« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

麺や 来味<新潟>

【107】麺や 来味<新潟> (50)
鶏と薩摩節の濁り醤(びしお)らぁ麺730円 + おかかごはん150円

12時半の到着で、ちょうど満席だったので、しばらく待つことになり、結局食べ始めるまでに20分強。
食べたのは6月末までの期間限定の「鶏と薩摩節の濁り醤(びしお)らぁ麺」。201004301251raimi
この店の期間限定はどちらかというとダシの素材(今回のメニュー名でいえば「鶏と薩摩節」の部分)にスポットを当てたものが多いように思うが、今回はタレ(「濁り醤」)の方に力点が置かれていそう。
その「濁り醤」だが、しぼらず濾過もしていない生の醤油のことで、字面からするとかなりクセがありそうなのだが、実際に食べてみるとそんなことはなく、上品な和風スープに仕上がっている。
麺は細めの平打ち麺。
具は、チャーシューと鞠麩、メンマ、斜め切りのネギ、水菜、糸唐辛子、そして刻んだゆず等で、最近の期間限定メニューとほぼ同様の構成。
いつもどおりおおいに満足できた。

あと、こちらは次女が食べた「つけ麺」780円。201004301251raimi2
プリプリの太麺がおいしかったようだ。

新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

浦咲<新潟>

【106】浦咲<新潟> (68)
特別潮らーめん 850円

約1年ぶりに「特別潮」を。201004291132urasaki
前回これを食べた時(H21.5.2)に「今日はサイコロチャーシューがいつになく小さかった(H20.7.26等参照)のはちょっと残念だが。今日はたまたまならまだよいのだが、縮小されてしまったのだとしたら悲しい。」と書いたのだが、今日もやはり小さかった。
それでも、これだけ具が満載で850円なら、コストパフォーマンスは◎だし、何よりもおいしい。

あと、こちらは次女が食べた「チャーハン 並」500円。201004291132urasaki2
娘は味的には満足していたのだが、スープ付きでなくてよいので、もう少し安くしてもらえたら。。。

ちなみに、この店は2年以上メニューに変化が見られないように思われる。
その分?価格も変わっていないし、「偉大なるマンネリ」ということもあるので、これはこれでよいのかもしれないが、数年前は、意欲的に新メニューに取り組んでいた(この「特別潮」もその一つ)だけに、ちょっと淋しい気も。

新潟市西区浦山4-13-7
月休 11:00-14:00 (土日祝-15:00) 17:30-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

元(はじめ)<東京>

【105】元(はじめ)<東京>②
醤油750円 + 鶏つみれ150円

「慶次郎」の後に、板橋本町からこの店の最寄り駅蓮根までは4駅と近いことに思い至り、足を伸ばす。
19時半前の訪問で、私でちょうど満席に。
その後も、時々待ちが発生したものの2名程度まで。
前回(H22.1.30)は「塩」だったので、今回は「醤油」に。
出てきたのはこちら。201004281934hajime
「塩」同様に、鶏油の浮かんだスープは旨み十分。
麺は柔らかめの細麺で、具はチャーシュー、姫筍、小ネギと鶏つみれという構成も「塩」と同様。
麺はやはり私にとっては柔らかすぎ。
一方、鶏つみれはおいしいのに追加トッピングしているのは私ぐらいだった。
後半、卓上に唯一置いてある調味料である「柚子一味」(柚子+一味唐辛子ではなく、柚子ONLY)を入れたところ、かなり爽やかな味に。
前回は休日の昼ということで1時間以上待たされてかなりハードルが上がっていたせいもあるのかもしれないが、今日の印象では、私の好みに合うのは「塩」より「醤油」だった。
前回の感想「現状では、再度遠征して、また1時間以上並んでまで食べたいとは思わないので、もっとすいていそうな時間帯にこの近くに立ち寄る機会があれば。」を地で行った感じになるのだが、再訪するならまた平日の夜かと。

都営三田線蓮根東口30秒
月休 11:30-14:30 18:00-21:00(スープ切れ終了、土日祝は中休み無し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶次郎<東京>

【104】慶次郎<東京> ①
どろそば790円 + ライス小50円

関西の「どろソース」を使った「どろそば」に興味を惹かれて訪問。
二郎インスパイアの「豚そば」もあるのだが、店外にある食券販売機で迷わず「どろそば」を購入。
無料追加オプションについては、牛肉増しはしないと損な気がしたのでお願いして、どろソース増しは初回なので様子見でパス。
出てきたのはこちら。201004281857keijirou
どろソースベースのタレと大量の牛ひき肉が丼の表面を覆っていて、中央におろし玉ネギと温玉が載り、そこにケチャップが。
とりあえず温玉はよけて、かき混ぜて食べ始める。
ソースはピリ辛なのだが、ひき肉は甘めの味付けで、後者の方がまさっている。
麺は平打ち気味の中太麺で、必要以上にソースを持ち上げない。
中盤で温玉を混ぜ込むとややマイルドに。
何せ味が濃いので後半やや飽きが来たが、玉ネギの存在もあって、まず麺を完食。
その後、残ったひき肉とソースをおかずにライス(小でも十分な量あり)で〆。
これがおいしかった◎

他に類を見ないオリジナリティーの高い一杯だったので、また食べたくなりそう。
「まぜそば DX」にすると、極太麺でこってり&ニンニク入りになるとのことなので、そちらも試してみたい。

都営三田線板橋本町駅A1出口1分
月休 17:30-24:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

膳 丸山店<新潟>

【103】膳 丸山店<新潟> ⑨
膳ましまし 750円

塩系をと思いつつ訪問したのだが、「膳ましまし」なる二郎インスパイアと思しきメニューが登場していたので、それに。
「登場」とは言っても、以前期間限定で提供していたものが好評だったので、再登場したもよう。
出てきたのはこちら。201004241122zen
二郎のように野菜や脂等の増量について聞かれるわけではなく(ただし、脂の量については食券販売機に「調整します」と書いてある)、これでデフォルトの状態。
野菜(キャベツ、もやし)の量は驚くほどではないが、元々具の量が多い店だけあって、野菜の他に、チャーシュー数枚&崩れたもの、煮玉子等具は豊富。
さらに、糸唐辛子や一味唐辛子がアクセントに。
麺がそれほど太くないので、後半、やや背脂がくどく感じられはしたが、これは前述したとおり調整可なので、脂控えめにすることを前提としたら、十分満足できる一杯だと思う。

あと、こちらは長女が食べた「膳らーめん」650円。
201004241122zen2
これと「膳ましまし」を比べると、チャーシュー(崩れたもの)と野菜が増量されていることがよくわかる。

それから、こちらは次女が食べた「ミニラーメン」450円。201004241122zen3
次女の好みは、チャーハン>つけ麺>チャーシュー丼>ラーメンが基本なのだが、この店のラーメンは気に入っている。

新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

秋葉らーめん 松風<東京>

【102】秋葉らーめん 松風<東京>④
ベジカレー麺780円 + うずらの玉子100円 + ごはん100円

4回目の訪問で、今回も前回までとは異なるメニューを。
食べたのは、「ベジカレー麺」。
出てきたのはこちら。201004231838matsukaze
スープは結構辛めで、さらにスパイスもふられていたが、辛いものが苦手な私にとっても許容範囲。
具は、チャーシューが1枚&角切りのもの、キャベツがざく切り&千切り、そしてうずらの玉子、レモン。
うずらの玉子はデフォルトでも1個入っているようだが、好物なので追加トッピングも。
「武蔵 武仁」の「アキバカリー麺」(H21.6.29)でもそうだったのだが、キャベツはカレーラーメンとの相性が◎。
さらに、ごはんもカレー系のラーメンには欠かせない。

前回も同様のことを書いたが、4回目の訪問で、4種類のメニューを食べて、いずれも満足できたということで、ますますこの店にはまりそう。

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

こって牛<東京>

【101】こって牛<東京> ①
牛そば 並 500円 + すじ煮 100円

行きは東急大井町線を利用して徒歩2分。帰りは都営浅草線で徒歩1分。
食べたのは「牛そば 並」。
出てきたのはこちら。201004221724kotteushi
真っ白なスープは牛骨ベース。
くどさは皆無で、限りなくマイルド&クリーミー。
麺は極細麺で、あまり存在感が無かったが、あくまでもスープが主役のラーメンということか?
具は、牛しぐれ煮、玉子半分、のり2枚、メンマと追加トッピングのすじ煮。
500円でこれだけ充実しているのだから、コストパフォーマンスは抜群。
ただし、すじ煮は、透明な部分のみで、最初はコリコリした食感が面白いが、次第に飽きてきたので、しぐれ煮の追加の方がよかったのかもしれない。
あと、唐辛子の辛みがよいアクセントになって、スープに関しては最後まで飽きがこなかったのも○。
店主の接客にはややクセがあったが、独自性の高い1杯で、また食べたいと思った。

都営浅草線中延駅A2出口1分
月休 11:00-15:00 17:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八雲<東京>

【100】八雲<東京> ⑧
特製わんたん麺 黒だし 980円 + のり クーポンサービス

社外での会議のための移動の途中で訪問。
12時着で6名待ちだったのだが、40分近く時間がとれる状況だったので、大丈夫ではないかということで、並ぶことに。
が、着席後の待ち時間が思いのほか長く、結局食べ始めるまでに30分近く待つことに。
食べたのは「特製わんたん麺 黒だし」。201004221226yakumo
海老&肉ワンタン×3、チャーシュー、サービスののり等具沢山なので、具は全部片づけて、麺は3分の1程度残っている状況でタイムアップ。
スープはあまり味わうことができず、麺も残したままで、後ろ髪を引かれつつ退散。。。

東急田園都市線池尻大橋駅東口7分
火休 11:30-15:30 17:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

麺屋武蔵 武仁<東京>

【99】麺屋武蔵 武仁<東京>③
アキバカリー麺第2弾~ネギ豚900円 + 白飯100円

2回目の「アキバカリー麺」狙いで訪問。
すると、「アキバカリー麺第2弾~ネギ豚」にマイナーチェンジしていて、価格も100円DOWN。
201004201904bujin
第1弾の「アキバカリー麺」(H21.6.29参照)との相異は、
・千切りキャベツから青ネギに
・ソースからクリームに
・おこげが無くなった
といったところ。
おこげに関しては、それほど評価していなかったので無くてもよいのだが、キャベツ→青ネギの方は、キャベツ(&ソース)の方が断然存在感があっただけに、残念。
野菜価格高騰の折で、特にキャベツは高騰しているだけに、その対策?とも思ってしまうのだが、いつからこうなったのかは不明なので、勘ぐりすぎかもしれない。
ということで、やや残念なマイナーチャンジではあったものの、価格が100円下がり、一方で、以前希望していたライスが100円で登場したというプラス要素もあったので、再訪・再食の可能性は高い。
ちなみに、4/22~5/6の期間限定で、「ビーフシチュー麺」なるものを提供するとのこと。

日比谷線秋葉原駅1番出口1分
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

まる玉 アリオ川口店<埼玉>

【98】まる玉 アリオ川口店<埼玉> ②
あおさ入り850円 + 替え玉100円

1年半ぶりの訪問。
前回(H20.10.2)同様、2杯楽しむ前提で「あおさ入り」を。201004191953marutama
まず1杯目は、鶏白湯スープとの相性抜群のあおさを主役に楽しむ。
で、替え玉をして2杯目に。
↑登場した「替え玉用調味料セット」(塩ダレ、フライドガーリック、フライドオニオン)で味を大きく変えて味わう。
この価格なら、「替え玉用調味料セット」ぐらい最初から卓上に置いておいてほしい気もするが、それだと替え玉をオーダーするお客さんが減ってしまうのか?

京浜東北線川口駅東口10分
埼玉県川口市並木元町1-79アリオ川口3F
無休 11:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずらん<東京>

【97】すずらん<東京> ⑩
味噌野菜清浄麺1100円 + 乱切り麺100円

以前は通勤系路上にあったので、よく訪問して、つけ麺を食べていた店。
愛用している携帯の会員制ラーメンサイトにも以前は登録されていたと思うのだが、何か事情があったのか削除されていたので、記憶をさぐりつつたどり着く。
前回訪問時(H20.8.1)には、限定メニューを食べたので、レギュラーメニューのつけ麺を食べるのは、約5年ぶり。
この間に、つけ麺は、「清浄麺」と呼ぶようになっていた。
食べたのは「味噌野菜清浄麺」。
大盛も同料金とのことだったので、大盛で。
また、麺が数種類あったので、プラス100円の乱切り麺に。
出てきたのはこちら。201004191344suzuran
まずは、幅が2~10ミリ超と変化に富む麺が目をひく。
つけダレには、刻みチャーシューとメンマ、そして、白菜・もやし・ニンジン・玉ネギ・キクラゲ・しめじ等の大量の野菜が。
つけダレ自体はやや平凡だったが、麺の変化に富んだ食感で最後まで楽しめた。
1点気になったのは価格面。
今回私が食べたのも1200円とこのブログ掲載メニューの中でもおそらく第2位だったのだが、1650円の「牛筋麺」を筆頭に、1000円超えのメニューがずらりと並び、1000円未満で食べられるのは、味玉orもやしトッピングのものぐらい。
以前はここまで高価格の店というイメージは無かったのだが。

半蔵門線渋谷駅15番出口3分
東京都渋谷区渋谷3-7-5
日祝休 11:30-16:00 17:30-23:00(スープ終了時閉店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

東京とんこつラーメン 麺ちん<新潟>

【96】東京とんこつラーメン 麺ちん(新潟市東区) ⑰
ラーメン 中 680円 + 半熟煮玉子110円→クーポンサービス + おこげ玉150円

前回(H22.1.23)気に入った「特製マー油とんこつ」が食べたかったのだが、やはり期間限定だったようで、もう無くなっていた。残念。
そこで、久々(約2年ぶり)に「ラーメン」を。
出てきたのはこちら。201004171136menchin
やや化調が鼻につかないでもなかったが、そこそこおいしかった。

で、こちらは前回も絶賛した「おこげ玉」。201004171136menchin3
前回は意識しなかったが肉味噌も入っていて、揚げる手間もかけていて、それで2個で150円ならコストパフォーマンス的にも◎。

あと、こちらは娘2人で食べた「つけ麺 大盛」880円。201004171136menchin2_2
これに加えてもう1皿のおこげ玉を一人1個ずつ食べて満足してくれた。

新潟市東区はなみずき3-1-27
火休 11:00-15:00 17:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

もといし<東京>

【95】もといし<東京>③
焼きじろう 780円

外待ち2名で断念したH22.4.2のリベンジで訪問。
本日も、18時10分着で、私でちょうど満席と危ないところだった。
2回とも金曜日だからということもあるのかもしれないが、どうも開店直後と比べて、居酒屋として人気を博してしまったようで、早い時間帯に居酒屋モードに突入して、お客さんの回転が著しく悪くなるということで、夜、ラーメン屋として利用するのにはハードルが高くなった気配。
食べたのは「やきじろう」。
201004161829motoishi
やや甘めの味付けが気にはなったが、生玉ネギ、揚げネギ、魚粉、「じゅうしち味」と卓上の調味料類が充実しているので、これらをフル活用。
特に、玉ネギと「じゅうしち味」は辛味を付加して、甘みをおさえこむのに貢献してくれた。
最後の口直しのスープもおいしかったし、ぜひまた「焼きじろう」を食べたいと思った。
けれども、「焼きじろう」は夜の部のみのメニューなので、夜の部のハードルが上がってしまった(っぽい)のは痛い。。。

銀座線三越前駅(新日本橋駅2番出口)1分
日祝休 11:00-14:30 17:00-22:00(土11:00-スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

麺屋武蔵 巌虎(いわとら)<東京>

【94】麺屋武蔵 巌虎(いわとら)<東京>①
味玉ら~麺 850円

「麺屋武蔵」系列の新店。
御徒町に「武骨」(H20.8.18)、秋葉原に「武仁」(H21.6.29他)とこの店、神田に「神山(かんざん)」(H21.5.25)とこの界隈の「武蔵密度」がUPしてきている。
店ごとに特徴を打ち出してきている武蔵系だが、こちらの店では二郎or燕三条系っぽい「ら~麺」と「カライ麺」が2枚看板のようだが、辛いものが苦手な私は当然前者の系統の「味玉ら~麺」を。
「武蔵」の他の多くの店と同様に、大盛同料金で、さらに二郎同様に野菜増しも無料とのことだったので、大盛・野菜増しで。
出てきたのはこちら。201004152028iwatora
もやし、キャベツ等の野菜が盛られていて、見た目は二郎。
ただし、スープを啜ってみると、煮干しが効いているし、玉ネギも入っているあたりは、燕三条系の趣きの方が強い。
もっとも、背脂は「チャッチャ」ではなく、ミンチ状で、一気に脂っこくならないので、この方が私にとってはありがたい。
麺は、一昨日の「白山 火風鼎(かふうてい)」ほどではないが、やや不揃いな太麺で、スープに負けていない。
具は、前述したもやし、キャベツ、玉ネギに加えて、チャーシュー、青ネギと追加トッピングの味玉。
味玉は薄味だったが、この方がスープとの相性はよさそう。
途中からは、生姜、ニンニク、海老一味等のバラエティー豊かな卓上調味料類でカスタマイズ。中では、海老一味でほどよく辛みをプラスするのが、特に私の口に合った。
ボリューム的には、大盛・野菜増しでちょうどよいぐらいだった。
ちなみに、隣りのお客さんは、「味がしない」と言ってタレを足してもらっていたが、ひょっとしてタレの入れ忘れ?
常時2,3名待ちをキープというなかなかの賑わいだったが、これ以上行列が長くならなければ、また食べに来たい。

なお、本来の最寄り駅は秋葉原だが、定期券が使えるので、行き帰りともに銀座線を利用したところ、神田駅(5番出口、最も近いのは6番出口だが工事のため閉鎖中)からだと6分、末広町駅(3番出口)までだと7分だった。

銀座線神田駅5番出口6分
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

白山 火風鼎(かふうてい)<東京>

【93】白山 火風鼎(かふうてい)<東京>①
チャーシューワンタンメン 1100円


白河に本店がある白河ラーメンの店。
奮発して「チャーシューワンタンメン」をオーダー。
出てきたのはこちら。201004131942kafuutei
麺は、かなり不揃いな手打ちの平打ち麺で食感が面白い。
スープはあっさりした醤油味。
具では、周囲が赤い焼きチャーシューとほとんど皮だけのワンタン、メンマ、白ネギ。
チャーシューは硬めの食感も○だし、ボリューム的にも満足。
ワンタンは巨大なのはよいのだが、麺の食感とかぶる面もあって、微妙。
スープは、後半やや飽きがきたので、卓上の黒胡椒を投入して補強。
でも、不思議と後をひくおいしさで、結構飲み進んだ。
チャーシューワンタンメンは、上述したとおりワンタンが微妙なのと価格的にも立派すぎるので、次回訪問するとしたら、チャーシューメンを、今度は塩で試してみたい。
なお、行きは南北線東大前駅(2番出口)を利用したら、9分かかった。

都営三田線白山駅A1出口2分
木休 11:00-15:00 17:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

ぶらり<東京>

【92】ぶらり<東京>⑨
あさりラーメン680円 + 玉子かけごはん200円

食券販売機にはない「あさりラーメン」(食券は同額の「正油」で対応)というのが登場していたので、試してみることに。
出てきたのはこちら。201004122202burari
「鶏そば」同様の透明度の高いあっさり系のスープに細麺。
具は、あさりと蒸し鶏、白髪ネギ、青菜。
白髪ネギの上の一味唐辛子と粒上の何か?がよいアクセントになっていて、最後まで飽きずにおいしく味わうことができた。
さすがにどのメニューもおいしい「ぶらり」だけのことはあると感心させられたのだが、期間限定メニューなのかもしれないので、またありつくことができるかどうか?

あと、こちらは「玉子かけごはん」。201004122202burari2
この店は基本のラーメンが安めなので、サイドメニューにも手を出しやすい。

なお、定休日だった日曜も営業するようになったようだ。

京浜東北線日暮里駅東口2分
東京都荒川区東日暮里5-52-5
無休 11:30-15:00 17:00-23:30 土祝11:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

奥村家<新潟>

【91】奥村家<新潟> ③
のりラーメン780円 + キャベチャー100円 + まかない丼300円


家系おなじみの脂の多さ、タレの濃さ、麺の茹で加減に加えて、麺の太さも指定できるとのことだったので、脂多め・太麺で。201004101137okumuraya
やはり脂加減は多めでちょうどよかったし、前半は全くへたれない上質ののりのパリパリ感を楽しみつつ、中盤で卓上のニンニクを投入し、後半でキャベチャーの残り半分も投入という前回(H20.10.11)同様のパターンでおおいに満足。
それにしても、ここのキャベチャーはタレがおいしくて、子どもたちにも大好評。
前回は3人で2つだったのだが、今回は1人1つずつに。201004101137okumuraya2
また、まかない丼もほぐしチャーシューがたっぷりで、生玉子とタレの相性も抜群。
前回訪問時からは、ラーメンが30円、まかない丼が50円値上がりしていて、今日の組み合わせだと、全部で1180円になってしまうのは若干痛いが、どれも外しがたいだけに。。。

新潟市東区南紫竹2-6-28
水休 11:00-15:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

油そば 椿<東京>

【90】油そば 椿<東京> ④
油そばつけ麺 800円


以前から気になっていた「油そばつけ麺」を試してみることに。
「油そば」の方だと、粉ものやペースト状のものが何種類か載っていて、その不均一な混ざり具合によって複雑微妙な味わいとなるのだが、「油そばつけ麺」の方にはそれらが無く、至ってシンプル。
これは、つけダレに浸して食べることを前提としているからなのだろうし、実際、これと同様の趣向の「ジャンクガレッジ」IN「大つけ麺博」(H21.11.5)の「まぜつけ」を食べた際の感想は、「元々味がついている麺にさらにつけダレの味が重なって、ちょっと味が濃すぎる」だったので、妥当な方向性なのかもしれないが、私としては、単調に感じたので、上述した複雑微妙な味わいの方に軍配を上げたい。
あと、「油そば」の方には1個入っている味玉も無くて、価格はこちらの方が高いということで、コストパフォーマンス的にも微妙。
というわけで、私の場合はこの店では「油そば」にしておいた方がよさそう。

銀座線上野駅5a出口(orJR上野駅広小路口)1分
水休 11:30-15:00 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

地雷源 中野本店<東京>

【89】地雷源 中野本店<東京>①
塩のフランキーそば750円 + 黒豚焼き餃子ハーフ200円

方南町にあった「地雷源」が中野に移転。
方南町時代と合わせると4回目の訪問だが、途中、早仕舞いでふられたこともあって、5年ぶりとなった(ただし、「お台場ラーメンPARK」(H22.1.26)出店時に食べたことあり)。
「地雷源」の大看板のもとに、月~木、土の21:00までは「我流旨味ソバJiraigen」、月~土の22:00以降は「濃厚味噌らぁ麺 裏7Jimmy」、金曜の21:00までは「BLACK FRIDAY」(さらに日曜の11:00-22:00は「PRECIOUS HOLIDAY」の予定だが、H22.5中旬現
在ではまだ営業開始していない)と異なるブランドで異なるメニューを提供している。

今回訪問したのは「我流旨味ソバ Jiraigen」の時間帯。
グランドメニューは醤油・潮の「旨味ソバ」のようだが、移転前や上述したイベントで食べたことがあったので、「塩のフランキーそば」の方を。
出てきたのはこちら。201004081932jiraigen_2
「旨味ソバ」との違いはわからないが、あっさり&シンプルなスープながら、「旨味」は十分。
麺は、かなりツルツルした太麺。
具は炙りチャーシューとのり、メンマ、水菜、白ネギ。
スープを飲み干す場合、知らず知らずのうちにというパターンが多いのだが、ここの場合は、おいしいスープだが、麺が意外とスープとからまないということで、意図してスープを飲んでいるうちに飲み干すことに。

あと、こちらは「黒豚焼き餃子ハーフ」。201004081932jiraigen2_3
際立った特長はないが、200円という価格ならばといったところ。
多様なメニューで楽しませてくれる店で、今回も「さすが」と思わせられたし、5月末まで有効のトッピングサービス券ももらったし、近いうちに再訪したい。
その際には、ツルツルした太麺が合いそうな「つけ麺」にも興味を惹かれる。

中央線中野駅南口2分
無休(現在は日休) 11:00-21:30 22:00-25:30
公式HP 

http://www.jiraigen.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

大至<東京>

【88】大至<東京>④
カレー南蛮つけ麺(ミニライス付き)800円


「チャーシューワンタンメン」890円というのにも惹かれたのだが、前回(H22.3.17)食べた期間限定メニュー「カレー南蛮つけ麺」があまりにもおいしかったので、再びそれを。201004072015daishi
やはり、〆のカレー雑炊に至るまでおおいに満足できる。
「春」限定とのことなので、いつまで提供されるのかわからないが、次回も何を食べるか迷いそう。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

秋葉らーめん 松風<東京>

【87】秋葉らーめん 松風<東京>③
春キャベツと温玉のカルボナーラあえ麺 880円


4月の期間限定メニューの「春キャベツと温玉のカルボナーラあえ麺」を。201004061844matsukaze
具は、ベーコン、温玉、キャベツ、ピザ用チーズ、ヤングコーン、コーン、にんじん、青ネギ、クルトン等。
元々、レギュラーメニューも洋風寄りのこの店ではあるがこちらは、さらに洋風度がUPしていて、ベーコンやクルトン等の具も違和感が無いし、チーズは温玉と並んで、味付け上の主役級の存在感。
また、キャベツはその中でさっぱり感を出すのにおおいに貢献している。
ただし、スープオフの割には麺の量は普通で、量的には物足りなかった。
とはいうものの、ラーメンの麺を使ったパスタといった感じで、以前、「翔丸@大久保」の
「トマトと玉ねぎの油そば」(H21.6.23)に関して、「見た目も味も完全にパスタの世界。(『みかづき』のイタリアンにならって)『翔丸のイタリアン』」と評したところだが、こちらも「松風のイタリアン」と呼びたい。
しかも、「翔丸」の場合には、携帯のラーメンサイトの会員限定メニューといういわばマニア向けのメニューであったのに対してこちらは一般向けメニューというのもチャレンジング。

これで、この店には3回訪問して、「松風らーめん」「MIXらーめん」、そして本日と3回とも異なるメニューを食べてみたが、いずれも個性的で、おおいに満足できた。
つけ麺等他にも気になるメニューがあるし、月替わりメニューもあるしということで、目が離せない1軒になりそう。

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

天雷軒 東日本橋店<東京>

【86】天雷軒 東日本橋店<東京>③
薫MISO深川拉麺850円 + 雑炊用卵ご飯200円
過去2回は店側のお薦めである「海老薫琥珀」を食べたのだが、今回は「薫MISO深川拉麺」の方を。
出てきたのはこちら。201004051932tenrai
具では、まず、レンゲに載せられたあさりと昆布の佃煮が目をひく。
他に、炙ったチャーシュー、結んだ青菜、刻み玉ネギ、焦がしネギ、白髪ネギ、ひき肉、糸唐辛子等。
ベースの味噌味に対して、焦がし風味(焦がしネギだけでなく、他にも焦がした「何か」が入っているもよう)や佃煮の甘みが加わり、さらに糸唐辛子の辛さや後半で投入するように進められる山椒により痺れも不かされるということで、かなり重層的な味わい。

そして、こちらが「雑炊用卵ご飯」。201004051932tenrai2
薄味ではあるが、味付けはされているので、そのまま食べてもおいしい。というかラーメンの方が濃い目の味付けなので、これぐらいの方がよい口直しになるのかも。
で、3分の1ぐらいそのまま食べた後に、ラーメンの残りスープに投入。
すると、スープの味噌味と焦がし風味、底に残っていたひき肉等と卵がよくマッチして実においしい雑炊に。
というわけで、ラーメン単品だと「海老薫琥珀」に軍配が上がりそうだが、雑炊とセットで考えると「薫MISO深川拉麺」の方も遜色ない。
あとは、ラーメン単品で100円ぐらい高めで、雑炊も加えると1000円を超えてしまう価格だけが若干のネックか。

都営新宿線東日本橋駅B3出口2分
第3日休 11:30-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

ジャンクガレッジ<埼玉>

【85】ジャンクガレッジ<埼玉>③
特製まぜそば 950円

1年半ぶりに訪問。
21時前の到着で、8名待ち。
極太麺なので茹で時間がかかるし、まぜそばは手間もかかるし、さらにボリュームが多いので食べるのにも時間がかかるしということで、食べ始めるまでに約20分の待ち。
ただし、これでもタイミングがよかったようで、後から続々とグループ客が車で乗り付けて、10分後には20名以上の待ちに。
前回(H20.8.10)は「ラーメン」を試してみたが、やはり、この店ならではなのは「まぜそば」ということで、「特製まぜそば」を。
無料トッピングは、にんにく・課長(化学調味料)・チーズ増しでお願いした。
出てきたのはこちら。201004042115junkg
「肉」、卵黄、ベビースターラーメン、もやし、キャベツ、辛味噌、唐辛子マヨネーズ、フライドガーリック、花鰹等のトッピングの構成は、前々回訪問時(H20.7.6)に「特製まぜそば」を食べた際と基本的に同様だったものと思われる。
平打ち気味の極太麺は、噛み応えがあって、多様なトッピングの濃い味に負けていない。
前回同じものを食べた時よりもおいしくなっていたように感じたのは、チーズが加わった効果か?苦手な辛味をよけたり、味が濃くなりすぎるマヨネーズは徐々にまぜたりと十分なりに工夫して食べたためか?
越谷レイクタウンにも支店ができたようなのだが、肝心の「まぜそば」は提供していないようなので、やはりこの目一杯ジャンクな一品を食べたくなったら、電車の本数が少ない東大宮駅から徒歩10分弱という立地を乗り越えて、行列覚悟で訪問することになりそう。

東北本線東大宮駅西口徒歩9分
埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-47-4
未定 11:30-15:00 18:00-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>

【84】風の味 らーめん GOIN GOIN<新潟>(51)
中田ブラック 770円 + 味玉 100円→クーポン


私はいつもどおり「中田ブラック」に携帯クーポンで味玉トッピング。
201004031123goin あと、こちらは娘2人で食べた「風のつけ麺 特盛」830円。201004031123goin2
サービス期間中で、本来の大盛の価格で提供してもらえた。
麺は2.5玉とのことだったが、2人であっさり完食。

新潟市南区大通南5-1139-1
水休 11:00-15:00 17:00-22:00(土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ラーメンパブ コヤマ<埼玉>

【83】ラーメンパブ コヤマ<埼玉>①
味噌チャーシュー820円 + 半ライス100円→クーポンサービス

まず「もといし@三越前」で「やきじろう」(H21.9.2)をと思って訪問したのだが、18時頃で既に外待ち2名。夜は居酒屋営業なので、待ち時間が長くなるおそれありということで、神田方面に移動。
開店したばかりの「野郎ラーメン」(「大ふく屋」の「二郎」インスパイアメニュー(H22.1.15)からの“スピンオフ”店)の前を通りかかったのだが、ここも満席のようなので、PASS。
さらに、その先の路地に入って「そら」に行ってみたのだが、営業している曜日・時間帯のはずが、臨休?or開店遅れ?のため営業しておらず。。。
というわけで、この界隈で食べるのを断念して、単身赴任元の新潟に向かう新幹線の時間待ちの間に、大宮で食べることに。

選んだのが、「ラーメンパブ コヤマ」。
「パブ」というネーミングの時点で、予備知識が無ければ絶対に入らないところなのだが、ラーメン本にクーポン付きで紹介されていたし、携帯のラーメンサイトでの評判もそこそこだし、駅から近いしということで行ってみることに。
味噌系の評判がよいようなので、「味噌チャーシュー」をオーダー。
出てきたのはこちら。201004021959koyama
店構えや年配の店員さんから想像されるとおりの昔ながらのスープに太麺。
具は、デフォルトだと炒めたもやし、玉ネギ、ひき肉とメンマだけとやや寂しい感
じのようだが、620円ならそんなものかも。
プラス200円の「味噌チャーシュー」だとそれに大きくて厚いチャーシューが3枚載って、食べ応え十分。
目新しさは無いし、特長らしい特長も無いように思うのだが、駅から近いので、また新幹線の待ち時間に立ち寄る可能性はあり。

京浜東北線大宮駅東口1分
木休(祝日の場合水休) 11:30-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »