« 浦咲<新潟> | トップページ | 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> »

2010年1月 5日 (火)

麺匠 克味<東京>

【3】麺匠 克味<東京> ②
NEO味噌~海老マー油780円 + 味玉100円→クーポンサービス

「なおじ@新潟」系列の店で、このところマスコミにもよく取り上げられているらしい。
が、19時過ぎの訪問で、客は数名前後で推移し、それほど混んではいなかった。
食べたのは「NEO味噌~海老マー油」。201001051922katsumi
メニュー構成が「リ巾(しぇ)@新潟」と似通っているし、このメニューもH21.11.14に同店で長女が食べた「濃(のう)コク味噌(海老マー油入り)」に類するものかと思っていたのだが、まずスープの表面の色合いが大きく異なっていて、「濃(のう)コク」の方は、海老マー油で真っ赤なのに対して、「NEO味噌」は、基本的には茶濁で、海老マー油の赤はごく一部。当然、味の方も、海老の強烈な風味が支配していた前者に対して、後者はあくまでも濃厚とんこつ味噌がメインで、海老マー油はアクセントのレベル。
好みは分かれるのだろうが、海老好きの私としては、「濃(のう)コク」の方が口に合いそう(←娘がオーダーしたものを味見しただけなのでこの表現に)。
けれども、具に関しては、「濃(のう)コク」にも入っているチャーシューやキャベツ、もやし、キクラゲ、白ネギ、辛味噌に加えて、揚げネギ、玉ネギ等も入っていた「NEO味噌」の方が多彩なようだった。
あと、麺はかなり硬めの茹で加減で、硬麺好きの私としてもあと30秒くらいは茹でてほしい感じだった。

それから、この店に前回訪問した際(H21.6.15)にもそうだったのだが、この店の濃厚とんこつスープにはぜひともライスがほしいと思う(「なおじⅡ号@新潟(H21.4.11参照)でおなじみの「牛筋丼」も登場していたし)のだが、本日は18時過ぎには売り切れたのことで残念。
ちなみに、中国系と思われる女性店員が、日本語の練習を兼ねて?一生懸命話しかけてきたのは、ほほえましかった。

都営新宿線曙橋A2出口1分
無休 11:00-22:15(日・連休最終日-21:30、スープ切れ終了)

|

« 浦咲<新潟> | トップページ | 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/33008796

この記事へのトラックバック一覧です: 麺匠 克味<東京>:

« 浦咲<新潟> | トップページ | 万世(まんせい)拉麺 霞が関店<東京> »