« ○心(まごころ)厨房<東京> | トップページ | 麺創研 かなで<東京> »

2009年8月13日 (木)

一汁三にぼし 裏不如帰(ほととぎす)<東京>

【176】一汁三にぼし 裏不如帰(ほととぎす)<東京> ①
煮干しつけそば 800円

蛤ダシで有名な「不如帰」の木曜日のみのセカンドブランド。
こちらは煮干しをフィーチャーしている。
13時10分過ぎの到着で、7人待ちだったのだが、丁寧に調理しているせいか、食べているのはせいぜい3,4人という状態が続いて、回転がたいへん遅く、食べ始めるまでに40分以上の待ち。
食べたのは、暑い中で長時間行列していたこともあって、「煮干しつけそば」。
出てきたのはこちら。200908131353urahototogisu
まずツルツルしていてコシのある平打ち気味の太麺は◎。
つけダレは、ネーミングからも煮干しギンギン系を想像(期待)していたのだが、それほど煮干しが前面に出ているわけではなく、バランス重視のタイプ。
具で特徴的なのはじゃこ天で、他に刻みチャーシュー、九条ネギ、白ネギ、のり等。
麺や具のボリュームからすると、コストパフォーマンス的には△。
最後にスープ割りをしてもらったら、かなりおいしかったので、ラーメンの方が私の口には合ったのかもしれない。
感想。おいしいつけ麺ではあったが、「にぼし」というキーワードを意識しすぎると期待から外れるのと、待ち時間の長さがネック。
営業日・時間が限られているだけにすいている時間帯というのもあまり無さそうだし。

京王線幡ヶ谷駅北口4分
金休 11:30-15:00 18:00-21:30(木は昼のみ)
※木の昼のみ「裏不如帰」、他は「不如帰」

|

« ○心(まごころ)厨房<東京> | トップページ | 麺創研 かなで<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/31436613

この記事へのトラックバック一覧です: 一汁三にぼし 裏不如帰(ほととぎす)<東京>:

« ○心(まごころ)厨房<東京> | トップページ | 麺創研 かなで<東京> »