« らーめんダイニング ど♪みそ<東京> | トップページ | すばる屋<新潟> »

2010年2月 3日 (水)

豪腕味噌 ザ・マグナムハウス<東京>

【34】豪腕味噌 ザ・マグナムハウス<東京>①
豪腕味噌つけめん 野菜炒め800円 + 海老辛

「ガガガ職堂@上板橋(H20.12.12)」のプロデュースによる味噌ラーメンの店。
入店時にレジでオーダーしてお金を払う前金制。
私が食べたのは、夜の部30食限定の「豪腕味噌つけめん」。
トッピングは野菜炒めor麻婆豆腐から選べるので、前者を選択。
生ニンニク、カレー粉、海老辛とオーダー制の無料トッピングもあったので、海老辛を。
出てきたのはこちら。201002031943magnum
まず、茹で時間12分の極太麺が目をひくし、噛んでみると、それだけ茹でても「克味@曙橋(H22.1.5)」並みの硬さ。
これを濃厚な味噌味のつけダレに浸して食べてみると、あまりつけダレが絡まない。
が、この濃厚さだと、あまり絡まないぐらいの方がちょうどよく思える。
というわけで、麺とつけダレの組み合わせの妙を感じた。
具は、炒めたもやし、キャベツ、玉ネギ、豚バラ肉と大きな板のり、チャーシュー、メンマ、スライスニンニクと盛り沢山。
海老辛や卓上のおろしニンニクで味を変えつつ麺や具を完食した時点で満足したので、スープ割り(可否不明)までは到達せず。
ちなみに、海老辛は思ったより辛かったので、3分の1程度しか使わなかった。
他の無料トッピングもそうだが、卓上に置いてもらって、適量を入れられるようにしてもらった方が、客にとっても店側にとっても好都合なのでは?
「豪腕」「マグナム」等のネーミングに負けないだけの迫力ある一杯に満足した。

一点だけいかがなものか?と思ったのが、女性店員のメイド風コスプレ。
私の場合、事前情報で知って、訪問するのをためらう要因になったし、実際に見ても違和感を覚えたのだが、集客上、プラスよりもマイナスに作用してはいないのだろうか?
ちなみに、帰りは池袋駅西口(C6出口)まで歩いたら12分(そこからJRまではさらに数分)かかった。

有楽町線要町駅3番出口6分
木休 11:30-14:30 18:00-23:00(150食売り切り終了)

|

« らーめんダイニング ど♪みそ<東京> | トップページ | すばる屋<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/33555122

この記事へのトラックバック一覧です: 豪腕味噌 ザ・マグナムハウス<東京>:

« らーめんダイニング ど♪みそ<東京> | トップページ | すばる屋<新潟> »