« 豚麺研究所 香<東京> | トップページ | 麺屋 空 新潟駅前店<新潟> »

2010年6月18日 (金)

小麦と肉 桃の木<東京>

【145】小麦と肉 桃の木<東京>③
つけ麺ブルガリア 1000円

前回訪問時(H22.3.6)に気になっていた「つけ麺ブルガリア」目当てで訪問。
13時前の訪問でほぼ満席。
15食限定の「つけ麺ブルガリア」もまだあったが、私の前後にも何食か出ていたので、それほど遅くまでは残っていないものとみた。
で、出てきたのはこちら。201006181256momonoki
つけダレはもちろん、麺にもヨーグルトを練りこみ、具の豚肉もヨーグルトで煮込んでいるとのことだが、やはり1番ヨーグルトを活かしているように思われたのがつけダレ。
甘さ控えめでマイルドな酸味があるブルガリアヨーグルトの特徴は、そのまま私がつけダレに求める方向性と合致しており、想像以上においしかった。
また、麺に関してはあまりヨーグルトの風味は感じなかったが、非常にツルツル・ツヤツヤした麺だった。
具は、大ぶりの海老と豚の塊肉、丸ニンニク、青ネギ等。
海老もおいしかったが、ヨーグルトで煮込んだ豚肉は、やはりつけダレとなじんでいるうえに非常に柔らかく、ボリュームもあって、かなり満足できた。
それから、丸ニンニクはやや以外だったが、この存在によって、つけダレの味が引き締まっていたのかもしれない。
つけ麺×ヨーグルトというキワモノになりかねない組み合わせをさすが「せたが屋」グループという感じでおいしくまとめた一品だった。

ちなみに、普通のつけ麺の場合には、スープ割りではなくそば湯割りができて、店員さんもその旨言い添えるのだが、「つけ麺ブルガリア」の場合には、不可or不適のようで、そば湯割り可のコメント無しだった。確かに合いそうにないが。

丸の内線新宿御苑前駅2番出口3分
日、第1・3月休 11:00-(120食売り切れまで)
公式HP: http://www.setaga-ya.com/index2.html

|

« 豚麺研究所 香<東京> | トップページ | 麺屋 空 新潟駅前店<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/35966982

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦と肉 桃の木<東京>:

« 豚麺研究所 香<東京> | トップページ | 麺屋 空 新潟駅前店<新潟> »