« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>

【217】末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>①
中華そば並 680円 + 生玉子 50円

「新福菜館@京都」(H19.1.27)発祥の黒いスープの醤油ラーメンの店。
秋田・青森にあったのが、今年東京にも進出したとのこと。
「やきめし」とのセットを期待して来たのだが、「やきめし」は残念ながら売り切れ。
そこで「中華そば 並」を単品で。
出てきたのはこちら。200909301930suehiro
塩ダレがある限りの期間限定で、「塩ラーメン」を提供していると知り、訪問。
出てきたのはこちら。
スープは、見た目ほどしょっぱくないのは本家と同様。
というか、追加トッピングで生玉子を入れたせいか、かなりマイルドな味わいで、もうちょっとしょっぱい方が個性が出るのではと思うくらい。
細めの中太麺が醤油色に染まるのも本家に同じ。
具は薄手のチャーシューと白ネギで、白ネギは卓上にあるので、追加自由。
ネギがないと単調に感じるので、途中で追加したぐらいなのだが、よくをいえば本家と同様に九条ネギを使ってほしいところ。

感想。ネギ入れ放題は魅力だし、「あさり醤油」という気になるメニューもあったのだが、やはり「やきめし」とのセットで食べたい。
ただ、24時間なので、どの時間帯に行けば売り切れていないのかわからないので、行きづらい面も。。。


東西線高田馬場駅6番3分
無休 24H営業
公式HP  http://www.fukumaru.info/suehiro/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

ファミリーマート「つけ麺(魚粉付き)」

【-】ファミリーマート「つけ麺(魚粉付き)」 398円

200910060046fmファミリーマートで売っていた「つけ麺」。
長所は、極太の麺と魚粉が付いている点。
これで400円未満ならかなり満足。
麺がくっつき気味なので、水でほぐすとベター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

中華の来味(来味 本店)<新潟>

【216】中華の来味(来味 本店)<新潟>③
肉そばチャーハンセット 1050円

次女(小3)と訪問。
200909261138raimiラーメンの味については、前回(H20.6.7)同様、文句なし。
また、ちょっとだけ味見したチャーハンも油加減が絶妙で、チャーハン好きの次女も文句なし。
一つだけ残念だったのが、チャーハン単品がなかったこと。
小3ぐらいの子どもと2人で行くと、チャーハンセット×2は食べきれないので、セット1つとせざるをえず、結局私はほとんどチャーハンにはありつけず。
少し割高でもよいから、チャーハン単品もオーダーできるようにしてもらえるとありがたいのだが。

新潟市中央区紫竹1-17-8
火休 11:30-14:00(日祝-14:30) 17:30-21:00(日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

大至<東京>

【215】大至<東京>②
塩ラーメン 750円 + ライス 130円

塩ダレがある限りの期間限定で、「塩ラーメン」を提供していると知り、訪問。
出てきたのはこちら。200909251825daishi
スープは、「醤油」のような甘みもなく、ストレートにおいしい。
また、付属の柚子胡椒を投入すると、ピリッと味が引き締まる。
具は、生ハムと水菜、メンマ、なると、のり等。
生ハムが珍しいが、これは「和洋中の取り合わせ」という触れ込みの中で、「洋」担当ということか?
これはこれでありだとは思ったのだが、一方で、ここのチャーシューは絶品だった(H21.7.21)だけに、こちらも食べたかったという思いもあり、私の中で賛否両論。
最後に店の推奨に従って、残ったスープにライスを投入。
この段階で柚子胡椒を追加したら、わさび茶漬け風で柚子の爽やかさもあるおいしい雑炊になった。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ぶっきら星。<東京>

