« ラーメン道 Due Italian <東京> | トップページ | 名前のないラーメン屋 <埼玉> »

2010年5月25日 (火)

野郎ラーメン 神田本店 <東京>

【127】野郎ラーメン 神田本店 <東京> ①
汁無し豚野郎880円 + チーズ100円

「せたが屋」グループの「大ふく屋」の上野店等で提供されて好評を博している二郎インスパイアの「野郎ラーメン」(H22.1.15)。
その「野郎ラーメン」を店名及び看板メニューにして誕生した いわば「大ふく屋」のスピンオフ店。
・・・なのだが、関連HPによると、「大ふく屋」及び「野郎ラーメン」の一部FC店が、本部の指示に従わないという理由で、グループから除名されたようで。。。
この店の場合はその後も「野郎ラーメン」のままなので、除名対象ではなかったものと思われるが、このゴタゴタはややマイナスイメージ。

それはさておき、食べたのは「汁無し豚野郎」。
要するに、豚肉増しのあえそば。
無料の追加トッピング等はニンニク・脂・化調・かえし・カレースパイス増しとあるが、今回はニンニク増しで。ちなみに、これらの追加については、ニンニクのみ増すかどうか聞いてくれるが他は店外の食券による対応なので要注意。
あと、卓上の注釈につられてチーズ100円も追加トッピング。
で、出てきたのはこちら。」。201005251942yarou
載っている野菜はもやし&キャベツとニラが少々で、炒めてある。「豚」は角切りのものとチャーシューの形状のものが。他に刻みのり、卵黄、そしてチーズ。
まずは野菜の味付けのために卓上のパンチ汁を使用して、野菜をある程度消化。
その後、極太麺を掘り出して食べたが、なかなかの歯応え。
途中で卵黄をからめたら多少まろやかになった気もするが、それほど目立った効果はあらわれず。
あと、チーズは最初はほどよく溶けてよかったのだが、量が多すぎて後半持て余し気味に。
それから、「豚」も量が多かったがこちらは脂身の部分が少なくて食べやすかった。このあたりは「本家」(といってもこちらの方が除名されたようだが)の「大ふく屋 上野店」では脂身だらけで苦戦したのとは好対照。
総じて満足できる内容だったし、立地や営業時間的にも利用しやすいので、再訪可能性大。

銀座線神田駅1番出口5分
日祝休 11:00-15:00 17:30-23:00(スープ切れ終了)

|

« ラーメン道 Due Italian <東京> | トップページ | 名前のないラーメン屋 <埼玉> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/35705411

この記事へのトラックバック一覧です: 野郎ラーメン 神田本店 <東京>:

« ラーメン道 Due Italian <東京> | トップページ | 名前のないラーメン屋 <埼玉> »