« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> »

2011年7月 1日 (金)

与ろゐ屋 <東京>

【150】与ろゐ屋 <東京> ②
冷製和風あさり和え麺 900円

先日(6/20)のリベンジで、携帯のラーメンサイトの会員限定メニュー目当てで15時45分頃訪問。
平日のこの中途半端な時間帯でも1階は満席に近かった。
食べたのは、さすがにまだ残っていた10食限定の「冷製和風あさり和え麺」。201107011554yoroiya

底に沈んでいるあさり風味の油タレを和えて食べるのだが、この油加減が絶妙かつ旨い!
麺は中細麺で、このメニューはこれ以上太い麺だと逆に成り立たないと感じさせた。
具は、あさりと揚げたワンタンの皮、玉ねぎあたりが秀逸。
中でも、ワンタンの皮は、カリカリで食感に変化をもたらしてくれるし、揚げてある分、適度に油分を補給してくれる。このあたり、この店の「ざるらーめん」の「えび玉」も思い起こさせるが、安易に流用せずに、別物で勝負してくるあたり、志が高い。
他の具は、刻みチャーシュー、刻み海苔、水菜、メンマ等。
さらに別皿で、薬味の茎わさび、柚子、茗荷も付いてくるので、途中での味変化も楽しめる。
さらにさらに、黒い容器に入った出汁スープで、スープ割りも。しかも、スープには氷が入っているので、スープ割りをするとキンキンに冷えることに。本体の方に最初から氷を入れてしまうと、油が固まってしまうからこのようにしているのだろうが、暑い時期につけ麺を食べて最後に熱々のスープ割りで汗だくにという経験を何度もしてきただけに、最後に冷え冷えにというのはすばらしい。
もっとも、割りスープを入れ過ぎて、薄味になりすぎたので、量は控えめにした方がよかったのかもしれないが。

というわけで、冷たい系のラーメン・つけ麺は口に合わないことが多い私としても、この逸品にはおおいに満足できた。

銀座線浅草駅1番出口5分
無休 11:00-20:30

|

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184257/44078851

この記事へのトラックバック一覧です: 与ろゐ屋 <東京>:

« 鶏そば 一瑳<埼玉> | トップページ | 越後秘蔵麺 無尽蔵 イオン新潟南店<新潟> »