【214】ぶっきら星。<東京> ①
らーめん700円 + チェンジ郎100円 + 温野菜50円 +替え玉100円

「Chique(ちきゅう)@南阿佐ヶ谷」に向かったのだが、本来月曜定休のところ、シルバーウィークはずっと営業していた関係で、振替休日。。。
そこで「ぶっきら星。」に向かうべく、荻窪駅までとぼとぼ歩いていたところ、途中にある名店「丸長」が行列無しで、心が揺らぐ。が、「ぶっきら星。」は木曜のみのセカンドブランドなので、初志貫徹。
「ぶっきら星。」に到着すると、丁度満席。
これは、ほとんどのお客さんが替え玉をするので、回転が悪いせいもありそう。
食べたのは「らーめん」。200909241930bukkiraboshi
麺の硬さは何段階かから選べたので、「硬め」で。
レギュラー営業の「きら星」のラーメンは、豚骨スープに魚介の餡を載せたやや変化球系なのに対して、こちらは博多豚骨よりもさらに濃度を高めたド豚骨。
しかも、「きら星」の中太麺に対して、こちらは博多級の極細麺なので、豚骨の濃厚さがストレートに訴えかけてくる。
それほど濃厚豚骨は得意ではないので、途中で、ゴマでもあればと思ってカウンターを見渡したが、見当たらなかったので、そのまま最後まで食べたが、その後にゴマは補充中だったことが判明。。。
これだけだと、私の口に合うのは「きら星」ということで終わってしまうのだが、ここからが「ぶっきら星。」の真価(だと思う)。
まず、替え玉をオーダーする(今回も硬めで)と、100円なのにほぐし肉付きで出てくる。
そして、「チェンジ郎」。
味を「チェンジ」するためのアイテムで、背脂を醤油で煮込んで、ニンニクを加えたもの。
さらに、「温野菜」(もやし&キャベツ)は50円なのにかなり量が多い。
これらを、スープに投入すると、極細麺を使った「二郎」(風ラーメン)に一変。
まさに、一杯で2度おいしいラーメンと言えるのではないか。

中央線武蔵境駅南口4分
無休 11:30-21:00(木は「ぶっきら星。」、それ以外は「きら星」))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【213】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(48)
中田ホワイト 730円 + 味玉 100円→クーポンサービス

今回も食べ始めるまでに20分待ち。
目当ては、富山ブラック系の「中田ブラック」の向こうを張った期間限定メニュー「中田ホワイト」。
出てきたのはこちら。200909231125goin
追加トッピングの味玉を除けば、具も白いものばかり(刻みチャーシュー等も入っているのだがスープの中に沈んでいて最初は見えない)なので、一面真っ白。
スープを啜ってみると、かなり脂っこい。白髪ネギや刻み玉ネギが中和してくれるので、最初のうちはまだよいのだが、中盤でさすがにくどく単調に感じ始める。
そこで、辛味ひき肉入り餃子の出番。
皮を破って辛味が溶け出すと段々辛くなってくる。
私は辛いものは苦手なのに、続けて2つとも溶け出させてしまったので、一気に辛くなり過ぎて後悔したが。。。
というわけで、アイデアはおもしろいし、脂っこい系、辛い系が好きな人には特に向いているのではないかと思う。
ちなみに、長女はつけ麺を食べたのだが、たまたま?麺がぶつ切れで食べにくそうだった。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

福麦亭 アピタ新潟亀田店<新潟> 

【212】福麦亭 アピタ新潟亀田店<新潟> ①
正油らーめん+ミニカツ丼セット 680円

ショッピングセンター「アピタ 新潟亀田店」のフードコート内にある「ピーコック」という店のラーメン部門が「福麦亭」。
食べたのは「正油らーめん+ミニカツ丼セット」。200909221117fukumigit
スープが少々薄味で、コショウを足したくなるぐらいだったが、チャーシューは分厚いしっかりしたもの。
ミニカツ丼とセットで680円という、今のご時世だとラーメン単体の価格なので、コストパフォーマンス的には満足できた。

新潟市江南区鵜ノ子4-466
無休 10:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

麺や 来味<新潟>

【211】麺や 来味<新潟> (45)
比内地鶏の塩らぁ麺 880円 + おかかごはん 150円

「来味」がシルバーウィーク期間中に日替わり限定メニューを敢行!ということで、できることなら毎日でも行きたいところだったのだが、子ども連れではそうもいかず、この日に訪問。
開店5分後の到着で先客10名以上というのは、発売されたばかりのタウン誌のラーメン特集にこの店も掲載され、日替わり限定メニューも告知されていた影響もあるのか?
オーダー時に迷ったのが、「比内地鶏の塩らぁ麺」or「背脂ちゃっちゃ麺 ネギと魚粉盛り」のどちらにするか。
前者は、不定期提供の「名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺」(H20.8.9参照)に類するものと思われ、ある程度味の予想がつくが、後者は未知数。
結局、確実においしい方をということで前者を選択。
出てきたのはこちら。200909201127raimi
黄金色のスープに細麺。そこにはネギだけが載っていて、他の具は別皿というところまでは「名古屋コーチン・・・」と同じ。
具も、チャーシューが加わっている点ぐらいが異なっていて、鶏チャーシュー、鞠麩等他の具は同じ。
スープは絶品の一言で、名古屋コーチンと比内地鶏の差は私の舌では全く判別できず。
スープが少なめなこともあって、スープも含めて、あっさり完食。

200909201126raimi2あと、こちらは娘2人で食べた「特盛油そば大盛り」930円(前の方の「特盛」は具の話で、後の大盛りは麺の話)。
「特盛」というのは、この店で油そばを出し始めた初期の頃にはなかった仕組みで、岩のり、ネギ、卵黄、チーズ、もやし等が載る。
少し味見したところ、チーズが特に効果的なように感じた。
ちなみに、メニューが多彩な分、出てくるまでにやや時間がかかる傾向があるのがこの店なのだが、今日は先客10名以上だったにもかかわらず、提供までの待ち時間が20分強と健闘していた。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

西尾中華そば<東京>

【210】西尾中華そば<東京> ②
次世代 ノスタルジックラーメン 750円

すいている時間帯ではないかとの期待のもとに午後の部終了前の「ほん田@東十条」に向かったのだが、残念ながら10名以上の行列。
そこで、YAHOOの次世代ラーメンコンテストで見かけた「西尾中華そば」へ。
食べたのは、コンテスト参加作品の「次世代 ノスタルジックラーメン」。
出てきたのはこちら。200909181509nishio
鶏&魚介のWスープに、さらに魚介のダシを加えたものだとのこと。
前回(H21.6.12)食べた「馬鹿中華」も魚介系だったが、こちらの方が、より魚介の風味が感じられた。
スープに甘みがあり、麺にも甘みが感じられて(とうもろこしを練りこんでいるせいか?)、私としては苦手な方向性なのだが、まあ許容範囲。
具は、チャーシュー×3、豆もやし、万能ネギ。
ネギが若干違う以外は、「馬鹿中華」と同じ構成で、豆もやしの豆が邪魔に感じられたのは前回と同様だが、しっとりした食感のチャーシュー(赤みが残っているので、低温調理?)は◎だった。
あと、今回特に印象に残ったのが、人懐こい接客とラーメン作りに取り組む真摯な姿勢。
オーダー直後に、コンテスト参加の趣意書みたいなものを渡されて、「時間つぶしに、よかったら読んでみてください」。
そこには、A4×2枚にびっしり「思い」が綴られていた。
さらに、食後にも感想を聞かれた。
押し付けがましい態度でこれをやられたら反感を感じるのだが、非常に低姿勢だったので、好印象に。
ちなみに、隣のお客さんは80代の老夫婦で、味の面でも接客の面でも、地元密着型の幅広い年齢層に受け入れられる店に育っていきそう(現になっている?)。

南北線駒込駅5番出口3分
水休 11:30-15:30LO 17:30-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

ラーメン道 Due Italian <東京>

【209】ラーメン道 Due Italian <東京> ②
黄金の塩 780円 + 煮玉子 100円→携帯クーポンサービス

携帯のラーメンサイトの会員限定メニューが残っていることを期待して、18時半頃訪問したのだが、考えが甘かったようで、昼の部で終了とのこと。
でも、前回訪問時(H21.4.7)にレギュラーメニューの「黄金の塩」をおおいに気に入っていたので、今回もそれで。
出てきたのはこちら。200909171838italian
黄金色の鶏油が、見た目的にも、香り的にも、そして味的にもおおいにプラスの効果をもたらしている。
また、具の中では、揚げたのとすりおろしたのと2種の玉ネギもいい味を出していたし、チャーシューが2枚入っていた(小さいから?)のもLUCKY。
途中で、スペシャル調味料の「みかん胡椒」も投入して、大満足。

