« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

秋葉らーめん 松風<東京>

【206】秋葉らーめん 松風<東京>⑦
MIXつけ麺 中 760円 + リゾット風200円

前回訪問時(H22.8.4)に気になっていた「リゾット風」(リゾットセット)目当てで訪問。
その時の見立てで、最も相性がよいと思われる「MIXつけ麺」を。201008311955matsukaze

前回これを食べた時(H22.7.7)と同様に、しょっぱさが鼻についてきたところでレモンを搾る。

そして、麺を食べ終えたところからが本日のお楽しみ。
「リゾット風」は、丼に入ったライスとレンゲに盛られたケチャップと粉チーズで構成されている。201008311955matsukaze2

通常(特にラーメンの場合)は、ラーメンを食べ終えた後に雑炊風にして食べる際には、ライスがスープの底に沈んで残ってしまうのを回避するために、ライスをレンゲに入れて、適量のスープをすくって食べることが多いのだが、ここの場合には、つけダレの残量とライスの量のかね合いと粉チーズ・ケチャップを混ぜ込む都合から、ライスをつけダレに投入。
ケチャップ等は皿に盛られて出てくると、どうしても皿に残ってしまうが、レンゲに載っていると、そのレンゲで混ぜることによってムダ無く全量を混ぜ込むことができる。
そのようにして完成したリゾットは、つけダレと粉チーズ・ケチャップがベストマッチで、絶品!の一言。
しかも、つけダレの底に沈んでいたコーンが、ちょうどよい具に。

というわけで、これまで毎回異なるメニューで楽しんできたこの店だが、この「MIXつけ麺」+「リゾット風」という組み合わせは、かなり強力な柱となりそう。

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

大山(たいざん)神田店<東京>

【205】大山(たいざん)神田店<東京>⑦
エビースターつけ大麺 850円

夕食抜きで仕事していて空腹がつのっていたので、通勤系路上にあって、満腹度が高そうな一杯を求めてこの店に。
食べたのは「エビースターつけ大麺」で、これをひやもり、ニンニク入りで。201008302203taizan

「大麺(たいめん)」は、ゴワゴワの食感の極太麺で、前回(H22.8.5)食べたツルツルモチモチの「らうどん」とは、同じ極太麺でも好対照な食感。
たっぷりのもやし&キャベツが載っているあたりは二郎ライクだが、つけダレはエビの風味豊かで二郎系とは一線を画する。
具は、さらに味玉も入っていて、これで850円なら十分満足できる。
食べ進んでいくうちに、つけダレの底に桜海老の砕片や刻みニンニクが大量に沈んでいることに気づいたので、よくかき混ぜながら食べた方がよかったのかも。
「大麺」の噛み応えと大量の野菜でかなり満腹しつつ、10分以上かけてどうにか完食。

前回の「神デラ」、今回の「エビースターつけ大麺」ともに気に入ったし、さらに「カレーらうどん」等も気になるので、再訪して、どれを食べるか迷うことになりそう。

ちなみに、22時半までの営業だと思って21時45分頃入店して、茹で時間15分(つけ麺の場合)の「つけ大麺」にしたのだが、営業時間が22時までに変更されていた。。。
でも、快く対応してくれたうえに、食べ終わった頃合にスープ割りまで薦めてくれた。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10
日休 11:00-15:00 17:00-22:00 土祝11:00-20:00
公式HP  http://www.r-taizan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

羽屋(はねや)<新潟>

【204】羽屋(はねや)<新潟> ①
てつ二郎らーめん 750円

湯沢に遊びに行く途中に寄り道して訪問。
「てつや」を訪ねたつもりだったのだが、「諸般の事情により」開店から1年も経たずに店名変更を余儀なくされたようで、「羽屋」になっていた。
でも、基本的に変わったのは店名のみで、メニュー構成等は変更は無いようだった。
私が食べたのは「てつ二郎らーめん」。
その名のとおり二郎インスパイア系で、なおかつ「てつや」を引きずっている。
出てきたのはこちら!201008281200haneya

この系統では定番のキャベツ・もやしに加えて、厚くて大きい炙りチャーシュー・角煮、さらに刻み&ローストガーリック等具だけで400gというボリュームにまずは圧倒される。
さらに、平打ち気味の縮れ麺も220gある。
スープはかなりクリアで醤油が前面に出ている。
環七沿い@東京にあって、背脂チャッチャで一世を風靡した「土佐っこ」の系譜を汲む「土佐屋@魚沼市」出身だけあって背脂入りなのだが、背脂の多くはスープに溶け込んで、油の層になっていた。

感想。野菜だけでなく肉も大ボリュームだったので、かなりの満腹度だった。それでも、肉は脂身ほどほどの上質のものだったし、スープも、油の層は少々堪えたものの、シンプルなのが幸いして、大量の具を食べやすくするのに貢献したりということで、コストパフォーマンスも含めてかなり満足度の高い一杯だった。

あと、こちらは長女が食べた「つけめん」700円。
201008281200haneya2
つけダレは濁りがあって、煮干しも効いている濃厚なものだった。
味玉付きのつけ麺が700円というのはコストパフォーマンス的にも上々。
ただ、スープ割りの割りスープも、白濁した濃厚なスープだったので、あまり薄まらなかったが。

それから、こちらは次女が食べた「お子様つけめん」500円。
201008281200haneya3
つけダレは「つけめん」よりもあっさりで、コーンが入る等具の構成も異なっていて、500円でも手抜きの無い一杯だった。

というわけで、いずれのメニューも満足できる水準に達していて、店を出る頃には7,8名の行列ができていた人気ぶりも頷けた。

南魚沼市六日町2344-1
月休 11:00-15:00 17:00-20:00(スープ切れ終了)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

焙煎汐蕎麦処 金字塔

【203】焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>③
特選つけそば1000円 + 餃子390円→サービス

3回目の訪問。
「特選しおそば」(H22.7.6)、「クリームしおそば」(H22.7.21)ときて今回は初めてつけそばを。201008271842kinjitou

具が多様な「特選」の方にしたところ、トレー一つでは収まり切らないほど色々出てきた。
まず麺は2段重ねになっていて、細麺と博多麺の2種。どちらも細麺なのだが、硬めと柔らかめの相異がある。さらに上段の方にはとろろが載っている(私は嫌いなのだが)。
つけダレは透明度の高いあっさりした塩ダレ。
ちなみに「熟成つけそば」だとクリーミーになるそうなのだが、細麺との相性や好みからすると私の口に合うのはこちらだと思われる。
具は、炙りベーコン、鶏つくね、メンマ、青菜、糸唐辛子。薬味として白ネギ、白わさび(西洋わさび)と香味油としてコーヒー油。
201008271842kinjitou2

具はこれだけに留まらず、こちらの写真にあるとおり、さらに別皿で黄金の味玉(カレー風味)、とろチャーシュー、貝柱を載せたおこげ。
さらにさらに、卓上には、揚げニンニク、パン粉(前回食べた「クリームしおそば」に合いそう)、桜海老も。
とにかく種類が豊富でボリュームもあるので、通常ペースで麺の合い間に具を食べるだけでは、とうてい具を消化しきれないぐらい。
なので、食べ終わる頃には、コース料理を食べた時のような満足感を得ることができた。
最後も一工夫があって、スープ割りではなく、玄米茶割りで、これがまたここのつけダレには合っていた。
とにかく、様々な趣向を凝らした一品で、これで1000円というのはかなり安く感じた。
あと、クーポンで無料にしてもらった餃子も、タレが2種あって、なかなかおいしかったが、こちらは本来なら390円ということで、コストパフォーマンス的には△。

というわけで、初訪問から2ヶ月間で3回訪問して毎回異なるメニューを試してすべて気に入ったという完全にお気に入りの店パターンに。

京浜東北線赤羽駅北改札東口5分
月休? 11:00-LO15:00 17:00-LO23:30?
(携帯のラーメンサイトの情報とHOT PEPPERのHPの情報が異なっているが、後者を記載)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

青龍<東京>

【202】青龍<東京>①
醤油ラーメン 550円

軽い飲み会後に、21時半頃訪問。
基本メニューの醤油ラーメンを。
出てきたのはこちら。201008262131seiryuu

あっさりし醤油味のスープに細縮れ麺。
スープは生姜が効いているとのネット情報もあったのだが、長岡系の生姜の効き具合をイメージしていたせいもあってか、それほどとは感じず。
具は、チャーシュー、なると、メンマ、ほうれんそう、長ネギ。
全体としてシンプルな東京醤油ラーメンという印象だった。
駅から近い好立地で今時この価格、営業時間も長くて、通勤経路上にあるということで、また今回のように軽い飲み会の後に立ち寄ることがありそう。

銀座線上野駅1番出口1分
日休 11:00-23:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

麺武 虎龍(こたつ) 神田店 <東京>

【201】麺武 虎龍(こたつ) 神田店 <東京>①
味噌(味玉)950円

先日(8/5)「大山(たいざん)」に行った際に、前を通りかかったら8月上旬OPENになっていたので訪問。
まず新宿に本店(H21.11.25)がOPENし、「鷹雅(おうが)」としてOPENした姉妹店(H22.2.17)も「虎龍(こたつ)水道橋店」になったようなので、3軒目の「虎龍(こたつ)」となる。
19時前の訪問で、ほぼ満席の盛況。
食べたのは「味噌(味玉)」。201008241902kotatsu

新宿の本店との比較でいうと、スープがかなり濃いめ&しょっぱいめで、その分特徴である生姜があまり効いていない感じに。本店と仕様が違うというよりはブレの問題なのかもしれないが。
でも、チャーシューは本店の倍以上あるちゃんとしたものだった。
というわけで、本店とは若干印象は違ったものの、やはりおいしいと思う範囲だったし、こちらの支店の方が通勤系路上にあって訪問しやすいので、再訪可能性大。
その際には、800円という高価格(この店は、私の相場感からするとどのメニューも100円ぐらいずつ高い)はネックになるものの「醤油」「塩」という選択肢もありそう。
あと、さすがに手を出す気にはなれないが、「極豚らーめん」2000円というのも気にはなる。
いずれにしても、「大山(たいざん)」「そら」「磯野」等お気に入りの店が多い神田にまた有力な1軒が加わったわけで、私にとってはかなりの激戦区になってきた。

銀座線神田駅1番出口6分
日休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

閃(せん)<埼玉>

【200】閃(せん)<埼玉>①
らーめん 680円

「波華」という店の後に入った店。
北浦和駅西口から行くと、ラーメントライアウトで優勝して立川ラーメンスクウェアに「ご栄転」した「えんや」の手前にある。
食べたのは「らーめん」。201008221141sen

鶏と野菜でとったというスープは、鶏白湯なのだが、唇にまとわりつくほどではなく、飲みやすいのは野菜の効果か?
麺は平打ち麺。
具は、鶏チャーシューとメンマ、青ネギ、糸唐辛子。
チャーシューも小さめだし、具のボリューム的にやや物足りなさも感じたが、価格を考えれば、こんなものか。
後半やや単調に感じてきたところで、唐辛子・ニンニク・生姜・玉ネギを混ぜ込んだという特製薬味(いわゆる辛味噌)を投入。
個人的には、混ぜ込んだものではなく、個別に置いてあって、好みでカスタマイズできればもっとよかったのだが。
あと、極めて覇気が無い接客もちょっと気になった。暑さのせいなのかもしれないが。
でも、茹で時間6分半ということで「らーめん」とは異なる麺を使用していると思われる「つけ麺」やブロックチャーシュー、砕いたゆで卵、マヨたれ入りの「親子めし」等気になるメニューもあったので、再訪可能性あり。

ちなみに、この後、東十条に移動して、「燦燦斗(さんさんと)」(H20.11.10)に向かったのだが、12:20の時点で十数名、13:50の時点でも十名近い行列だったため、断念。

京浜東北線北浦和駅西口4分
木休(祝日の場合翌日) 11:30-15:00 18:00-21:30(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

創新麺庵 生粋<東京>

【199】創新麺庵 生粋<東京>⑫
上生粋正油 950円

「一本気」の後、椎名町の馬ダシラーメンの店「ホース麺’S」に向かう。
炎暑の中、椎名町駅から9分かけて歩いたのに・・・8/21,22,28,29と臨休(T_T)/~~~
基本的な営業時間は土日月の昼から夕方のみ(スープがあれば水木金も営業)という、ただでさえハードルが高い店なのに。。。

そこで、池袋に引き返して訪れたのが「生粋」。
5年ほど前の記録では、夏場は「夏や」と名前を変えて、夏メニュー専門で営業していたのだが、今は夏メニューも多数あるものの、レギュラーメニューもあって、「生粋」として営業していた。
食べたのは、具沢山の「上生粋正油」。
出てきたのはこちら。201008211400kissui

思い切り割れている味玉という完全な失敗作を平気で出してくるのは印象が悪い。
割れている側を下にして出さないだけ正直なのかもしれないが。。。
スープは、前回訪問時(H20.9.19)にも書いたが、数年前と比べて弱まったように思われるものの、やはり秋刀魚の香り・風味が強い。
具では、生玉ネギが、別皿なのでへたれないこともあって、効果的。
卓上のスライスガーリック・一味でアクセントをつけつつ完食。

水道橋の支店(「四日坊主」)は閉店してしまったようだが、相変わらず個性を感じさせる一杯で、たまには池袋まで足を運ばなければと思った。

山手線池袋駅西口5分(地下鉄C1出口2分)
東京都豊島区池袋2-12-1
水休 11:30-15:00 18:00-22:30(日祝-21:00、スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一本気<埼玉>

【198】一本気<埼玉> ④
比内鶏つみれそば(塩)880円 + 味付け玉子120円

開店8分前の到着で前5人待ち。開店が5分ほど遅れたこともあって、食べ始めるまでに40分近い待ち。
「比内鶏つみれそば」は決まりだったのだが、醤油にするかor塩にするか迷った末に、前回(H21.1.24)醤油だったので、今回は塩で。201008211157_1pongi

つみれがおいしいのはもちろんなのだが、スープもほどよい油加減とつみれの塩分込みでほどよいしょっぱさで◎。
つみれ→麺→スープのローテーションで、バランスよく食べ進んで、麺・具・スープほぼ同時に完食。
醤油用と塩用で作り分けている味付け玉子も完璧だった。
最近では、蓮根にあるこの店出身の某店の方が人気を博しているようだが、私の好みではやはりこちらの方が上。
次回も塩でも満足できるのは確実なのだが、別皿の柚子による味変化も楽しめる醤油も捨てがたい。

最後に一点だけ不満だったのが、開店遅れ時の対応。
暑い中、余分に待たせたのに「お待たせしました」も無しで、しかも、お客さんを中に入れるのよりも暖簾をかけるのを優先するのはいかがなものか?

東武東上線みずほ台駅西口8分
埼玉県富士見市西みずほ台3-11-10
水休 11:30- 18:00-(スープ切れまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

紅蓮(ぐれん)<東京>

【197】紅蓮(ぐれん)<東京>③
~鶏と柑橘~ 零下20℃ 900円

携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー「~鶏と柑橘~ 零下20℃」目当てで訪問。201008201848guren

要は冷たいつけ麺なのだが、その冷たさが半端ではない。
鶏ベースのスープを凍らせて、それをフローズンドリンク用の機械で液状にしたのがつけダレ。
麺をつけダレに浸けっ放しにしておくと凍ってしまうのでご注意を(昔あったフリズドライタイプのカップ麺の麺のようになるのだろうか?)と言われたのだが、少々浸けておいて、凍る一歩手前ぐらいの硬さで食べるのもまたおいしい。
そういう食べ方も想定して、他のメニューで使用している極太麺よりはかなり細い麺を使用しているのではないかとも勘ぐりたくなる。
さらに、そのフローズンつけダレを補強しているのが、はちみつのジュレとピンクグレープフルーツ。これによって甘みと酸味がプラスされて、おおいにパワーUPしている。
具は、蒸し鶏と水菜。
途中ですだちを搾ってさらに味をすっきりさせて、おいしく完食。
そして、これだけで終わらないのが、この店のサービス精神の旺盛なところで、細かく粒状に切った麺をタピオカに見立てたデザートが付く。201008201848guren2

ライム・柑橘系の味なのだが、写真右上の「粉」を入れて混ぜ合わせると、ジュワーッと炭酸が湧いてくる趣向。
感想。これまでにも斬新とか新食感という表現を用いたことはあるが、それはあくまでも、イタリアンの要素を取り入れたりしていて、「ラーメンとしては」斬新、新食感というレベルだった。
それに対して、今回の一品は、「料理として」斬新、新食感といえるのではないだろうか?(ラーメン以外の料理には疎いので断言はできないが。)
この酷暑の中、食べるほどに身体が冷えていく一品だったので、帰りは暑さをものともせずに、江戸川橋駅まで歩いてしまった(ホントは都電早稲田駅まで歩くはずが、道に迷ってたどり着いただけです^^;)

東西線早稲田駅3A出口4分
東京都新宿区早稲田鶴巻町517
日第1月休 11:00-21:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>

【196】末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>①
中華そば並セット 980円

高田馬場駅で降りて、「太麺堂」(H22.7.22)に向かっていたのだが、ふと、通りの向かい側にある「末廣ラーメン本舗」が気になり、覗いてみることに。
なぜ気になったのかというと、前回訪問時(H21.9.30)は「やきめし」が売り切れで食べ損なったからで、今日はまだ「やきめし」があったら食べてみようと思った次第。
で、食券販売機を確認すると、「やきめし」はまだあるようだったので、入店することに。
食べたのは、中華そば(並)とやきめし1/2がセットになった「中華そば並セット」。セットとはいっても、価格は中華そば(並)680円+やきめし1/2 300円=980円で、特にお得ではないのだが。
出てきたのはこちら。201008181920suehiro

「やきめし」は、さすが「新福菜館@京都」(H19.1.27)系の店と思わせるぐらい真っ黒なのだが、「中華そば」のスープに関しては、前回のものと比べても、「新福菜館」のものと比べても、黒さは薄れていて、もはや茶色といった方がよさそうな色合い。
チャーシューも以前は薄切り肉×たくさん(「新福菜館」も同様)だったのが、よりしっかりした厚みのあるチャーシューらしいチャーシュー×3枚に。
より一般受けするようにモデルチェンジしたのかとも思ったのだが、これもブレの範囲内なのだろうか?
スープ、チャーシューともにこれはこれでおいしかったのだが、やはり途中で物足りなさを感じて、途中で卓上の黒胡椒を投入。
本来の「新福菜館」系では通常ありえない対応なのだが。
一方、「やきめし」の方は、期待どおりの黒さ・しょっぱさで満足できた。
私としては、この店にはやはり「黒さ」を求めたいだけに、今回の茶濁の「中華そば」はビミョーだったので、今後は「やきめし」が売り切れていないことが、ますます訪問の条件になりそう。

東西線高田馬場駅6番3分
無休 24H営業
公式HP  http://www.fukumaru.info/suehiro/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

めん屋 そら 曇天<東京>

【195】めん屋 そら 曇天<東京>②
とん塩らーめん 800円 + のりのっけごはん 180円

「天雷軒@東日本橋」(H21.11.12他)を訪問したのだが、19時過ぎで、特に貼り紙もなく閉店。ネット上の情報で、月曜定休になったことは知っていたのだが、今日は火曜日。神谷町の方に支店を出したようだが、何かそれと関連があるのだろうか?

そこで、同じ東日本橋駅が最寄の「そら 曇天」に。
つけ麺目当てで行ったのだが、夜20食限定の「とん塩らーめん」が登場していて、まだあるとのことだったので、そちらに。
大盛も同料金だったので、大盛で。
出てきたのはこちら。201008171929donten

スープの見た目は真っ白で、白濁豚骨を思わせるが、啜ってみると、実にマイルドで、干し貝柱・干し海老でとったというダシもしっかり効いている。
麺は太麺だったが、このスープだと細麺の方が合いそうな。
具は、角煮、キャベツ、メンマ、なると、白ネギ等。
中でも角煮とキャベツはスープに合っていた。
卓上には以前からあった魚粉や柚子胡椒に加えてミル入りの粗挽きソルトも。
これが塩系のこのラーメンとは相性がよいようだった。

というわけで、つけ麺狙いで訪問したこの店で思わぬ収穫といえる一杯だった。

都営浅草線東日本橋駅B2出口1分
日祝休 11:30-15:00 17:30-22:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京>

【194】牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京>①
香味徳ラーメン700円→500円 + チャーシューごはん300円

7月にOPENした鳥取発の牛骨ラーメンの店。
8/23までOPENセールで、500円で食べられると知り、訪問。
1番近いのは有楽町線の銀座一丁目駅のようだが、他の複数の駅からも近く、私は銀座線を使って訪問(銀座駅A13出口から5分、京橋駅2番出口から4分)。
食べたのは看板メニューの「香味徳ラーメン」。201008161908kamitoku

他に「醤油ラーメン」もあるのだが、「香味徳」の方も醤油味。
ただし、牛骨の清湯スープに、薄口醤油を使っているので、見た目は塩っぽい。
デフォルトで粗引き黒胡椒がかかっているうえに、繊細な舌をしているわけではないので、牛骨ならではの味わいを感じることはできなかったが、油加減も程よく、あっさりながらも旨み十分なスープだった。
ただ、デフォルトで胡椒入りというのは、どうなのだろうか?個人的には、卓上調味料積極使用派なので、まずは無しでも飲んでみたかったのだが。
麺は中細麺で、硬めの茹で加減が○。
具は、チャーシュー、味玉半分、メンマ、水菜、白ネギ。
銀座で、半分とはいえ味玉入りなら、本来価格の700円でも納得できるところ。
後半は卓上の「香味徳ラーメンの素」(ラーメンのタレ)を入れたら、味が濃くなって、より引き締まった。
目立った特長があるわけではないが、じんわりとおいしい一杯だったし、柚子味にもできる(地味に書いてあるだけなので、指定するタイミングを逸っしそうだが)とのことなので、そちらも試してみたい。
また、公式HPによると、期間限定で「ゆず塩ラーメン」というもの提供するようだし、5の付く日は引き続きワンコイン(500円)で食べられるとのこと。
なお、チャーシューごはん(※写真撮影忘れました)は、タレはおいしかったのだが、ボリュームがそれほどでもないので、コストパフォーマンス面でやや疑問符。

銀座線京橋駅2番出口4分
未定? 11:00-22:30LO
公式HP http://xn--btrs5xo20c.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

豚骨 豚野郎<埼玉>

【193】豚骨 豚野郎<埼玉>①
辛味噌チーズ豚骨つけ麺900円 + 煮玉子100円→サービス

私は結構気に入っていた「鶏麺 ばば」(その割りに2回しか行かなかったのは、定休日をコロコロ変えていたので、何度かフラれたこともあるため)だが、閉店してしまったようで、その後に入ったのがこの店。
今年の4月ということで、既に「大ふく屋」「野郎ラーメン」の「豚野郎」も世に出た後のOPENなのだが、これらの店・メニューとは無関係に、豚骨好きからきた店名のようだ。
従って、当然のことながら「豚骨らーめん」がグランドメニューのようだが、またしても暑さに負けてつけ麺に目が行く。「魚介つけ麺」というトレンドっぽいつけ麺もあったが、「辛味噌チーズ豚骨つけ麺」の「チーズ」の部分に惹かれてそちらに。201008151253butayarou

麺とつけダレ、そして溶かしたチーズがそれぞれ別容器で出てきて、まずは麺をチーズに浸けて食べてみるように勧められる。
その麺は、全粒粉らしい粒々入りの太麺で、店側の説明によると、保温のために出汁スープに浸っている。これをチーズに浸けて食べると確かにおいしい。
そして、つけダレの方は、結構辛め。
「辛味噌」とついた場合、辛い味噌が載っていて、辛さを加減できるパターンと最初から全体的に辛い「辛い味噌味」のパターンとがあるが、この店の場合は後者。
具は、少量の刻みチャーシューと携帯クーポンによりサービスの味玉、青ネギ、白ネギ等。
チーズは、つけダレに入れてしまおうかとも思ったのだが、結局、麺を一旦チーズに浸けてから、さらにつけダレに浸けて食べることに。
そうしたら、辛さが程よく中和されてマイルドになったし、時々は最初のようにチーズに浸けただけで食べたりもできて、おいしく完食することができた。
辛いものが苦手な私にとっては、チーズが「生命線」となった一杯だった。
ちなみに、卓上にはおろしニンニクと化学調味料が置いてあった。
この店のラーメン・つけ麺はデフォルトでは無化調なのだが、「よりわかりやすい味を求めるのなら化学調味料をどうぞ。でも入れ過ぎると後味が悪くなりますよ。」みたいなことが書いてあって、私は入れるまでもなくおいしいと感じたのだが、無化調を押しつけるのではなく、このようなやり方で、無化調でも旨み十分というのを逆説的にアピールするのも面白いと思った。
さらに、追加の薬味も2種類出してくれたのだが、いずれも辛いとのことだったので、私にとっては無用。
最後に、つけダレが浸っていた出汁スープでつけダレをスープ割りしてみたのだが、これはイマイチ。素直に、カウンター上に置いてあるポットに入っている割りスープを使った方がよかったのか?
でも、全体として、予想以上においしかったし、「旨めし チャーシュータレ入り」100円や「雑炊めし」150円等のサイドメニューも気になる。
さらに、グランドメニューの「豚骨らーめん」も、白濁豚骨には太麺も意外と合うというポリシーのもとに、デフォルトが太麺、替え玉は細麺(茹で時間の関係?)ということで趣が変わるようで、興味が湧く。
よって、再訪可能性大。

京浜東北線蕨駅東口4分
埼玉県蕨市塚越2-4-1
月休 11:30-15:00(土日祝-16:00) 17:30-24:00(祝は夜休み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>

【192】麺匠 喜楽々(きらら)<埼玉>⑨
冷やし津軽 塩 中 650円

これだけ暑いと、冷たい系のメニューが恋しくなる。
でも、つけ麺(特にトレンドである濃厚魚介豚骨系)には食傷気味だし、それ以外の冷やし系ではなかなか私がおいしいと思うものにはめぐり合わない。
ということで、冷やし系でも「津軽ざる」(H21.5.31)、「味噌カレー牛乳ラーメン」(H21.8.23)等おいしいメニューを提供してくれた実績のあるこの店に。
食べたのは未食の「冷やし津軽 塩」の中盛り。
麺の茹で加減は普通で。
出てきたのはこちら。201008151136kirara

スープは氷入りでギンギンに冷えている。
冷たくて津軽となると比べたくなるのが「つし馬@浅草」の「冷やし煮干しそば」(H21.5.18)だが、煮干しギンギンだった「つし馬」に対して、こちらは煮干しの効きはそこそこで、バランス重視のタイプ。
具はチャーシュー、メンマ、豆もやし、白ネギ。
好みからするとなぜ「豆」もやしなのかは疑問だが。
全体として、あまり濃厚にしたり油を多用したりしづらいという冷やし系の制約の中ではよくできた一杯だとは思うが、やはり温かい方がおいしいのでは?という気がしないでもない。
やはり私にとって冷やし系は好き好んで食べるというよりは、暑くてどうしようもない時用のメニューなのか?

武蔵野線東川口駅南口3分
埼玉県川口市戸塚2-24-4
第3火休 11:30-25:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

蕪村<長野>

【191】蕪村<長野>①
あごそば 700円

長野駅前(とはいうもののやたらと待ち時間の長いスクランブル交差点に阻まれて3分くらいかかったが)にある人気店。
メニュー構成としては、店名を冠した「蕪村そば」が鶏白湯+鰹等の魚介系のスープでこれがメインか。他に鶏白湯の「塩」、味噌+しじみの「しじみそば」、あっさり系の節そばの「あごそば」とあった中で、選んだのは「あごそば」。
長野も酷暑だったので、あっさりという言葉に惹かれたようだ。
出てきたのはこちら。20100814buson

スープは、もっとあごダシが前面に出たあっさりしたものをイメージしていたのだが、かなり濃厚。
麺は中太麺(太麺も可)で、具はチャーシュー、海苔、メンマ、白ネギ。
白ネギは斜め切りでクタッとしてしまっていたのはちょっと残念。
スープの濃厚さに対抗するためにもう少しシャキッとした具があればというところだったのだが。
これなら麺は太麺の方がよかったかもしれない。
途中で飽きかけたところで、卓上の柚子七味(山椒七味もあったがこちらは味噌向きか?)で味を引き締めて、完食。

長野も首都圏のトレンドを取り入れた新店が続々とできてレベルが上がってきているとのことで、駅前にこれぐらいのレベルの店があるというのは頼もしいところ。

長野市大字南長野北石堂町1361
水休 11:30-14:00 18:00-スープ切れ(土日祝11:30-15:00 18:00-スープ切れ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

きび 桃太郎外伝<東京>

【190】きび 桃太郎外伝<東京>①
肉ぶっかけ さくさくラー油 880円

「品達ラーメン」内にある「支那そば きび@神田(小川町)」の支店。
実は「きび」本店には行ったことが無いし、「品達ラーメン」に来ても、ここは素通りしていたのだが、「ぶらり@日暮里」(H20.7.9他)、「松風@末広町」(H22.1.11他)といった系列店をかなり気に入ったので、1度は「きび」でも食べてみたいと思っていたところ。
とはいいながらも、食べたのは、暑すぎたこともあって、期間限定メニューの「肉ぶっかけ さくさくラー油」。
温or冷を選べたが、温かい方が無難と見て前者で。
出てきたのはこちら。201008121436kibi

太麺の上に大量の豚バラ肉が載り、あとはラー油と青ネギ、白ゴマ。
味を支配しているのはラー油だが、辛さ一辺倒ではなくて甘みもあり、さらにあられも辛さを中和してくれる。
十分な量の豚バラ肉をおかずに、このラー油をからめた麺を食べる感じで、あられの存在によりその名のとおりさくさくした食感も楽しみながら、あっという間に完食。
おおいに満足できる一杯だった。
今回は温かい方にしたが、これなら冷たい方もおいしいかもしれない。
あと、系列店の「松風」でも「肉ぶっかけ」を提供していた(H22.8.4 この時は売り切れ)ので、そちらも食べてみたい。

というわけで、「きび」グループに対する私の評価はさらに上がったので、そろそろ本店orこちらの支店でレギュラーメニューも食べてみなければ。

山手線品川駅高輪口2分「品達ラーメン」内
無休 11:00-23:00
公式HP  http://www.kibikibi.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

てんくう<東京>

【189】てんくう<東京> ⑥
塩わんたん麺味玉入り860円

子どもたちと合羽橋の道具屋街見学後に訪問。
いつも稲荷町駅側から行っていたので気づかなかったが、道具屋街とは目と鼻の先であることが判明。
14時過ぎの訪問でも半分程度の入りだった。
私が食べたのはいつもどおり「塩わんたん麺味玉入り」。201008111410tenkuu

長女が食べたのは「つけ麺(醤油)太麺」730円で、次女も少し食べたいと言ったので、プラス50円の大盛で。201008111410tenkuu2

つけダレは今のトレンドである濃厚系ではなくあっさりめで、麺は平打ち太麺。
なかなかおいしかったようだ。

あとこちらは次女が食べた「チャーシューごはん」350円。201008111410tenkuu3

この価格は、サイドメニューとしてはギリギリの線だとは思うが、チャーシューもボリュームがあって、内容的には充実している。

銀座線稲荷町駅3番出口3分
東京都台東区松が谷1-3-15
日祝第2火休 11:30-15:00 17:30-21:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

麺屋 一燈<東京>

【188】麺屋 一燈<東京>①
特製芳醇香味そば(醤油) 900円

「とみ田@松戸」(H20.1.25)をはじめとして錚々たる店が名を連ねている「麺屋こうじ」グループの新店。
ラーメン食べ歩きではなかなか出てくることがなかった新小岩が最寄駅。
20時半頃の到着で9名待ちだったが、回転は早く、食べ始めるまでに20分弱の待ち。
夜限定10食限定の「油そば」にも関心があったのだが、やはり売り切れ。
サイドメニューの中で興味があった「ガーリックポーク飯」も残念ながら売り切れ。
そこで、食べたのが「特製芳醇香味そば」。
醤油と塩が1日交代で、火曜日の本日は醤油。
出てきたのはこちら。201008102047_1tou

濃厚系と淡麗系があるうちでこちらは淡麗系なので、クリアなスープに細ストレート麺。
具は、鶏チャーシュー、低温調理のレアチャーシュー、味玉1個、海苔、メンマ、小ネギ、白髪ネギという豪華な構成。
レアチャーシューは、生肉(魚も)嫌いな私にとってはちょっと生過ぎたが。
さらに、味変化アイテムとして付いてくるのが別皿の香味油。エビとガーリックの風味があるピリ辛のものだが、全部入れても、辛いものが苦手な私でもスープを飲み干せるぐらいの程よい辛さだった。
すべての面においてハイレベルのおいしい一杯で、メニュー名が連想させるのかもしれないが、「ほん田@東十条」の「香味鶏ダシ特製ラーメン」(H20.7.7他)を思い起こしたし、そちらと比べても遜色の無い一杯だと思った。
今後の行列動向は気になるが、ぜひまた食べに来たい。

総武線新小岩駅北口2分
月休 11:00-15:00 18:00-22:00(スープ切れ終了)
公式HP  http://kiseki-dream.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

麺屋武蔵 巌虎(いわとら)<東京>

【187】麺屋武蔵 巌虎(いわとら)<東京>②
巌流島ら~麺 750円

※携帯忘れたため写真無し
2回目の訪問。
前回訪問時(H22.4.15)には二郎インスパイア系の「らー麺」と「つけ麺」、そして「アキバ辛え麺」が主要メニューだったが、OPEN数ヶ月で大きくモデルチェンジして、「アキバ辛え麺」は消えて二郎インスパイア系が「巌流島ら~麺」になり、「中華そば」は普通のラーメンになったようだ・・・という予備知識をネットで得たうえで訪問したので、お目当ての二郎インスパイア系である「ら~麺」改め「巌流島ら~麺」にありつくことができたが、なぜこのようなまぎらわしい名称変更をしたのだろうか?

で、食券を渡す時に麺・野菜・ニンニクの量を聞かれたので、麺・野菜大盛で。
出てきたものを写メろうとした時点で、携帯を忘れてきたことに気づき、さらにこういう時に限って、野菜の量に目を奪われた隣りのお客さんに写真を撮っていいか聞かれ・・・(快諾^^;)
で、食べてみると、前回食べたものとビミョーに違っているようで、
・野菜の量は増えたもののキャベツ&もやしからもやしのみに
・煮干しや玉ネギ等単なる二郎インスパイアに留まらないプラスα要素が薄れていた
さらに、
・生姜、ニンニク、海老一味等カスタマイズの自由度を上げていた卓上調味料群も縮小(辛味噌状の一味はあったが)
デフォルトのニンニクは控えめになっていただけに、ニンニクを後で追加できればありがたかったし、味の無いもやしがこんなに大量に載っているのなら、卓上に醤油ダレもほしいところだったのだが。

というわけで、二郎インスパイア系として一定の水準はキープしているものの、このレベルの店は他にも続々とできているだけに再訪は微妙。
それにしても、秋葉原のこの系列の店は、「武仁(ぶじん)」(H22.7.13)もしかりで、どうして私にとって残念な方向にマイナーチェンジしてしまうのだろうか。。。

銀座線神田駅5番出口6分
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

魂麺<千葉>

【186】魂麺<千葉>⑤
魂麺650円 + 味玉100円→クーポンサービス

2年ぶりの訪問。
「冷魂」等の冷やし系メニューや「旨辛あえそば」等もあったが、前回(H20.8.19)食べて気に入った「魂麺」を。201008082126konmen

太麺・こってり系のイメージが強いこの店にあって、細麺で鶏清油のあっさりスープの「魂麺」は異彩を放っているが、実はこちらが創業当時の味でこの店の原点だそうだ。
具のほうれんそうが水菜に代っていた点以外は前回と同様で、あっさりだが旨み十分のスープといい、細麺だが柔らかすぎず程よい湯で加減の麺といい、やはりおいしかった。
前回から50円UPしていたが、このご時世ではそれでも安い方だし、再訪時にもまた選択肢の一つになりそう。

総武線本八幡駅南口徒歩3分
千葉県市川市南八幡3-6-17-102
無休 11:30-15:00 18:00-25:00(日祝は-23:00)
   (木は別メニューで18:00-スープ切れまで営業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

しゅうまい屋<東京>

【185】しゅうまい屋<東京>⑤
黒濃つけ麺750円 + 大盛100円→クーポンサービス + 三色焼売320円

とにかく暑い真夏の昼下がりだったので、迷わずつけ麺を。201008071230syuumaiya

過去2回食べた(H21.9.4,H21.12.28)ものをイメージしていたのだが、そちらは「極上」がついていて価格も100円高いものだったようで、今回のものとの違いは、「極上」には入っていたすりおろしネギがつけダレに入っていないこと。また、はっきりとはわからなかったが、「極上」の方は「脱脂ラード」という特別なラードを使用していたのだが、今回のものは普通のラードであったものと思われる。
今回のものもそこそこおいしたっかのだが、やはりすりおろしネギがこの店のつけ麺の大きな特長だと思っていただけに、その不存在は大きかった。
ただし、まだメニューの中に「極上」もあったのに見落としただけなのかorメニューから消えてしまったのかは不明。

あと、こちらは「三色焼売」。201008071230syuumaiya2

娘も1人前(3個)食べて、満足していた。

銀座線上野駅1番出口2分
東京都台東区東上野4-3-8
日休 11:30-15:00 17:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

ごん蔵らーめん けやき通り店<新潟>

【184】ごん蔵らーめん けやき通り店<新潟>①
醤油大油 650円

新幹線の時間の都合で、2週連続金曜日の夜、新潟でラーメンを食べることに。
「茉莉蔵(まりぞう)」は先週(H22.7.30)行って、2週連続行きたいと思うほどではなかったし、「空 駅前店」(H22.6.18)は自宅とは駅の反対側なので、けやき通りの「青島食堂」の後に入った「ごん蔵」に。
この店も新潟大学の近くにあるラーメン屋の支店で、本店の方には、記録をつけてラーメンを食べるようになる以前(5年以上前)に行ったことがあるが記憶は定かではない。
食べたのは「正油大油」。201008062201gonzou

正油ラーメンの背脂たっぷりバージョンのことで、この「大油」という用語は、燕三条系でよく用いられているように思うが、この店は麺も中細麺だし、スープも煮干しは効いていないしで、燕三条系ではないようだ。
そのスープだが、「大油」ということで、確かに背脂はたっぷり浮かんでいるものの、チャッチャではなくミンチ状で、あまりスープに溶け込まないので、私としてはこの方が飲みやすかった。
具は、チャーシュー×2と味玉半分、海苔、メンマ、ほうれんそう、白ネギということで、この価格の割にはがんばっている。
全体として、際立った特長は無いものの、コストパフォーマンスも考えると十分に満足できる内容で、味噌等他のメニューも試してみたいと思った。

新潟市中央区米山2-1-15
日休 11:00-14:00 18:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

大山(たいざん)神田店<東京>

【183】大山(たいざん)神田店<東京>⑦
神デラ 980円

半年ぶりの訪問。
この店に至る通りにラーメン屋が多いなと思って数えてみたら8軒。
なにげに激戦区になっている。
そんな中で「九州じゃんがら」(H20.8.14)は閉店していて、後に「虎龍(こたつ)」(新宿の本店についてH21.11.25参照)が入って8月上旬OPEN予定とのことだった。

で、「大山(たいざん)」だが、今回食べたのは「神デラ」。
麺は「らうどん」と細麺から選べるので、もちろん「らうどん」で。
また、ニンニクを入れるかどうかも聞かれたので「入り」で。
出てきたのはこちら。201008051929taizan

以前(H20.7.3)「エビ塩スパイシー神田デラックス」として提供されていたものとほぼ同じ物のようだが、1番の違いが麺。平打ち麺からほぼうどんの「らうどん」に代って、より食べ応えのある一杯となった。
スープは以前食べた時と同様に、私にとってはややスパイシー過ぎた。
具に関しては、味玉が無くなったものの、あとは海老のかき揚げ、チャーシュー(2枚に増えた?)、水菜、海苔、メンマ(以前からあったのか不明、無くても良いように思われるが)、白髪ネギ等同様の構成。さらに加わったのが「ひき肉醤」?(味付きのひき肉)で、これがよいアクセントになっていた。
というわけで、パワーUPしたように思われる中で、価格は1100円から980円に値下げされているのだからすばらしい。

この店のメニュー構成はややわかりづらいのだが、どうやら「大麺(たいめん)」という二郎風のメニューもあるようで、これは以前「K.O.S」という携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー(H20.9.16)で使っていて気に入った超極太麺を使用しているものと推測されるので、こちらもぜひ食べてみたい。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10
日休 11:00-15:00 17:00-22:30 土祝11:00-20:00
公式HP http://www.r-taizan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

秋葉らーめん 松風<東京>

【182】秋葉らーめん 松風<東京>⑥
松風つけ麺 中 810円 + ネギ飯200円

6回目の訪問。
月代わりメニューは「高菜あえ麺」だったので、高菜が苦手な私としてはパス。
また、入口の看板にあった「肉ぶっかけ」にも興味を惹かれたのだが、売り切れ。さらに、カレー系はメニューから消えていた。
そこで、これまで未食の「松風つけ麺」を麺の量「中」で。
サイドメニューは、「ネギ飯」か新たに登場した「リゾットセット」200円かで迷ったが、「リゾットセット」はどのメニューに合うのかわからなかった(個人的推測としては「MIXらーめん」+「リゾットセット」が合いそう)ので、安全策
で「ネギ飯」に(写真省略、H22.3.10参照)。
で、「松風つけ麺」はこちら。201008041900matsukaze

まず麺がツルツルしていて、あまりつけダレがからまないのは「MIX」と同様。
つけダレは「MIX」はバターで黄色がかっているのに対してこちらは茶濁。
具はチャーシューとレタス、メンマ、うずらの卵、小ネギで、「MIX」に入っていたコーンは無し。
あとおそらく出汁ガラなのだろうが、野菜かすが混入していて、これがしょっぱさの中和剤になっていた。
とはいうものの、コーンが無い分もあってか、「MIX」よりもしょっぱいという印象が残った。

これで「松風」と「MIX」のラーメンとつけ麺を食べていずれもおいしかったのだが、ラーメンなら「松風」、つけ麺なら「MIX」が私の口には合った。
あと、先客・後客ともにゼロだったのは、袋小路の奥という立地の悪さによるのか?それとも平日の夜だからなのか?

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野>

【181】麺処 象山屋(ぞうざんや)<長野>②
濃厚冷やし胡麻つけそば 780円

前回(H22.6.26)(松代にこのレベルの店があるとは)「掘り出し物」と評した店。
またしても松代で所用があり、今度は子ども連れで再訪。
私が食べたのは、暑かったこともあって、夏季限定の「濃厚冷やし胡麻つけそば」。201008011303zouzanya

つけダレは、すり胡麻やピーナッツ、胡桃バターを用いたものとのことで、氷が入っていて、かなり冷えており、白ゴマや小ネギも浮かんでいる。
麺は300gとたっぷりの太麺。
具は、チャーシュー×3、味玉1個、水菜、メンマ。なると、刻み海苔、紅ショウガ。さらに、漬物付き。
感想。麺が多いのはよいのだが、つけダレはしゃぶしゃぶのゴマダレ?と思わせられる面もあって、後半やや飽きが。
でも、具の種類と量からすると、コストパフォーマンスは◎だし、暑い時期には向いているメニューだと思った。

あと、こちらは娘たちがシェアした「黒溜まりつけそば」780円。201008011303zouzanya2

具は、水菜や紅ショウガが無いことや刻み海苔が板海苔に代っている代っていることを除けば、「胡麻つけそば」とほぼ同じ。
つけダレは、溜まり醤油を活かした和風のもので、味見時の第一印象では○だったのだが、妙なトロみがあってゾル状なことに気づいた段階で、評価DOWN。
私の好みからすると捻り過ぎの感あり。

でも、観光地松代で、期間限定メニューも含めて、これだけ趣向を凝らしてラーメンを作っているというのは賞賛に値すると思うので、ぜひがんばってほしい。

長野市松代486-3
水休 11:30-20:00(スープ切れ終了)
公式HP  http://www4.ocn.ne.jp/~menzo-88/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »