« 重厚煮干中華そば 大ふく屋<東京> | トップページ | 大舎厘<新潟> »

2009年10月11日 (日)

自家製こだわり麺 リ巾(しぇ)<新潟>

【224】自家製こだわり麺 リ巾(しぇ)<新潟>①
なおじの塩 初期型 700円

新潟&東京で続々と新店舗を展開(しかもフランチャイズではなく)している「なおじ」系列の1店。
この店は、新店舗ではなく、食事メニューも提供していた「昔食堂 食事処 なおじ 白根店」が、ラーメン専門になって、店名変更・リニューアルOPENしたもの。
メニューを見ると、「鯛塩」のようにあっさり系もあるが、「ムロ鯵醤油」「ガテン系味噌」「日本最強濃厚とんこつ」等濃厚系がずらり。
特に、「日本最強濃厚とんこつ」は、「克味@曙橋(東京)」の「超濃厚NEO豚骨」(H21.6.15)と同じものだとすれば、その名のとおり、日本最強クラスの濃厚さではないかと思われる。
しかし、私の本日のお目当ては、レギュラーメニューではなく、BLOGで本日限りで提供とアナウンスされていた「なおじの塩 初期型」。
リニューアルOPENしてまだ1ヶ月足らずということで、まだオペレーションがこなれておらず、店長さん?が指導しながらという状態であったこともあって、半分程度の客の入りだったにもかかわらず、出てくるまでに約30分待ち。
で、出てきたのはこちら。200910101134she
「なおじ 本店」にはH18から20回以上出入りしていたが、嫌いな梅が入っているという情報があったので、「なおじの塩」は食べたことがなかったし、そもそも、今回の「初期型」がいつ頃出していたバージョンなのかわからないのだが、具の構成からして、私がイメージしていたものとは(いい方向に)異なっていた。
まず、スープは、今の「なおじ」系ではあまりみかけない(少々濁ってはいるものの)透明度のあっさり系。
そして、具はカリカリチャーシュー(これは初期の「なおじ」らしい)と半熟玉子、メンマ、斜め切りのネギ、焦がしネギと鶏つくね。
中では、鶏つくねが、スープも吸って、いい感じだった。

200910101132she2あと、こちらは長女が食べた「ムロ鯵醤油」630円。
お得意の濃厚路線で、鯵の風味もかなりきいていた。

200910101129she3それから、こちらは次女が食べた「ビーフストロガノフ丼」250円。
ラーメン屋のサイドメニューとしては極めて異色だが、しっかり作られていて、こ
の価格なら、かなりお得。

200910101131she4さらにこちらは私が食べた「チャーシュー丼」300円。
カリカリチャーシュー×2が載っていて食べ応えがあるし、辛味噌付きなので、途中でまぶしながら食べると、最後まで飽きがこない。

今後は、この店が「なおじ」系の実験工房的な位置づけとなり、新メニューやお試しメニューを登場させるようなので、目が離せない。

新潟市南区上塩俵1761-2
不定休 11:00-23:00(土日祝-21:30)

|

« 重厚煮干中華そば 大ふく屋<東京> | トップページ | 大舎厘<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/32209522

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製こだわり麺 リ巾(しぇ)<新潟>:

« 重厚煮干中華そば 大ふく屋<東京> | トップページ | 大舎厘<新潟> »