« 焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京> | トップページ | 肉拉麺 千<新潟> »

2010年11月20日 (土)

弐侍元(にじげん)<新潟>

【267】弐侍元(にじげん)<新潟>①
2GJ和え麺780円 + まかない豚(ぶー)めし100円

「侍元(じげん)」が移転し、その後しばらく間があいた後にできた「侍元」の系列店。
こってり系が中心の「侍元」に対して、こちらはあっさり系がメインのようだが、私は「10食限定」という希少感に釣られて「2GJ和え麺」を大盛(同料金)で。201011201118nijigen

なぜ「2GJ」なのかわからない(2nd Generation Jigen?)が、「侍元」時代にあった「ちゃっちゃ和え麺」(H21.12.12)の進化系と思われる。
両者を比較すると、出てきた時点での見た目的には、「ちゃっちゃ」は脂っこいタレがヒタヒタで、メンマも赤く、卵黄も載っていてカラフル&攻撃的な印象。
これに対して「2GJ」は、温玉、マヨネーズ&おろしニンニク、カリー玉(ひき肉)が別皿のせいもあってか、上品な印象。
実際、よく混ぜずに食べ始めると味も薄いのだが、熱いうちに混ぜないとバターやチーズが溶けにくくなるので初期段階での混ぜは必須。
で、混ぜて、さらにマヨネーズやカリー玉等を入れるとどんどん味が濃くなってくる。マヨネーズに関しては、経験則上、そうなることは予測できたので、後半になってから投入したが、辛子マヨネーズだったので、影響力は予想以上だった。
麺は太麺だったが、「ちゃっちゃ」の頃ほどは太くなかったような?
具は、上述した他に刻みチャーシュー、メンマ、青ネギ、白ネギ、糸唐辛子。
別皿の具と相まって、バラエティーに富んだ味わいを楽しむことができた。
マヨネーズを投入した後半は、さすがに味が濃くなりすぎたが、割りスープを入れて薄めて完食。

あと、サイドメニューは「まかない豚(ぶー)めし」100円or「キャベ豚マヨ丼」280円で迷ったが、これも15食限定と価格に惹かれて前者に。201011201118nijigen2

(写真右は次女が食べた「キャベ豚マヨ丼」)
角切りチャーシューが入った炊き込みご飯で、価格を考えれば十分に満足できた。

新潟市西区坂井東4-15-16
水休 11:00-15:00 17:00-21:00

|

« 焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京> | トップページ | 肉拉麺 千<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/38842377

この記事へのトラックバック一覧です: 弐侍元(にじげん)<新潟>:

« 焙煎汐蕎麦処 金字塔<東京> | トップページ | 肉拉麺 千<新潟> »