« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | ラーメンゼロ PLUS<東京> »

2011年5月25日 (水)

麺屋 一燈<東京>

【119】麺屋 一燈<東京>②
極太麺使用鶏白湯汁無しあえそば780円 + しっとりチキンのカレーまぶし丼とろけるチーズあえ200円

昨年8月以来の訪問。
20時半頃の到着で9名・20分弱の待ちだった前回に対して、今回は18時半過ぎの到着で20名・50分弱の待ちと私としては許容限度を超える待ち時間だった。。。
ただ、早めの時間帯に行った甲斐があって、夜の部10食限定の「極太麺使用鶏白湯汁無しあえそば」がまだ残っていたので、それを。
出てきたのはこちら。201105251923ittou

「汁」無しなのに白「湯」とは?と思っていたら、鶏白湯の割りスープが付くからのようで、デフォルトではシンプルな味付けで、タレよりも最初から振られている黒胡椒の方が目立つぐらい。
これを、卓上の刻みニンニク(店側によれば「必須」)やラー油、酢等でカスタマイズすることが推奨されている。
ただ、どのようにカスタマイズしても、基本となる角ばった極太麺が、コシがあって◎なので、おいしく食べられそう。
また、具も、豚・鶏・鴨のチャーシュー×2、半熟煮卵、海苔×3、メンマ、白髪ネギと豊富なうえに、チャーシューは低温調理のしっとりしたもので、質・量ともに◎。
ただ、スープ無しでも食べられるくらいにしっかり味付け(カスタマイズ)したところに、濃厚な鶏白湯の割りスープを投入すると、私にとっては味が濃すぎる状態になってしまったので、「割り」スープだと思ってたっぷり入れるのは避けた方がよかったのかもしれない。

あと、こちらは、ご飯ものの中で唯一売り切れていなかった「しっとりチキンのカレーまぶし丼とろけるチーズあえ」。201105251923ittou2

チキンカレー丼にチーズや白髪ネギ、小ネギ、福神漬けが載っているものなのだが、思いのほかしっかりとカレー味だったので、単体で食べれば、もしくはあっさり系のラーメンのサイドメニューとしてならありだと思ったが、あえそばのスープ割り後の濃厚な味わいの後にはちょっと・・・という感じだった。

総武線新小岩駅北口2分
月休 11:00-15:00 18:00-22:00(スープ切れ終了)
公式HP  http://kiseki-dream.com/

|

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | ラーメンゼロ PLUS<東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/43742453

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 一燈<東京>:

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | ラーメンゼロ PLUS<東京> »