« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

焼豚そば 黒なべ<東京>

【167】焼豚そば 黒なべ<東京>①
焼豚そば 並 800円 + 仕上げ2 150円

富山ブラック「的」な黒じょっぱいラーメンを出す店と聞いて訪問。
「焼豚そば」の方が、富山ブラック系なので、そちらを並で。
出てきたのはこちら。200907312002kuronabe
見た目は確かに富山ブラック。
(ただし、私が本場の富山ブラックを食べたのは10年以上前。最近食べているのは「GOIN GOIN@新潟」の「中田ブラック」(H19.3.5他参照)なので、以下の記述はこれと比較してのものになります。)
黒いスープを飲んでみると、「中田ブラック」と比べてしょっぱい。
「中田」の方は、胡椒との相乗効果でしょっぱいのだが、こちらは胡椒抜きでもしょっぱいところに、さらに胡椒がたっぷりかかっているので。
しかも、「中田」の場合、割りスープも付いてくるので、薄めることもできるのだが、こちらにはそのような「逃げ道」は無い。
それでも、しっかりした太麺と多めのチャーシュー、そして大量の白ネギの存在に助けられて食べ進むうちに、しょっぱさが一種の快感につながってくる。
そして、最後の「仕上げ」。
「2」の方だとライスに生玉子とフライドガーリックが付いてくる。
これで150円というのはコストパフォーマンス的にも◎だし、最後にライスというのはこのスープだと必須と思われる。
ただし、欲をいえば、ライスの器をもう少し大きくしてもらえたら、ライスの器の方に適量のスープを入れて、好みのしょっぱさ加減で食べられるのだが、器が小さいので、ラーメンの丼の方にライスを入れざるをえず、結局、かなりしょっぱい雑炊になってしまうのはちょっと残念。
でも、やみつき系なのは間違いないし、東京で富山ブラック「的」なラーメンを食べられる貴重な店ということで、再訪は必至。
ちなみに、都電荒川線東池袋四丁目停留所からだと、本当に降りてすぐ(2,30歩)。

有楽町線東池袋3番30秒
無休 11:30-15:00 19:00-23:30
(土祝 12:00-15:00 18:00-22:00 日12:00-16:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

インデアン<東京>

【166】インデアン<東京>①
支那そば 半カレーセット 1000円

※保存ミスのため写真無し
「インディアン@蓮沼(H21.5.26)」の流れを汲む店のようだが、こちらは「インデアン」。
王子駅から歩いたら、17分かかった。
王子神谷駅からの方が近いのだが、それでも10分以上かかるようで、交通の便はかなり悪い。
ただし、「伊藤」(系列店に関してH21.6.3等参照)からは200m程度。
ワンタン麺やチャーハンもあったりして、メニューは「インディアン」よりも豊富だが、やはりこの系列ではラーメン&カレーが王道ということで、「支那そば 半カレーセット」を。
まず付属のサラダが出てきて、その後支那そば、カレーの順。
支那そばは、透き通ったスープ等ビジュアル的には「インディアン」に近いものがあるし、あっさり系の塩味という方向性も同じなのだが、こちらの方がしょっぱめ(あくまでも比較上)な感じだった。
カレーもルーの色合いが黒っぽくて見た目は「インディアン」に近かったが、食べてみるとこちらの方が辛めに感じた。
というわけで、ラーメン・カレーともに、「インディアン」よりもこちらの方がキツめの味付けで、単体で食べる分にはこちらぐらいでよいのかもしれないが、セットで食べる場合には、「インディアン」ぐらいの方が組み合わせによる相乗効果が出てくるのではないかと思ったが、このへんは好みの問題だろう。
というわけで、駅から遠いという難点はあるものの、営業時間的には「インディアン」よりも敷居が低いので、歩く気力がある時に再訪しそう。

