« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

大勝軒 新潟店<新潟>

【51】大勝軒 新潟店<新潟>⑭
特製みそつけ麺 中盛(400g)900円 + ゆで玉子80円

開店と同時に1番乗りで入店。
数分後にはほぼ満席になる盛況ぶり。
前回訪問時(H21.7.4)まではあって気に入っていた期間限定トッピングのワンタンはなくなっていて、期間限定メニューとして「特製みそつけ麺」が登場していたので、それを中盛で。
出てきたのはこちら。201002281114taishou
つけダレは、普通のつけ麺のような甘み酸味はあまり感じない味噌味。
麺は普通のものと同様のつるつるの太麺。
具は、たっぷりのもやしと玉ネギ等の炒め野菜と刻み&薄切りのチャーシュー、ひき肉、なると、ゆで玉子等。
ゆで玉子は、デフォルトでも半分入っているのを忘れて追加トッピングしたので、1個半に。。。親切な店なら、デフォルトでも入ってますがと確認してくれるのだが。
後半は、味が平板に感じられてきたので、卓上の唐辛子、胡椒、酢等で味を変化させつつ完食。
ボリューム的にも満足できたのだが、170円増しという価格はビミョー。

あと、こちらは次女が食べたチャーハン400円。201002281123taishou2
他の2人が食べたつけ麺が出てきてから10分近く、オーダーしてから20分以上待たされたのには不満。
それから、半チャーハン250円との対比上、思ったよりもボリュームが多くなかったが、こちらは価格差相応といったところかもしれない。

新潟市中央区幸西2-3-7
水休 11:00-15:00 17:00-LO21:45

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

もぐら<東京>

【50】もぐら<東京> ①
特製塩 950円

東京にまた1軒「なおじ」from新潟(H21.12.31参照)の系列の店ができたとのことで訪問。
同系列の「克味」(H21.6.15等)から5,6分の距離ではないかと思われる。
醤油と塩があったが、新潟の「なおじ」系列では、「なおじの塩」(H21.10.10)をはじめとして、どちらかというと塩の方が印象に残っていたので後者を選択し、具沢山の「特製塩」をオーダー。
出てきたのはこちら。201002251850mogura
東京の「なおじ」系列は、これまでは「克味」しかり「なおじ@目黒(未訪)」しかりで、濃厚ドロドロ系で売ってきたように思われるが、ここのスープは、見てのとおり半透明で、ドロドロではない。
ダシは昆布、牡蠣等でとっているとのことで、スープ自体はあっさりしているが、表面に結構な量の油の層がある。
麺は細麺(20番)。
具は、炙りチャーシュー×4、味玉、メンマ、長ネギ。
味玉は見た目は白いがほどよい味付けがなされているし、メンマも柔らかくてうまい。
というわけで、スープにも具にも満足しつつ食べ進んだら、底の方からひき肉が出現。これはスープにプラスαの効果をもたらすために入れられたものなのか?

いずれにしても、おいしかったので、醤油も食べてみたいし、4月から登場予定の「つけ麺」や「限定蟹塩」にも注目したい。
ちなみに、店には「ど♪みそ@京橋」からの開店祝の花が飾られていた。
店主の交友関係も相当奥が深そうだ。

丸の内線四谷三丁目駅4番3分
日休 11:00-15:00 17:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

麺屋 宗(そう)<東京>

【49】麺屋 宗(そう)<東京> ②
焙煎旨塩そば750円 + 味玉 100円→クーポンサービス

携帯の会員制ラーメンサイトの人気投票で、2009年の塩ラーメン部門で堂々の№1に輝いたのがこの店。
前回訪問時(H21.3.30)も塩を食べたのだが、その時の感想が「強いインパクトがあるわけではないが、おいしかった」だったので、そんなにおいしかったっけ?それともさらにおいしくなったのかな?ということで再訪。
前回訪問時には先客ゼロだったのだが、最近はメディアへの露出も多いようで、その甲斐もあってか、19時15分頃の到着で待ち1名、食べ始めるまでに十数分の待ち。

食べたのは前回同様「焙煎旨塩そば」。
本当は「手もみボコボコ麺」にしたかったのだが、これも前回同様売り切れ。
で、出てきたのはこちら。201002241928sou
やはり一口目の印象はそれほどでもないのだが、食べ進むごとにおいしさが増してくるじんわり系のスープ。
途中で卓上のミル入り岩塩でピリッとさせてみたのも前回と同様で、結局スープまで完飲。
私の中では№1とまでは行かないが、おいしいのは確か。
ただし、薄っぺらなチャーシュー等の具の品揃えを考えると、価格的には100円程度割高な感じも。
「たまごかけ丼」も300円という高価格につき断念。
昨年もそうだったのだが、ラーメン本等のクーポンによりプラスαのサービスが付く時に訪問するのが定番の店になるかも?

東西線高田馬場駅7番5分
東京都新宿区高田馬場1-4-21
無休 11:30-15:00 17:00-22:30LO(スープ切れ終了)
公式HP http://www.menya-sou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

せたが屋 三弾(みたま)<埼玉>

【48】せたが屋 三弾(みたま)<埼玉>②
つけ麺 色盛り 大盛 1000円

この時間(18時過ぎ)ならと思ってつけ麺で人気の「102」(H20.8.8等)を訪問したのだが、早くも数名の行列が。
並ぶぐらいならということで、ほぼ対面にあるこの店に。
前回訪問時(H21.10.2)には、麺のお代わり制、追い汁等独自のアイデアで対面のライバルに対抗する「つけ麺専門店 三弾」だったのだが、やはり相手が強力で苦戦を強いられたのか、「せたが屋 三弾」となり、ラーメンも提供するようになっていた。
「せたが屋」というからには、あの「せたが屋」グループと関わりがあるのだろうが、店内をぱっと見た限りでは関連性についての説明は無し。「せたが屋」グループのHPにも記載が無いので、プロデュースしてもらっているぐらいの関係なのだろうか?

食べたのは「つけ麺」をいわゆる全部載せの「色盛り」で。
大盛も同料金なので、大盛(350g)で。
出てきたのはこちら。201002231819mitama
「キャラメル製法」と謳っているつけダレは、店の注書きにもあるように、キャラメルを使用しているというわけではなく、キャラメル色をした濃厚豚骨で、粘度もかなり高い。
麺は極太麺で、つるつるしているので、つけダレのからみ加減は程ほど。
具は、チャーシュー、味玉、のり、メンマ、なると、ネギ、ひき肉と盛りだくさん。中では、ひき肉に存在感があった。
つけダレは、そのままで食べていると次第にしつこく感じてくるが、そこで卓上の魚介出汁の追い汁の出番。
かなりこの追い汁でつけダレを薄めたら、だいぶ私好みの魚介豚骨になった。

感想。リニューアル前と比べて、味・メニューともにより万人受けする方向にシフトしたように感じられた。これはこれでよいとは思うのだが、私としては、リニューアル前のマニアックな雰囲気も捨てがたかったのだが。。。

あと、入口のすきま風が、ちょうど耳に障る音域で、異常にうるさかった。店員さんは気にならないのだろうか?

東北本線大宮駅西口7分
月休 11:00-15:00 17:00-スープ切れまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

ぴかいち<新潟>

【47】ぴかいち<新潟>⑯
和風背脂らーめん 730円 + 玉葱 30円

前回(H21.7.11)気に入った「和風背脂らーめん」を玉葱トッピングで。201002211112pika1
やはり味の変化が楽しめておいしい。
5月末まで有効の100円引き券をGET。

新潟市江南区川根町4-14-20
金休 11:00-14:30 17:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

伊勢屋<埼玉>

【46】伊勢屋<埼玉>①
野菜みそラーメン 900円

大宮駅からは少々離れているが、ネット上での評判が高い(特に麺)ので、訪問。
行きは楽をして、大宮駅西口3番乗り場からバスに乗って、上小交番下車後徒歩1分で到着。

食べたのは、「野菜みそラーメン」。
出てきたのはこちら。201002191927iseya
野菜の「標高」はそれほど高くないので、あまりボリュームがあるようには見えにくいが、実は丼の直径が大きいので、ボリュームはかなりのもの。
同じ野菜大量系でも、タワー型だと麺にたどり着くまでに一定量の野菜を片づけなければならず、時間を要してしまうが、この店の場合には、すぐに麺を掘り起こすことができるので、まず評判の麺を。
青海苔を練りこんであるとのことで、「なんつッ亭 弐」の「青のりつけ麺」(H21.8.19)の麺をイメージしていたのだが、あちらは青海苔の含有率が高くて麺が緑色をしていて青海苔の風味もかなり感じられたもののあまりコシは無かったのに対して、こちらは見た目上も風味的にも青海苔はそれほど感じられず、その分コシがあってもちもちしている抜群においしい麺だった。
スープは鶏メインとのことだが、しょっぱからず脂っこすぎずの穏当なスープだっ
た。
あと、結構熱かったので、食べているうちに汗だくに。
具は、チャーシュー×2と大量のもやしとキャベツ、白ネギ、メンマ等で前述したとおりボリュームたっぷり。
大量の野菜をおかずにおいしい麺を食べるラーメンという印象で、ボリュームに圧倒されて、ギリギリで完食できた。

でも、おいしかったし、この麺なら、つけ麺(「肉汁つけ麺」)もおおいに期待できるのではないかと思った。
あと、味玉は50円と安いし、サイドメニューの玉子焼き丼にも興味をひかれるが、こちらはラーメンと合わせて食べ切れるのか?という不安も。

帰りは、腹ごなしも兼ねて大宮駅西口まで歩いたら、かなり待ち時間の長い信号が何箇所かあることもあって、17分かかった。

東北本線大宮駅西口17分
月休 11:30-15:00 18:00-22:00(日-21:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

麺武 鷹雅(おうが)<東京>

【45】麺武 鷹雅(おうが)<東京>①
焼き醤油750円 + マヨチャー丼280円

今月OPENの「虎龍(こたつ)@新宿(H21.11.25)」の姉妹店。
よく考えてみると、「鷹揚(おうよう)」の「おう」なので、読めなくはないのだが、なかなか難読な店名。
水道橋駅(東口)と神保町駅(A5出口)のほぼ中間にある。
「虎龍(こたつ)」の方は味噌が売りの店だが、こちらは「焼き」系のメニューが売りのようだ。
というわけで、食べたのは「焼き醤油」。
調理している間にも醤油スープを焦がす香りが立ち込めて、食欲をそそられる。
奥の方に座ると、少々けむいが。。。
出てきたのはこちら。201002171916ouga0
表面には多めのラードが浮かんでいて、熱々で、そして焦がした醤油の香ばしい香りが。
麺はかなり黄色い中細麺。
具は、チャーシューとメンマ、もやし、玉ネギ、白ネギ。
私はラーメンの具としての玉ネギは基本的に好きなのだが、ここでも存在感があった。
後半は、卓上のゆず粉を入れて爽やかさをプラス。以前は苦手だったゆずもだんだん好きになってきたようだ。

あと、マヨチャー丼は、たっぷりのチャーシューにたっぷりのマヨネーズとすりゴマがかかり、これで280円なら納得。

というわけで、ラーメン・サイドメニューともにかなり満足できた。

他のメニュー、特に「焼き塩」にも興味が湧くし、「味噌」の方は、写真で見る限りでは生姜オンザチャーシュー等ぱっと見では「虎龍(こたつ)」のものと同様に見えたのだが、どうなのだろうか?

総武線水道橋駅東口4分
日休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

韃靼ラーメン 一秀<東京>

【44】韃靼ラーメン 一秀<東京>①
土鍋そば 正油850円 + チャーシュー1枚クーポンサービス + 小ライス150円

1番近いのは、東武東上線の北池袋駅あたりのようだが、池袋駅から歩く。劇場通りをひたすらまっすぐ歩くこと10分で、川越通りとの突き当たりにあるこの店に到着。
環七背脂ラーメンの伝説の店「土佐っ子」の流れをひく「平太周」出身者の店。
「韃靼(だったん)」というのは、モンゴル方面の民族名のようだが、ここでは「韃靼そば」というそば粉の種類名からきていて、麺にそば粉を練りこんであるもよう。
食べたのは「土鍋そば」。
正油と味噌があったが、正油の方で。
出てきたのはこちら。201002161940_1shuu_2
土鍋に入ってグツグツ煮立った状態で提供される。
その土鍋には、やはり背脂がたっぷりと浮かんでいて、他にゆで玉子、チャーシューが載っている。
そして、別皿で白ネギ、メンマ、刻みニンニク。
土鍋効果で、最後まで熱々の状態が保たれるのが最大の特徴なのだが、猫舌の私にはそれもよしあし。
あと、だんだん煮詰まってきて、スープが濃く&脂っこくなってくるのだが、味の付いていないゆで玉子やライスが、よい箸休めとなった。

ちなみに、箸といえば、通常メニューの場合は、卓上にあるプラスチック箸を使うことになるのだが、このメニューの場合は、熱さに配慮して、割り箸を出してくれた。
それから、麺の方は、熱かったせいもあって、あまりそば粉は感じられなかった。

なんだかんだ言っても食べ応えのある一杯ではあったが、この最後まで熱いという特性がより生きるのは「土鍋味噌」の方だったのではないかという気も。

ターミナル池袋駅C6出口10分
第1・3・5月休 18:00-28:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京>

【43】NEW OLD STYLE 肉そば けいすけ<東京>①
肉そば680円 + エッグライス180円

「けいすけ」系(H21.12.31等参照)の新店。
1月末のOPENで、既に連日大行列の盛況とのことだったが、この日は氷雨の降る寒い日だったこともあって、19時半頃の到着で、7人待ち。食べ始めるまでに20分弱の待ち。行列担当の店員さんがいて、交通整理がきちんとなされているし、外待ち用の使い捨てカイロも用意されているし(<某ラーメンPARKにも爪の垢を煎じて飲んでいただきたいところ)ということで、それほど待たされた感は無かった。
食べたのは「肉そば」。201002151948niku_keisuke
海老や味噌等特定の食材をフィーチャーして人気を博している同系列だが、この店のメインキャストは「肉」。
どっさり150gのチャーシューが載っているのみならず、スープも豚肉を煮込んで作っているとのこと。
麺は中太で、それなりにスープを吸って、黒っぽくなってくる。
具は、他に刻み玉ネギ、かいわれ、メンマとたっぷりのおろし生姜。
前評判どおり、ダシ無しでチャーシューの煮汁をスープにする「竹岡式」(本場=千葉では食べたことがないが、「つたや@池袋(閉店)」で食べたことあり)と生姜醤油の「青島@長岡(H19.7.12等)」と真っ黒な醤油スープの「新福菜館@京都(H19.1.27)」のいいところどりをしたような印象。
玉ネギと生姜のおかげで、最後まで飽きずに食べられるし、チャーシューのボリュームには圧倒される。

さらに、「エッグライス」はこちら。201002151946niku_keisuke2
とろとろの薄焼き玉子が載っていて、そこにスープ?がかけられている。
わりと薄味だが、濃い目の「肉そば」との相性抜群で、これで180円ならコストパフォーマンスも◎。

合わせて860円でおおいに満腹。
味的にも大満足だったし、再訪をためらう理由があるとしたら、行列のみ。

半蔵門線住吉駅B1出口1分
無休 11:00-15:00 18:00-26:00
公式HP  http://www.grandcuisine.jp/keisuke/nikusoba.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

雷電<新潟>

【42】雷電<新潟>①
俺の塩840円 + エビワンタン105円 +サービスライス

ただでさえ営業時間が短いうえに、早仕舞いも多いとのことで、ハードル高めの店。
食べたのは、店の一押しとおぼしき「俺の塩」。201002121303raiden
「極上鶏白湯」だとのこと。
スープを啜ってみると、唇にまとわりついてくるぐらいねっとりしていて、私のイメージする鶏白湯らしい鶏白湯だった。
麺は細麺で、白濁豚骨も極細麺であることからすれば、それもありなのかもしれないが、私の好みからすれば、もう少し太い麺の方が、後半、しつこさを感じなくて済むような。
具は、玉子半分、姫筍、鶏そぼろ、キクラゲ、海苔、青ネギ、白髪ネギ、刻みネギ、糸唐辛子と追加トッピングのエビワンタン等。
鶏そぼろ、糸唐辛子や3種のネギ等スープのしつこさ中和用の具が各種入っているのはよかったのだが、できれば鶏そぼろはもっとたくさん入っていた方が。
あと、チャーシューも無しで840円というのは、新潟の相場を持ち出すまでもなく、150~200円ぐらい高いのではないかと感じた。
一方、エビワンタンの方は、105円で3個とコストパフォーマンス抜群。ランチタイムサービス?のライスと合わせて、945円で「エビワンタンメン ライス付き」と考えれば、価格的にも満足できる。
ちなみに、もう一つの売り物である「ヤキメシ」は、「仕入れの都合」により休止とのことだった。

加茂市新栄町11-7
月休 11:30-14:00 18:00-20:00(金土-21:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や 来味<新潟>

【41】麺や 来味<新潟> (49)
身欠き鰊の醤油らぁ麺 ゆず仕立て 730円

まず、これまで火曜定休だったのが、定休日が無くなっていた。
食べたのは期間限定の「身欠き鰊の醤油らぁ麺 ゆず仕立て」。
この店の期間限定は、一般的には提供期間2ヶ月なのだが、今回は2/1から21までの
3週間と短い。
出てきたのはこちら。201002121123raimi
スープは鶏ベースで、鰊と鰹を効かしてあるとのこと。
それが鰊によるものと断定することはできないが、確かに、独特の風味がある。
麺は柔らかめの極細麺で、苦手なタイプだが、逆にそれゆえにスープが進むので、スープのよき引き立て役になっている感じ。
具は、チャーシューと鞠麩、メンマ、斜め切りのネギ、水菜、そして刻んだゆず。
中では、ゆずがよいアクセントになっていた。

この店の期間限定はどちらかというと「塩」のイメージが強いが、今回の「醤油」の限定でも大満足だった。

新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00  17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

中華の来味(来味 本店)<新潟>

【40】中華の来味(来味 本店)<新潟>④
肉そばチャーハンセット 1050円

今回は娘2人と訪問。
これまでは、次女と2人で訪問して、単品のチャーハンは無いがゆえに、私は肉そば、次女はチャーハンということで、チャーハンは味見程度しかできなかったのだが、今回はチャーハンセットを2つ頼んで、1つは私の分に。201002111133raimi
肉そばがおいしかったのは、いつもと同じ。201002111134raimi2
(チャーシューは一部長女に寄付)
チャーハンは少々薄味だが、卓上の黒コショウをかけると程よい味加減になるし、ラーメンのスープとの相性もバッチリ。

新潟市中央区紫竹1-17-8
火休 11:30-14:00(日祝-14:30) 17:30-21:00(日祝-20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

麺処 遊<東京>

【39】麺処 遊<東京>⑥
中華そば600円 + 肉飯400円 + 煮玉子100円→クーポンサービス

「中華そば」+「肉飯」のいつもの組み合わせに、クーポンで煮玉子を。201002101903yuu
今回も、前回同様、「肉飯」の多すぎる肉の一部は「中華そば」のトッピングに追加して食べた。

京浜東北線鶯谷駅南口2分
東京都台東区根岸1-3-20
不定休 11:30-20:30頃(土日祝-18:30頃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

西尾中華そば<東京>

【38】西尾中華そば<東京> ③
ガリガリ中華そば800円 + 味玉100円→クーポンサービス

新メニューの「ガリガリ中華そば」を。201002091956nishio
「ガリガリ」というのは「ガリ」=生姜と「ガーリック」からきているらしい。
スープを啜ってみると、生姜とニンニクの風味以上に、ピリッと辛みが効いているというのが第一印象。
この攻撃的なスープに対して、麺はとうもろこしを練りこんだ甘みのある極細麺。ミスマッチになりかねないと思うのだが、これが意外なほど相性がよい。
具の方は、チャーシュー、豆もやし、小ネギ等で、しっとりしたチャーシューはよいのだが、豆もやしは、やはり私の口には合わない。
とはいうものの、意外性もあるおいしい一杯だった。

ただし、店内環境(及び接客面)には不満が。
続いて入店した2人組のお客さんに配慮して、入口のドアのすぐ左の狭そうな席に座ったところ、これが思った以上に狭くて、客が出入りしてドアを開け閉めするたびにドアが背中にぶつかりそうになるので、食べるのを中断するはめに。
しかも、そのような不便をこうむったにもかかわらず、店主からは、何の一言も無し。
こうなると、前回賞賛した接客も、うわべだけのものだったのかと疑いたくなる。

南北線駒込駅5番出口3分
水休 11:30-15:30LO 17:30-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

焼豚そば 黒なべ<東京>

【37】焼豚そば 黒なべ<東京>②
焼豚そば 並 800円 + 仕上げ2 150円 + 半熟玉子 100円→クーポンサービス

20時過ぎの時点で、20食限定の「白ブタ」(鶏白湯)もまだあったが、久々に(H21.7.31以来)「黒じょっぱさ」を味わいたくなって訪問したので、初志貫徹で「焼豚そば」を。201002082006kuronabe
クセになるしょっぱさは健在で、基本的に満足。
ただし、仕上げの雑炊がしょっぱすぎるという問題点も前回と同様。
ライスだけなら、レンゲでライスをスープに浸しながら食べるという調整方法も可能なのだが、なまじっか、生玉子とフライドガーリックがあるだけに、その方法はなじまないので、やはりライスの容器を大きくして、そちらに適量のスープを投入できるようにしてもらえたらと。
ちなみに、「仕上げ」(2じゃない方)200円はどんな中身なんだろうか?

有楽町線東池袋3番30秒
無休 11:30-15:00 19:00-23:30
(土祝 12:00-15:00 18:00-22:00 日12:00-16:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

すばる屋<新潟>

【36】すばる屋<新潟> ②
中華そば 650円

前回(H21.12.23)は次女と2人で訪問したが、今回は娘2人と。
私は前回同様「中華そば」の普通(あっさり)で、次女は「炙り親子丼」780円を私とシェアする前提でオーダー。201002061321subaruya
「中華そば」は魚粉パワーもあって、前回同様おいしく食べられたし、4割ほど食べた親子丼もトロトロ玉子と炙った鶏の香ばしさで満足。

一方、長女は「中華そばと小炙り親子丼セット」900円を。長女は「三咲屋」等でもいつもこってりを選んでいるので、中華そばはこってりで。201002061321subaruya2
こってりの「中華そば」には、背脂が大量に浮かんでいて、これがいやみではない甘みをスープにもたらしている。あっさりの方は、後半やや単調に感じられてきたので、何度かこってりの方のスープを「味見」させてもらったぐらい(逆にずっとこってりを食べていたら、あっさりを味見したくなったかも?)。

あと、「小」炙り親子丼の方も、「小」ではない方の半分以上のボリュームはありそうで、これでプラス250円というのはかなりのお得感(「小」ではない方には、味噌汁、漬物、刻みのりが付く分もあるのだろうが。)
娘たちの評判も上々で、再訪は必至。
ちなみに、「旨みそ拉麺」730円というのもあったので、そちらにも興味をひかれた。

新潟市東区東中島2-6-1
不定休 11:30-14:30 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

豪腕味噌 ザ・マグナムハウス<東京>

【34】豪腕味噌 ザ・マグナムハウス<東京>①
豪腕味噌つけめん 野菜炒め800円 + 海老辛

「ガガガ職堂@上板橋(H20.12.12)」のプロデュースによる味噌ラーメンの店。
入店時にレジでオーダーしてお金を払う前金制。
私が食べたのは、夜の部30食限定の「豪腕味噌つけめん」。
トッピングは野菜炒めor麻婆豆腐から選べるので、前者を選択。
生ニンニク、カレー粉、海老辛とオーダー制の無料トッピングもあったので、海老辛を。
出てきたのはこちら。201002031943magnum
まず、茹で時間12分の極太麺が目をひくし、噛んでみると、それだけ茹でても「克味@曙橋(H22.1.5)」並みの硬さ。
これを濃厚な味噌味のつけダレに浸して食べてみると、あまりつけダレが絡まない。
が、この濃厚さだと、あまり絡まないぐらいの方がちょうどよく思える。
というわけで、麺とつけダレの組み合わせの妙を感じた。
具は、炒めたもやし、キャベツ、玉ネギ、豚バラ肉と大きな板のり、チャーシュー、メンマ、スライスニンニクと盛り沢山。
海老辛や卓上のおろしニンニクで味を変えつつ麺や具を完食した時点で満足したので、スープ割り(可否不明)までは到達せず。
ちなみに、海老辛は思ったより辛かったので、3分の1程度しか使わなかった。
他の無料トッピングもそうだが、卓上に置いてもらって、適量を入れられるようにしてもらった方が、客にとっても店側にとっても好都合なのでは?
「豪腕」「マグナム」等のネーミングに負けないだけの迫力ある一杯に満足した。

一点だけいかがなものか?と思ったのが、女性店員のメイド風コスプレ。
私の場合、事前情報で知って、訪問するのをためらう要因になったし、実際に見ても違和感を覚えたのだが、集客上、プラスよりもマイナスに作用してはいないのだろうか?
ちなみに、帰りは池袋駅西口(C6出口)まで歩いたら12分(そこからJRまではさらに数分)かかった。

有楽町線要町駅3番出口6分
木休 11:30-14:30 18:00-23:00(150食売り切り終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

らーめんダイニング ど♪みそ<東京>

【33】らーめんダイニング ど♪みそ<東京>⑥
みそカレーラーメン1000円 + コーン100円→クーポンサービス

21時半の到着で2名待ち。
この時間だとライスが切れているのは残念。
食べたのは「みそカレーラーメン」。201002022140domiso
追加トッピングサービスのクーポンがあったので、コーンを選択したのだが、これはなかなか正解だった。
ただし、コーンやひき肉は普通のレンゲだと食べづらいので、できれば「東横@新潟」のように穴あきレンゲを用意してもらいたいところ。

銀座線京橋駅3番出口2分
東京都中央区京橋3-4-3
無休 11:00-LO22:30(土11:00-21:00、日祝12:00-21:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

大山(たいざん)神田店<東京>

【32】大山(たいざん)神田店<東京>⑥
エビースターラーメン 780円

「神田ラーメン わいず」に向かったのだが、雪の降る中で3名の行列。
本当にこの店はいつ来ても行列していて、すぐ近くの有名系列店等を尻目に、私が見た限りでは、この界隈の人気№1店。
で、並ぶぐらいなら他にも気に入っている店が近くに複数あるので ということで他店に向かったのもいつものパターン。

今回は約1年ぶりの訪問となった「大山(たいざん) 神田店」へ。
この間に、メニューが低価格方面に大幅リニューアルされていた。
以前からある「神デラ」も980円に値下げ(中身も変わっているのかもしれないが)。
私が食べたのは、「エビースターラーメン」をニンニク入りで。
麺は、「らうどん」と細麺から選べるとのことだったので、前者で。
出てきたのはこちら。201002012057daisen
最大の特徴が麺。「うどんのような極太麺」という表現はよくみかけるが、ここまでくると、食感的にはほぼうどん。ラーメンの麺とうどんの麺の1番の違いはかんすいを使っているか否かだと認識しているのだが(もっとも無かんすいのラーメンもあるが)、モチモチしていておいしいので、この際、どちらでもよいという気にもなってくる。
スープは、海老を効かせてあるようなのだが、それ以上にニンニクの風味が支配的。
具は、チャーシュー、肉味噌、白髪ネギ、のり等で、青海苔も浮かんでいる。
元々スパイシーなスープに、肉味噌による味変化も加わって最後まで楽しめる。

というわけで、ネーミングにも表れているとおり、かなりジャンキーな一杯ではあるが、私にとってはストライクゾーン。
特に、思い切ってうどん寄りにシフトした麺は新鮮だった。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »