« ヒグマ 女池店<新潟> | トップページ | とろ肉つけ麺 魚とん<東京> »

2011年3月12日 (土)

土曜の牛の日<東京>

【61】土曜の牛の日<東京>①
牛骨らーめん780円 + 玉子100円→サービス

大地震後、徹夜の勤務が一段落。
まだ精神的に高揚しているせいか眠くはなく、逆に、まともに食べずに仕事をしていたこともあって空腹感>眠気となったので、あいているラーメン屋を探してうろつくことに。

まず、最初に向かったのは「桃の木@新宿御苑前」。
が、女性スタッフだけで運営していることもあってか?安全サイドで昨日のうちに本日の休業を決めたようで、休み。

めげずに、丸ノ内線に舞い戻って、淡路町で降りて、「きび」の土曜日のみ営業のセカンドブランド「土曜の牛の日」。
11時OPENのはずなのだが、12時前の到着でまだ営業しておらず。
でも、入口のドアも開いていて、まもなく営業を開始しそうな雰囲気もあったので、様子をうかがっていたところ、店主さんが出てきて、「野菜の納品が遅れたので、営業開始が遅れちゃったけど、もうすぐ準備できるので、店内でお待ちください。」とのこと。
お言葉に甘えて、仕込み時間も含めて待つこと約20分で出てきたのが「牛骨らーめん 玉子入り」。201103121215doyou

スープは当然のことながら、牛骨スープ。「香味徳@銀座一丁目」や「またどーる@大宮(→その後北千住)」等の他の店の牛骨スープも同様なのだが、豚骨等の他のスープと何か違うというのはわかるのだが、牛骨ならではのおいしさを語れとなると・・・
でも、クセはなくて、普通においしい。
それよりも個性的なのが具。ローストビーフ、レモン、レタス、揚げごぼう、牛筋肉と通常のラーメンには入っていないものがズラリと並ぶ。
一部「またどーる」とカブるものもあるが、これらの個性派軍団が意外とマッチしていて、全体バランスとしては、こちらの方が上のように感じた。
特別においしいとまではいかないが、新奇な試みでハズしてはおらず、「きび」の底力を感じる一杯だった。

丸ノ内線淡路町駅A6出口2分
土曜のみ営業 11:00-21:00(スープ切れ終了)

|

« ヒグマ 女池店<新潟> | トップページ | とろ肉つけ麺 魚とん<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/41380273

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の牛の日<東京>:

« ヒグマ 女池店<新潟> | トップページ | とろ肉つけ麺 魚とん<東京> »