« 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> | トップページ | 風来居<埼玉> »

2010年1月 7日 (木)

お台場ラーメンPARK<東京>

【5,6】お台場ラーメンPARK<東京>①

石神氏のプロデュースにより、12月から4月まで6弾にわたってフジテレビ本社@お台場で6弾にわたって開催される「お台場ラーメンPARK」。
1/11までの第1弾のラインナップを見た限りでは、これまでにもイベントに出店したことがある店が多くて新鮮味には欠けるし、お台場までの交通費も馬鹿にならないし(普通に行けば最低でも新橋からゆりかもめで片道310円也)ということで、第1弾は見送ろうかと思っていたのだが、やはり立地や営業時間の面で本店には行きづらい店には行っておきたくなって、訪問。

昨年10月~11月に日比谷パティオで開催された大つけ麺博のような大行列も覚悟して訪問したのだが、立地の差、開催期間の長さ、寒さ(真冬に屋外イベントって…)等により、閑散としていて、18時過ぎから19時前までいたのだが、どの店も待ち人数は片手以下に留まっているようだった(休日は違うのかもしれないが)。

上述した基準で選んだ2店は、結局、はんつ遠藤氏のプロデュースによる中山競馬場でのイベント(H21.5.30参照)で食べたのと同じ2店。

①「BeeHive」 塩ラーメン”naminori”800円
201001071823be_hiveシャモ等でダシをとった塩味のスープに、具はチャーシュー、水菜、メンマ、糸唐辛子という構成で、前述した中山競馬場でのイベントで出していたものと同様のものか。
やはりトリュフ香油が強く印象に残るというのも同様。
プラス100円で本店バージョンにできるとのことだったのだが、どのへんが本店と異なっているのかも気になるところ。

②「七彩(しちさい)」 真トマトタンメン800円 + ハイカラ(粉チーズ)100円 + スパイシー100円
201001071837_7sai こちらは、前半戦では「真トマトつけ麺」を出していて、その後「真トマトタンメン」になったものの、「つけ麺」もできるとのこと。
だが、「タンメンの方がお薦め」と言い切られたので、それに従う。
主役のトマトは写真では粉チーズの下にあって見えないが、真ん中にドカンと入っている。
トマトの酸味をうまく活かしたスープが印象に残ったのと、具では粉じゃない方のチーズと豚のロース肉がおいしかった。
ただ、スパイシー(唐辛子等?)を入れたせいか、少々辛めに感じたので、これは入れない方がよかったかも。
ちなみに、磯部焼き(100円)も販売していたりして、売上げUPに向けて頑張っていた。

腹具合次第では3軒めに「麺劇場 玄瑛」にと思っていたのだが、無理して食べてもおいしくないだろうし、博多の本店に行くのは難しくても、この店のプロデュースによる「天雷軒 東日本橋店」(H21.11.12参照)があるということで、見送り。
1/14からの第2弾でも「地雷原」「玉(ぎょく)(H21.3.28参照)」等気になる店があるので、結局訪問することになりそう。

ちなみに、帰りは、高いゆりかもめの利用を回避して、都バスで浜松町まで出て、定期券の使える新橋まで約20分かけて歩いて、交通費は200円に抑えた。


公式HP  http://www.fujitv.co.jp/events/ramen-park/

|

« 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> | トップページ | 風来居<埼玉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/33008853

この記事へのトラックバック一覧です: お台場ラーメンPARK<東京>:

« 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> | トップページ | 風来居<埼玉> »