« 支那そばや 越谷レイクタウン店 <埼玉> | トップページ | 立ち呑み居酒屋 金町製麺 <東京> »

2011年6月19日 (日)

松戸中華そば 富田食堂 <千葉>

【141】松戸中華そば 富田食堂 <千葉> ①
特製中華そば 並 900円

「六厘舎@大崎」無き後、1番常時長い行列ができているとも言われている「とみ田@松戸」。
H20.1.25以来訪問していなかったのだが、行列の長さによっては久々にチャレンジしてみようと思って開店20分前(10時40分)に行ってみたのだが、既に30人規模の大行列。
そこで、というか「とみ田」の大行列は想定済だったので、半ば予定どおりの行動として、すぐ近くにある同じ系列の「富田食堂」へ。「とみ田」の11時から売り切れ(夕方?)までという営業時間的なハードルの高さに対して、こちらは7時から翌2時までという超長時間営業。そのせいと提供メニューの相異もあってか、こちらは先客1名のみ。
で、提供されているメニューは濃厚どろどろ系の「とみ田」とは違って、煮干し前面の「中華そば」と「つけ麺」。
私が食べたのは、具沢山の「特製中華そば」。201106191049tomitas

スープは、「とみ田」のような濃度や粘度は無いものの、それでも茶濁している。
一口啜ってみると、煮干しの苦みが結構出ていて、しょっぱさもあるかなりワイルドな味わい。
麺は中太麺。
具は、デフォルトのチャーシュー、ワカメ、メンマ、焼き海苔、白ネギに、プラス250円の「特製」で、チャーシュー4枚、焼き海苔3枚、味玉が追加されており、コストパフォーマンス的には○。
ただし、味玉の黄身は生に近いし、チャーシューは煮ずに炙っただけ?と思うぐらいパサパサで硬い。
良い意味でも悪い意味でも(どちらかというと後者のニュアンスの方が強いが)ワイルドな一杯だと思った。

せっかく「とみ田」があんなに大繁盛しているのだから、こちらでも(時間帯によっては)「とみ田」のメニューを提供すればよいのに とも思うのだが、それができるのなら、「とみ田」の営業時間をもっと長くしているか?とも。

ちなみに、松戸駅東口に直結の歩道橋をそのまま進むと、行き過ぎて戻る形になるので、すぐに右側に階段を降りた方がベター。

常磐線松戸駅東口2分
無休 7:00-26:00

|

« 支那そばや 越谷レイクタウン店 <埼玉> | トップページ | 立ち呑み居酒屋 金町製麺 <東京> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/43987372

この記事へのトラックバック一覧です: 松戸中華そば 富田食堂 <千葉>:

« 支那そばや 越谷レイクタウン店 <埼玉> | トップページ | 立ち呑み居酒屋 金町製麺 <東京> »