« 大至<東京> | トップページ | 神田ラーメン わいず<東京> »

2010年3月18日 (木)

本枯中華そば 魚雷<東京>

【68】本枯中華そば 魚雷<東京>①
本枯中華そば700円 + 豚玉めし300円

長野のラーメン界の雄で、東京では、「魚雷」のすぐそばにある「烈士洵名」を出している方の店。
「烈士洵名」の方は、具が私の好みに合っていないようなので、未訪だったが、こちらは具が選択性ということもあって訪問した。
食べたのは、「本枯中華そば」。
出てきたのはこちら。201003181915gyorai
提供直前に、サイフォンを使って鰹ダシをとるので、香りがすばらしい。
さらに、鰹ダシを泡状にしたものも載っている。
ほうれんそうとアクセントの唐辛子以外の具は別皿で提供されるので、まずはスープと麺を純粋に味わう。
豚、鶏、鰹等の魚介類、昆布等多様な素材からダシをとったスープはバランスが抜群だし、柔らかめの細麺はスープに合っていて、別皿の具を投入しないままにどんどん食べ進みたくなるぐらい。

で、別皿の具というのがこちら。201003181915gyorai2
鶏オーブン焼き、タマリ漬け叉焼、ウズラ、メンマ、根まがり竹、岩のり、キクラゲ、ナルト、ちんげん菜の中から3種を選べるので、前3者を選択。この3つと必ず付いてくる刻んだ白ネギを投入。少々ボリューム感には欠けるが、色々な組み合わせを楽しめるという点は○。

あと、こちらは「豚玉めし」。201003181915gyorai3
生卵、刻みチャーシュー、削り節、キクラゲ等が載っていて、味的にはかなり満足できたのだが、価格の割りにややボリューム不足な感じも。

でも、全体的に期待以上だったので、是非再訪したい。
ちなみに、帰りは、都営大江戸線春日駅(1番近いのは都営三田線A5出口)を利用した。

南北線後楽園駅8番出口2分
水休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了)

|

« 大至<東京> | トップページ | 神田ラーメン わいず<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/34269980

この記事へのトラックバック一覧です: 本枯中華そば 魚雷<東京>:

« 大至<東京> | トップページ | 神田ラーメン わいず<東京> »