« 拉麺 阿修羅<千葉> | トップページ | 無鉄砲 大阪店<大阪> »

2009年11月 5日 (木)

大つけ麺博<東京>

【244,245】大つけ麺<東京>②

「大つけ麺博」の第3陣に訪問。
第3陣の6店のうち、「佐野JAPAN」は11/7,8の2日間のみなので、それ以外の日は、穴埋めで第1陣の「六厘舎」or第2陣の「ジャンクガレッジ」が出店することになっていて、本日は後者の日。
まずは、その「ジャンクガレッジ」が、「まぜつけ」なる珍品を提供しているので、そちらへ。

①ジャンクガレッジ「まぜつけ」800円 + ベビースター増し100円
※会場の照明の関係で写真はあまりよく写ってません。
200911051700dtjgそのままでも食べられるまぜそばにつけダレがセットされていて、まぜそばをつけダレにつけて味を変えて楽しむこともできるという趣向。
つけダレはとんこつベースで、ニンニクと焼き海老と背脂を炒めた香味油が浮かんでいる。
具は、生玉子、花鰹、フライドガーリック、フライドオニオン、ベビースター、青ネギ、チャーシューと盛りだくさん。
まず、まぜそばは、店で出している「いつものやつ」。
それをつけダレに浸して食べると・・・元々味がついている麺にさらにつけダレの味が重なって、ちょっと味が濃すぎるような。
あと、ベビースターも多すぎてもてあましたので、増しにする必要はなかったかも。
でも、いかにもイベント用らしい個性的な一品ではあった。

2軒目は、「けいすけ」か「アイバンラーメン」かで迷ったが、私にとっては立地的に行きにくく(芦花公園)、営業時間も短いためなかなか店の方に行く機会はなさそうということで、後者を選択。

②アイバンラーメン「全粒粉のWhite Chikenつけ麺」800円
※会場の照明の関係で写真はあまりよく写ってません。
200911051725dtaivanまず、うどんの粉もブレンドしたという麺は、もちもちしていて、そのまま食べてもおいしい。
つけダレは、「White Chiken」ということで鶏白湯をイメージしていたのだが、魚介や野菜等多数の素材を使って作っているだけあって、複雑で奥行きのある味わい。
具は、ほぐし鶏と水菜、白ネギ。
ほぐし鶏にはガーリックはちみつがかかっているとのことだったが、いやらしい甘さは感じなかった。

予想以上においしくて、前回(H21.10.27)と今回 大つけ麺博で食べた4杯の中では、これが1番私の口に合った。

公式HP http://www.gomaga.jp/tsukemen/

|

« 拉麺 阿修羅<千葉> | トップページ | 無鉄砲 大阪店<大阪> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/32299539

この記事へのトラックバック一覧です: 大つけ麺博<東京>:

« 拉麺 阿修羅<千葉> | トップページ | 無鉄砲 大阪店<大阪> »