南北線市ヶ谷駅 (都営線)A3出口5分
日休 11:00-15:00 17:00-22:00(土祝11:00-19:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

麺屋武蔵 神山(かんざん)<東京>

【208】麺屋武蔵 神山(かんざん)<東京> ②
つけ麺 並 750円

飲み会の後、「神田ラーメン わいず」に向かったのだが、数名規模の行列。この店はいつ来ても行列している。
並ぶ気力は無かったので、「そら」(H20.7.16等)に向かったのだが、途中にある「麺屋武蔵 神山(かんざん)」が22時過ぎでまだ営業していたうえに、行列も無かったので、ここで妥協。
前回は「神山らー麺」で満足できなかったので、今回は「つけ麺」を。
並・中・大盛りが同料金だったが、飲んだ後だったので、並で。
感想。麺はおいしかったのだが、つけダレは甘みのある好きではないタイプ。
具も、肉系はほぐし肉が少々入っているだけということで淋しく、並だとちょっと元がとれない感じ。
あと、人によって感じ方は違うのかもしれないが、腕にタトゥーをした店員がいるのには、私としては眉をひそめたくなった。
前回も、再訪可能性が極めて低いということで、写真無し・店の紹介無しとしたが、今回も同様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>

【207】万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京>⑬
特選ざる排骨麺 880円

200909141234manseiいつもどおり「特選ざる排骨麺」を。
麺がこんなに太くてしっかりしていたっけ?とも思ったが気のせいかも。
パーコー麺等が無料になるスタンプカードをもらったが、11月までに3回というのはちょっと厳しいか。

千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル1F
無休 10:00-23:00(土日祝11:00-20:00)
公式HP
http://www.niku-mansei.com/contents/02shiten/02tokyo_ra_kasumiga.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

ののや 新潟駅南店<新潟>

【206】ののや 新潟駅南店<新潟>⑨
つけそば 800円

200909131150nonoya「つけそば」を。大盛り同料金なので、大盛りで。
前回(H21.5.17)も書いたが、卓上の魚粉コショウが無いとやはり淋しいというか締まらない。
娘たちは2人で「つけそば」大盛りを頼んだのだが、不足したので、私の分の麺も一部提供した。

新潟市中央区米山6-8-4
不定休 11:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

BUZZ(ばず)<東京>

【205】BUZZ(ばず)<東京>①
塩 700円 + チャーシュー飯 小 180円

「井之上屋@春日部」(H21.1.25参照)の店主が東京に出した店。
店側の推奨は醤油なのだそうだが、「井之上屋」といえば塩のイメージが強いので、今回はそちらで。200909111841buzz
鶏&魚介のスープは、派手さはないがじんわりとくるおいしさ。
麺は柔らかめの細麺で、麺の太さ自体はスープとの相性を考えれば納得できるのだが、柔らかいのは私の口には合わず、終盤は麺をすべて消化するのに若干苦労した。
具は、チャーシュー、穂先メンマ、のり、水菜。
というわけで、麺の方には不満も残ったが、スープには満足できたので、醤油や日曜限定の特別な塩にも興味が湧いた。
あと、「チャーシュー飯」は、しっかりチャーシューが入った炊き込みご飯で、在京地区のサイドメニューの価格水準からすれば、コストパフォーマンス的に◎。
ちなみに、鶯谷駅からこの店に向かうと、途中に「遊」(H20.8.7等)があるので、そこで足を止めたくなる可能性もある(今日もそうだった)が、いずれにしても、ラーメン目的で鶯谷駅で下車する機会は増えそう。

京浜東北線鶯谷駅羽駅南口5分
水休 11:30-15:00 18:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

麺 高はし <東京>

【204】麺 高はし <東京>⑤
乱切りちゃあしゅうめん 肉小 700円

※店主が多忙そうで、写メの了解を得るのが忍びなかったため、撮影自粛(H21.3.13参照)
ちょうどこの店の夜の部に行けそうな時間に身体があいたので訪問。
この店は極端に営業時間が短いため、逆に行くチャンスを得たら行きたくなるようで、今年3回目。
今回も大半のお客さんがつけ麺を食べていたが、私はいつもどおり「乱切りちゃあしゅうめん」を。
肉小(本来「少」だろうが)でも、結構な量の乱切りチャーシューが入っている。

東北本線赤羽駅北改札東口4分
東京都北区赤羽1-38-10
日休 11:00-13:30 17:20-18:20(土祝10:40-13:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>

【203】風風(ふうふう)ラーメン 浦和西口店 <埼玉>⑦
つけ麺 780円

夜22時台に浦和でラーメンを。
その時間帯だと、これまでだったら「日高屋」or「風風(ふうふう)ラーメン」が選択肢となるのだが、前者は、先日、一人の客が店員と揉め始めている気まずい雰囲気の中で10分待たされたあげくに、オーダー内容を忘れられ、特に謝罪するでもなく、「もう1回オーダーお願いします。」と言われて以来行く気になれなくなっていたので、迷わず後者へ。

この店ではこれまでいつも「油そば」を食べていたのだが、今回は初めて「つけ麺」にチャレンジ。
が、つけダレは化調が前面に出ているし、麺も特筆すべきものではないしということで、これで「日高屋」よりも300円近く高いのは納得できず。
というわけで、やはりこの店では「油そば」だと思った。

京浜東北線浦和駅西口3分
無休 11:00-26:00
公式HP  http://www.fufuramen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

麺や 来味<新潟>

【201】麺や 来味<新潟> (44)
のどぐろ塩らぁ麺 730円

9月待つまでの期間限定の「のどぐろ塩らぁ麺」を。200909071427raimi
高級魚のどぐろの骨干しと丸鶏でダシをとった塩ラーメンということで、「来味」お得意のジャンル。
あっさりながら旨みたっぷりのスープはいつものことながらお見事。
麺は繊細なスープに合わせた極細平打ち麺。
具はチャーシュー、メンマ、鞠麩、斜め切りのネギ。
そして、柚子、クコの実、揚げネギ、フライドガーリック、鷹の爪等アクセントとなる薬味類も色々と入っているので、最後まで飽きさせない。
というわけで、今年のこの店の期間限定メニューの中でも、私にとっては上位の逸品だった。

新潟市東区大形本町5-6-6
火休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市玄<新潟>

【200】市玄<新潟>③
らーめん 600円

市場の中にある店。
私が食べた「らーめん」はこちら。200909071143ichigen
背脂が浮かんでいて、結構脂っこいのだが、スープの味自体はそれほど濃くはないので、単なるくどいラーメンになりかねないところなのだが、そこをうまくフォローしているのが、大量の花鰹。
麺は中太麺で、他の具は、チャーシュー、もやし、メンマ、茎ワカメ、刻みネギ。
とにかく花鰹が目立つラーメンだった。

200909071143ichigen2そして、こちらは長女が食べた「かまたまらーめん」600円。
少し味見させてもらったのだが、こちらは味付け加減が絶妙で、麺と玉子ともや
し・青ネギ等の野菜類と一体となって見事な味わいを作り出している。
しかも、この価格で半ライスも付いていて、タレの残った丼に投入して食べると、これがまた絶品。
というわけで、私も是非これを食べるために再訪したいと思った。
ただし、食べ終わって店を出る頃(11時50分頃)には売り切れになっていたので、早めに訪問しないとありつけないかもしれないのは要注意。

新潟市江南区茗荷谷711
日・祝・第2,4水休 7:00-14:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

くら田<新潟>

【199】くら田<新潟> ①
ワンタンめん 塩味 750円

長女の運動会見物後に訪問。
昨年もそうだったのだが、10時台という時間帯ゆえに、営業しているラーメン屋は限られている中で、市場が近くにあるために朝から営業している店の中から初訪のこの店をチョイス(昨年(H20.9.6)は「中華のカトウ」)。
入店してみると、水商売終わりとおぼしきお客さん等もいて、7割程度席が埋まっていて、この時間帯としては盛況。
私は「ワンタンめん 塩味」をオーダー。
大盛りも同料金なので、大盛りで。
が、待てど暮らせど出てこず、後から来たお客さんに先に出てきて、そのお客さんが食べ終わるぐらい待たされたので、店員のおばちゃんに確認してみると、あわてて出してきたのだが、それが「チャーシューメン」。。。
そこから「ワンタンめん」を作り直してもらったので、結局食べ始めるまでに30分待ち。
味の方も、透き通ったスープは見た目どおり薄味で、コショウが必須というレベルだったし、ワンタンも数は多いものの、餡がほとんど入っていない貧弱なものだった。
あと、この店の接客はタメ口を基本としているようだが、順番やオーダーを間違えたのを謝罪する時ぐらいは、敬語を使って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

しゅうまい屋<東京>

【198】しゅうまい屋<東京>④
極上つけ麺 850円

数量限定(&期間限定?)の「極上つけ麺」があったので、それを。200909042113shuumaiya
「脱脂ラード」(概念矛盾を起こしているようなネーミングだが、要するに上質のラードということか?)使用ということで、あまりギトギトしていない上品な味わいのつけダレ。
麺はプリプリの太麺で◎。
具はチャーシュー、メンマ、チンゲン菜。
そして、つけダレに刻みネギとすりおろしたような感じの玉ネギが浮かんでいる。
特に後者の存在によって、つけダレに絶妙な風味がもたらされている。
これまでにこの店で食べたメニューの中でも一番口に合う逸品だった。

銀座線上野駅1番出口2分
東京都台東区東上野4-3-8
日休 11:30-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

ファミリーマート「ラー博のまぜめん中華」

【-】ファミリーマート「ラー博のまぜめん中華」 450円

200909040015famimaファミリーマートで売っていた「ラー博のまぜめん中華」。
砕いたアーモンドの食感が面白くて、これまでに食べたコンビニラーメンの中でもかなり上位のできばえだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

もといし<東京>

【197】もといし<東京>①
焼きじろう 780円

「けいすけ」出身者が出した店。
昼と夜でメニューが異なっていて、昼はつけ麺、夜は「焼きじろう」やまぜそばを提供している。
私が食べたのは「焼きじろう」。
出てきたのはこちら。200909021853motoishi
ラーメンの麺を焼いて、タレをからめて、そこに背脂やニンニクを載せたたいへんワイルドでジャンキーな食べ物。
うどんに近い太麺は、この調理法に適した麺だと思う。
タレはやや甘めだが、鼻につきはせず、むしろクセになる感じ。
具はほぐしチャーシュー、キャベツ、もやし、糸唐辛子等で、そこに背脂も載っているところが「じろう」らしい。
背脂はミンチ状で、溶け出したりしないので、食べる量を自分で加減できるので、必要以上にくどくならない。
さすがに後半は味が単調に感じられてくるが、ここで卓上の調味料類の出番が。
独自に調合した七味ならぬ「じゅうしちみ」や魚粉、揚げネギ等を投入して、変化をつけられる。
そして仕上げに割り?スープを。
何のために付いてくるのかイマイチわからなかったが、刻みタマネギの浮かんださっぱりしたスープで、口直しにもなったし、残った麺を浸して食べてみたりもした。
感想。さすが「けいすけ」出身者と思わせるオリジナリティーの高い一品で、やみつきになりそうな予感。
ちなみに、三越前駅(新日本橋駅)から歩くと、すぐ手前の路地に「二郎」系の「ラーメン 神田店」がある。
また、帰りは神田駅まで歩いたら、「そら」(H20.7.16他)と目と鼻の先であることが判明し、1番出口まで5分ぐらい(JRの南口ならすぐ)だった。

銀座線三越前駅(新日本橋駅2番出口)1分
日祝休 11:00-14:30 17:00-22:00(土11:00-スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »