« 麺喰 焼龍(しゃんろん)<新潟> | トップページ | ぶらり<東京> »

2010年6月 6日 (日)

極麺 克味<新潟>

【136】極麺 克味<新潟>①
とんこつ野菜ラーメン630円 + トロ煮牛筋丼200円

新潟発で東京でも次々に系列店をOPENさせている「なおじ」グループ。
中でも「麺匠 克味@曙橋」(H21.6.15等)は、「超濃厚NEO豚骨」等特に個性的なメニューを提供している店。
その「克味」が新潟に「逆上陸」してきたのがこの店。
「フレスポ赤道」というスーパーやドラッグストア、スポーツジム、飲食店等の集った施設内にあり、「克味」の隣りも「笑美寿亭」というラーメン屋。
そんな中で「克味」は早くも人気を集めているようで、11時過ぎの入店で2/3ぐらいの入り。その後、店を出る頃には10名近い行列に。
メニュー構成は、東京の「克味」とはかなり異なっていて、よりオーソドックスな構成となっているのは、家族連れが多い客層からみて適切。
その中で私が食べたのは「とんこつ野菜ラーメン」。
出てきたのはこちら。201006061123katsumi
パッと見はライトな「二郎」(「なおじ」の系列なので「なおじろう」と言うべきか(系列店で出している「なおじろう」についてはH19.5.15等参照))。
野菜の量や脂の量も控えめだし、これらの無料での増量(「増し」)も不可のもようだが、その分?価格も「なおじろう」よりも控えめ。
ただし、麺は大盛も同料金とのことだったので、大盛に。
もっとも、スープを啜ってみると、決してライトとはいえないし、結構ニンニクも効いている。
また、麺も同系列の「もぐら@四谷三丁目(H22.5.6)」を思わせるような角張った極太麺で、噛み応え十分。
具は、キャベツ&もやしの野菜と「豚」ではないチャーシュー。
前述したように野菜の量はそれほどではなかったが、麺のボリューム&噛み応えによりそれなりに満腹した。これで630円ならコストパフォーマンス的に◎。

あと、こちらは「トロ煮牛筋丼」。201006061123katsumi2
柔らかく煮込まれた牛筋肉と斜め切りのネギがたっぷり載っていて、辛味噌も(私は辛いのは好きではないので、半分くらいしか使わなかったが)。
これで200円ということで、こちらもコストパフォーマンス抜群。

それから、こちらは次女が食べた「半チャーハン」189円。201006061123katsumi3
同系列の「シェ(H21.11.14)」のものよりもボリュームがあったし、単品でもオーダーできるのも○。
以上のように、今日オーダーしたものに関しては味・量・価格いずれの面でも満足できたし、他にも「炎のラーメン」という気になるメニューも。これは、焦がしネギ醤油ラーメンなのだが、調理時に炎を立ち上らせるパフォーマンスが圧巻。
しかも、今日は「なおじ」グループの総帥・佐藤氏が、トレードマークの帽子をかぶって、自ら実施していた。
それにしても、東京・新潟を股にかけて10店舗以上?を立ち上げながら、自ら陣頭指揮も執るこのバイタリティーは凄い!。

そして、会計時には「本日は大変お待たせしました」の一言も。確かに混んでいたので、出てくるまでに15分くらいかかったのだが、このあたりの心配りある接客も見事。

新潟市東区上王瀬2-55 フレスポ赤道
無休 11:00-26:00

|

« 麺喰 焼龍(しゃんろん)<新潟> | トップページ | ぶらり<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/35877654

この記事へのトラックバック一覧です: 極麺 克味<新潟>:

« 麺喰 焼龍(しゃんろん)<新潟> | トップページ | ぶらり<東京> »