« めん屋 そら 曇天<東京> | トップページ | 紅蓮(ぐれん)<東京> »

2010年8月18日 (水)

末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>

【196】末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>①
中華そば並セット 980円

高田馬場駅で降りて、「太麺堂」(H22.7.22)に向かっていたのだが、ふと、通りの向かい側にある「末廣ラーメン本舗」が気になり、覗いてみることに。
なぜ気になったのかというと、前回訪問時(H21.9.30)は「やきめし」が売り切れで食べ損なったからで、今日はまだ「やきめし」があったら食べてみようと思った次第。
で、食券販売機を確認すると、「やきめし」はまだあるようだったので、入店することに。
食べたのは、中華そば(並)とやきめし1/2がセットになった「中華そば並セット」。セットとはいっても、価格は中華そば(並)680円+やきめし1/2 300円=980円で、特にお得ではないのだが。
出てきたのはこちら。201008181920suehiro

「やきめし」は、さすが「新福菜館@京都」(H19.1.27)系の店と思わせるぐらい真っ黒なのだが、「中華そば」のスープに関しては、前回のものと比べても、「新福菜館」のものと比べても、黒さは薄れていて、もはや茶色といった方がよさそうな色合い。
チャーシューも以前は薄切り肉×たくさん(「新福菜館」も同様)だったのが、よりしっかりした厚みのあるチャーシューらしいチャーシュー×3枚に。
より一般受けするようにモデルチェンジしたのかとも思ったのだが、これもブレの範囲内なのだろうか?
スープ、チャーシューともにこれはこれでおいしかったのだが、やはり途中で物足りなさを感じて、途中で卓上の黒胡椒を投入。
本来の「新福菜館」系では通常ありえない対応なのだが。
一方、「やきめし」の方は、期待どおりの黒さ・しょっぱさで満足できた。
私としては、この店にはやはり「黒さ」を求めたいだけに、今回の茶濁の「中華そば」はビミョーだったので、今後は「やきめし」が売り切れていないことが、ますます訪問の条件になりそう。

東西線高田馬場駅6番3分
無休 24H営業
公式HP  http://www.fukumaru.info/suehiro/index.html

|

« めん屋 そら 曇天<東京> | トップページ | 紅蓮(ぐれん)<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/36674405

この記事へのトラックバック一覧です: 末廣ラーメン本舗 高田馬場店<東京>:

« めん屋 そら 曇天<東京> | トップページ | 紅蓮(ぐれん)<東京> »