« 極麺 克味<新潟> | トップページ | 雅ノ屋<東京> »

2011年1月24日 (月)

天雷軒 神谷町店<東京>

【21】天雷軒 神谷町店<東京>①
琥珀醤油チャーシュー麺850円→600円(サービス価格) + 天雷軒茶漬け100円→クーポンサービス

東日本橋にある「天雷軒」の新たな支店。
メニューが「琥珀醤油」と「味噌」の2系統なのは東日本橋と同様。
食べたのは「琥珀醤油チャーシュー麺」。
サービス価格で、本来850円のところが600円とかなりのダンピング。
(「琥珀醤油」も同様に250円引き)
出てきたのはこちら。201101241909tenraik

東日本橋のものの最大の特長と思えた海老粉末等による海老の風味が無い・・・と思ったら、あちらは「海老薫琥珀」なのに対して、こちらは「海老薫」が無い。
どうやら、こちらの支店のメニューでは見え消しになっていた「桜海老醤油」が「海老薫」に類するもので、「琥珀醤油」はその廉価版のようだ。
海老が無い分、よりシンプルなあっさり系の清湯スープは、それでも旨みは十分。
具は、チャーシュー×4に揚げネギ、水菜、糸唐辛子、白ネギ。
中では、揚げネギが、海老に代わってよいアクセントになっていた。

あと、「天雷軒茶漬け」は、東日本橋では「入江の実家米」に相当するもののようで、要は、ラーメンのスープを入れてお茶漬けにするためのライスにわさびと刻み海苔が添えられたもの。
東日本橋では、京漬けも付いている分150円だったが、私は漬物は嫌いなので、無しで100円の方がうれしい。

全体的に廉価をめざしているのは、隣のチェーン店に対抗してのことなのかもしれず、これには賛否がありそう。個人的には、少々高くなっても、「桜海老醤油」のような選択肢も残しておいてもらえるとありがたいのだが。

帰りは、定期券の使える虎ノ門駅(2番出口)まで歩いたところ、11分と思ったよりも遠かった。

日比谷線神谷町駅2番出口30秒
水休 11:30-20:00

|

« 極麺 克味<新潟> | トップページ | 雅ノ屋<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/39544897

この記事へのトラックバック一覧です: 天雷軒 神谷町店<東京>:

« 極麺 克味<新潟> | トップページ | 雅ノ屋<東京> »