンマ、糸唐辛子、白髪ネギ、万能ネギ。
さらに、小ライス、スープ、マヨネーズ(こちらから言い出さないとつけてくれないが)を付けることができる。
以上のとおり、具や付属品等が多彩で、変化をつけながら最後まで飽きずに食べられる。
ちなみに、傾いた丼は、「二代目 海老そば けいすけ@高田馬場(東京)」を彷彿とさせる。

20090504gogoh2あと、こちらは長女が食べた「とくもやし味噌」880円。
ちょっと味見したところ、ゴマ&ゴマ油が印象に残った。

20090504gogoh3それから、こちらは次女が食べた「チャーシューごはん」350円。
私も「TKG(たまごかけごはん)天かす入り」380円あたりが気にはなったのだが、ちょっと高いかなということで見送り。

それと、残念だったのが、接客。ラストオーダー時刻を過ぎて入店したお客さんへの対応をはじめとして、あまりよい印象は持てなかった。
ただし、メニュー的には、2008年の新潟ラーメン博で賞をとった「NOODLE STAR★”HG”」等気になるものがいくつもあるので、上越の市中でラーメンを食べる際には、「あごすけ」に次いで訪問したい店ではある。

上越市藤野新田375-1
木休 11:00-15:30LO 17:00-22:00?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

麺や 来味<新潟>

【92】麺や 来味<新潟> (41)
和だしの濁り塩らぁ麺680円 + おかかごはん150円

期間限定メニュー目当てで訪問したのだが、GWは休止なのか?本日は売り切れなのか?で見当たらず。
しかし、この店の場合、メニューの多様さゆえに他にも気になるメニューが目白押しなので、無問題。
レギュラーメニュー外ながら、ずっと提供されていて、逆にそれゆえにいつも見送ってきていた「和だしの濁り塩らぁ麺」を初めてオーダー。20090503raimi
9種の和風だしにとんこつスープ、そこに香味野菜油を加えたとのことで、特定の食材をフィーチャーした期間限定メニューとは対照的に、突出した部分はないが、その分、まとまりのある味わい。
麺は22番の中太ストレート麺。
具はチャーシュー、メンマ、水菜、岩海苔、白ネギ、糸唐辛子、そして特徴的なところで麩。
全体として、インパクトはないものの、飽きのこない一品ではないだろうか。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきんど<新潟>

【91】あきんど<新潟>(24)
みそちゃーしゅーめん 950円

20090503akindo約1年ぶり(H20.5.8以来)の訪問。
新潟では、週末に子どもとラーメン屋を訪れることが多くなった状況下では、この店のようにサイドメニューのご飯物や子ども向けメニューの無い店には来づらくなる。
しかし、味の方は1年前と変わらぬ好印象。

新潟市西区寺尾西2-2-3
火休 11:00-14:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

浦咲<新潟>

【90】浦咲<新潟> (66)
特別潮らーめん 850円

「なおじ(本店)」で「とみ田リスペクト」をやっているということで訪問。
携帯サイトやラーメン本の情報により夜の部の開店時刻である17:30に訪れたのだが、夜の部は18:00からに変わっていたので、時間をつぶして再訪。が、GW中はリスペクトメニューは休止とのことだったので、はしごを外された気分になって退散。
代わって、「いのや」へ。
こちらはつけ麺(H21.2.7)目当てだったのだが、つけ麺用の麺が切れたので、つけ麺は休止中とのこと。。。
こうなると、妥協せずにお目当ての品を食べたい気分になってきて、ここもPASS。

そこでたどりついたのが「浦咲」。
20090502urasakiいつもの「特別潮らーめん」を食べてようやく満足。
今日はサイコロチャーシューがいつになく小さかった(H20.7.26等参照)のはちょっと残念だが。今日はたまたまならまだよいのだが、縮小されてしまったのだとしたら悲しい。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市玄<新潟>

【89】市玄<新潟>②
超しょうがらーめん 650円

新メニューの「超しょうがらーめん」を。
出された瞬間にしょうがの香りが目にしみて、スープを一口啜ると、まさに「超しょうが」だった。
マグロ、海老でダシをとった魚系がベースのスープだそうだが、ひたすら生姜の印象しか残らなかった。
その名のとおりのラーメンなので、文句は言えないのだが、よほどの生姜好き以外は、1度食べれば十分では。

新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

覆麺<東京> 

【88】覆麺<東京> ③
味玉覆麺 880円

前回(H20.9.11)は「油覆麺」だったので、ラーメン(「味玉覆麺」)は初訪(H20.8.13)以来。
20090501fukumenスープを一口啜ってみると・・・明らかにしょっぱくなっている。それもかなり。写真を見比べてみると濁り度もUPしており、スープを変えたようだ。
卓上の生姜を入れるように勧められたので、入れてみると、味がさらにキツくなるかと思いきや、しょっぱさが和らいだような。
塩分は控えめにという指導を受けているので、スープは6割ぐらい飲んだところでSTOPしたのだが、黒覆面さんに「あと一口飲んだらこれあげる」と言われてそれに従ったところ「黒帯」(名刺大の黒い紙、次回から玉子をサービスしてくれるらしい)をくれた。

それにしても、スープのこのモデルチェンジ。「が○こ」系の本領発揮といったところなのかもしれないが、好みによってかなり評価が分かれるところではないだろうか。
私としては、スープもさることながら、揚げたての揚げネギたっぷりだった従前(揚げたてだったのはたまたまなのかもしれないが)と比べると、揚げネギが揚げたてでなくなって量も減った点がちょっと残念。

半蔵門線神保町A4出口2分
東京都千代田区神田神保町2-2
不定休 11:00-22:00(日祝-18:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »