« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

昭和歌謡ショー<東京>

【274】昭和歌謡ショー<東京>②
王道の醤油700円 + サンマごはん200円

前回は塩だったので、今回は「王道の醤油」を。201011301908shouwaks

店名の「昭和」、メニュー名の「王道」にふさわしいレトロな醤油味。
清湯のスープは、インパクトはないものの、醤油が尖っておらず、やさしい味わい。
麺は、塩よりは太い中細麺。
具もチャーシュー×2、なると、メンマ、焼き海苔、白ネギという東京醤油ラーメンらしい構成。
個人的な好みからすればわずかに塩の方が好みに合うが、僅差なので、その日の気分によってどちらを選ぶか変わりそう。

あと、こちらは「サンマごはん」200円。201011301908shouwaks2

今年最後の提供だそうで、基本的には焼き魚はあまり好きではない私でもおいしく食べられた。

都電荒川線庚申塚駅1分
水休 11:30-15:00 17:00-スープ切れまで


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

魁 肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ<東京>

【273】魁 肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ<東京>②
肉盛ラーメン(味噌) 780円

飲み会帰りに、22時半過ぎに訪問。
看板メニューは前回食べた「肉盛りつけ麺」なのだが、ネット上ではむしろラーメンの方が評判がいいようなので、それ目当てで。
オーダーしたのは、「肉盛ラーメン(味噌)」。201011292247niku_keisuke

ほどよい濃度のスープにもっちりした太麺。
具は、たっぷりの豚バラ肉ともやし、キャベツ、糸唐辛子等。
そして、添えられた生姜が清涼感をもたらしてくれる。
豚バラ肉は、つけ麺の場合、肉自体も味付け過剰気味なうえにつけダレも濃く、かなり好き嫌いが分かれそうな感じだったが、ラーメンだと豚肉の味付けもほどほどで、スープとも調和していて、こちらの方が万人受けしそうに思われた。

あと、店長?(ナンバー1ぽい人物)は他の店員に対して威張り散らしているだけで、店の雰囲気を悪くしていたが、ナンバー2らしき店員さんは接客も最高で、救いとなっていた。

銀座線上野広小路駅A3出口2分
無休 11:00-15:00 18:00-29:00(日祝-23:00)
公式HP  http://www.grandcuisine.jp/keisuke/rokudaime.htm


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

膳 丸山店<新潟>

【272】膳 丸山店<新潟> ⑫
なんこつラーメン650円 + チャーシュー飯300円

今回も「なんこつラーメン」。201011271121zen

これで3回連続。
やはりなんこつのボリュームと柔らかさ加減は◎。

新潟市江南区丸山之内善之丞組字浦郷727-1
火休 11:00-14:30 17:30-21:00LO (土日祝は通し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

大至<東京>

【271】大至<東京>⑦
味噌ラーメン 780円

季節限定メニューと思われる「味噌ラーメン」を。201011261815daishi

ひき肉・野菜ペースト入りの味噌ダレを使ったスープは、擂りゴマの効果もあって、非常にまろやか。
麺は、いかにも味噌ラーメン向きの極太縮れ麺。
具は、もやし、コーン、にんじん、キクラゲ、青ネギ等でほぼ野菜オンリー。
標準的な味噌ラーメンの価格(私の感覚では750円まで)を上回っているのに、肉系は微量のひき肉のみというのはちょっと寂しい。
味的には○なのだが、価格的に微妙な一杯。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

東横 紫竹山店<新潟>

【270】東横 紫竹山店<新潟>⑪
特製野菜みそラーメン970円 + つぶつぶ背脂50円

約1年半ぶりと実に久々の訪問となった。
食べたのは「特製野菜みそラーメン」を大盛りサービスとのことだったので、大盛りで。
以前は無料だった背脂をトッピングしたので、価格は1000円超え。
これは新潟ではかなりの高価格。
出てきたのはこちら。201011231114toyoko

太麺のモチモチぶりは、以前の記憶以上○。逆にスープのしょっぱさも以前の記憶以上×。元々しょっぱくてなんぼのスープではあるが、ここまでではなかったように思う。よりしょっぱくなったのかor大盛りにして量を食べているうちにしょっぱさが鼻についたのか?

あと、こちらは長女が食べた「油そば」790円。201011231114toyoko2

変わった味との感想だったが、確かに味噌ベースの油そばは珍しい。

それから、こちらは「ミニチャーハン」320円と「野菜ギョーザ」300円→クーポンサービス。201011231114toyoko3

餃子の方は、サービスだからよかったが、このボリュームでこの本来価格というのは割高に感じられた。

新潟市中央区紫竹山4-20-12
無休 11:00-23:45(日祝-22:00)
公式HP  http://www.week.co.jp/imode/itp/00012214/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ジャッキーラーメン<新潟>

【269】ジャッキーラーメン<新潟>①
ド醤油ラーメン700円 + 半熟煮玉子100円→サービス

「肉拉麺 千」に続いての新店訪問。
こちらは「GO GO 宝来軒@上越」出身者の店。
13時40分頃の訪問で、先客2だったのだが、カウンターには片づけられていない丼が並び、食券を買ってから受け取ってもらうまでに5分ぐらい待たされ、しかも「お待たせしました」の一言も無しということで第一印象はよくなかったのだが、後客ゼロで余裕ができた段階での接客ぶりは愛想がよかったので、開店直後で、一人で切り盛りしていて、まだ調理だけでいっぱいいっぱいといったところなのかもしれない。
食べたのは「ド醤油ラーメン」。201011221354jacky

濁りのないスープは、その名のとおり醤油が立っていて、切れ味鋭い印象。
そして、それが硬茹での細麺とマッチしている。
具は、チャーシュー、メンマ、ネギと追加の味玉。
チャーシューは鶏と豚の2種で、豚の方は炙ってあり、メンマも好物の穂先メンマ、ネギも青ネギと斜め切りの白ネギの2種とそれぞれに工夫されている。
開店早々にしてかなりハイレベルな一杯だった。
他にも、明らかに「二代目海老そばけいすけ@高田馬場(東京)」を意識している「初代海老そばゆうすけ」(海老そぼろ入り)、「JUNKBOWL」(極太麺のまぜそば)と気になるメニューが並んでいたので、ぜひ再訪したい。
あと、サイドメニューも「トリマヨ丼」300円、「たまごかけご飯」250円等があったが、新潟の相場からすれば価格が高めなのは、出身店ゆずりか?

新潟市中央区東堀通5番町424
水休 11:30-21:00?
※H23.2.18追記
中休み無しということになっているが、15時頃訪問したところ、17:30まで仕込み中という貼り紙が
あって休業中だった。その貼り紙も真新しいものではなく、使い込んでいるようだったので、事実上の
中休みは今日だけのことでは無さそう。なので、17:30以前に訪問する場合、要注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉拉麺 千<新潟>

【268】肉拉麺 千<新潟>①
ラーメン 630円

「たかみち@弥彦」の系列の店。
魚市場の跡地にできたピアBandaiという商業施設(市民市場)内の1軒。
営業時間は10時~と「市場系」らしい?
「肉拉麺」という冠が付いているが、東京でも「肉そば けいすけ@住吉」「肉盛りつけ麺 六代目 けいすけ@上野広小路」「肉そば総本店 宗(そう)@ときわ台」と「肉」を冠した店はいずれも私のお気に入りになっているので、期待しての訪問。
デフォルトでも十分にチャーシューが入っているという事前情報と連食を予定していたことにより、デフォルトの「ラーメン」を。
出てきたのはこちら。201011221106sen

スープは、魚介の効いた和風のものでやや甘みがある。
麺は平打ちの中細麺。
具は、大ぶりなチャーシュー×3となると、青ネギ、メンマ。
このご時世で、この価格でこのチャーシューのボリュームなら、まずコストパフォーマンス面で◎。
あと、おもしろいのが卓上の調味料等。
「たぬき」(=揚げ玉)や「黒七味」と他ではあまり見かけないものが置かれている。
「たぬき」はスープに適度な油分を補給してくれるし、「黒七味」は山椒も入っているようで、甘みのあるスープをピリリとした感じに引き締めてくれる。
他に有料の追加トッピングも、「きつね」(=油揚げ)という個性的なものもあれば、玉ねぎ、岩海苔等私好みのものも。
また、裏メニューとして、「たぬききつね丼」100円(きつね+ライスの食券でオーダー)というのもあるようだ。
しっかり期待に応えてくれたし、「ラーメン」以外にも、「背油ラーメン」「つけ麺」もあるようで、価格の安さもふまえると再訪必至。
ネックとなりそうなのは、休日だとピアBandai自体がかなり混雑している(特に駐車場)らしいという点か。

新潟市中央区万代島2529 ピアBandai内
木休 10:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

弐侍元(にじげん)<新潟>

【267】弐侍元(にじげん)<新潟>①
2GJ和え麺780円 + まかない豚(ぶー)めし100円

「侍元(じげん)」が移転し、その後しばらく間があいた後にできた「侍元」の系列店。
こってり系が中心の「侍元」に対して、こちらはあっさり系がメインのようだが、私は「10食限定」という希少感に釣られて「2GJ和え麺」を大盛(同料金)で。201011201118nijigen

なぜ「2GJ」なのかわからない(2nd Generation Jigen?)が、「侍元」時代にあった「ちゃっちゃ和え麺」(H21.12.12)の進化系と思われる。
両者を比較すると、出てきた時点での見た目的には、「ちゃっちゃ」は脂っこいタレがヒタヒタで、メンマも赤く、卵黄も載っていてカラフル&攻撃的な印象。
これに対して「2GJ」は、温玉、マヨネーズ&おろしニンニク、カリー玉(ひき肉)が別皿のせいもあってか、上品な印象。
実際、よく混ぜずに食べ始めると味も薄いのだが、熱いうちに混ぜないとバターやチーズが溶けにくくなるので初期段階での混ぜは必須。
で、混ぜて、さらにマヨネーズやカリー玉等を入れるとどんどん味が濃くなってくる。マヨネーズに関しては、経験則上、そうなることは予測できたので、後半になってから投入したが、辛子マヨネーズだったので、影響力は予想以上だった。
麺は太麺だったが、「ちゃっちゃ」の頃ほどは太くなかったような?
具は、上述した他に刻みチャーシュー、メンマ、青ネギ、白ネギ、糸唐辛子。
別皿の具と相まって、バラエティーに富んだ味わいを楽しむことができた。
マヨネーズを投入した後半は、さすがに味が濃くなりすぎたが、割りスープを入れて薄めて完食。

あと、サイドメニューは「まかない豚(ぶー)めし」100円or「キャベ豚マヨ丼」280円で迷ったが、これも15食限定と価格に惹かれて前者に。201011201118nijigen2

(写真右は次女が食べた「キャベ豚マヨ丼」)
角切りチャーシューが入った炊き込みご飯で、価格を考えれば十分に満足できた。

新潟市西区坂井東4-15-16
水休 11:00-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>

【266】焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京>⑤
くりーむしおそば850円 + 黄金煮玉子100円→サービス

このところ続けて「特選つけそば」だったので、過去に1回食べて気に入っていた「穴メニュー」の「くりーむしおそば」を。201011182132kinjitou

卓上の「海老ゴマ」や「スパイシーフライ(パン粉のようなもの)」も活用しつつ食べたが、やはりクラムチャウダー風のおいしい一杯だった。
今日は21時過ぎといつもより遅く訪問したところ、先客5名以上。
さらに、今後続々とTV放映の予定があるようで、一気に客足が伸びるのか?

京浜東北線赤羽駅北改札東口5分
無休 11:30-24:30LO


| | コメント (0) | トラックバック (0)

拉麺 阿修羅<千葉>

【265】拉麺 阿修羅<千葉>③
野菜もやし胡麻らーめん 900円

「醤油は麺屋武蔵直伝」とうたって、さりげなく「麺屋武蔵@新宿」出身をアピっていたが、私としては、この店に来るのは胡麻らーめん目当てなので、今回はその中で「野菜もやし胡麻らーめん」を。
出てきたのはこちら。201011181142ashura

「野菜もやし」とはいうものの、「野菜」はにんじんとしいたけ(とデフォルトでも入っている白ネギ)ぐらいで、もやしと合わせても量は少なくて、これでプラス200円というのはかなり高い。
あと、野菜の存在によって、スープの胡麻感が薄まってしまっているような。
とはいうものの、やはり胡麻スープの威光により、十分においしい一杯ではあった。

総武線船橋駅南口10分
無休 11:30-15:00 18:00-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

秋葉らーめん 松風<東京>

【264】秋葉らーめん 松風<東京>⑧
松風パンチ(ベジ郎) 780円

前回おおいに気に入った「リゾット風」(〆のリゾット用セット)は残念ながらなくなっていた。
代わりに?新登場していたのが「松風パンチ」。サブタイトルの「ベジ郎」でもわかるとおり、二郎インスパイア系のメニューのようだ。
月替わりメニューの「ベジカレー麺」も気になったが、「松風パンチ」をかなり押している雰囲気が感じられたので、そちらに。
出てきたのはこちら。201011172019matsukaze

もやしとキャベツで構成された野菜の山は、この系統としては高くはない。
スープは醤油が前面に出た通常の二郎系とは大きく一線を画していて、この店らしいベジポタ&スパイスの風味がかなり幅をきかせている。
麺は角ばった太麺。
具は、野菜の他にはチャーシュー、メンマ、刻みニンニク等。
かなり味が濃いスープとゴワゴワした食感の麺がタッグを組み、そこにニンニクもじわじわ効いてきて、かなり食べ応えのある一杯。
そして味の濃さを野菜が中和してくれて、中盤まではおいしく食べ進んだのだが、後半野菜が少なくなってからは、しょっぱさが少々鼻についてきたので、ライスで薄めようとしたものの、残念ながら売り切れ。
でも、スパイシーな二郎系というのは、私としては初めてで、安直な模倣も出てきているこの系統の中で、かなり好意的に受け止められる一杯だった。

銀座線末広町駅3番出口2分
不定休 11:30-15:00 17:00-21:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

本枯中華そば 魚雷<東京>

【263】本枯中華そば 魚雷<東京>③
78℃の饗宴800円 + 豚玉めし300円

本日から提供開始の携帯のラーメンサイトの会員限定目当てで訪問。
他にもこれ目当てのラーメンフリークが来ているのでは?と思いつつ訪問したのだが、先客1、後客ゼロということで拍子抜け。
食べたのはその限定メニュー「78℃の饗」。201011161926gyorai

レギュラーメニューではサイフォンでダシをとっているのに対して、このメニューではドリップ。しかも最適温が78℃だそうで、温度管理まできっちりして出してくる。
その甲斐あってか、レギュラーメニューでも十分に強い鰹の香りと風味が一段とパワーUPされている。
粒入りでそばっぽい食感の細麺との相性も抜群で、別皿の具に手をつけることなく食べ進んでしまいたくなる。
ちなみに、レギュラーでは選択方式の具は、鶏オーブン焼き、タマリ漬け叉焼、姫筍、白ネギで固定だった。
というわけで、当然のごとくスープまで完食。直後にもう一杯食べたくなるぐらいおいしかったので、再食は必至。

南北線後楽園駅8番出口2分
水休 11:00-15:00 18:00-23:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

野郎ラーメン 神田本店 <東京>

【262】野郎ラーメン 神田本店 <東京> ③
汁無し豚野郎880円 + 焼き野菜50円

多忙につき昼食抜きになったため、超空腹状態で訪問。
この状態であれば、豚増し&野菜増しでも行けるだろうということで、「汁無し豚野郎」+「焼き野菜」に。
出てきたのはこちら。201011151904yarou

前回(H22.7.12)の「汁無し野郎」+「焼き野菜」よりも野菜の山が低いように見受けられるが、これは今回の方が丼の直径が大きいためか。
焼き野菜はかなり胡椒が効いていて、最初はよいのだが、タレがからんでくるとやや味が濃すぎる感じに。
でも、チャーシューも厚くて丸いもの×2と角切りのものがゴロゴロ入っていて、超空腹でも十分に満足できる一杯だった。

銀座線神田駅1番出口5分
日祝休 11:00-15:00 17:30-23:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

麺や 来味<新潟>

【261】麺や 来味<新潟> (53)
丸鶏塩らぁ麺680円→サービス

新潟の情報誌のスタンプラリーで、「10店制覇すればラーメン1杯無料」というのを、単身赴任元の新潟に帰る週末のみでコツコツ食べ歩いてようやく達成。
ただし、無料になるのはレギュラーメニューのみなので、ここはいつも期間限定メニューばかり食べていて、なかなかレギュラーメニューに手を出す機会の無い「来味」に決定!

レギュラーの中でも醤油かor塩かで迷ったが、期間限定メニューで、私好みのものをより多く輩出しているのが塩なので、「丸鶏塩らぁ麺」の方に。
出てきたのはこちら。201011141112raimi

丸鶏だけでなく、渡り蟹・ムール貝等でもダシをとっているとのことで、これの蟹をもっと強めたら、現在期間限定で提供されている「渡り蟹のブランデー蒸しスープ塩らぁ麺」っぽくなるのかも?
などという憶測はともかくとして、こちらも十分においしくて、スープもあっさり飲み干すことに。
麺は中細麺。自家製麺に替えたとのことだが、これまでとの違いは、はっきりとはわからず。
具は、チャーシュー、毬麩、メンマ、水菜、岩海苔、糸唐辛子、白ネギ等おなじみのもの。
レギュラーメニューも十分においしいということを改めて認識。
というか、この盤石の基礎のもとに、応用編として様々な期間限定を開発しているのだなと。

で、これを食べた後に他の方の新潟ラーメンのHPでこの店の醤油が絶賛されているのを発見。こうなると醤油も食べてみたいのだが、期間限定メニュー・不定期提供メニューに目移りするのが必至なので、いつそのチャンスが来るのか?

あと、こちらは娘たちがシェアした「つけ麺 大盛 太麺」800円。201011141112raimi2

こちらはより自家製麺を堪能できそう。

新潟市東区大形本町5-6-6
無休 11:00-15:00 17:30-21:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

手仕事らぁめん 八<新潟>

【260】手仕事らぁめん 八<新潟>①
煮干し中華 肉ワンタン入り 830円

「ののや@三条市・新潟市」の系列の新店で、新潟市の方の支店とは1kmに満たない至近にある。
朝7時から営業していて、「朝らぁめん」も売りにしているようだ。東京では「六厘舎@東京駅」や「ヒノマル食堂・つけ麺なおじ@新橋」等で広まりつつあり、新潟でも「中華のカトウ」や「市玄」等の「市場系」の店では元々朝から営業しているが、普通の街中にある店では初めてではないか?

で、食べたのは「煮干し中華 肉ワンタン入り」。201011131141_8

まずスープだが、煮干しが効いているとの事前情報はあったのだが、銀粉が浮かんでいたりして、想像以上にギンギンだった。
ちょうど今週は東京でも煮干し押しの「月と鼈(すっぽん)@新橋」で食べたところなのだが、そちらの「煮干中華蕎麦一段搾り」よりもはるかにワイルドだった。
麺は手打ちの中細麺。
具はチャーシュー×2、メンマ、焼き海苔、ワンタン×4、柚子、刻みネギ等。
ワンタンはしっかり餡が入っているし、柚子の清涼感も効果的。
デフォルトだと680円でチャーシュー×2+ワンタンというのはコストパフォーマンスも◎だし、プラス150円でワンタン3個追加というのも安い。
営業時間を長くするのであれば、万人受けする味にした方が安全な気もするが、この煮干しの強烈さだと好き嫌いが分かれそう。
でも、私としては好みの方向性だし、単身赴任元の家から近くて長時間営業という敷居の低さもあるので、再訪必至。
その際には、さらに煮干しが強いという話もある「つけ麺」も食べてみたい。

新潟市中央区堀之内南1-1-17
無休 7:00-23:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

閃(せん)<埼玉>

【259】閃(せん)<埼玉>②
らーめん 680円 + 親子めし 250円

H22.10.18のリベンジを期して、携帯のラーメンサイトの会員限定の鳩を使ったメニューめあてで「西尾中華そば@駒込」に向かったのだが、提供開始後30分を待たずして売り切れ。前回は代わりに他のメニューで我慢したのだが、そのメニューも好みではない方向にマイナーチェンジされていたこともあって、店を替えることに。

大宮方向に向かう途中だったので、北浦和で下車してこの店に。
食べたのは前回同様「らーめん」。201011121937sen

前回同様、鶏白湯のスープは、最初はおいしいのだが、後半単調に感じられてきて、卓上の特製薬味(辛味噌)を投入。店側もこれを推奨しているし、特製薬味ありきの一杯なのかもしれない。

そして、こちらは今回初めて食べた「親子めし」。201011121938sen

鶏チャーシューやマヨたれ、糸唐辛子等が載っているのだが、ポイントは砕いたゆで卵。生卵ではなく、ふた手間かけて、茹でて砕いてある点がポイントで、これによって飛躍的においしく&食感がよくなっているように思う。
価格も手頃だし、昨日(「宗@ときわ台」の「肉玉丼」)と今日で、今年食べたサイドメニューのワンツーを占めそうな勢い。
「らーめん」以上に「親子めし」が誘因となって再訪する可能性が高そう。

京浜東北線西口4分
木休(祝日の場合翌日) 11:30-15:00 18:00-21:30(スープ切れ終了)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

肉そば総本店 麺屋 宗(そう)<東京>

【258】肉そば総本店 麺屋 宗(そう)<東京>②
肉まきそば(醤油)750円 + 肉増し(小)50円 + 肉玉丼280円

※「肉玉丼」は写真撮り忘れのため、前回(H22.9.8)参照
前回は塩だったので、今回は醤油の方を。
出てきたのはこちら。201011112013n_sou

スープは塩同様生姜が効いているのだが、塩よりは尖っていない印象。
麺を肉で巻いて、スープに浸して食べるとおいしいのは、塩と同様。
どちらもおいしいのだが、生姜醤油ラーメンは「青島食堂@新潟他」や「肉そばけいすけ@住吉(東京)」でも食べられる(若干趣は異なるが)ので、独自性という点で塩の方が私としては好み。
あと、前回絶賛した肉玉丼はやはり安くておいしい◎
ちなみに、10食限定の「HOTチキンMEN」や「肉まぜそば」もあるようだが、「肉まきそば」が十分においしいだけに、手を出しづらい。

東武東上線ときわ台駅北口1分
無休 11:30-15:00 18:00-27:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

大山(たいざん)神田店<東京>

【257】大山(たいざん)神田店<東京>⑨
カレー大麺850円 + ライス100円

店内に、11月末で閉店という告知が。
駅からこの店に来るまでの間に有名店の系列店も含めて多数のラーメン屋がある(できた)といる立地はやはり厳しかったか。
でも、今日に関しては、この店の手前にあって、前回はほぼ満席だった「虎達(こたつ)」は客ゼロで、「大山」の方は先客6名。
食べたのは前回気になった「カレー大麺」。
もちろんニンニク入りで。201011091912taizan

普通の「大麺」の上にカレールーが載っているという構成で、意図的に混ぜなければ、最初は普通のラーメンで、徐々にカレー味が支配してくる。
具は、チャーシューともやし、キャベツ等で、あと、カレーの具として豚肉、玉ねぎ等が入っている。
麺がしっかりしているので、カレーやさらにそこにかけられている一味の辛さをしっかりと受け止めてくれておいしい。
最後に、カレーラーメンには付き物だと思っているライスをスープに浸して食べた。

このようなおいしいラーメンを食べさせてくれるラーメン屋が無くなってしまうのは残念だが、いちおう移転ということになっているので、行きやすい場所での復活に期待(1月末時点で移転先未定)。

銀座線神田駅1番出口徒歩7分
東京都千代田区内神田1-9-10
日休 11:00-15:00 17:00-22:00 土祝11:00-20:00
公式HP  http://www.r-taizan.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

月と鼈(すっぽん)<東京>

【256】月と鼈(すっぽん)<東京>①
煮干中華蕎麦一段搾り680円 + 半肉増し150円 + 玉ねぎ50円

職場から歩いて15分で到着。
煮干し押しの店で、「濃厚煮干」と「一段搾り」があったが、魚介のみでいわゆる一番絞りダシを使った後者の方が煮干しの風味をストレートに味わえそうなので、そちらを選択。
出てきたのはこちら。201011081908tsukisuppon

スープは確かに煮干しが前面に出ているが、ダシをとる前の処理が丁寧なのか?
エグみや苦みがあまり出ておらず、上品な味わい。この点、同じ煮干し押しでもかなりワイルドな「遊@鶯谷(東京)」や「伊藤@赤羽他(東京)」とは一線を画するが、万人受けするのはこちらの方かもしれない。
麺は角ばった中太麺。
具はチャーシューとメンマ、なると、刻み玉ねぎ、ほうれんそう、白ネギ等。
チャーシューはプラス150円で5枚入っていて、お得感あり。
また、玉ねぎは、好きだからというのもあるのだろうが、スープを飲みやすくするのに寄与しており、増量して正解だったように思う。

「濃厚煮干」の方も気になるが、他のお客さんの多くがオーダーしていた「つけ麺」(こちらも2種あり)もいまやありきたりといわざるをえない濃厚魚介豚骨とは趣を異にしていそうで、興味がわく。

それにしても「鼈」(すっぽん)。モニター上ではつぶれてしまって、どんなつくりなのかも正確にはわからない難しい字である。なぜこのような難読字を用いた店名にしたのだろうか。

(銀座線)新橋駅烏森口5分
日休 11:00-22:00(土 -20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

味濱家 山二ツ店<新潟>

【255】味濱家 山二ツ店<新潟>④
味濱家ラーメン 極め 730円 + 焼きのり 100円→クーポンサービス

約2年ぶりの訪問。
この間に50円値上げしたようだが、「極め」ではないデフォルトだと680円なので、まだ私的には許容範囲。
ちなみに、醤油・塩だと700円、味噌やつけ麺だと750円というのが、私としての基本相場。もちろん、チャーシューや玉子等デフォルトの具の量によって、上下はするのだが。
201011071116mihamaya

今回は麺硬め、油と味の濃さは無指定にしたが、これが1番私の好みに合うようだ(「極め」の場合)。

それから、こちらは次女が食べた小学生以下限定メニューの「かわいいラーメン」360円。201011071116mihamaya2

コーン入り、りんごジュース付きでこの価格で、内容的にも手抜きなく作られている。

新潟市中央区山二ツ2-16-6
無休 11:00-25:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

贅沢焼牛(ちゃーぎゅう)らぁ麺 またどーる<埼玉>

【254】贅沢焼牛(ちゃーぎゅう)らぁ麺 またどーる<埼玉>①
贅沢焼牛(ちゃーぎゅう)らぁ麺 1100円

ラーメン複合施設「ラー戦場(せんば)」内の1軒。
この施設は、以前は「赤」「青」「黒」「白」の4店があって、3か月ごとに業績に応じて入れ替えていくという仕組みだったのだが、今年の夏から定期入れ替えではなくなり、店名も色ではなく固有の店名を名乗るという形式にマイナーチェンジしたようだ。

今回訪問したのは、その中で、牛をフィーチャーした「またどーる」。
店主は「金字塔@赤羽(東京)」等の母体である「しおの風@竹ノ塚(東京)」や「天照@堀切菖蒲園(東京)」の出身だとのことで、「金字塔」を高く評価している私としてはかなり期待しての訪問となった。
食べたのは、店名にも冠している「贅沢焼牛(ちゃーぎゅう)らぁ麺」。201011051947matadoll0

まずスープは牛骨・牛筋でダシをとっているとのこと。
麺は細麺。
具は、真空調理でレア感のある牛チャーシュー(これが「焼牛」?)、牛筋煮、味玉、メンマ、小ネギ、みじん切りの玉ねぎ等。
感想。まずスープは牛ゆえなのかどうかはわからないが、旨み十分。具も、焼牛・牛筋煮・味玉等それぞれにおいしい。が、濃いめの味付けがスープとバッティングしてしまって、まとまりのない一杯になってしまっている感もあり。
細くて柔らかめで存在感が薄い麺をもっと強化したり、玉ねぎもここまで細かく刻まずに存在感を出したりすれば、印象が変わってくるのかもしれないが。
そういう意味では、具が少ないデフォルトのラーメンの方がバランスがとれているのかもしれないが、具自体はそれぞれにおいしくて捨てがたいので、どちらをとるのかは迷いどころ。

京浜東北線大宮駅西口3分
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2そごう大宮9F
無休 11:00-21:30LO
公式HP: http://rasenba.com/list/shop_info.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

麺徳<東京>

【253】麺徳<東京>④
豚入り味噌ラーメン 900円

いつもどおり野菜は「中盛り」で。201011041910mentoku

今日はこれまでよりも味噌が強く感じられて、後半しょっぱさが鼻についてきた。
これなら、「中和」用に野菜をもっと残しておけばよかった。
あと、初めて訪問した頃は酷評した接客は、むしろ◎になっていた。

銀座線上野駅1番出口9分
東京都台東区東上野5-24-11
日祝休 11:00-14:30 17:00-22:00(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

庵悟(あんご)<埼玉>

【252】庵悟(あんご)<埼玉>①
つけ麺 800円

「六厘舎@大崎(東京=閉店)」→「次念序@鴻巣(埼玉)」出身者の店。
開店直後に訪問したのだが、既に店内は満席で外に3人待ち。先に食券を購入して並ぶ。
20分近く待った後に入店したものの、そこでさらに待たされて、食べ始めるまでに結局約30分の待ち。
食べたのはもちろん「つけ麺」。201011031131ango

濃厚魚介とんこつ×極太麺という今や定番となった系統のつけ麺としては、私がこれまでに食べた中でも最高レベル。
この系統には食傷気味の私としてもこれなら満足できる。
駅から遠い立地のわりに高い価格、長い待ち時間、営業時間の短さ等のネックはあるが、この系統のつけ麺を食べるなら、これぐらいの水準のものを食べたいという意味で、再訪可能性あり。

麺の茹で時間がかかるせいか、着席している人の半分くらいしか食べていない状態が長く、回転が遅いため、店を出る頃には、10名以上の行列になっていた。

京浜東北線南浦和駅西口8分
木休 11:00-16:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

神田 磯野<東京>

【251】神田 磯野<東京>⑥
磯野らーめん 1,250円

久々に「贅沢」がしたくなって、約1年半ぶりに訪問。
18時40分頃の訪問で、先客は無かったのだが、その後7名のお客さんが。201011011848isono

私がこれまでに食べたラーメンの中で、おそらく最も高価なのだが、値段なりの満足感が得られる。

銀座線神田駅6番出口徒歩2分
東京都千代田区神田須田町1-3
日休 11:30-20:30(土祝 -17:30,スープ切れ終了)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »