« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | いっとうや<新潟> »

2010年10月13日 (水)

魁 肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ<東京>

【237】魁 肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ<東京>①
肉盛りつけ麺 中 880円

店ごとに特長を出しながら店舗数を増やしてきている「けいすけ」の六代目。
三代目が欠番だが二代目が外伝もあって二軒あるので、六軒目になる。
こちらのコンセプトは「肉盛り」ということで、一見すると五代目に相当する「肉そば けいすけ@住吉(東京)」に類似している。
開店早々ながら、18時50分過ぎの到着で6名待ちと盛況。
ただし、回転も速くて、食べ始めるまでに約15分の待ちだった。
で、食べたのは看板メニューの「肉盛りつけ麺」の中。201010131907_6keisuke

平打ち麺の上に、生姜焼き風味の豚肉がどっさり載っている。
他に具は玉ねぎとかいわれ。
つけダレの方も甘みと酸味がかなり効いていて、全体的に味が濃いめ。
そこで、まず麺をつけダレに浸して食べ、また麺を食べてから豚肉というローテーションとなり、むしろ麺が主役になっていた感がある。
また、これだけだと甘いつけダレが苦手な私としては、途中で鼻についたものと思われるが、そこで登場するのが卓上の刻み玉ねぎとカレー粉。
ラーメンのトッピングとしての玉ねぎは大好きな私としては、前者はおおいにありがたかったし、カレー粉も入れすぎに注意しつつ、味変化アイテムとして重宝した。
さらに、本日は売り切れだったが、別売り(80円)のからしマヨネーズも推奨されていた。
最後に、ポットで出されたスープでスープ割り。
好みで割ることができるので、甘さが気にならないぐらいに薄めて、玉ねぎも投入しておいしく飲ませてもらった。
というわけで、「肉そば けいすけ」とは似て非なる路線で満足させてくれて、さすが「けいすけ」という思いをさらに強くした。
この「肉盛りつけ麺」以外にも「味噌」も(というかネット上では後者の方が)好評なようだし、営業時間の長さや通勤経路からの近さという点でも再訪は確実。

ちなみに、湯島駅と上野広小路駅の間にあって、より近いのは湯島駅のようだ。

銀座線上野広小路駅A3出口2分
無休 11:00-15:00 18:00-29:00(日祝-23:00)
公式HP  http://www.grandcuisine.jp/keisuke/rokudaime.htm


|

« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | いっとうや<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/38559491

この記事へのトラックバック一覧です: 魁 肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ<東京>:

« 牛骨ラーメン 香味徳(かみとく)<東京> | トップページ | いっとうや<新潟> »