京浜東北線王子駅中央口17分
火休 11:15-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

ありがとうラーメン<東京>

【165】ありがとうラーメン<東京>①
いっぱい!ありがとう 980円

川崎にある「虎二郎」という「二郎」インスパイア系の店の系列店らしい。
食べたのはいわゆる全部のせの「いっぱい!ありがとう」をニンニク入りで。
出てきたのはこちら。200907281913arigatou
スープ・麺ともに「二郎」系としてはライトで優しい感じ。
具は増量されたチャーシューとのり、味玉、もやし、キャベツ。
そして花鰹が載っているのは同じ「二郎」インスパイア系の「辰屋@松陰神社前」を思わせる。
「二郎」系で一般に用いられている「豚」ではなく、普通のチャーシューが使われているのも特徴の一つ。
卓上の一味やゴマで味をカスタマイズしつつ、完食。
デフォルトでも750円で、ボリュームもそれほどないうえに、野菜増しは別料金というのは「二郎」系としてはやや残念だが、これも土地柄か。
それでも、味の面では特に不満も無いので、赤坂で軽く飲んだ後等に再訪しそう。

千代田線赤坂駅6番出口2分
無休 11:30-15:30 17:30-27:00(日-22:00)
公式HP http://www.arigatou365.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

紅蓮(ぐれん)<東京>

【164】紅蓮(ぐれん)<東京>②
あえそば 800円

前回訪問時(H21.3.17)には「極濃海老つけ麺」しかなかったのだが、その後「油そば」や「あえそば」も出すようになったとのことで、新メニュー狙いで訪問。
入店した瞬間に立ち込めていた海老の香りによって「極濃海老つけ麺」にも心をひかれたが、初志貫徹で、夜限定の「あえそば」の方を大(300g)で。
出てきたのはこちら。200907271903guren
麺を焼いてある点や皿の色合い・形状から、「四代目 けいすけ@本駒込」の「焼きもりめん 伊勢海老の滴」(H20.12.9)を思い起こしたが、あちらほど麺はカリカリしていないし、具や味付けも全く異なる。
出てきた段階で、「よく混ぜてお召し上がりください」と言われたのだが、もんじゃのヘラが付いてきて、焦がした麺をそれではがして食べる趣向のようだったので、あまり混ぜずに食べ始めたところ「焦げ過ぎるし、味付けの面でもよく混ぜてください」とうるさく言われたので、やむなく混ぜることに。
でも、まだあまり焦げていなかったので、結局もんじゃのヘラは出番無し。
一方、具の方は、「翔丸@大久保」の「トマトと玉ねぎの油そば」(H21.6.23)を思わせるイタリアン志向で、ミートソース、レタス、うずら豆、酢漬け玉ネギ、揚げ麺、チーズ(本来100円だがサービスで無料)。
うずら豆は余計な存在に感じたが、それ以外の具はいい役割を果たしていると感じた。
意に副わない方向に食べ方を指図されたのはちょっと残念だったが、斬新な一杯(?)ではあった。
再訪して、「油そば」の方も食べてみたくなったが、海老の香りにつられて「極濃海老つけ麺」を再食する可能性も。

東西線早稲田駅3A出口4分
東京都新宿区早稲田鶴巻町517
日第1月休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【163】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(47)
超魚介豚そば630円→330円

今回も開店直後の入店ながら、食べ始めるまでに20分以上の待ち。
食べたのは「超魚介豚そば」。200907251122goin
これをこの店の携帯会員向けのバースデー割引により300円引きで。
このメニューも昨日の「来味」と同様、新潟ラーメン博で出品したもの。
魚介が超強めのこってりとんこつ醤油ということで、確かに魚介が効いていたが、それ以上に目立っていたのがラードの多さ。
けれども、大量の玉ネギが中和剤となって、くど過ぎるというところまではギリギリ行っていない。
具は他に角切りチャーシュー、万能ネギと絞り込まれていた。
かなりパワフルでインパクトのある一杯だった。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

いち井<新潟>

【162】いち井<新潟>⑥
つけ麺 800円

高速を使って訪問して、さらに行列してでも食べたいと思う数少ない店。
が、今回は14時過ぎという訪問時刻がよかったのか、初めて待ち無しで座れた。
食べたのは「つけ麺」で、これも初めて。
出てきたのはこちら。200907241406ichii
麺はつけ麺専用のもので、多加水のツルツルしたもの。
この店らしい濃厚なつけダレなので、あまり低加水でつけダレが絡みすぎるのよりもこれぐらいの方がよいのだろう。
「来味」からの連食であるにもかかわらず、あっという間に平らげて、最後にスープ割りを頼むと、柚子入りだった。
このあたりの芸の細かさもさすが「いち井」。

長岡市曙1-1-5
日・第1月休 11:30-14:30(土祝-15:00)
http://homepage3.nifty.com/ichii/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や 来味<新潟>

【161】麺や 来味<新潟> (43)
鯛とんこつ塩らぁ麺 730円

期間限定の「鯛とんこつ塩らぁ麺」を。200907241116raimi
今年は行けなかった新潟ラーメン博で「なおじ」とのコラボで出品していたものをアレンジしたものらしい。
「とんこつと合わせた鯛と干し海老としじみの地酒蒸しのラーメン」だそうで、前回(H21.6.20)食べた「とん塩らぁ麺」に魚介を加えたものか。
中では、しじみが効いているように感じた。
具の構成も「とん塩らぁ麺」と同様で、チャーシュー、メンマ、のり、白ネギとキクラゲ。
前回食べたものにアレンジを加えたイメージのものだったため、あまり新鮮味はなかったが、やはりおいしい一杯だった。
ちなみに、冷やし系だけで3種もメニューに加わっていた。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

らぁめん 丸<東京>

【160】らぁめん 丸<東京>①
つけ麺小 800円 + 味玉 クーポンサービス

「つけ麺」が評判の店ということで、つけ麺を。200907231834maru
麺の量150g+ライスか麺の量250gかを選べるのだが、スープ割り無しとのことだったので、しめ用にライスが付く方で。
豚骨魚介のつけダレには魚粉が浮かんでいるが、それが沈まないぐらいの粘度。
けれども、この粘度はでんぷんによるものだとのことなので、見た目ほど重かったりくどかったりはしない。
なので、思う存分麺にからめながら食べ進む。
最後はつけダレはあまり残っていなかったが、そこにライスを投入して食べて、つけダレも含めて完食。
オーソドックスな濃厚魚介豚骨つけ麺にはやや食傷気味だが、このパターンなら新鮮味があるので、また食べたいと思った。

京浜東北線田町駅三田口3分
日休 11:00-15:00 18:00-21:00(土祝は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

TOKYO味噌らーめんA.O.<東京>

【299*】TOKYO味噌らーめんA.O.<東京>③
支那そば(塩)670円 + TKG 300円

味噌→醤油と来たので、今回は「支那そば(塩)」を。200907221234ao

最初は、ダシの風味がわかりやすいという印象だったのだが、後半はやや物足りなさも感じた。
麺は細麺で、具はチャーシュー、細切りメンマ、白ネギ。
中ではやはり、しっとりしたチャーシューが絶品。
次回はチャーシューメンにしたいと思った。

また、こちらは「TKG」。200907221234ao2

生揚げの「弓削田醤油」と「五郎兵衛醤油」という2種の醤油が付いてくる。特に前者は私も知っていた有名ブランド。ただ、300円を奮発した甲斐があったかとなると。。。やはりTKGは200円ぐらいで食べたい。

銀座線三越前駅B5出口5分
東京都千代田区大手町2-6-2
日祝休 11:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

大至<東京>

【159】大至<東京>①
味玉ラーメン680円 + ネギチャーシュー丼330円

御茶ノ水駅が1番近いようだが、銀座線末広町駅からも6分で、「天神屋」(H20.8.27)の向かいにある店。
食べたのは「味玉ラーメン」。200907211918daishi
卓上に置いてあった店の薀蓄によると、スープはシンプルな鶏ガラ醤油に見えるが、とんこつその他多くの素材でダシをとったとのこと。
啜ってみると、ラードたっぷりでやや甘みはあるものの、厭味ではないおいしいスープ。
麺はでしゃばらない中細麺。
具はチャーシューと味玉、メンマ、なると、のり等。
チャーシューは、ラードで煮込んだとのことで、「崩れるような柔らかさではなく肉らしい食感を求めた」という方向性には共感できる。
また、デフォルトだと味玉半分なのに対して、プラス30円の味玉ラーメンにすると半分追加して1個になるというシステムもありがたい。
というわけで、目立った特長はないものの、きっちり考えて作りこまれた一杯だった。
「ネギチャーシュー丼」の方もおいしかったが、こちらは前述したチャーシューのおいしさに引っ張られている印象も。
他に、「冷やしつけ麺」や「つけ麺」もあったが、前者は苦手な青じそ入りのようなので、要注意。
次回訪問時には、「ラーメン」+「ワンタン」+「玉子かけごはん」あたりをオーダーしてみたい。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

めん屋 いなば<新潟>

【158】めん屋 いなば<新潟>⑲
らーめん650円 + チャーシュー小丼250円

11時から営業していると勘違いして訪問して、30分待ちきれずに、他の店に浮気したこともあったりして、約9ヶ月ぶりの訪問になった。
200907201150inaba「汁なし坦々麺」等も登場していたが、辛いのは苦手なこともあって、「らーめん」に。
とろみのある濃厚なスープは、久々に飲むとやはり迫力がある。

200907201150inaba2あと、こちらは「チャーシュー小丼」。
やや小ぶりながら、250円で味玉まで載っているのは、在京地区のサイドメニューの価格水準に慣れた目で見ると、かなりお得感あり。

新潟市西区大野186-1
不定休(月休が多い?) 11:30-15:00 17:30-22:00(金土-23:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

ぜんや<埼玉>

【157】ぜんや<埼玉> ③
ぜんやラーメン700円 + ミニチャーシューメンマ丼370円

13時半過ぎの到着で9名待ち。それで食べ始めるまでに30分弱の待ちというのは、この店としてはラッキーな部類だったかも。
前回(H21.1.24)は「チャーシューメン」でチャーシューも堪能したのだが、今回は「ぜんやラーメン」にして、その代わりに「ミニチャーシューメンマ丼」を付けてみた。
200907171404zenyaで、「ぜんやラーメン」だが、文句無しにうまい!
私がこれまでに食べた塩ラーメンの中では、屈指で、30分待ってでも食べる価値おおいにあり。
メニューの幅を広げるでも、支店等の店舗展開をするでもなく、まさに「孤高の塩ラーメン」といった感じ。

200907171404zenya2あと、こちらは「ミニチャーシューメンマ丼」。
漬物付きで、刻みチャーシューとゴマ油で炒めたメンマ、白ネギ、刻みのりが載っていて、そこにマヨネーズがかかっている。
370円という価格なりに手がかかった一品で、おいしいのは間違いないのだが、ラーメンがおいしすぎるだけに、「蛇足」のようにも思えてしまう。

武蔵野線新座駅南口6分
埼玉県新座市野火止4-9-8
火水休 11:30-(スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店

【156】風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>⑤
油そば 750円 + カリカリガーリック 無料

※写真撮影省略
前回(H21.6.30)に続いて「油そば」+「カリカリガーリック」を。
ただし、今回は「カリカリガーリック」を最初から頼んだところ、「油そば」に入れた状態で出てきて、カリカリではなくなってしまったので、お手数はおかけするが、追加注文して別皿で出してもらって、途中で投入するのがベターなようだ。

京浜東北線浦和駅西口3分
無休 11:00-26:00
公式HP  http://www.fufuramen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

食処 渓<埼玉>

【155】食処 渓<埼玉>②
カレーまぜそば 800円 + 玉ネギ10円

前回(H21.6.2)訪問時に気になっていた牛筋煮込み入りの「味噌まぜそば」目当てで訪問。
が、19時半過ぎの訪問で、牛筋煮込み売り切れのため、売り切れ。
そこで、「カレーまぜそば」を。200907141950kei
麺はノーマル同様の「まぜそば」向きの極太麺。
具もチャーシュー(普通のと辛いのと2種)、メンマ、長ネギ、魚粉、のり、生玉子、のり、玉ネギ等はノーマルと同様で、他にフライドガーリックが結構な量載っている。
そしてタレは当然のことながらカレー味。
カレー味の「まぜそば」は、「UNDER GROUND RAMEN@川越」(H21.4.29、ただし「油そば」にカレートッピングしたもの)以来だったが、あちらは私にとっては辛すぎたのだが、こちらは程よい辛さだなと思いつつ食べ進む。
ただし、後半飽きてきても、元々の味付けが濃いので、卓上調味料で味を変える余地があまりないのは惜しまれるが。
次回は早めに来て、ぜひ「味噌まぜそば」を試してみたい。

京浜東北線川口駅東口8分
月休 11:00-14:00 17:30-スープ切れまで(日11:00-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ぴかいち<新潟>

【154】ぴかいち<新潟>⑮
和風背脂らーめん 730円 + 玉葱 30円

200907111119pika1新たに「和風背脂らーめん」というのが出ていたので、それを。
鶏と魚介を使ったスープだそうで、そこに大量の背脂が浮かんでいるものの、この店の背脂はミンチ状なので、最初のうちはスープに溶け出してこないため、あっさりした和風の味わい。
そして、次第に背脂が溶け出してきて、こってりにシフトしていく。
具の方も、チャーシュー、玉子、メンマという基本メニューの「ぴかいちめん」(H20.11.2等)と共通のものに加えて、もやしと万能ネギが入っている。
味の変化を楽しめる◎な一杯だった。

新潟市江南区川根町4-14-20
金休 11:00-14:30 17:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

大宮 門ぱち<埼玉>

【153】大宮 門ぱち<埼玉> ③
和えそば780円 + 半ライス100円 + チャーシュー サービス

200907102005mon8期間限定メニューだった「和えそば」がレギュラーメニュー入りしていた。
「和えそば」狙いでこの店に来ていた私としては、これで安心してこの店に通える(~o~)

京浜東北線大宮駅東口(北)5分
無休 11:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

日高屋 浦和東口店 <埼玉>

【152】日高屋 浦和東口店 <埼玉> ⑤
つけ麺 塩 570円

※写真撮影省略
前回(H21.6.10)に続き「つけ麺 塩」を。
味玉割引クーポンで味玉をトッピングしようとしたところ、デフォルトでも入っていると教えてくれる親切な対応。

東北本線浦和駅東口30秒
埼玉県さいたま市浦和区東仲町11-1石毛ビル
無休 11:00-LO26:00(日祝は-LO25:30)
公式HP http://www.hiday.co.jp/man/core/index5.html#hidaka1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

味噌屋 八郎商店<東京>

【151】味噌屋 八郎商店<東京>①
味噌らーめん(大盛)780円 + 半カレー豚まんま250円

とんこつでおなじみの「なんつッ亭」(このブログでは品川店に関してH21.1.22参照)が出した味噌系の新店。
今のうちは なのかもしれないが、19時半過ぎの訪問で、3分の2程度の入りだった。
食べたのは基本メニューの「味噌らーめん」。
大盛りも同料金なので大盛りで。
出てきたのはこちら。200907071942misoya8rou
油多め、味濃いめの味噌味のスープに、太麺。
具はしっかりしたチャーシューともやし、青ネギ等。
ここまでなら普通においしい味噌ラーメンなのだが、これにマー油が加わっていることによって、「なんつッ亭」らしさが表現されている。
ベースとなるスープが濃いので、マー油が味に劇的な変化を与えているかとなると微妙だが。
あと、「半カレー豚まんま」の方は、カレー味のライスに角切りのチャーシューや青ネギが載っていて、味の面でもコストパフォーマンスの面でも○。
というわけで、味噌ラーメンに関してもサイドメニューに関しても一定の満足は得られたのだが、他にも「トマト味噌」「カレー味噌」「味噌つけ麺」と気になるメニューが目白押し。
特に、「味噌つけ麺」については、専用のトッピングとして「ピリ辛ひき肉」「カレーひき肉」「トマトソース」が用意されていて、味の変化をおおいに楽しめそうなので、是非食べてみたい。

都営大江戸線新宿西口駅D5出口3分
無休 11:00-LO23:00
公式HP  http://www.nantsu.com/hachiro/menu_shinjuku.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

大勝軒 新潟店<新潟>

【150】大勝軒 新潟店<新潟>⑫
つけワンタン 中盛(400g) 950円

200907041113taishouken期間限定トッピングでワンタンがあったので、これの入った「つけワンタン」を。
プラス220円でワンタンが5,6個入るので、コストパフォーマンス的に○。できればレギュラー化してほしいところ。

新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

麺処 遊<東京>

【149】麺処 遊<東京>④
つけそば700円 + 肉飯400円

18時半頃と比較的早めに訪問したところ、いつも売り切れになっていた「つけそば」があったので、それに飛びつく。
出てきたのはこちら。200907031832yuu
つけダレは、「中華そば」以上に濃厚で、煮干しの欠片等も浮かんで、ギラギラしている。
麺は平打ち気味の太麺。「中華そば」だと、デフォルトは細麺で、前回(H21.2.23)太麺を指定したところ、スープとの相性がイマイチだったのだが、「つけそば」に関しては太麺の方がよいようだ。
具は、刻みチャーシュー、のり、白ネギ、かいわれ。
感想。「中華そば」以上ににぼにぼしたつけダレと太麺のタッグがバッチリ決まっていておいしかった。
ポット入りの割りスープも用意されているので、スープ割りも含めてかなり満足できた。
「つけそば」は、いつ行けば食べられるのかやや不透明なところもあるが、あったら手を出したくなりそう。
でも、冷やし煮干しもあったので、「つし馬@浅草」(H21.5.18)や「喜楽々@東川口」(H21.5.31)で同系統のメニューが口に合っただけに、そちらにも心が動く。

京浜東北線鶯谷駅南口2分
東京都台東区根岸1-3-20
不定休 11:30-20:30頃(土日祝-18:30頃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

がんこ八代目分家 味輝拉(あきら)

【148】がんこ八代目分家 味輝拉(あきら)<神奈川>⑥
塩(エビ風味) 840円

秋葉原(末広町)にある「がんこ八代目」の分家。
以前は同じ溝の口のもっと駅から離れた箇所にあって、「味輝拉」という現在の主たる店名も付いていなかったのだが、移転して店名変更して現在に至る。
田園都市線沿線に住んでいた頃時々来ていたので、移転前も含めると、4年ぶりだが6回目の訪問になる。
200907021243akira食べたのは「塩(エビ風味)」。
ちなみにシソ風味の塩もある。
麺が細いこともあって、食券を渡すと、驚くほどの早さで出てくる。
透明度の高いあっさり系のスープは、がんこ系にしてはしょっぱくなく、一歩間違えば薄くて物足りないスープになってしまうのかもしれないが、とりあえず、繊細なスープと肯定的に評価したい。
そして麺はその繊細なスープに合った細縮れ麺。
具は大判のチャーシュー2枚とのり、メンマ。
チャーシューは薄くて柔らかすぎてあまり好きではないタイプなのが残念。
麺の量が結構多くて、後半はスープのあっさり度とあいまって少々飽きがくるのは否めないが、おいしいことはおいしい。
ただ、価格面ではやや不満も。
この店の場合、塩は醤油よりも100円高く、濃厚バージョン(濃厚芳凛麺)だとさらに100円UPということで、味玉無しで800円or900円オーバーというのは、このご時世にしてもちょっと高い気が。

田園都市線溝の口駅西口3分
月・第1火休 11:30-23:00(日祝-22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »