« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

東京とんこつラーメン 麺ちん<新潟>

【171】東京とんこつラーメン 麺ちん<新潟> ⑳
あっさり醤油680円 + 味玉 クーポンサービス + チャー玉丼250円

前日(7/30)に雑誌のクーポン利用ありきで「だるまや女池店」に向かったものの、11時過ぎで10名以上の大行列。
そこで、本日、クーポンのある別な店を訪問することとして、選んだのがこの店。
「あっさり醤油」がリニューアルして、「新味 生姜」になったとのことだったので、それを試してみることに。
出てきたのはこちら。201107311118menchin

スープは、確かに生姜も効いているのだが、この店の基本であるとんこつもしっかり効いているので、いわゆる「生姜醤油」とは一線を画する。
具は、チャーシュー×2、味玉1個半(うち1個分はサービス)、わかめ、メンマ、なると、白ネギとこの価格にしてはかなり充実。
この店では、限定やつけ麺に目を奪われることも多いが、基本メニューの方に関しても日々ブラッシュアップしているようだ。

一方、こちらは娘たちがシェアした「冷やしつけ麺830円+大盛100円+味玉クーポンサービス」。201107311118menchin2

大葉や茗荷等の薬味で押すタイプで、娘たちの口には合わなかったようだし、価格的にも割高感あり。

あと、こちらは「チャー玉丼」。201107311118menchin3

前回は玉子トロトロを絶賛したのだが、今回はその面影が無く、平凡。
夏場なので、よく火を通すようにしているのかもしれないが。

新潟市東区はなみずき3-1-27
火休 11:00-15:00 17:30-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

ヒノマル食堂 つけ麺 なおじ<東京>

【170】ヒノマル食堂 つけ麺 なおじ<東京>②
新橋限定ラーメン 500円

最安メニューの「新橋限定ラーメン」を。201107291755naoji_hinomaru

ワンコインで、立派なチャーシューや味玉まで入っているのは立派だが、麺やスープは、袋麺でもこれぐらいのレベルのものはありそうな。。。
まあ、生姜による味変化は若干のプラス材料だが。

銀座線新橋駅(烏森口)1分
日休 6:00-25:00
公式HP  http://wakyo-japan.com/hinomaru/shop/3bantai/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

わっぜ<東京>

【169】わっぜ<東京>①
わっぜラーメン890円 + 味玉150円→クーポンサービス + 替え玉100円

「金字塔」に向かったのだが、20時過ぎの時点で、店内に明かりはついているものの、早じまい?で閉店。
そこで、駅前に戻って、以前は「達者」があった場所(「伊藤」の隣りの隣り)に入った未訪問のこの店に。
デフォルトのラーメンに対して200円増しの「わっぜラーメン」を。
出てきたのはこちら。201107262032wazze

スープは、白濁よりは醤油強めの豚骨で、デフォルトよりもマー油が2倍、背脂は3倍入っているとのこと。
背脂3倍でも、新潟の大油系のラーメンを知っていると、それほどとは感じなかったが、できればマー油だけ増してある方が私の口には合いそう。
麺は極細ストレート麺。
具は、「わっぜ」にしたことによって何が増えたのかわからないが、大判のチャーシュー、海苔、千切りのキクラゲ、笹切りの白ネギ、サービスの味玉、さらに別容器で生卵。
替え玉を予定していたので、生卵は温存して1杯目を終了。

この時点での感想としては、背脂3倍でも、新潟の燕三条系の大油と比べれば、まだまだという感じで、十分許容範囲だったのだが、好みからすれば、マー油だけ増してくれた方が口に合いそう。
また、麺は、デフォルトのスープなら極細麺でよいのかもしれないが、油を増したこのスープには太麺ではないか。

で、替え玉後は、生卵や卓上の魚粉、すりゴマ(他に紅生姜、蕪の漬物も)を駆使して味をチェンジ。中でも、魚粉は影響力が大きくて、味変化後の方が、私の口には合った。

ちなみに、卓上には席ごとにIHヒーターが設置されていて、以前はそれを利用したリゾットセット等もあったようだが、廃止になっていた。

京浜東北線赤羽駅北改札東口1分
日休 11:30-28:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

銀笹<東京>

【168】銀笹<東京>③
銀笹塩つうけ麺850円 + 半鯛めし150円

過去2回で「白醤油」「塩」を食べていたので、今回は「銀笹塩つけ麺」を。
あと、元々「半鯛めし」を予定していたのだが、19時20分頃で「鯛めし」は売り切れになっていたので残り少なかったのだろう。
で、出てきたのはこちら。201107251931ginzasa

つけダレは、期待どおり、濃厚さとは無縁のあっさり系。酸っぱさもなく、じんわりとくるおいしさで、細麺がぴったり。
具は、チャーシュー、鯛のつみれ、水菜、メンマ、糸唐辛子等ラーメンと同様の構成だった。
そして、麺を食べ終わった後に、つけダレにそのまま鯛めしを投入しようかとも思ったのだが、ちょとしょっぱすぎるかと思い直して、スープ割りをお願いしたところ、ネギや水菜を浮かべて、上品なお吸い物風で登場してきた。

以上は非常に満足した部分なのだが、残念だったのがこの2皿。201107251926ginzasa2

お通しの「キャベツのおひたし?」は当初の頃の「海老の佃煮」等と比べるとかなりグレードダウンしているし、薬味の岩海苔と揚げネギもボリュームが当初の半分以下に(揚げネギに至っては、わずか3かけ)。薬味に関しては、つけ麺の場合はボリュームダウンさせているのかもしれないが、コストカットのためにこのようにマイナス方向の変更を行っているのだとしたら、残念。

銀座線新橋駅2番出口5分
日祝休 11:30-15:00 17:30-22:00(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

手仕事らぁめん 八<新潟>

【167】手仕事らぁめん 八<新潟>⑥
カレーつけ麺730円 + ライス小100円 + 餃子3個→クーポンサービス

期間限定の「カレーつけ麺」を。
以前は「カレー中華」を提供していて、そちらもおいしかったので、期待は大。
出てきたのはこちら。201107231105_8

(手前が「カレーつけ麺」のつけダレで、奥は娘たちが食べた「つけ麺 大盛」780円)
「カレー中華」と比べて、煮干しがかなり効いていて、カレー味に負けず劣らず。
でも、それが喧嘩しているのではなく、いい意味で拮抗しているように感じられた。
具もたっぷりの拍子切りのチャーシューやメンマ等が入って、充実。
最後はライスを投入して〆たのは、カレー系のメニューにおいては、私としては定番。

あと、こちらはサービスの餃子。201107231105_82

肉汁たっぷりで○だった。

新潟市中央区堀之内南1-1-17
無休 7:00-23:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

大至<東京>

【166】大至<東京>⑪
冷やしつけ麺 赤 780円 + 玉子めし 190円

期間限定メニューの「冷やしつけ麺 赤」を。
この「赤」は、トマト&とうがらしによるもので、あまりとうがらしが前面に出ていると、辛すぎて私の口に合わないのだが、そこはこの店のことなので、うまくバランスをとっているのではないかという期待のもとにオーダー。
出てきたのはこちら。201107211942daishi

つけダレは、期待どおり辛さと酸っぱさがほどよく入り混じっている。
麺は、当然のことながら細麺。
そして、凝っているのが具の構成で、バジル風味の揚げ玉、ジュレ付きの鶏肉、錦糸玉子、まいたけ?、水菜等。
揚げ玉は麺の方に載せることが薦められているのは、カリカリの食感を残すためと徐々に味を変えていくためだろう。同様に、鶏肉のジュレも徐々に味を変えることに貢献している。
先日、新潟の某店の「トマトつけ麺」に関しては、「単調」と評したところだが、とうがらしの辛さやバジル風味揚げ玉等による味変化で単調にならないように工夫しているあたりはさすが。
〆はこぶ茶割りなのだが、ここでも、つけダレにこぶ茶を入れるのではなく、こぶ茶の方につけダレを2,3杯入れるようにというきめ細かな「食べ方指南」が。確かにそれによってこぶ茶とつけダレのバランスがよくて、適量のこぶ茶割りを楽しむことができた。
冷やしつけ麺に揚げ玉というのは「与ろゐ屋@浅草」で、スープ割りでなくお茶割りというのは「金字塔@赤羽」等でも見かけたアイデアではあるが、様々な工夫を凝らして、最後まで飽きさせない逸品に仕上げているあたりは、さすがこの店。

一方、こちらは「玉子めし」。201107211943daishi2

刻みのりが載っていて、そこに卓上の醤油をかけるだけなのだが、200円を切る価格設定が心にくい。

銀座線末広町4番6分
日祝休 11:00-15:00 17:00-LO20:45(土は昼のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

手打ち極太麺 ジョニーの味噌<東京>

【165】手打ち極太麺 ジョニーの味噌<東京> ②
味噌つけ麺780円

「味噌つけ麺」が登場していたので、それをかいわれ抜きでお願いした。
つけ麺の場合、麺の茹で時間が12分ということで、どうしても回転が悪くなるが、それでも20分待たずに出てきた。
出てきたのはこちら。201107201942johney

一辺が5ミリ級の正方形に近い断面の極太麺は12分茹でても硬く(同系列の「克味@曙橋」並み)、噛み疲れた。前回訪問時の会話によると「麺は、つけ麺に使用するのにはコシがありすぎるので改良中」とのことだったが、改良してこの硬さなのかorまだ改良中なのか?いずれにしても、これはコシとはちょっと違うような。
つけダレは小さな鉄釜に入っているのだが、容量が小さいのでキクラゲ・もやし・キャベツ等の野菜の量が、ラーメンと比べて不足しているように感じた。
味自体は、「なおじ」の系統らしくしょっぱめではあるものの、必要以上に濃厚ではなく、おいしかったので、最後にスープ割りをしてもらったうえで、サービスのライスを浸して、おじや風にして食べた。

都電荒川線三ノ輪橋駅30秒
月休 11:30-15:00 18:30-23:00(日祝11:30-19:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

油そば 椿<東京>

【164】油そば 椿<東京> ⑥
油そば 750円 + ライス小 100円

「油そば」を。201107191904tsubaki

普通に食べ進んで、終盤、具や麺を若干残した状態で、店側の薦めに従ってライスを投入して「めしわり」に。
これで残ったタレも有効に活用することができる。
さらにそこに付属のスープを投入することも推奨されていたが、見た目がこれ以上悪くなるのもいやだったので、投入せずに、口直しで飲んだ。

銀座線上野駅5a出口(orJR上野駅広小路口)1分
水休 11:30-15:00 17:00-20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

ラーメン食堂 なんでんかんでん<新潟>

【163】ラーメン食堂 なんでんかんでん<新潟>②
なんでんかんでんとんこつらーめん 500円

前回訪問時には「劇団風ラーメン食堂」で、店員さんも劇団員風のコスチュームだったのだが、どうやら、無意味なことに気づいた?らしく、「劇団風」が取れて、店員さんも普通の服装に。
そして、メニューの方では待望の「なんでんかんでん」とのコラボメニュー「なんでんかんでんとんこつらーめん」が登場していたので、迷わずそれを。
出てきたのはこちら。201107181112nanden

スープは、白濁しているものの、本場の豚骨ラーメンよりはかなりライトなのではないかと思われる濃度で、臭みも無い。
麺は、極細とまではいかない細ストレート麺。
具は、チャーシュー、焼き海苔、青ネギ、キクラゲ。
500円という価格なのに、チャーシューはしっかりした厚みのあるもので○。
さらに、この価格なのに、替え玉2玉まで無料というのも太っ腹!
というわけで、お言葉に甘えて、今度は茹で加減「麺硬」で1回目の替え玉。
卓上の紅生姜、高菜、おろしニンニク、すりゴマのうち、前二者は苦手なので、後二者を活用。
そして、まだ食べられそうだったので、2回目の替え玉を「バリ硬」で。
今度は、替え玉のお湯でスープが薄まっていたのと意図的に味を変える狙いもあって、卓上の醤油ダレをたっぷり投入。
以上、飽きずに無理なく3玉おいしく完食。普通なら最低700円は行きそうなところなのだが。

そして、こちらは長女が食べた「つけ麺」。201107181114nanden2

こちらも通常700円のところがサービス価格で500円。

また、こちらは次女が食べた「半チャーハン」。201107181113nanden3

こちらも通常300円のところが150円。

というわけで、支払時には500円分以上のお得感があった(^O^)

新潟市東区上王瀬2-55 フレスポ赤道
無休 11:00-22:30LO


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

ちゃーしゅうや 武蔵 笹口店<新潟>

【162】ちゃーしゅうや 武蔵 笹口店<新潟>③
完熟トマトつけ麺 800 + 味玉クーポンサービス

期間限定の「完熟トマトつけ麺」目当てで訪問。
出てきたのはこちら。201107161336musashi

つけダレは、パッと見が真っ赤で、味もトマトスープのよう。
そこに粉チーズや白ネギが浮かんでいる。
具は、他にチャーシューと三つ葉?と追加の味玉。
つけダレは、私の口に合うことが少ない冷製の中ではおいしいとは思ったが、あまりにもトマト一色で、次第に飽きが。
やはりトマトは脇役として酸味を添える程度(例えば「ほん田 東京駅店」の「鶏と魚介の特製豊潤醤油らーめん」のように)の方が適当なのかもしれない。
また、冷製ということも考えると、麺も太麺よりは細麺の方が合いそう。

ただし。暑い日だったうえに、店内は冷房の効きが悪く、とうてい熱いラーメンを食べるような環境ではなかったので、涼しく食べ終えることができた点はよかった。

新潟市中央区南笹口2-3-50
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ジャッキーラーメン<新潟>

【161】ジャッキーラーメン<新潟>②
初代海老そば ゆうすけ 700円

過去3回訪問して、営業していたのは1回だけという鬼門の店だが、本日は無事営業中。
が、目当てのまぜそばは、12時40分過ぎの訪問にして売り切れ。
私の後のお客さんもまぜそば目当てだったようで、店主に確認していたが、麺切れのようだった。
そこで食べたのは「初代海老そば ゆうすけ」。
どう見ても「二代目海老そばけいすけ@高田馬場(東京)」を意識したネーミングで、出てきたのはこちら。
201107151255jacky

その名のとおり、海老で出汁をとっているだけでなく、海老粉末も入っていて海老の香りが豊か。
白醤油のスープと細麺もマッチしている。
具は、鶏チャーシュー、鶏そぼろ、穂先メンマ、水菜、白ネギ、青ネギ、糸唐辛子等通り一遍ではない吟味された構成。
本家(「けいすけ」)を超えているとまでは思わないし、本家が「二代目」なのに「初代」を名乗るというのはおこがましいと思わないでもないが、随所にセンスは感じられるので、本家超えをめざしてがんばってほしいところ。

新潟市中央区東堀通5番町424
水休 11:30-14:30 17:30-21:00(営業時間・営業日不安定注意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃがららーめん 肉バカ<新潟>

【160】しゃがららーめん 肉バカ<新潟> ①
ちゃーしゅうめん580円 + 特製ちょいのせ100円

「しゃがららーめん」(未訪)という店のセカンドブランド。
バイパスの競馬場ICを降りて、競馬場とは反対側に向かってすぐの左側。
普通のラーメンが無くて、「ちゃーしゅうめん」「ちょい太 ちゃーしゅうめん」「豚肉らーめん」の肉系メニュー3種のみというメニュー構成は、さすが「肉バカ」。
私が食べたのは、「ちゃーしゅうめん」。201107151158shagara_niku

スープもとんこつと豚肉でダシをとっているとのことだが、刻み生姜が入っているので、そちらの印象も強かった。
麺は自家製の中太麺。それほど印象に残らなかったが、10円で大盛、20円で特盛にできるのは太っ腹。
具は、チャーシューが「たくさん」。ここで、このような表現を用いているのは、「枚」単位では数えられない細切れの物が多数入っているため。
チャーシュー以外の具は、どこまでがデフォルトで、どこからが「特製ちょいのせ」による追加分なのかわからないが、玉子半分、メンマ、焼き海苔、ほうれん草、白髪ネギ、糸唐辛子と豊富。
「特製ちょいのせ」は100円だし、追加トッピングしないと損なのでは?と思うくらい。
元々「ちゃーしゅうめん」で580円と格安なうえに、追加トッピング類や麺の増量も安く、コストパフォーマンスも考慮に入れると、かなり高い評価をできる店だと思う。
煮込み肉が入っているという「豚肉らーめん」もぜひ食べてみたい。
その際には、肉がよいおかずになりそうなので、ライスも付けたいところなのだが、ライスは150円というのは、この店の価格分布においては、高く見えてしまう。

新潟市北区木崎尾山737-4
無休 11:00-21:30LO(スープ切れ終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

浦咲 新潟駅前店<新潟>

【159】浦咲 新潟駅前店<新潟> ③
焼きあご塩つけ麺880円 + チャむすび210円

21時過ぎの到着。運悪く前に10名弱?の団体客が入っていたので、食べ始めるまでに約30分待ち。
作り置き?と思われる「チャむすび」だけでも先に出してくれたら、ありがたかったのだが。
で、私が食べたのは、前回同様「焼きあご塩つけ麺」。201107142135urasaki

あごダシは抜群に旨いし、豚トロチャーシューとワンタンが各2と具も充実している。
通常はあまり無いことなのだが、スープ割りまで飲み干しておおいに満足。

新潟市中央区東大通1-5-7
日祝休 17:00-27:00


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京>

【158】斑鳩(いかるが) 東京駅店 <東京> ②
豚骨魚介らー麺750円 + シメのチーズおじや250円

本日は、「ほん田」5名待ち、「ジャンクガレッジ」1名待ちに対して、珍しくこの店は待ち無し。
食べたのは、基本メニューの「豚骨魚介らー麺」。
出てきたのはこちら。201107121845ikaruga

その名のとおり、豚骨魚介のスープなのだが、思ったよりも濃厚。
その中にあって、細麺というのは弱い気が。
具は、立派なチャーシューに穂先メンマ、なると、焼き海苔、白ネギ等。
この店が登場した時点では、先進的な一杯だったのかもしれないが、今となっては「ネオ・クラシカル」と言ったところか。
でも、麺がどうかと思う以外は高水準でまとまっていると思う。
また、卓上の柚子唐辛子による味変化も効果的だった。

あと、こちらは「シメのチーズおじや」。
※写真はブレてます。201107121845ikaruga2

ライスの量が少ないうえに、チーズ、ガーリックチップ、水菜等が載った程度で250円というのはいかがなものか?
100円くらい割高に感じた。

山手線他東京駅八重洲地下中央口3分
無休 11:00-22:00LO
公式HP 東京ラーメンストリート:
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

月と鼈(すっぽん)<東京>

【157】月と鼈(すっぽん)<東京>②
濃厚煮干つけ麺780円 + 玉ねぎ50円 + TKG200円

2回目の訪問。
前回訪問時には、中華そばとつけ麺のそれぞれに関して、動物系無しの「一段搾り」と動物系入りの「濃厚煮干」があるメニュー構成だったのだが、「一段搾り」が消えて、つけ麺に関しては「濃厚煮干つけ麺」に一本化(他に「辛つけ麺」)されていた。ちなみに、中華そばの方は、「煮干中華そば」と「濃厚煮干中華そば」になっていたが、前者=「一段搾り」なのかは不明。
で、私としては濃厚ではない方のつけ麺を期待して訪問したのだが、無いということで「濃厚煮干つけ麺」に。
麺の量は、240gの並から480gの特盛まで同料金だったが、360gの大盛で。
出てきたのはこちら。201107111846tsukisuppon

つけダレは、ありきたりの濃厚・高粘度のタイプで、煮干しが押され気味なのだが、表面に浮かんでいる黒灰色の油(煮干油?)も煮干し風味なので、それによって押し戻している感じ。
麺は、角張った太麺で、コシがあるというよりは茹で加減が硬めの印象。
具は、角切りチャーシューは少な過ぎて不満が残るが、玉ねぎは、追加分も含めてたっぷり入っていて、これが清涼剤として機能している。
スープ割りの際には、柚子を入れてくれてさらに清涼感が増したのはよかったのだが、スープの量が多くて、ちょっと薄まり過ぎに。
あと、TKGはライスに魚粉がかかっていて、醤油も魚醤の一種である鮭醤油を使う等ひと工夫施されていて、コストパフォーマンス的にも味的にも○だった。

(銀座線)新橋駅烏森口5分
日休 11:00-22:00(土 -20:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

GOGO宝来軒<新潟>

【156】GOGO宝来軒<新潟>④
ジャンク~醤喰~ 900円

「あごすけ」に行ったのだが、日曜の11時半という時間帯のせいもあって、数える気にもならないくらいの大行列。
そこで向かったのがこの店。
私が食べたのは「ジャンク~醤喰~」。
以前提供していた「俺のジャンク」を改良したあえそばのようで、出てきたのはこちら。201107101144gghourai

麺は極太麺で、タレは「醤喰」というだけあって醤油系で、油加減が絶妙。
具は、「俺のジャンク」の頃の角切りチャーシューに替わって豚の細切れ肉で、こちらの方が麺の「おかず」になりやすい。
他に温泉玉子、揚げ玉、メンマ、白髪ネギ、小ネギ、糸唐辛子等。
中では、揚げ玉が面白いと思った。
そして、最後にネギの浮かんでいるスープで口直し。
というわけで、最後までおいしく食べられたのだが、麺の量は本当に300gあるのかと思うくらい満腹感は得られなかったし、これで900円というのは、コストパフォーマンス的には×。せめてあと100円安ければ。

一方、こちらは長女が食べた「フレーバー旨味ソバ 味噌」730円。201107101144gghourai2

「フレーバー」シリーズは醤油・塩・味噌とあって価格が690円・780円・730円と凸凹しているのは、それぞれのフレーバーの元となる素材が、ホタテ・海老・ガーリックと異なっているからのようだ。
チャーシュー×2や味玉半分等が入ってこの価格というのは、味噌としては安い方かもしれない。ただし、丼の直径が小さいので、写真の見た目以上に量は少ない。
味の方は、大量のガーリックチップや多めの油によってかなりジャンキーなテーストなのだが、黒ゴマがよいバランスを生み出しているようだった。

あと、こちらは次女が食べた「チャーシューごはん」350円。201107101144gghourai3

少量の刻みチャーシュー、刻み海苔、小ネギが載り、そこにマヨネーズがかかっているのだが、このボリュームでこの価格というのは有り得ない。せいぜい200円くらいが適正価格なのではないか。

というわけで、味の面では満足できるものの、ボリュームと価格の面で不満が残るというのがこの店の全般的な特性のようだ。

上越市藤野新田375-1
木休 11:00-15:30LO 17:00-21:30LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>

【155】昔食堂 なおじ Ⅱ号<新潟>⑲
なおじろう 油そば 720円

新潟で夜行列している店は少ないということで、「いっとうや」に向かったのだが、21時15分頃で5名以上の行列。
そこで、西に向かって、この店に。
食べたのは「なおじろう 油そば」。201107082151naoji2

野菜の総量は相変わらずなのだが、キャベツの比率がかなりDOWNしたような。。。
あと、この系統で化調をうんぬんするべきではないのかもしれないが、それにしても化調がキツすぎて、中盤から飽きが。そこで、卓上のラー油で味を変化させて、どうにか完食。

一方、こちらは娘が食べた「お子様らーめん」400円。201107082151naoji22

この価格で味玉1個・チャーシューが複数枚入り、さらに全体ボリュームも十分というのは良心的。

新潟市西区小新3-3-1
無休 11:10-25:00(日曜又は連休最終日は-22:00)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

麺屋武蔵 武骨相傳 <東京>

【154】麺屋武蔵 武骨相傳 <東京> ②
つけ麺 中盛り 黒 800円

いつが定休日なのかを意識せずに「油そば 椿」に向かったのだが、水曜定休。。。
そこで、3本離れた通りにあるこの店に。
食べたのは、前回同様「つけ麺 中盛り 黒」。201107061826bukotsusouden

味的には満足できたのだが、残念だったのが、食べている最中に、麺の湯切りのお湯が降ってきたこと。以前「武蔵 二天@池袋」でも同様の経験をしたことがあるのだが、技量を伴わない店員が、かっこつけて派手に湯切りをしても、客に迷惑をかけるだけなので、やめた方がよいと思う。

銀座線上野駅6番出口2分
無休 11:30-22:00
公式HP  http://www.m634.com/634/index.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

銀座梵天<東京>

【153】銀座梵天<東京> ①
梵天のつけそば 並 750円

銀座界隈の複数の地下鉄駅が集まっている一帯にある1軒。
最も近いのは有楽町線の銀座一丁目駅だが、銀座線等の銀座駅からだと3分、京橋駅からでも4分だった。
何回か訪問している「香味徳(かみとく)」にも近く、銀座駅等から向かうと、「香味徳」がある通りの2本手前の通りに位置している。
食べたのは、メニューの筆頭に記載されている看板メニューの「梵天のつけそば」。並から麺の量が100g増すごとにプラス100円という価格設定だったが、並でも300gだったので、並で。
出てきたのはこちら。201107051900bonten

濁りのないつけダレは、ボン酢風で、酸っぱさが前面に出ている。
麺は太麺で、コシがあってよい麺だとは思うのだが、このつけダレなら細麺の方が合いそう。
具は、チャーシューと細裂きの蒸し鶏、メンマ、白ネギ等。
蒸し鶏は、つけダレとの相性もよく、追加トッピングすればよかったと思うぐらい。
感想。つけダレの酸っぱさが後半鼻についた。スープ割りしてもらっても、酸っぱいことに変わりはなし。ちょっと単調な感じは否めないので、何か味変化要素があれば。
あと、麺茹で用のキッチンタイマーが鳴ってもなかなか止めないので、かなりの時間鳴りっぱなしで、非常に耳障りだった。


銀座線銀座駅A12出口3分
無休 11:30-24:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

中華の来味<新潟>

【152】中華の来味<新潟>⑦
肉そばチャーハンセット1050円

いつもどおり「肉そばチャーハンセット」を。201107031117raimi

「肉そば」の方は、いつも以上に煮干しの風味を強く感じた。

一方、「チャーハン」の方は、写真でもわかるとおり、パサパサ。201107031118raimi2_2

いつもならもう少し油がのっていると思うのだが。

新潟市中央区紫竹1-17-8
火休 11:30-14:00(日祝-14:30) 17:30-21:00(日祝-20:00)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟>

【151】越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟>②
温つけ麺 醤油味 中(255g) 840円→790円(サービス価格)

イオンのショッピングセンターのフードコート内の1店。
何らかの「フェア」的なものをやっているらしく、フードコート内の各店でサービスメニューやサービス価格が実施されていた。
私が食べたのは通常より50円引きの「温つけ麺 醤油味 中」。201107011937mujinzou

ただ、逆に、このサービス価格で改めて感じたのが通常価格の高さ。
野菜はたくさん入っているものの、肉系はわずかな刻みチャーシューのみで800円超というのは。。。

新潟市江南区下早通柳田1-1-1イオン新潟南3F
無休 11:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与ろゐ屋 <東京>

【150】与ろゐ屋 <東京> ②
冷製和風あさり和え麺 900円

先日(6/20)のリベンジで、携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー目当てで15時45分頃訪問。
平日のこの中途半端な時間帯でも1階は満席に近かった。
食べたのは、さすがにまだ残っていた10食限定の「冷製和風あさり和え麺」。201107011554yoroiya

底に沈んでいるあさり風味の油タレを和えて食べるのだが、この油加減が絶妙かつ旨い!
麺は中細麺で、このメニューはこれ以上太い麺だと逆に成り立たないと感じさせた。
具は、あさりと揚げたワンタンの皮、玉ねぎあたりが秀逸。
中でも、ワンタンの皮は、カリカリで食感に変化をもたらしてくれるし、揚げてある分、適度に油分を補給してくれる。このあたり、この店の「ざるらーめん」の「えび玉」も思い起こさせるが、安易に流用せずに、別物で勝負してくるあたり、志が高い。
他の具は、刻みチャーシュー、刻み海苔、水菜、メンマ等。
さらに別皿で、薬味の茎わさび、柚子、茗荷も付いてくるので、途中での味変化も楽しめる。
さらにさらに、黒い容器に入った出汁スープで、スープ割りも。しかも、スープには氷が入っているので、スープ割りをするとキンキンに冷えることに。本体の方に最初から氷を入れてしまうと、油が固まってしまうからこのようにしているのだろうが、暑い時期につけ麺を食べて最後に熱々のスープ割りで汗だくにという経験を何度もしてきただけに、最後に冷え冷えにというのはすばらしい。
もっとも、割りスープを入れ過ぎて、薄味になりすぎたので、量は控えめにした方がよかったのかもしれないが。

というわけで、冷たい系のラーメン・つけ麺は口に合わないことが多い私としても、この逸品にはおおいに満足できた。

銀座線浅草駅1番出口5分
無休 11:00-20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »