« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 忍<新潟> »

2010年3月19日 (金)

神田ラーメン わいず<東京>

【69】神田ラーメン わいず<東京>①
ラーメン700円 + のり100円→クーポンサービス + 小ライス100円


家系インスパイアの店のようだが、私が足を運んだときにはいつも(数回)行列ができていて、この界隈には私のお気に入りの店が他に複数あるのと並んでまで家系を食べようとは思わない(家系の店は並ばないでも食べられる水準級の店が結構あるので)のとで、毎回結局他店に行っていたのだが、今回は18時15分過ぎの到着ということで、ようやく行列無し(それでもほぼ満席)。
食べたのは、ラーメン+小ライスにクーポンでのりをトッピング。
本当は、「キャベツもやし」もトッピングしようとしていたのだが、売り切れだったのはちょっと残念。
食券を購入して、お釣りボタンを押したぐらいから、お釣り取り出し等の最中であるにもかかわらず、「食券を渡してください」としつこく催促されたのは、さらに残念。
おかげで、麺の硬さや油の量に関する指定をするタイミングも逸してしまったが、初訪問なので、どっちにしてもデフォルトでよかったかなと思うことに。
出てきたのはこちら。201003191829ys
鶏油の浮かんだ豚骨醤油のスープに、メンマ無しでのり・ほうれんそうという具の構成はまさに家系。
太麺はもっちりしていておいしかったし、具も大判のチャーシューが2枚で、ほうれんそうが多めに入っているのもよかった。
卓上には、辛味噌、おろしニンニク、黒胡椒があったが、私の場合、家系ではニンニクを使用することが多いので、今回も後半おろしニンニクを投入。
味の面では不満はなく、上質の家系という印象。
ただし、私の好みからすれば、麺硬め、油多めがよかったかも。
接客に関しては、入口の店員には不満が残ったものの、店主らしき人は、不手際の目立つ新入り店員を客に不快感を与えないように指導しつつ的確に接客していて、見事だった。
あと、いい意味で予想外だったのが、写真右の「小ライス」。
この名称で、100円で、刻みチャーシューが載っているというのは、なかなかお目にかかれない。
というわけで、再訪したいと思うのだが、その際は、上述の指定のラーメン+キャベツもやし+のり+小ライスでいきたい。
店を出た18時過ぎには数名の行列になっていて、やはりこの店の最大のネックは行列か。

銀座線神田駅1番出口5分
日祝休 11:00-24:00LO(土-15:00LO)

|

« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 忍<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/34270017

この記事へのトラックバック一覧です: 神田ラーメン わいず<東京>:

« 本枯中華そば 魚雷<東京> | トップページ | 忍<新潟> »